阿部寛 草なぎ剛に関するニュース

山下智久がなぜ!?「好きな男優」ランキング入りの怪

messy / 2017年03月31日00時00分

「好き」2位は阿部寛、3位に木村拓哉。4位以降は高橋一生、5位堺雅人、6位草なぎ剛、7位菅田将暉、8位山田孝之と“演技派”として評価の高い面々が並ぶのだが、なぜか9位に、山下智久がランクインしているのである。 山下がこのランキングに入ったのはおそらく初。しかしどのような意見が得票につながったのか、記事ではまったく触れられていない。そもそも昨年~今年にかけて [全文を読む]

『ラヴソング』『世界一難しい恋』が思わぬ苦戦 松本潤主演『99.9』が早くも独走ムード──春ドラマ初回総括

日刊サイゾー / 2016年04月27日21時00分

このペースなら、同枠で昨年10月期に放送された『下町ロケット』(阿部寛主演)の平均18.5%を上回る可能性も十分。 初回視聴率2位は、テレ朝の人気シリーズ『警視庁捜査一課9係 season11』(渡瀬恒彦主演/水曜午後9時~)で、13.9%をマークして、安定した人気を示した。 同3位は、竹野内豊主演『グッドパートナー 無敵の弁護士』(テレビ朝日系/木曜午後 [全文を読む]

冬ドラマは軒並み低調な出足……初回15%超えはテレ朝『スペシャリスト』だけ 日テレはオール2ケタ、TBSは全滅

日刊サイゾー / 2016年01月24日11時00分

前クールは、14番組中、『相棒season14』(テレビ朝日系/水谷豊主演)、『下町ロケット』(TBS系/阿部寛主演)など12番組が2ケタ台での好スタートを切ったものの、今クールは12番組中、5番組しか2ケタを取れない低調な出足となった。そこで本項では、ランキング形式で冬ドラマの初回を振り返りたい。☆2016年1月期民放プライム帯連続ドラマ初回視聴率ラン [全文を読む]

嵐・相葉の月9は苦戦、SMAP・木村と東山は14%超! ジャニドラマ年間視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年12月29日09時00分

2015年は佐藤健主演『天皇の料理番』、阿部寛主演『下町ロケット』(ともにTBS系)の高視聴率が話題になった民放の連続ドラマ。『下町ロケット』は最終回で22.3%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を記録し、15年の民放連ドラ最高記録を更新。一方、ジャニーズタレントが出演したドラマでは、今年もジャニーズの高視聴率男が堂々の1位を獲得した。■14年に続 [全文を読む]

AKB48・渡辺麻友の“史上最低”ドラマ『戦う!書店ガール』視聴率3.6%で早期打ち切りも!?

日刊サイゾー / 2015年05月21日17時00分

これまでの最低は、2012年10月期の阿部寛主演『ゴーイング マイ ホーム』の第9話で、4.5%。『戦う!書店ガール』は第3話で4.6%を記録していたが、最新話で同枠史上初の3%台にまで沈んでしまった。 「今回、裏番組の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)が、DAIGOに『24時間テレビ』(同)チャリティーマラソンランナーのオファーをする瞬間を放送。 [全文を読む]

線引きしないで!「水星座男性」に絶対言っちゃダメなNGワード3つ

WooRis / 2014年05月22日05時45分

絶対に言ってはいけないNGワードとしては“マザコンね”です」蟹座男性の芸能人といえば、阿部寛さん、沢田研二さん、明石家さんまさん、岡村隆史さん、堤真一さん、草なぎ剛さん、水谷豊さん、藤木直人さん、内村光良さんなどです。色気のある優しげな笑顔が印象的な方が多いですね。仲間を大切にされる方も多いような気がします。こういった蟹座男性には絶対「マザコンね」など、家 [全文を読む]

木村拓哉主演『HERO』続編が7月スタート!? 新ヒロイン・北川景子とジャニーズの“蜜月関係”

日刊サイゾー / 2014年02月13日11時00分

また、前作でヒロイン役だった松たか子をはじめ、大塚寧々、阿部寛らメーンキャストは、都合が合わず続編への出演はなし。松に替わる新ヒロインには、北川景子が決定しているという。 北川といえば、4年前にも木村主演の月9『月の恋人~Moon Lovers~』に出演。その前には、山下智久主演の月9『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』にヒロイン役で出演。最近も、『謎 [全文を読む]

フォーカス