林原めぐみ 綾波レイに関するニュース

声優・林原めぐみが、「よ・み・き・か・せ」に初登場!!

PR TIMES / 2017年02月17日10時21分

「リスナーの“想像力が膨らむ読み方”を心掛けました」 『高橋みなみの「これから、何する?」』内コーナー 2月20日(月)~23日(木)14:30頃放送TOKYO FMの生ワイド番組、『高橋みなみの「これから、何する?」』(月~木13:00~14:55放送)内の人気コーナー「よ・み・き・か・せ」に、2月20日(月)~23日(木)、2月22日にニューシングル「 [全文を読む]

さすが閣下! 冬アニメ『昭和元禄落語心中』で林原めぐみ×椎名林檎のコラボでネットが揺れる!!

おたぽる / 2015年10月08日13時00分

2016年1月からTBS、MBSなどで放送されるTVアニメ『昭和元禄落語心中』(講談社)のOP主題歌を林原めぐみが担当、さらに楽曲のプロデュースに加え、作詞作曲編曲、ボーカルディレクションを椎名林檎が務めることが発表! 2人は「林檎さん…あなたに『ここ、あえてこんな風に…』と言われるたび、全力でお答えせねば…と、キュン…としておりましたのよ…。しあわせをあ [全文を読む]

「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」をニコ生で独占生中継。林原めぐみも降臨

ITライフハック / 2017年03月23日15時00分

本コンサートの司会は、「エヴァンゲリオン」シリーズで綾波レイ役を演じる声優・林原めぐみと、映画「シン・ゴジラ」で保守第一党政調副会長・泉修一役を演じた俳優・松尾諭が務める。また、特別ゲストとして高橋洋子、和田薫が出演。東京フィルハーモニー交響楽団の演奏のもと、さらにゲスト演奏者も多数迎えた、豪華出演陣によるコンサートの模様をお届けする。■放送スケジュール: [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】綾波レイの誕生日を祝福 東京喰種の作者がイラスト公開

TechinsightJapan / 2016年03月31日13時48分

月日は碇ユイや声優の林原めぐみと同じだが、生まれ年は「不明」というのが通説だ。漫画『東京喰種トーキョーグール』の作者として知られる石田スイさんがその日、『石田スイ(sotonami)ツイッター』に「綾波のお誕生日ではないか?(休憩絵) 」と“綾波レイ”のイラストを公開した。 その美しさと迫力に「スイ先生の綾波綺麗…!」「休憩のクオリティではない(汗)スゲェ [全文を読む]

林原めぐみが『エヴァ』新作“なかなか作られない”問題に言及! 「Pick-up Voice」4月号レビュー

おたぽる / 2017年03月19日20時00分

復活から2号目となる4月号でもっとももっとも気になったのは、林原めぐみのインタビュー記事だ。 インタビューの中心は、椎名林檎作詞作曲のニューシングル「今際の死神」について。この話は『声優グランプリ』(主婦の友インフォス)3月号のレビューでも触れているが、本誌では別の話題として『新世紀エヴァンゲリオン』にも言及されていたので、それを紹介したい。 インタビュア [全文を読む]

中野サンプラザではキャパ不足!? 林原めぐみファーストライブは熾烈なチケット争奪戦必至

ガジェット通信 / 2017年02月28日19時00分

声優の林原めぐみさんが、2017年6月11日にファーストライブを中野サンプラザで開催すると発表。1986年より活動を開始し、3月30日には50歳を迎える長い芸歴の中でも初めてのライブということで、さまざまな世代の声優ファンがざわめいています。 林原さんと言えば、『らんま1/2』の女らんまや、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』のミンキーモモ、『新世紀エヴァン [全文を読む]

林原閣下が“アイドル声優使い捨て”に苦言を呈すも「実力なければ消えて当然」

おたぽる / 2016年05月21日21時00分

『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ役、『名探偵コナン』の灰原哀役など多くの有名作品に出演し、人気声優の地位を不動のものにした林原閣下こと、林原めぐみが雑誌『声優Premium(プレミアム)』(綜合ムック)に登場。90年代の女性声優ブームと女性声優界の光と影について語った。 林原は1986年、テレビアニメの『めぞん一刻』で声優デビューを果たし、その後多く [全文を読む]

第3新東京市がジャズクラブに、エヴァシリーズ初のジャズアレンジアルバム発売

Entame Plex / 2014年11月18日22時24分

このアルバムでは綾波レイ役を務める声優・林原めぐみが手掛けた日本語歌詞によるヴォーカル参加楽曲3曲を含む全12曲とボーナストラックを収録する予定になっている。 また、アルバムのジャケットは安野モヨコ氏による描き下ろしイラストに決定した。 [全文を読む]

「結婚するなら事務所を辞めろ」アイドル化する声優の人気と弊害

サイゾーウーマン / 2012年10月02日09時00分

「90年代に一世を風靡した、『スラムダンク』(テレビ朝日系)流川楓役の緑川光や、『美少女戦士セーラームーン』(同)の月野うさぎ役の三石琴乃、『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京系)の綾波レイ役の林原めぐみも、人気が落ち着きはじめたタイミングで結婚を公表しています。ですが、『アイドル』から『演技派』への脱皮にもなりますので、公表できない声優は自分の実力をわ [全文を読む]

フォーカス