病気 大黒摩季に関するニュース

大黒摩季、デビュー25周年特設サイトがオープン

okmusic UP's / 2017年06月01日17時00分

2016年8月、故郷・北海道で開催された「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」で6年間にわたる病気療養からの復帰を果たした大黒摩季が、2017年6月をもってデビュー25周年に突入! オフィシャルHP上に、25周年特設サイトがオープンした。【その他の画像】大黒摩季デビュー日は「STOP MOTION」をリリースした199 [全文を読む]

岸谷五朗・寺脇康文、「三浦春馬のような後輩が出てくると思っていなかった」

Woman Insight / 2016年12月01日10時00分

それを読んだら、「病気にかかってしまったことよりも、恐れていることは差別」というとても悲しい手紙でした。当時、エイズに対しての知識は日本人にはまるでなかった。「手をつないだら感染する」とか「しゃべっただけで感染する」といった間違った情報がまん延していました。僕が70年代のニューヨークにいったときもそうだったけど、エイズはとてつもなく“怖い病気”だったからね [全文を読む]

大黒摩季、6年ぶりとなる新曲を配信リリース

okmusic UP's / 2016年07月28日15時00分

今年6月、病気療養からのアーティスト活動再開を発表し、8月13日(土)に北海道・石狩湾新港樽川ふ頭で開催される「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」への出演が決まっている大黒摩季。そのライブアクトへの期待も高まる中、出演に先駆けた8月10日(水)、復帰後初となる新曲「Higher↗↗ Higher↗↗」を配信リリースす [全文を読む]

大黒摩季、ビーイングと再タッグを組み6年ぶりにアーティスト活動を再開

okmusic UP's / 2016年06月20日15時30分

病気治療の方も、手術と5年間にわたる投薬治療などを続けてきた結果、持病でもあった子宮腺筋症の根治が見込めたことから、今回の復帰を決意したという。 昨年来、TUBE、La Pom Pon、DISH//や郷ひろみに作品提供するなどのクリエーターとしての活動、またそれらの作品や「d-project with ZARD」でのコーラス参加などミュージシャンとしての活 [全文を読む]

大黒摩季、故郷・北海道に恩返し! 道内ツアー開催決定

Entame Plex / 2017年01月13日12時00分

2017年は、6年間の病気療養を経ての活動再開を全国津々浦々のファンに自ら報告したいという本人の思いから実現した全国47都道府県ツアー「Maki Ohguro 2017 Live-STEP!! ~ Higher↗↗Higher↗↗中年よ熱くなれ!! Greatest Hits+ ~」を2月からスタート。第一弾として、2月から6月までの間に19箇所で公演を [全文を読む]

大黒摩季、46才の不妊治療 受精卵凍結してチャンスに備える

NEWSポストセブン / 2016年08月25日07時00分

子宮の病気で痛みがあってもじっと耐えてきた彼女を支えてきたのは旦那さんでした。大黒さんは“彼の赤ちゃんを産みたい”と気持ちを強くしたようです。結婚数年後からホルモン治療や体外受精に踏み切りました」(大黒を知る音楽関係者) しかし、ハードな歌手活動の中で、大黒はいく度か流産を繰り返し、その結果、さらに子宮に負担をかけてしまうという悪循環に陥った。これ以上悪化 [全文を読む]

大黒摩季“神セトリ”47都道府県ツアースタート!

Entame Plex / 2017年02月26日21時00分

今回のツアーは、病気療養から復帰した大黒がアーティスト活動再開にあたって、全国に挨拶に出向きたいという思いから実現されたもの。その第1弾として6月25日新潟県南魚沼市民会館公演まで21本が開催される。この日のライブは、「IT’S ALL RIGHT」からスタート。休業前最後のアルバムとなった『すっぴん』に収録されているこの曲は、“すべてを肯定して前向きに行 [全文を読む]

大黒摩季、全国47都道府県ツアーがスタート

okmusic UP's / 2017年02月26日14時00分

【その他の画像】大黒摩季今回のツアーは病気療養から復帰した大黒摩季がアーティスト活動再開にあたって、全国に挨拶に出向きたいという思いから実現されたもので、第1弾として6月25日新潟県南魚沼市民会館まで21本が開催される。 また、今回のツアーは地方都市の中でも中小都市を数多く回ることでも他アーティストの全国ツアーとは異なる様相を呈している。それは、“自分のフ [全文を読む]

大黒摩季、初の映画主題歌&挿入歌をWで書き下ろし!

