事務所 常盤貴子に関するニュース

【ウラ芸能】中谷美紀、40歳目前の「決意」とは…

NewsCafe / 2015年08月13日15時00分

デスク「女優、中谷美紀(39)が7月いっぱいで大手芸能事務所スターダストプロモーションを退社して個人事務所を設立したってな」記者「アイドルグループ『桜っ子クラブ』のメンバーとして14歳のデビューから25年も在籍していましたが、表向きには来年1月に40歳になり、その節目に海外での活動を視野に入れて仕事をしたい、と…」デスク「まあ、海外の映画に出演したこともあ [全文を読む]

尾野真千子が「主演ドラマ」ドタキャンで非難轟々!

メンズサイゾー / 2012年11月08日13時30分

だが尾野の所属事務所は降板の理由をハッキリ説明しておらず、同誌では「テレ東の制作サイドは『誠意が見えない』と非常に怒っている」と民放関係者の声を伝えている。 尾野といえば、前述のようにほっしゃん。との不倫問題が勃発した際にも、「事務所の管理がまったくなっていない」と業界内で批判が相次いだ。彼女の所属する「コムスシフト」は老舗芸能事務所だが、先代社長の没後か [全文を読む]

真木よう子 大物女優を離婚の危機に追い込んだ魔性の女

アサ芸プラス / 2014年10月01日09時59分

もう二人の修復は難しいでしょうね」(事務所関係者) 一方、真木サイドはというと…。 「夫の片山は現在大した稼ぎもなく完全に真木の収入に頼っている状態。今は専業主夫に徹しています。2009年には真木に子供が生まれている事もあり、ちょっとやそっとのお遊びでは離婚しないですね。そんな状態なので、真木も遊び放題というのが現実です」(事務所関係者) 真木は長塚との不 [全文を読む]

日テレ”水10枠”の好調は続くか?沢尻エリカの新主演ドラマに賛否

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日16時16分

■堂々とした”態度”は健在? 「かつては同じ事務所だった竹内結子(36)との共演がNGだと言われていました。当初は姉妹のような関係だった竹内と沢尻でしたが、沢尻の例の「別に……」の騒動で竹内が激怒。これがきっかけで、共演を避けるようになったと言われています。また同時に、常盤貴子(44)や北川景子(30)も、竹内と事務所が同じということで避けられているよう [全文を読む]

本田翼、女優業絶好調も止まらぬ悪評!? 「実績ないのにワガママ」なワケとは?

サイゾーウーマン / 2016年05月23日09時00分

「所属事務所のスターダストも、ドラマよりは映画路線に徐々にシフトしようとしているようですね。来年公開予定のHey!Say!JUMP・山田涼介主演の『鋼の錬金術師』のヒロインも、事務所パワーで勝ち取ったといわれています。ただ、本人はあまり女優業には興味がないようなんですよね。そのせいか、最近はいたるところで“悪評”を耳にするようになりましたよ」(映画関係者 [全文を読む]

芸能人ギャラ・ボッタクリ度で並ぶ真木よう子と常盤貴子

アサ芸プラス / 2013年01月08日10時00分

どこかの事務所のゴリ押し的なものとは違うんです」 安くて質のいい若手が躍進する一方、視聴者から飽きられた女優は“ボッタクリ”と査定される。テレビ業界の一寸先は闇である。 【関連記事】 芸能人ギャラ・ボッタクリ女王大発表、小雪を鈴木京香が猛追 石橋VS石川遼(1)正月特番の激ギレ「絶縁事件」 マツコVS井筒対談(1)「ニッポンのボケナス、シバいたるっ!」 後 [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(1)1000人アンケート夏目雅子に迫る常盤貴子の“恋愛力”

アサ芸プラス / 2012年01月24日11時00分

事務所のパワーやスポンサーの思惑でニセモノ女優がはびこる昨今、あらためてオトコ心をわしづかみする真の女優は誰なのか徹底調査した。 時代を超えて語り継がれる女優がいる。本誌恒例の1000人アンケートで、世の男性たちが「思いを馳せる」女優ベスト30を明らかにしよう。 * 数ある現役女優を差し置いて“ナンバーワン”に輝いたのが、1985年に病に倒れ、この世を去っ [全文を読む]

あの名作ドラマからカットされた「封印シーン」(2)<過激シーン編>「愛のむきだし」未公開映像に満島ひかりの…

アサ芸プラス / 2017年09月13日17時57分

版権が事務所に買い取られ、完全なお蔵入り作品と言われています」 トップ女優の黒歴史は永遠に解かれないのか‥‥。 [全文を読む]

グラビア界の裏側を生々しく描いた自伝的映画で杉原杏璃が明かした“ギラギラな洗礼”とは…

週プレNEWS / 2017年03月23日19時00分

最初の事務所ではずっと演技レッスンを受けてました。でも勝手に理由付けしちゃって。だから何度かお話はいただきましたけどお断りしていたんです。ずっと逃げていたというか。今回の映画は、もう一度挑戦してみたいっていうのもあったんですよね。 ―言うなれば、自分の集大成として、過去にも決着をつけたかったと。 杉原 そうですね。女優をやりたくてこの世界に入ったわけですか [全文を読む]

