現在 平尾誠二に関するニュース

ラグビー日本代表の状況を劇的に変えたE・ジョーンズの手腕

NEWSポストセブン / 2015年09月11日16時00分

その状況を劇的に変えたのが、2011年のW杯後から現在まで指揮をとるエディー・ジョーンズである。エディーは日本人の俊敏性を活かすラグビーである「JAPAN WAY」を実現するため、世界最強度のフィジカル鍛錬と、スクラムの強化に取り組んだ。その結果、ついに昨年、ワールドラグビー(WR)ランキングで史上最高位の9位につけ、本年のW杯に臨むことになった(現在[全文を読む]

宍戸錠 実家全焼から1カ月半「見舞金で“焼け太り”…」

WEB女性自身 / 2013年03月19日17時00分

今年2月、火事で我が家が全焼してしまった宍戸は、現在は賃貸の住居に一人暮らしをしているという。「学生に戻って下宿生活をおくっている感じ」と報道陣に話した。火事で家も車も失ったことでショックを受けていたが「このピンクのクラウンに乗れば元気になれそう」と過去に100台の車を所有したという宍戸にとって、是非記念すべき101台目にしたいと意気込んでいた。現在は、ふ [全文を読む]

手術が下手、鬱の過去も。ノーベル賞の山中教授、iPS細胞発見物語

まぐまぐニュース! / 2017年05月12日19時30分

現在も一研究者としてここでiPS細胞に関する基礎研究を続けている。ここは山中が31歳の時、初めてアメリカに渡り研究を始めた場所だ。 「アメリカには思い入れがあった。これまでやっていない新しいことをやりたかったので、アメリカに何十と手紙を書いて、研究員に応募したのを覚えています。ほとんど返事は来なかったけど、最初に返事をくれたのがグラッドストーン研究所。うれ [全文を読む]

助っ人意識だった外国出身ラグビー代表 今は意識が全然違う

NEWSポストセブン / 2015年09月28日07時00分

現在の日本代表は31人中10人が外国出身者。これは世界的に見ても高比率で、例えばイングランドでは3人、ニュージーランドでは5人だ。そのような日本の“外国人部隊”は、かつて世界から批判の槍玉に挙げられたことがある。「チェリー・ブラックス事件」だ。 1999年のパシフィックリム選手権で、平尾誠二監督率いる日本代表「チェリー・ブロッサムズ」にはニュージーランド代 [全文を読む]

<国による倫理観の押し付けに異議>「道徳」の「特別教科化」を決めた委員はこんな人たち

メディアゴン / 2014年11月06日20時55分

現在「教科外活動」の小中学校道徳に検定教科書、学習評価という要素が新たに付け加えられる。教科の性質上、数値での評価になじまないとして一般教科と区別し、「特別の教科」扱いにするという。文科省は2018年度の教科化を目指しているという。国の考えが反映する検定教科書の導入、数値での評価になじまないとしながらも、やると決めている学習評価。なんだか日本が「嫌な国」に [全文を読む]

フォーカス