遠藤憲一 綾瀬はるかに関するニュース

あの栄光はいずこに!? 武井咲、AKBグループが消えた……「2016 CM女王」は吉田羊に

日刊サイゾー / 2016年12月09日18時00分

男性タレントでは、3位タイ(11社)が嵐・櫻井翔、二宮和也、西島秀俊、遠藤憲一。7位タイ(10社)がDAIGO、TOKIO・長瀬智也、嵐・松本潤。 ここ数年の同ランキングで顕著なのは、“流行り物”は消え去る運命にあるということだろう。わずか3年前に首位だった武井咲は、14年が8位タイ、15年が11位タイと後退し、ついに今年はランク圏外に消えた。一時は企業 [全文を読む]

撮影本番一発勝負!“音楽オヤジ”たちへのインタビューCM&WEB動画を公開!まさかの展開に本番中の綾瀬はるかさんも思わず“素”の顔に?遠藤憲一さんがカメラマンに扮してサプライズ出演!

PR TIMES / 2016年11月24日10時15分

吉田拓郎さんの名曲「流星」にのせた『ディーガ』新CM&スペシャルムービー公開[画像1: http://prtimes.jp/i/18825/6/resize/d18825-6-714208-0.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/18825/6/resize/d18825-6-640181-2.jpg ]スペシャルムービーより ス [全文を読む]

香取慎吾が綾瀬はるかと遠藤憲一の出産シーンに「うらやましい」

Movie Walker / 2015年10月24日13時01分

登壇したのは香取、綾瀬のほか、小栗旬、優香、西川貴教、遠藤憲一、段田安則、石丸幹二、大竹しのぶ、西田敏行、三谷監督の総勢11名だ。クロストークで盛り上がったのは、劇中で綾瀬と遠藤が演じた宇宙人たちの出産シーンの話だ。 香取は「うらやましいです。一生に一度あるかないか、いや、ないでしょ。(面白くて)あんなにふいちゃいそうになるってこと、僕はあまりないんです [全文を読む]

綾瀬はるか、遠藤憲一との“いやらしいダンス”に大照れ

Smartザテレビジョン / 2016年11月24日00時00分

11月25日(金)より、綾瀬はるかと遠藤憲一が出演するパナソニックのブルーレイ/DVDレコーダー「ディーガ」の新CMがオンエアされることが決定。楽曲には吉田拓郎の名曲「流星」が採用され、遠藤をはじめとした25人の音楽好きの“オヤジ”たち(平均年齢54.5歳)の筋書きのないドキュメントCMが完成した。 筋書きのない“談話形式”という珍しい形で行われた今回のC [全文を読む]

【ウラ芸能】綾瀬はるか、パックリ流血で惨敗 1月ドラマまとめ(下)

NewsCafe / 2016年03月25日15時00分

過去に新設した日曜21時枠のドラマは『マルモのおきて』以外は爆死で撤収したのに、4月クールで復活だ」記者「芦田愛菜(11)とシャーロット・ケイト・フォックス(30)共演のホームコメディーですが、老舗のTBS21時枠は松本潤(32)主演の弁護士ドラマなので結果が見えているような…」デスク「そっちの話は、放送が始まったら言うとして、改めて1月クールの全話視聴率 [全文を読む]

ジャニーズドラマがトップ3制覇、綾瀬はるか&堀北真希は爆死! 1月期ドラマ視聴率

サイゾーウーマン / 2016年03月24日12時45分

ワースト3位は渡部篤郎と遠藤憲一がW主演を務めた『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系)で、平均は6.9%。初回こそ9.6%だったが、2話で6.2%、3話は5.5%にまで下降。5話は4.7%の最低記録を出した。同作は“打ち切り”という正式発表こそなかったとはいえ、ほかのフジドラマより短い全9話で最終回を迎えている。 [全文を読む]

子役演技から一転した“性描写オンパレード”に視聴者ドン引き!? 綾瀬はるか主演ドラマ『わたしを離さないで』視聴率また下げる

日刊サイゾー / 2016年02月12日11時00分

視聴率では、今期の民放プライム帯の連ドラの中で、フジテレビ系『お義父さんと呼ばせて』(遠藤憲一&渡部篤郎主演/火曜午後10時~)、テレビ東京系『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(小泉孝太郎主演/金曜午後8時~)とビリ争いをしている『わたしを離さないで』。第4話を終えて、6~7%台をウロウロしているようでは、2ケタ台到達など、夢のまた夢のような気も [全文を読む]

