子供 阿部寛に関するニュース

語っていいとも! 第38回ゲスト・IVAN「男のコって、突起物がなくなった瞬間にめっちゃくるから(笑)」

週プレNEWS / 2017年03月12日12時00分

(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―それも子供の時だと、反発のいじめの対象になりがちなね。 IVAN でも私はいじめられてるコを助けちゃうタイプだったの、いつも。「やめなよ!」みたいな。すると、目立っちゃうじゃないですか。で、「バイキン」「外人」って…。それって、もう受け入れるしかない。受け入れられるってのも、なんかすごい親のおかげなんでしょうけ [全文を読む]

「結婚できない」阿部寛似38歳東大院卒男 親が釣書ばらまく

NEWSポストセブン / 2013年07月04日07時00分

もう相手は誰でもいいんです」(38歳無職女性の母親である65歳女性) かくして、子供の婚活に必死になる親が多い。 6月25日に閣議決定された「少子化社会対策白書」が、婚活業界に衝撃を呼んでいる。国勢調査を元に算出された2010年の「生涯未婚率(50歳の時点で結婚経験のない人の割合)」が、男性は20.14%、女性は10.61%。男性が2割、女性も1割を超えた [全文を読む]

【ウラ芸能】阿部寛、お受験勝ち組の深層

NewsCafe / 2014年12月19日15時00分

青学って前にも、女優、黒木瞳(54)の一人娘が問題起こして転校したな」記者「そうそう、中学校内でのいじめにかかわっていた、と女性誌などで報じられました」デスク「親である芸能人やその子供が何かしでかすたびに、ウチらマスコミがわんわん言うのに、なんで芸能人の子供を入れるんだろ?」記者「問題を起こす子供や親がいても、『芸能関係者の子供は入れるな!』という声にはな [全文を読む]

真木よう子『海よりもまだ深く』インタビュー

NeoL / 2016年05月14日08時00分

──真木さんが演じた響子は、ダメな夫と離婚し、1人で子供を育てているしっかり者の女性です。とりたてて変わったところのない市井のキャラクターだからこそ、女優としてすごく繊細な感情表現が求められた気がするんですが? 真木「うーん、どうなんだろう(笑)。自分ではあまり意識してないんですよね。楽しいシーンは楽しく、切ないシーンは切ない感情でお芝居していただけで… [全文を読む]

壊れてゆく現代の家族描く是枝裕和新作『海よりもまだ深く』

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

あの頃は父がいた、母がまだ若かった、自分たちは子供だった。家族は思い出のなかで輝く。 山田太一のドラマで確か竹下景子演じる母親が、子供とスーパーに買い物に行き、「こんななんでもないことでも、大人になって思い出すと懐しいものなのよ」と言ったが、家族の真髄をよく語っている。 「歩いても 歩いても」(2008年)「そして父になる」(2013年)「海街diary」 [全文を読む]

しっかり叱る父?寛容な父?やっぱり包容力!ドラマ史に残る名物パパ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年10月08日12時55分

基本的に子供の意思を尊重。いざとなったら手助けしてくれるパパ!女性の人生を描くことの多い朝ドラ。最近では、「家族」を中心にしすぎて仕事をないがしろにしてしまう、尾美としのりさん演じる『あまちゃん』の正宗パパや、『ごちそうさん』の寡黙で頑固なのに娘を溺愛する原田泰造さん演じる大五、自由人ながらも娘の才能を見抜き、型破りな行動で道を拓いた伊原剛志さん演じる『 [全文を読む]

阿部寛 経験者・市村正親と篠原涼子夫妻の助言でお受験成功

NEWSポストセブン / 2014年12月15日07時00分

「この幼稚園は、数々の有名人の子供が在籍し、例年10倍ともいえる超難関なんですが、阿部さんの長女は見事合格したそうです。この日、奥さんは本当に嬉しそうでしたね…」(阿部の知人) 阿部夫妻がこのお受験戦争を勝ち抜くことができたのは、心強い“伴走者”の存在を抜きに語れない。それが篠原涼子(41才)、市村正親(65才)夫妻である。 阿部と篠原といえば、2004 [全文を読む]

