阿部寛 舘ひろしに関するニュース

しっかり叱る父?寛容な父?やっぱり包容力!ドラマ史に残る名物パパ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年10月08日12時55分

お友達のママにも食ってかかりますし、おばあちゃんが作ったきれいな園バッグよりも、阿部寛さん演じるパパがたどたどしいながら一生懸命作った園バッグを、文句いいながらも使う姿は感動的でした。 不器用で照れ屋で表現が下手だけど、精一杯亡き妻を愛し、精一杯息子を愛してくれる武骨な父・安男と優秀な息子の人生を描いた『とんび』。 母は出産と同時に亡くなり、父は失踪・・・ [全文を読む]

西島秀俊はアルマーニ似合いすぎ!「スーツの似合う俳優」たちのカッコよすぎる特徴

messy / 2017年03月27日20時00分

2012年にはniftyニュースが調査し、こちらも1位は舘ひろし、その他は阿部寛(52)、水谷豊(64)、渡辺謙(57)、及川光博(47)、松本人志(53)といった名前が挙がっていた。2011年に「THE SUIT COMPANY」が店舗で働く女性にアンケートを実施した結果は、1位谷原章介、2位が同票で櫻井翔(35)、玉木宏と続く。これらの結果を見ると、 [全文を読む]

私が考える、ほんとうに「家族はつらいよ」な映画

文春オンライン / 2017年06月20日11時00分

横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏川結衣)とお盆の帰省をします。頑固な町医者の父恭平(原田芳雄)と、子どもたちを招き入れる母とし子(樹木希林)。 しかし、この横山家では良多の兄にあたる長男が事故死しているため、お盆はただの月並みな帰省の機会ではなく、ちゃんと供養の意味を持っています。そこで母が家族以外に毎年招くのは、長男が事故死する理由となった男性。長男は [全文を読む]

福本伸行の人気マンガ『銀と金』が池松壮亮主演でドラマ化!『カイジ』『アカギ』声優の萩原聖人や藤原竜也の出演は!?

おたぽる / 2016年11月17日22時00分

現在ネット上では「玉置浩二でお願いします」「阿部寛でええで」「香川さんじゃないのw」「銀さんは中条きよしが」「岩城滉一とか舘ひろしとかだったりしたらどうしよう……心臓が持たない……」などとさまざまな推測の声が上がっている。その他、「藤原竜也もどっかにだそうや」と映画版『カイジ』シリーズで主演を務めた藤原竜也の出演を求める声も……。 [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

■脚本家と主人公の黄金タッグ ちなみに、昔から「名作の陰に脚本家と主演俳優の黄金タッグあり」――なんていわれていて、古くは、『あすなろ白書』や『ロングバケーション』(いずれもフジテレビ系)の脚本・北川悦吏子&木村拓哉のタッグをはじめ、『アットホーム・ダッド』や『結婚できない男』(いずれもフジテレビ系)の脚本・尾崎将也&阿部寛のタッグ、『火の魚』や『カーネー [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大泉洋が“お父さん役が似合う俳優”にランクイン 有吉の振りに陣内が動揺

TechinsightJapan / 2016年06月17日21時00分

■20~40代男女に聞いた お父さん役が似合う俳優 TOP10(カギカッコは選んだ理由) 1位 阿部寛 「かっこよくて包容力があるから」 2位 三浦友和 「日本の穏やかなお父さんっぽいから」 3位 西田敏行 「雰囲気が優しいお父さんそのものだから」 4位 福山雅治 「家族の歌を出しているので」 5位 佐藤浩市 「渋くてかっこいいから」 6位 舘ひろし 「 [全文を読む]

北斗晶さん、つるの剛士さん強し!篠原涼子さんの躍進にも注目-有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2015

DreamNews / 2015年12月11日13時30分

【こそだて】 http://www.kosodate.co.jp/ 集計総数: 399人 男女比 6:94(男性23人 女性376人)中心年齢 30代半ば ※参考:2014年の結果 http://www.dreamnews.jp/press/0000103958/ ■アンケート結果 敬称略 ( )は2014年●最近子どもができた有名人で思い浮かべる人は? [全文を読む]

西島秀俊に勝って「好きな年上男性芸能人」1位に輝いたのは…やっぱりアノ人!

AppWoman / 2015年06月03日07時30分

“天使かわいい”と称されるほど、天然でお茶目な一面に、ギャップ萌えする女性が多いのかも!?ちなみに、4位は竹野内豊さん、5位は阿部寛さんがランクイン! 40代女性からは、佐藤浩市さんや舘ひろしさんが支持されていました。年齢によって好みはバラバラ……。あなたはどんな男性有名人にエスコートされたいですか? [全文を読む]

フォーカス