演歌歌手 坂本冬美に関するニュース

上沼恵美子「冠番組で伏せられた“大嫌いな演歌歌手”は誰?」

アサ芸プラス / 2013年11月28日10時00分

関西の毒舌司会者として人気の上沼恵美子(57)が、冠番組「快傑 えみちゃんねる」(関西テレビ系)の中で、人気演歌歌手の手抜き衣装をコキ下ろし、痛烈批判。ネット上では芸名4文字のヒントから坂本冬美(46)と伍代夏子(51)の一騎打ちムードで盛り上がっているのだが‥‥。 本音トーク満載で、辛口コメントが人気の上沼だが、11月8日の番組中に、 「これ、放送できな [全文を読む]

藤あや子、再婚の危険性

NewsCafe / 2017年04月23日07時00分

デスク「演歌歌手の藤あや子(55)の再婚。めちゃくちゃビックリしたんですけど(苦笑)」 記者「一部スポーツ紙が、30代前半の美容関係者と再婚したことを報じ、藤はブログで『ご縁に恵まれた』と報告しました」 デスク「デビュー30周年の節目の年に公私ともども順調でめでたいことだけど、交際数カ月でのスピード再婚で大丈夫なのかなって面もある」 記者「初婚の相手との間 [全文を読む]

金曜ドラマ「神の舌を持つ男」制作発表に坂本冬美がゲスト登場

dwango.jp news / 2016年07月05日13時09分

また、スペシャルゲストとして、番組の主題歌『女は抱かれて鮎になる』を歌う坂本冬美が登場、坂本は「数ある演歌歌手の中で選んでいただいて、これ以上の幸せはございません」と語った。向井理は楽曲に関し、「初めて聴いたとき、ロケ場所を思い浮かべた」と、楽曲がドラマになくてはならない存在であることを強調した。木村文乃は「金曜日の夜、お酒を片手にゲラゲラ笑える作品だと [全文を読む]

坂本冬美、俳優イ・ビョンホンと11年ぶりの再会「一生、嫁に行かない」

Wow!Korea / 2015年12月01日14時32分

日本の演歌歌手坂本冬美(48)が韓国俳優イ・ビョンホン(45)に変わりない愛情を表現し、話題だ。俳優イ・ビョンホンは11月30日、都内でおこなわれた主演映画「メモリーズ追憶の剣」ジャパンプレミアに登場した。坂本冬美はこの日、花束を持って会場を訪れ、熱烈ファンであることを証明した。坂本冬美は「紅白歌合戦以来、11年ぶりにお会いした。この日を指折り数えて待って [全文を読む]

きゃりー&ももクロが落ちて、伍代夏子と和田アキ子が受かる紅白歌合戦の摩訶不思議

おたぽる / 2015年12月01日09時00分

例えば“おなじみ”の演歌歌手グループ。 「藤あや子は、芸能界のドンの寵愛を受けていますし、伍代夏子は芸能界の“裏ドン”と呼ばれる杉良太郎の妻。本当にニーズがあるのは、坂本冬美と石川さゆりくらいのものでしょう。今年は香西かおりが落選しましたが、これも相当紛糾したそうです。演歌勢で“必ず入れないといけない人”が多すぎるため、きゃりーやももクロの入る枠がなくなる [全文を読む]

『のど自慢』出身20才の演歌歌手 出場者同士の団結力を語る

NEWSポストセブン / 2015年10月25日07時00分

いま、のど自慢出身でもっとも新しいスターが演歌歌手の徳永ゆうき(20才)だ。平成23年、高校2年で出場しチャンピオンに。翌年にはグランドチャンピオンを受賞し、スカウトされて、卒業後に歌手デビュー。 「驚いたのは出場者同士の団結力。予選会が初対面で本来はライバル、年齢層もバラバラなのに、すぐに打ち解けてお互いを応援する雰囲気になる。みんな歌が好きだからでし [全文を読む]