綾瀬はるか『わたしを離さないで』、視聴率1ケタ脱出が絶望的な4つの理由

サイゾーウーマン / 2016年02月05日12時45分

今期ドラマではフジテレビ系『お義父さんと呼ばせて』(遠藤憲一&渡部篤郎主演/火曜午後10時~)第2話(同26日)が6.2%、テレビ東京『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(小泉孝太郎主演/金曜午後8時~)第3話(同29日)が5.4%と前週より数字を下げたため、「3週連続ビリ」こそ免れたが、かなり“ヤバい” 視聴率であることに変わりはない。 また第 [全文を読む]

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

キャストも木村佳乃、長澤まさみ、草刈正雄、高畑淳子、大泉洋、草笛光子、黒木華、内野聖陽、近藤正臣、斉藤由貴、藤岡弘、吉田羊、高嶋政伸、遠藤憲一、小日向文世、桂文枝、鈴木京香、竹内結子、山本耕史、片岡愛之助、吉田鋼太郎らの出演が決まっており、超豪華。これで、視聴率が取れなければ、大河ドラマも終わりか……。 ☆NHK大河ドラマ 平均視聴率ワースト10 1位タイ [全文を読む]

三谷幸喜 「ギャラクシー街道」大不評でNHK新大河「真田丸」に暗雲が…

アサ芸プラス / 2015年11月15日17時57分

綾瀬はるかと不倫関係になる遠藤憲一(54)が両性具有で、ボンデージ衣装で卵を産むなんてクスリとも笑えません。宇宙人のセックスが、ただ額を合わせるだけという設定など、随所に三谷さんらしくない中途半端な演出が見られました」(前出・秋本氏) まったく笑いが起きず、大したオチもないまま110分の上映が終わると、客の大半が「どのくらい寝てた?」などと、鑑賞中の居眠り [全文を読む]

『真田丸』『逃げ恥』を越える名作は生まれるか!?お薦めしたい2017年冬(1月期)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年01月12日14時15分

遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さんという、まさに現代ドラマ界を代表する名バイプレイヤーが揃い踏み。しかも彼らが演じるのはそれぞれご本人の役。そんな6名がシェアハウスで共同生活を送るという設定から生み出されるストーリー。こんなもの面白いに決まっています。おじさん俳優6人が生み出す笑いと感動、お見逃しなく。 という [全文を読む]

NHK大河『真田丸』、これからますますおもしろくなっていくぞ!

Business Journal / 2016年02月10日06時00分

今後も信長の吉田鋼太郎、家康の内野聖陽、上杉景勝の遠藤憲一など、個性的な面々がこの芝居勝負に“本格参入”してくる。男たちの骨太な人間ドラマが期待できそうだ。 さらに複雑な時代背景を、コンピュータグラフィックス(CG)などでわかりやすく説明するといった細かな工夫も評価したい。●民放ドラマの注目作 民放にも見るべきものがある。『わたしを離さないで』(TBS系) [全文を読む]

【ウラ芸能】遠藤憲一、オヤジ心くすぐる 1月ドラマ(下)

NewsCafe / 2016年01月25日15時00分

デスク「さて、1月クールの民放プライムタイム(午後7時-11時)のドラマ評の続きを」記者「2ケタはわずか5作で、あとはどんぐりの背比べ状態です」デスク「とりあえずギリギリの9%台は4作だった」記者「6位はジャニーズ・TOKIOの長瀬智也(37)主演『フラジャイル』と、遠藤憲一(54)・渡部篤郎(47)共演の『お義父さんと呼ばせて』が、仲良くフジテレビ系の9 [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

加えて主な出演者は、木村佳乃、長澤まさみ、草刈正雄、高畑淳子、大泉洋、草笛光子、黒木華、内野聖陽、近藤正臣、斉藤由貴、藤岡弘、吉田羊、高嶋政伸、遠藤憲一、小日向文世、桂文枝、鈴木京香、竹内結子、山本耕史、片岡愛之助、吉田鋼太郎と、超豪華。ストーリーはともかく、このメンバーで視聴率が取れなければ、大河ドラマも終わりといっていい。 だが、期待が大きかっただけに [全文を読む]

2016年冬ドラマはこれにキマリ!?期待ドラマを“勝手に”お薦め!