向井理が企画『いつまた、君と~何日君再来~』は大人が泣ける映画

しらべぇ / 2017年06月25日06時30分

■愛し合う夫婦の姿に涙する(画像はオフィシャルサイトのスクリーンショット)子供が生まれて家族が増え、妻や子供を大切にする吾郎だが、つらい過去があり、多くの不運に見舞われる。どうしてこんなにも――そんな気持ちになるが、夫婦が支え合い、不幸に溺れることなく、何度でも明るさを取り戻す姿に心を揺さぶられた。しかし一度だけ、吾郎が朋子に「別れよう」と言って出ていく。 [全文を読む]

東野圭吾原作映画「疾風ロンド」公開で“笑”撃を受ける観客続出!「自分でも引くぐらい笑いっぱなしだったwww」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月10日15時00分

観客からは「阿部寛を周りの人が冷めた目で見てんのがめっちゃ笑えたwww」「子供にすら見下される阿部ちゃんの神妙な表情がツボ!」「ムロさんいい味出しててニヤニヤしてしまったよ」「自分でも引くぐらい笑いっぱなし(笑)」「こんなに面白いとは驚き! 今年一番笑えたかも!」「疾風ロンドってこんなに笑える話だったっけ!?」と絶賛の声が。 東野作品ならではのサスペンス [全文を読む]

大泉洋 フジテレビキャリアウーマン妻の影響でお受験パパに

NEWSポストセブン / 2015年04月16日07時00分

小さな体に真新しい制服を着た子供たちが、両親や祖父母に付き添われてやってくる。その中には、阿部寛(50才)や中村勘九郎(33才)、篠原涼子(41才)・市村正親(66才)夫妻など芸能人も多数。そして、ドラマプロデューサーの妻(45才)と長女(3才)と並んで歩く大泉洋(42才)の姿があった。 長女を真ん中に手をつないで歩く3人。水玉のコートを着た長女はぴょんぴ [全文を読む]

天海祐希、阿部寛との“擬似”夫婦生活は「幸せな毎日」

Movie Walker / 2017年01月28日13時54分

本作は、子供たちが親元から離れ、2人きりの生活に戻された夫婦が感じる違和感や戸惑いをユーモラスに描く人間ドラマ。阿部は「夫婦の話をここまで深くやるのは初めて。天海さんと毎日、楽しい夫婦生活を送らせてもらった」とニッコリ。天海も「こんなハンサムさんと」と阿部をチラリと見つつ、「“擬似夫婦”を体験させていただき、幸せな毎日でした」と語っていた。 菅野と佐藤も [全文を読む]

陸上部員は必見?阿部寛が編み出した「足が速い中学生」を一発で見抜く方法

アサ芸プラス / 2016年11月27日09時58分

「彼はあっという間に大人の身体になっていたが、僕は5年生ぐらいの時はまだ子供の身体だから勝てないんですよ」と振り返り、その敗北が人生最大の挫折だったと語った。 その後も阿部は、さらに足が速くなりたいという野望から中学では陸上部に入部したのだが、そこで“足の速い人には共通点がある”と、ハタと気づいたという。「陸上部に入ると、部員のほとんどにスネ毛が生えている [全文を読む]

モントリオール映画祭で阿部寛&天海祐希夫婦が世界を笑顔に!