Smartザテレビジョン / 2017年02月21日04時00分

大黒も昨年、病気治療による休業からの活動再開の地に故郷・北海道を選び、全国へと活動の場を広げようとしていたところ。当然、北海道をこよなく愛する気持ちは誰にも負けない。主題歌の話も喜んで引き受け、1曲のみならず挿入歌まで制作したという。なお、大黒が単独で映画の主題歌・挿入歌を書き下ろすのはこれが初めて。主題歌の「latitude ~明日が来るから~」は、映画 [全文を読む]

大黒摩季、完全復活! 力強い歌声で観衆を魅了

Smartザテレビジョン / 2016年08月14日15時13分

活動休止中は、病気と治療との戦いが続き「“大黒摩季”として復帰できるのか? という不安の日々の連続だった」と話す大黒。だが、むしろ90年代にヒット曲を連発していた時と何ら変わらないハイトーンボイスとパンチ力を放つステージの彼女の歌声に、RED STAR FIELDの観客も魅了されっ放し。 「もう一度歌えるかな?って、何度も思っていたから、きょうこの場に立 [全文を読む]

大黒摩季が『RISING SUN ROCK FESTIVAL』のステージで完全復活

okmusic UP's / 2016年08月14日15時00分

活動休止中は、病気と治療との戦いが続き、「“大黒摩季"として復帰できるのか?という不安の日々の連続だった」と話す大黒摩季。だが、むしろ90年代、ヒット曲を連発していた時と何ら変わらないハイトーン・ボイスとパンチ力を放つステージの彼女の歌声に、RED STAR FIELDの観客たちが魅了されていることを確実に感じ取れる。 「もう一度歌えるかな?って、何度も [全文を読む]

大黒摩季、活動再開で“チンチンもみもみ”伝説再び? 独身女性が「共感したくない」歌手No.1の声も?

おたぽる / 2016年06月22日09時00分

19日、病気療養のために2010年から歌手活動休止していた大黒摩季が、およそ6年ぶりに活動再開することが発表され、ファンからは「待ってました!」「夏女が帰ってきた!」などと、復帰を祝う声と歓喜の声が続々と寄せられているようだ。 大黒といえば、1990年代、同じ芸能事務所・ビーイングに所属するB’z、ZARD、TUBEらと共に、“ビーイング系アーティスト”と [全文を読む]

大黒摩季「また歌える喜びを深く噛み締めて…」約6年ぶりにアーティスト活動再開!

Entame Plex / 2016年06月20日16時31分

2010年8月にアーティスト活動無期限休止を発表し、病気治療に専念していた歌手の大黒摩季が、およそ6年ぶりにアーティスト活動を再開することが分かった。 今回、そんな彼女が再出発の地に選んだのは、生まれ故郷の北海道。高校生時代に自身が初めてステージに立ったライブハウス、札幌ベッシ―ホール。8月11日(木)にファンクラブ限定ライブを開催した後、13日(土)に [全文を読む]

小池都知事、堀江貴文など時代の主役たちが結集!ニュースサイト『AERA dot.』がリニューアルオープン

PR TIMES / 2017年05月17日13時04分

医療健康編集部より「乳がん」「肺がん」「前立腺がん」などの最新情報、心臓病、脳の病気に強い病院など「いい病院」全国ランキング大特集も一挙公開します。さらに、旬の本の筆者インタビューなどの読みどころ満載です。4 記事の配信量の大幅増加現在の1日10本から15本へと増大し、月間450本程度の記事配信を目指します。◎5月17日に一挙公開!オンライン限定 リニュー [全文を読む]

フォーカス