阿部寛 松嶋菜々子に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

主演は、堤幸彦監督の『TRICK』(テレ朝系/2000年)で阿部寛と名コンビを組んだ仲間由紀恵。脚本は『ナースのお仕事』(フジ系/1996年)の江頭美智留。正直、放映前はそんなに注目される作品じゃなかった。ところが――始まるや否や、同ドラマは大反響を巻き起こす。初回視聴率は18.3%。何より評判だったのが、その『水戸黄門』的な分かりやすい勧善懲悪なストーリ [全文を読む]

北斗晶さん、つるの剛士さん強し!篠原涼子さんの躍進にも注目-有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2015

DreamNews / 2015年12月11日13時30分

【こそだて】 http://www.kosodate.co.jp/ 集計総数: 399人 男女比 6:94(男性23人 女性376人)中心年齢 30代半ば ※参考:2014年の結果 http://www.dreamnews.jp/press/0000103958/ ■アンケート結果 敬称略 ( )は2014年●最近子どもができた有名人で思い浮かべる人は? [全文を読む]

「3人の女優に断られ……」真価問われる松嶋菜々子 来年公開の阿部寛主演映画『祈りの幕が下りる時』で

日刊サイゾー / 2017年08月10日00時00分

出演者が豪華なので、撮影期間は6月頭から約1カ月半しか確保できませんでしたが、超大作なのは間違いないので、局としても最低でも興収20億円を狙っているようです」(TBS関係者) 阿部寛主演の映画『祈りの幕が下りる時』が2018年に公開される。本作は、東野圭吾の人気ミステリー“加賀恭一郎シリーズ”の最終作だ。 「2010年4月に連続ドラマ『新参者』(TBS系) [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

『結婚できない男』の桑野信介(阿部寛さん)は、「仕事ができてたまに思いやりがあり、時々かわいいところのある」(部下談)イケメンエリート建築家ですが偏屈で面倒くさい男。早坂夏美(夏川結衣さん)は、社交的ながらも過去にとらわれ恋愛に臆病な美人女医。嫌みを言い合いながらもお互いを心配する二人の掛け合いがもどかしくてたまりませんでした。この掛け合いが良かったのか、 [全文を読む]

この秋始まる新ドラマの最新情報を紹介!金曜~土曜編

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日20時53分

阿部寛が特殊嗅覚で難事件を捜査 阿部寛主演の犯罪捜査ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官」が土曜夜10時からNHK総合で放送。ウクライナで制作され、世界的に大ヒットしたドラマ「THE SNIFFER」のリメークで、人の数倍の嗅覚を武器に難事件に立ち向かう男・華岡(阿部)の活躍を描く。 ■ 芳根京子がたくましい母親を熱演 芳根京子主演の連続テレビ小説「べっ [全文を読む]

好感度調査では圏外! 武井咲、剛力彩芽、AKB48の謎

メンズサイゾー / 2012年09月25日15時12分

結果、男性タレントでもっとも「好き」という回答が多かったのは、俳優の阿部寛。女性タレント部門は綾瀬はるかが1位に輝いた。 実はこの調査で阿部寛は上位の常連。そのほか、男性部門では、巨漢タレントの石塚英彦、明石家さんま、所ジョージ、イチローらが例年上位に食い込んでいる。今回は嵐の相葉雅紀が過去最高の10位にランクイン、ジャニーズ勢ではSMAPなどの先輩タレン [全文を読む]

春風亭昇太&飯豊まりえ&及川光博、阿部寛主演「新参者」シリーズ完結編に出演!

映画.com / 2017年09月02日14時30分

主演・阿部寛が憂いと葛藤の表情を浮かべているほか、役どころは不明だが春風亭昇太、飯豊まりえ、及川光博が出演していることが明らかになった。 本作は日本橋署にやってきた凄腕刑事・加賀恭一郎(阿部)が主人公の人気シリーズで、事件のトリックだけでなく、その背景にある人間模様をも解き明かす物語性が熱く支持されてきた。2010年から連続ドラマ&スペシャルドラマが放送さ [全文を読む]

仕事選びまくり、ドタキャンしまくりでも“独り勝ち” 宮沢りえの天下は続く……

日刊サイゾー / 2017年08月08日18時00分

「先日クランクアップした、阿部寛さんの主演映画『祈りの幕が下りる時』のヒロインは松嶋菜々子さんが演じていますが、もともとは宮沢さんに声をかけたものの、『ドラマ化もされたシリーズものには出ない』という理由で断られたそうです。彼女はCMもやってますから、基本的に仕事を選べる立場にあります。なので、いい脚本を待つだけ待って、そちらを選ぶということはプロとしては [全文を読む]

波瑠、土屋太鳳らブレーク女優のウラで……消えた“朝ドラヒロイン”たちはいま

サイゾーウーマン / 2016年03月07日12時45分

朝ドラ後、藤澤は05年公開の『奇談』に、阿部寛とのW主演で、映画初出演にして初主演の抜擢を受けた。しかし、その後はこれといった活躍は見られず、二度の米国留学もあって、徐々に忘れ去られた存在に。昨年は7月期の連ドラ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)第7話、同8月に土曜ワイド劇場『私は代行屋!4・事件推理請負人』(テレビ朝日系)、また5月に舞台『朗読劇 私 [全文を読む]

香里奈がワースト独走、西島秀俊『無痛』はフジ最下位! 今期ドラマ視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年12月23日16時00分

1位は高視聴率が話題になった阿部寛主演の『下町ロケット』(TBS系)で、最下位は同じくTBSで香里奈が主演を務めた『結婚式の前日に』と、同局でトップとワーストを押さえる結果となった。 1位の『下町ロケット』は、初回視聴率では16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で『相棒』(初回18.4%)に次ぐ2位だったが、前半パート「ロケット編」が完結した第 [全文を読む]

香里奈復帰作&篠原涼子『オトナ女子』が大コケ、最下位争い! 秋ドラマ初回視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年10月27日14時31分

ベスト2位は初回16.1%を記録した、阿部寛主演の『下町ロケット』(TBS系)。原作は池井戸潤氏の直木賞受賞作で、家業の町工場を継いだ主人公が、ロケット開発への夢をあきらめきれず挑戦し続けるというストーリー。主人公・佃航平(阿部)の娘・利菜役にNHK朝の連続テレビ小説『まれ』で主演を務めた土屋太鳳や、立川談春、安田顕らが出演。25日放送の2話は初回を上回 [全文を読む]

是枝ドラマの超低空飛行「山口智子戦犯説」に女性作家が反論

NEWSポストセブン / 2012年12月19日16時00分

宮崎あおい、阿部寛、西田敏行などの豪華キャストと、鳴り物入りで始まったドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(フジテレビ系)。 ところが。事前の期待に反して視聴率は落ち続け、最終回を前に第9話は4.6%(12月11日放送)まで低下。そのあまりの人気のなさに、「戦犯」捜しが始まっています。「視聴者にウケなかった山口智子」(『リアルライブ』)といった見出しも。 か [全文を読む]

山口智子、連ドラ出演も視聴率大惨敗で「出番減らして」

アサ芸プラス / 2012年11月15日11時00分

主演にヒットメーカーの阿部寛(48)を据え、脇を固めるのも、宮崎あおい(26)や西田敏行(65)など、幅広い世代に支持される豪華キャストとなった」(スポーツ紙芸能担当記者) そして監督、脚本には、「誰も知らない」「ワンダフルライフ」など、国内外で評価を受ける映画監督・是枝裕和氏をテレビドラマ初となる起用である。 「並行して秋ドラマでは、月9でキムタク主演の [全文を読む]

フォーカス