Movie Walker / 2016年09月05日15時17分

『恋妻家宮本』は子供が独り立ちした夫と妻が50代からの夫婦生活にどう向き合うのかをコミカルに描き、現代の夫婦、家族のあり方を提起した作品。主人公の宮本陽平を演じるのは阿部寛。その妻である美代子役を天海祐希が演じている。 モントリオール世界映画祭は世界三大映画祭に次ぐ北米最大の映画祭で、大きな注目が注がれるなか、上映中はコミカルなシーンごとに笑いが起こり、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】天海祐希 白いブーケと黒いドレスでバージンロード? 隣の男性は…

TechinsightJapan / 2016年09月05日12時51分

重松清氏の『ファミレス』を遊川氏が大胆に脚色した同作は、熟年離婚が当たり前となった現代において、子供が独り立ちした夫(阿部寛)と妻(天海祐希)が50代からの夫婦生活にどう向き合うのかをコミカルかつハートフルに描く。危うい結婚生活をとりあげたことから、初心に立ち返り、2人でブーケを持って記念撮影したというわけだ。 現地時間・9月3日に行われた上映会には、4 [全文を読む]

この秋始まる新ドラマの最新情報を紹介!金曜~土曜編

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日20時53分

戦後の焼け跡から子供服作りを始め、やがて日本初の総合子供用品店をオープンさせる女性・すみれ(芳根)の軌跡を描く。 来週はさらに、フジ系土曜夜のドラマや、テレビ東京系土曜夜のドラマなどが発表予定。 ※週刊ザテレビジョン2016年8月24日発売号の「10月新ドラマ最速1コマ相関図」でさらに詳しく紹介 [全文を読む]

関ジャニ∞・大倉忠義らの雪上アクションが公開!

Smartザテレビジョン / 2016年07月23日14時52分

しかし、20年ぶりのスキーウェアで雪上に降り立ったこともあり、栗林は子供が横切っただけでも悲鳴を上げて激しく転倒してしまう。子供には「下手くそ!」とバカにされ、しまいには不慣れな雪上でケガをしてしまい絶体絶命に。 そんな栗林の前に現れた2人の救世主、野沢温泉スキー場で働くパトロール隊員・根津(大倉)とスノーボード選手の千晶(大島)に「人の命がかかっているん [全文を読む]

「懐かしいな、この狭さって(笑)」 真木よう子が映画『海よりもまだ深く』を語る

anan NEWS / 2016年05月24日08時00分

「是枝さんの実家があった団地と、私が子供の頃に暮らした団地がすごく似ていて、私も実家に帰ったような気持ちになりました。懐かしいな、この狭さって(笑)。響子という役は、複雑な状況におかれていて、元旦那、元旦那のお母さん、元旦那のことを否定する今の恋人など、人との距離の取り方が難しいところもありましたけど、団地という空間に助けられたような気がします」 是枝監 [全文を読む]

大泉洋が「子供にデレデレ」堺雅人に「子育て」アドバイス

WEB女性自身 / 2016年04月26日06時00分

妻子の存在が心の支えになっている」(夫妻の知人) すでに0歳の子供を、「セレブ御用達」の英語が学べるフィットネスに通わせている。早くも英才教育だ。 大河の後にはあの話題作が待っている。 「『半沢直樹』の続編の主演に、ついに首を縦に振った。最終回の視聴率が今世紀最高の42.2%を記録した伝説のドラマ。局からはずっと続編の出演を依頼されていたが、やっと堺が承諾 [全文を読む]

阿部寛「娘のために!」新居探しに“奔走”したパパの素顔

WEB女性自身 / 2015年11月26日06時00分

しかし長女が誕生してからは、出演作を決める際に『子供の誕生日は必ずオフにする』という条件を出すようになったんです。毎年、2人の娘さんの誕生日は家族でお祝いしているそうですよ」 そんな阿部は『下町』撮影開始を前に、「娘のために」と 奔走 していたという。 「今年4月に阿部さんの長女は都内の有名私立幼稚園に入園しました。そこで 楽に通えるように と幼稚園の近く [全文を読む]

黒島結菜&阿部寛「若者に見てほしい」戦後70年作品

Smartザテレビジョン / 2015年06月24日23時08分

また、阿部は「(松浦の)子供3人と一緒のシーンがありましたが、やはり戦争で犠牲になるのは子供たちだと思いました。子供たちとのシーンはすごく楽しいシーンではあるのだけど、そこを演じることによって、戦争の悲しさをより深く表現できるのだろうと思いました」と印象に残ったシーンを挙げていた。 [全文を読む]

フォーカス