日本タレント名鑑 / 2016年01月12日11時55分

冤罪で投獄された女性が再び逃避行する『逃げる女』も、主演の水野美紀さんはじめ、田畑智子さん、仲里依紗さん、賀来賢人さん、遠藤憲一さんと、雰囲気たっぷりの実力派ばかりで見逃すわけにいきません。今年の冬は、まさにサスペンスシーズンです。 コメディも見逃せない そして、気軽に楽しめるコメディ作品も外せません。『スミカスミレ~45歳若返った女~』も設定だけでワク [全文を読む]

三谷幸喜「ギャラクシー街道」が大苦戦…「近年稀にみる駄作」の声

デイリーニュースオンライン / 2015年11月06日12時00分

「主演は『ザ・マジックアワー』にも出演した香取慎吾(38)と綾瀬はるか(30)、さらに西田敏行(68)や大竹しのぶ(58)といった大御所、小栗旬(32)や遠藤憲一(54)、西川貴教(45)など。お気に入り俳優陣で固めたものの、“近年稀に見る駄作”ともっぱらの評判で、興収は13億に届くかどうか。時間帯によっては観客がゼロという劇場も出始めています」とはスポ [全文を読む]

NHKは顔面蒼白!「ギャラクシー街道」で露呈した三谷幸喜の“才能の枯渇”

アサジョ / 2015年10月29日09時58分

ツイッターやレビューから少し拾い出してみても、「三谷映画史上、サイテーのつまらなさ」「香取慎吾と三谷のセットが救いがたい駄作を生んだ!」「有名人たちのさぶ~い喜劇のゴミ箱」「エンケンさん(遠藤憲一)の出産シーンが面白いと思ってる時点で、三谷は終わった」など、挙げ出したらキリがない。「ヤフーサイトでは、土日の公開後に5点満点で平均点1.8というトンデモ評価を [全文を読む]

酷評の『ギャラ街』に敗れて『図書館戦争』首位陥落! 『マイクラ』予告しか見どころがない『メイズ・ランナー2』は“首位獲得率0%”!? 【週末映画興行成績】

おたぽる / 2015年10月27日20時00分

主演・香取慎吾&綾瀬はるかに加え、優香、小栗旬、遠藤憲一、大竹しのぶ、西田敏行など、豪華俳優陣が集った同作の1位は順当と言える。ただ、観た人からは「どうやったらこのキャストでここまでひどくなるんだ」「うそだろ三谷?」「時間を返してください」と酷評が相次いでいるようだし、何よりオタク寄りでないので詳細はパス。 2位は、3週目にして首位を陥落した『図書館戦争 [全文を読む]

『ギャラクシー街道』、「最低最悪作」と大荒れ! 主演・香取は「ドラマも民放最下位」の窮地

サイゾーウーマン / 2015年10月27日09時00分

西暦2265年、ノア(香取)&ノエ(綾瀬はるか)夫妻が営むハンバーガーショップに、ノアの元恋人・レイ(優香)やノエを追いかけ回すメンデス(遠藤憲一)ら個性的な宇宙人が集い、ドタバタ劇を繰り広げるというストーリーだ。『HR』(フジテレビ系)、大河ドラマ『新選組!』(NHK)など三谷作品の常連である香取のほかには、大竹しのぶ、小栗旬、T.M.Revolutio [全文を読む]

『進撃の巨人』超え!? “史上最低映画”『ギャラクシー街道』評価散々で、三谷幸喜の「あのドラマ」が不安

日刊サイゾー / 2015年10月27日00時00分

登場人物全員が宇宙人、宇宙のハンバーガーショップで起こるドタバタ劇を描いた同作は、主演の香取以外にも、綾瀬はるか、小栗旬、山本耕史、遠藤憲一、大竹しのぶ、西田敏行など錚々たる顔ぶれが揃った。これまで多くの人気作を生み出してきた三谷幸喜作品という点も加えれば、期待感の高さから初登場首位も当然だろう。ところが、だ。 「大手ポータルサイトの映画ページにおける評 [全文を読む]

フォーカス