NHKのど自慢に登場したニーハイ高校生演歌歌手が可愛すぎると話題に 「ももクロにいそう」

AOLニュース / 2015年02月09日15時00分

2月8日に放送されたNHKのど自慢、栃木県小山市大会に出場した演歌を歌う美少女、君島怜奈さんが「かわいい」とネット上で話題となり本人の公式ツイッターやYouTubeなどが次々と発掘され大きな話題となっている。 番組ではニーハイソックスで登場し視聴者の注目を集めていた彼女、番組内で披露したその愛くるしいルックスと、アイドルのような衣装にネット上では「JKキタ [全文を読む]

元SMAP・木村拓哉が“CM契約ゼロ”危機!「トヨタ」に続いて「ダンディハウス」も契約終了

日刊サイゾー / 2017年06月01日20時30分

しかし、そのタマホームも、SMAP独立・分裂騒動以降は、演歌歌手の坂本冬美や、シンガーソングライターの矢野顕子が出演する期間限定CMばかり放送し、木村バージョンの出稿が激減。次回の契約更新は厳しいのでは?」(同) SMAPの独立・分裂騒動では、“裏切り者”としてバッシングが相次いだ木村。現在の活躍ぶりとは裏腹に、パブリックイメージは著しく低下している。 「 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ピコ太郎、憧れの“石川さゆり様”と『PPAP』ポーズ 紅白リハで五木ひろしから告白も

TechinsightJapan / 2016年12月30日13時54分

彼をプロデュースする古坂大魔王が29日、『古坂大魔王 kosakadaimaou Instagram』に紅白のリハーサルで会った演歌歌手たちと並ぶ姿を公開している。「憧れの坂本冬美様と!」「途轍もなく憧れの…石川さゆり様と!」と次々に投稿したのは『PPAP』で「アッポーペーン」の時のポーズである。 さらに「そして…超大御所の…五木ひろし様とぉ!? 紅白歌合 [全文を読む]

紅白落選組を調査!ゴールデンボンバー5年目の『女々しくて』ならず

しらべぇ / 2016年11月24日16時30分

きゃりーもいないし、、つまらん、、SMAPもいないか、、つまらん、、— 花 (@poru___) November 24, 2016紅白歌合戦きゃりーぱみゅぱみゅももクロは、落選かぁ... SMAPも出場しないんですね...、最後の出演はどうなるのかなぁ...?大御所の演歌歌手の方々が落選されていますが、昔からの紅白の顔でもあるので出場し続けて欲しかった。 [全文を読む]

「GOD WARS ~時をこえて~」有名コスプレイヤーが集結

dwango.jp news / 2016年09月15日23時27分

そして最終日には日本を代表する演歌歌手、坂本冬美の登壇予定も。一体どのような内容のコメントが語られるのか? ゲーム内でもド迫力のバトルシーンや、各キャラクターの葛藤や成長・繋がりを描く濃厚なムービーが見逃せない「GOD WARS ~時をこえて~」、東京ゲームショウ期間中もこのゲームから目が離せそうにない。 [全文を読む]

NHKがラブコール?北島三郎が「紅白歌合戦」3年ぶり復帰が早くも内定?

アサ芸プラス / 2016年08月28日17時57分

今年5月には芸道55周年を記念し、吉幾三、坂本冬美、藤あや子ら7人の演歌歌手らと『サブちゃんとデュエットシリーズ』を発売するなど、歌手として現役バリバリです。また、SMAP解散が発表された際には、即座に『最後を紅白で飾るのがすばらしい』と見出しになるコメントを出している。今や芸能界の御意見番としても大活躍しています」 今年10月に傘寿を迎える、そんな北島に [全文を読む]

ダルビッシュ、ゴマキ、のりピー……有名人の弟に不祥事が多い理由

サイゾーウーマン / 2016年04月23日16時00分

また、2009年には演歌歌手の坂本冬美の弟も、野球賭博で逮捕されていますが、この時もヤクザと一緒に逮捕されたことが問題になりました」(同) あらためて見ると、著名人の「弟」の逮捕が目立つことに気づく。有名なところでは、元モーニング娘。の後藤真希(ゴマキ)の弟(元EE JUMPのユウキ)が強盗などで実刑判決を受け、酒井法子の異母弟は覚せい剤から脅迫まで、前科 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】マキタスポーツ 島津亜矢を絶賛「今、もっとも注目してる」