芸能界「絶対共演NG」最新リストを禁断公開!(1)あの高畑淳子と因縁がある人物とは…

アサ芸プラス / 2016年10月01日09時57分

それでも大物ならまだ要望を通すでしょうが、それ以外の人にも共演NGが根深く存在するのは、特に“事務所の移籍・独立”“恋愛絡み”など『共演させにくい』と周囲も気を遣う、やむをえない事情があるということが大半の理由です」 確かに恋愛絡みは長く尾を引く。例えば、互いに堤真一の元恋人だったとされる、鈴木京香(48)と深津絵里(43)の共演も不可能だとされている。「 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(2)観月ありさが「高校教師」女子高生役を断った理由

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時57分

あまりの描写に怖れをなしたため、同じ事務所の後輩である常盤に白羽の矢が立ったのだ。 時計の針を70年代に戻すと、吉永小百合の“サユリスト”に対抗し、“コマキスト”と呼ばれる熱烈なファンを生んだのが栗原小巻だ。新旧のマドンナ女優は、映画「忍ぶ川」(72年、東宝)で因縁を巡らせた。 当初、吉永が主演と発表されたが、その脚本に「裸の初夜のシーン」があったことで、 [全文を読む]

「遺産相続弁護士」主演の三上博史が21歳女優のゴリ押し出演に強烈な皮肉

アサ芸プラス / 2016年06月30日15時00分

「本作で森川が演じるのは、主人公の弁護士事務所に入所した新米弁護士役で、決して艶を求められる立場ではありません。つまり三上が皮肉ったのは森川の女っぽさではなく、弁護士役に似つかわしくない幼さではないでしょうか。森川はまだ21歳で、実年齢より上に見えるタイプでもありません。そんな彼女に弁護士役をあてがうのは、ゴリ押しと言われてもしょうがないでしょう」 新米弁 [全文を読む]

伊勢谷友介&森星の熱愛報道で、長澤まさみファン万歳三唱も 二宮和也との“急接近”に一抹の不安

おたぽる / 2016年04月20日09時00分

さらに、長澤と二宮は、先月4日に行われた『第39回日本アカデミー賞』の授賞式でも顔を合わせていたことから、ネット上では復縁説が再燃したようです」(同) つい先日、小学生時代のブルマー姿がネット上で話題となり、新規ファンをザクザクと開拓している長澤なだけに、事務所もしばらくは、恋愛を控えて欲しいと考えていることだろう。 [全文を読む]

常盤貴子、あの決断を委ねる相手

NewsCafe / 2016年02月07日16時00分

その一方、酒の席ではいつも長塚の悪口ばかりだったようです」 そこで、朝ドラも終わったし、母親イメージを引きずる必要もないから、"決断"した、と? 「ところが、本人はまだ未練があるのか、どうすれば長塚とうまくいくかが知りたくて、お金に糸目はつけないと、当たると評判の占い師を人づてに探しまくっているそうですよ」 占い? 「実は彼女、占いが好きでテレビで知り合っ [全文を読む]

NHK連続テレビ小説「まれ」で大注目!「土屋太鳳」の発展途上ボディ!(1)急成長するバストに視聴者が驚き

アサ芸プラス / 2015年04月29日09時56分

事務所の方針もあって肌を出すことも抑えめで、肩を出したドレスやスクール水着程度までしかなかったのですが、いつの間にこんな大きな胸に成長していたんですかね」(芸能評論家・小松立志氏) 実際、土屋が学校の廊下を走ったり自転車を立ちこぎするシーンでは、はち切れそうな胸元が揺れ、その形状がはっきりわかるほど。ネットでは「胸がパツパツで朝からスゴイ」「胸が気になって [全文を読む]

沢尻エリカ『ファースト・クラス』続編で囁かれた共演NG女優

NEWSポストセブン / 2014年09月19日07時00分

竹内さんは沢尻さんの前所属事務所の先輩で、『別に……』事件の映画『クローズド・ノート』のヒロインだった。いわばあの騒動の一番の被害者です。 竹内さんと沢尻さんは、かつては姉妹のように仲が良かったのに、あれ以来微妙な関係になってしまっているというのが業界の定説です。常盤貴子さん(42)や北川景子さん(28)など竹内さんと同じ事務所の他の女優さんのブッキングも [全文を読む]

真木よう子に「疑惑」満載…不倫生活は継続中?

メンズサイゾー / 2012年09月29日12時00分

売れてからはあまり胸を強調しない方針に転換したようですが、それはあくまで事務所の戦略で、本人は『見たければ見ればいいじゃーん』とアッケラカン。男っぽい性格を自称しているだけありますよ」(芸能記者) しかし真木には不倫のみならずその「爆乳」にも「疑惑」がある。まだ女優として駆け出しだった01年、「週刊プレイボーイ」(集英社)のグラビアを飾ったときのお宝写真が [全文を読む]

フォーカス