難民 池上彰に関するニュース

独メルケル首相の「不都合な行動」が、ドイツとEUを滅ぼしつつある

まぐまぐニュース! / 2016年08月03日04時30分

欧州では、「大量難民危機」が続いています。2015年、欧州には、シリア、イラク、アフガニスタン、リビアなどから150万人(!)の難民がやってきた。そのうち、110万人が、EU最大の経済大国ドイツに入りました。 皆さんどうですか? ドイツの人口は、日本の約3分の2。つまり、日本でいえば、「1年間に165万人の難民が押しよせてきた」という感覚。 難民は、戦火を [全文を読む]

独メルケル首相が、EUを崩壊させているという事実

まぐまぐニュース! / 2016年03月06日19時30分

難民問題」です。去年1年間で、ドイツに100万人強の難民がやってきた。シリア、イラク、アフガン、リビアなどからです。特にシリアからが多い。 それでEU諸国は、「俺たちは、もう難民入れたくない!」とごねている。ごねているだけでなく、いくつかの国は、国境に鉄条網をつくり、隣国から難民が流入してこないようにしています。 なぜこれが、「EUの崩壊」につながるので [全文を読む]

池上彰氏推薦!10年にわたりフランスを取材した著者が、非常事態に現場の声を聞き今なにを思うのか。国際情勢を肌感覚で理解することができる新書、『揺れる移民大国フランス―難民政策と欧州の未来-』を刊行。

DreamNews / 2016年01月29日17時30分

株式会社ポプラ社は、2016年2月4日に、『揺れる移民大国フランス―難民政策と欧州の未来-』 増田ユリヤ著を発売します。フランスの週刊誌社が襲われたシャルリー・エブド襲撃事件から一年足らず。どうしてふたたびパリがテロの標的になったのか。欧州は、世界各国はどのように立ち向かっていくのか。世界に不安をおとす中東情勢とフランスを、10年にわたって取材した著者が現 [全文を読む]

池上彰が「ロシア本」刊行記念講演で完全解説、キーワードは3つの言葉!

アサ芸プラス / 2015年10月30日17時59分

欧州の難民急増問題にもこんな指摘をした。「欧州では新たな民族大移動が起きて、まさにヨーロッパが変わろうとしています。なぜこんなに大勢の難民がやってくるのか。特にこの夏以降から急激に増えました。シリアからの難民が増えたのもひとつの要因ですが、実はスマホが普及したから。受け入れ態勢の整った安全な国を求め、スマホで情報共有してその国に大挙して押し寄せるわけです」 [全文を読む]

橋下徹のトランプ絶賛に、池上彰と佐藤優が「トランプと橋下は似ている」「安倍首相も同じミニ・サルコジ」

リテラ / 2016年11月15日18時30分

そんな政権をトランプが容認することで起こり得るのはこれまで以上の悲劇でしかなく、シリア難民はさらに増えるだろう。しかも、トランプはシリア難民にかんしても「強制送還する」方針を打ち出しており、くわえてトランプの長男は難民受け入れを「毒入りキャンディ」に喩えてもいる。 つまり、橋下が絶賛するこうしたトランプの政策は、彼の強烈なゼノフォビア、人種差別主義を前提に [全文を読む]

池上彰に要求!参院選時期はスケジュール空けておけ?

Smartザテレビジョン / 2015年12月20日21時52分

「『イスラム国』との戦い~パリ同時多発テロ、そして欧州に押し寄せる“難民”~」と「地球環境問題でカギを握る“森林”」をテーマに、現地で取材を敢行。 「もともとCOP21(第21回地球温暖化対策会合)が開催されたフランスで『環境問題』をテーマに取材する予定があったのですが、その矢先にパリ同時多発テロが発生し、テロの現場取材も行いました」とパリ入りの経緯を報告 [全文を読む]

「エルトゥールル号からの恩返し 日本復興の光大賞15」(審査委員長 池上彰による)記者発表会

DreamNews / 2015年01月27日15時00分

審査員の藤原 帰一 教授(東京大学大学院)、開沼 博 研究員(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター)、長 有紀枝 理事長(特定非営利活動法人 難民を助ける会)にもご同席いただきます。 東日本大震災の早期復興のためにも新聞、テレビ等で広く告知していただきますよう、重ねてお願い申し上げます。 2月28日には授賞式を行い、審査員より受賞団体へ賞金と記念品が [全文を読む]

池上彰が地方問題を徹底解説、秋元才加らと白熱議論!

Smartザテレビジョン / 2016年09月24日19時30分

母国での迫害を逃れ、偽造パスポートで入国し、難民として暮らすロヒンギャに密着する。 また、優木まおみは、大阪、千葉・市川、横浜で待機児童問題の裏側を調査。くわばたりえは7万基もの“墓石の墓”があるという広島・福山を中心に実態を取材。 つるの剛士は、高齢者シェアハウスのある千葉・山武を、吉村崇は地方の婚活事情を調査するため鳥取や、愛媛・松山を訪問。さらに、太 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】池上彰、映画で涙「世界にはマララさんが沢山いる」

TechinsightJapan / 2015年10月11日19時59分

これから私たちにできることは「21世紀のアラブ民族の大移動とも言えるヨーロッパに押し寄せるシリア難民に、豊かな国に住んでいる私たちに何ができるのか考えることが大切」と言い、世界には「日本っていい国と言われるよう、日本のファンを作っていくことが安全保障にも繋がっていく」と訴えながら「優秀な女性は海外に行ってしまう。日本の未来にとってもったいないことだ」と嘆 [全文を読む]

池上彰・増田ユリヤのコンビ最新刊『世界史で読み解く現代ニュース』(ポプラ新書)が6月1日刊行。今知っておきたい、イスラム教など三つの宗教を徹底解説。池上×増田特別対談、試し読み公開中!

DreamNews / 2015年06月02日15時00分

ウェブアスタ:http://www.webasta.jp/serial/review/post-22.php 目次抜粋 第1章今、イスラム教に何が起こっているのか イスラム教の歴史から見えてくる世界 六つの信ずべきこと、五つの守るべき行い/イスラム教から見た十字軍の行動 イスラム過激派の論理 自称「イスラム国」の衝撃/ブッシュ政権が生み出した過激集団 第 [全文を読む]

フォーカス