TechinsightJapan / 2016年02月11日18時16分

マキタスポーツが演歌歌手の島津亜矢をブログで絶賛している。“ヒット曲の法則”の分析で知られる彼をして、「今僕がもっとも注目してる方」という島津亜矢の魅力とはどのようなものなのか。そこには“演歌”の深さが関係しているようだ。 お笑い芸人、俳優、ミュージシャンと多才ぶりを発揮するマキタスポーツだが、はじめはバラエティ番組で公表した“ヒット曲の法則”をきっかけに [全文を読む]

嵐がついに降板か…NHK紅白歌合戦の司会にSMAP起用が急浮上

デイリーニュースオンライン / 2015年09月07日12時00分

この日、神奈川県・秦野市で行われた生放送に演歌歌手の坂本冬美(48)とともに登場し、香取慎吾(38)はスペシャルMCとして小田切千アナウンサー(45)と進行を担当。他のメンバーは出場者に混じって席に座り、合間には個性豊かな出場者たちとトークを繰り広げた。 そしてエンディングでヒット曲「SHAKE」を披露。木村拓哉(42)は自身のパートで、 「のど自慢の日は [全文を読む]

坂本冬美 紅白出場26回でも「うまく歌えたこと一度もない」

NEWSポストセブン / 2014年12月20日07時01分

NHK紅白歌合戦の出場回数26回を誇る演歌歌手・坂本冬美。紅白は坂本にとって歌手を目指すきっかけだった。石川さゆりが1977年の紅白で絶唱した『津軽海峡・冬景色』にしびれ、子供の頃からのプロの歌手になりたいという漠然とした夢が決意に変わったという。10歳の時だ。 1988年に初出場。「苦節するもの」と覚悟していたのにデビュー2年目で大願成就した。決定の知ら [全文を読む]

杜このみ、福田こうへい、新里宏太、Juice=Juice……『日本レコード大賞』新人賞に「ピンとこない」の声

日刊サイゾー / 2013年11月23日16時00分

一方、最優秀新人賞の候補となる新人賞には、5人組アイドルグループ・Juice=Juice、テレビアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)の主題歌を歌う新里宏太、岩手県の“脱サラ”演歌歌手・福田こうへい、細川たかしに師事する杜このみの4組が選ばれ、これにネット上では「誰?」「ピンとこない」「1人も知らない」といった声が相次いでいる。 また、3月のデビュ [全文を読む]

中国で、46年前に消費期限が切れた鶏もも肉が販売されていた

えん食べ / 2013年07月10日19時10分

なお、1967年生まれの日本の著名人には、サッカー選手の三浦知良さん、演歌歌手の坂本冬美さん、元プロ野球選手の清原和博さんなどがいる。故石原裕次郎さんが 「夜霧よ今夜も有難う」を、故美空ひばりさんが「真赤な太陽」をヒットさせたのも1967年のことだった。また、この年の4月には故赤塚不二夫氏の「天才バカボン」、12月には故高森朝雄(梶原一騎)氏原作・ちばて [全文を読む]

森山愛子、1日限りの「デビュー10周年記念コンサート」の模様をYouTubeにて順次公開!第一弾は「約束」~

PR TIMES / 2013年05月17日18時24分

デビュー以来、演歌歌手として活動してきた森山愛子が挑んだ新展開ですが、安定した歌唱力と柔らかく温かな声質が、切ないバラードをオリジナル以上に感動的に仕上げて好評を得て、幅広い層に人気を広げています。 コンサート当日は「母の日」。両サイドにカーネーションの花束をあしらった舞台に、赤の着物姿で登場した森山は、満場のファンの拍手を浴び、注目の「約束」からコンサー [全文を読む]

トラック運転手に絶大な人気! 長寿の秘密は安心感

アサ芸プラス / 2013年03月28日09時54分

文化放送のアナウンサーが多数担当してきたが、80年からは演歌歌手も起用し始めた。 「その第1号が川中美幸(55)。当時まったくの無名で、本人いわく、これでダメだったら田舎に帰るという状況でした。パーソナリティを始めた時に出した曲が『ふたり酒』。で、番組で各地のドライブインを回って“真夜中のキャンペーン”をやりましたら、一気に火がついて大ヒット。田舎に帰らず [全文を読む]

フォーカス