元夫 西川史子に関するニュース

小倉優子「結婚会見恥ずかしい」 元夫の「飯マズ発言」に反論も

しらべぇ / 2017年04月29日15時00分

離婚前に噂のあった「元夫からの飯マズ発言」に反論した。(画像は小倉優子オフィシャルブログのスクリーンショット)■有吉が離婚に言及司会の有吉弘行(42)は以前別番組で「(離婚時)全国民がやっぱりねと思った」「結婚した時から(離婚への)カウントダウンをはじめていた」と、小倉の離婚に関して独自の見解を口にしてきた。「結婚会見で100%浮気されない自信があると発言 [全文を読む]

西川史子、離婚の陰に、連夜同一男性と銀座で酒乱豪遊&氷口移し疑惑?元夫は嫌気か

Business Journal / 2014年01月16日01時00分

元夫から)嫌われてたんでしょ、私が」と答え、さらにデーブ・スペクターから離婚の具体的な原因について聞かれると「別に彼が浮気をしたとかではないし、それなのに(元夫が)家を出ていきたいということは、やっぱり私がいけなかったんだと思いますね」と語った。 また15日には、設楽統(バナナマン)が司会を務める情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演。同番組の [全文を読む]

友達との“おっぱいチェック“まで披露したスザンヌ、離婚後の活動は絶好調!!

メンズサイゾー / 2015年05月20日23時30分

だから私、36歳のときに再婚しそうです」と2度目の結婚に前向きであることを明かし、離婚直後の心境についても「離婚届出したら"新しいスタート"って感じですっきりした」「(元夫も私も)お互いに前向きだったから、乾杯したい気持ちだった」とポジティブに語った。 さらに、地元である熊本で高校時代の友人との飲み会の様子がVTRで紹介されると、そこにはヤンチャだったころ [全文を読む]

スザンヌ離婚に西川史子「絶対離婚すると思った」

デイリーニュースオンライン / 2015年03月23日12時15分

そんな中、元夫である斉藤和巳氏は、一部週刊誌で報じられたプロゴルファー・上田桃子との不倫を否定。現役時代から福岡市内で経営しているカフェも順調で、最近ではもう1軒居酒屋をオープンさせたにも関わらず、慰謝料や養育費の支払いを渋っているとの噂もある。斉藤のブログでは誹謗中傷のコメントが殺到しており、SNS上には避難が殺到。 「産後の大変な時期に オムツも替え [全文を読む]

西川史子、離婚の理由を生告白「(元夫から)嫌われたんでしょ。お互いに傷付け合った」

Business Journal / 2014年01月12日12時00分

元夫から)嫌われたんでしょ、私が」とたんたんと答えた。 さらに田中が「西川さんのほうからは、まだ全然がんばろうという気はあったのか?」と質問すると西川は、一旦「なんですか……」と言葉を詰まらせた後、「お互いにがんばろうとしたんですけど、傷付け合ったというか」と語った。 続けて、テレビプロデューサーのデーブ・スペクターが「具体的な原因って、あるんですか?」 [全文を読む]

【ウラ芸能】菊池桃子、告白本出版の狙いは…

NewsCafe / 2015年12月22日15時00分

記者「先日、タレント、菊池桃子(47)が出した初の著書『午後には陽のあたる場所』が物議を醸しています」デスク「2012年1月に離婚した元夫のプロゴルファー、西川哲(47)とのことや、長男出産後に死産をへて生んだ長女に障害がある…とか今まで大っぴらに言ってこなかったことを告白したってな」記者「アイドル上がりでありながら、法政大大学院で修士号を得て、今は母校の [全文を読む]

「夜が雑になっちゃって…」新婚・鈴木奈々が早くもセックスレス告白

messy / 2014年02月21日17時00分

共演者たちもこれには苦笑しつつ、先月離婚したばかりの西川史子(42)は「(元夫は)脱がせる時とか雑だった」と自身の経験を語り、鈴木と同じく新婚の優木まおみ(33)は「雑になって欲しくないから旦那に裸は見せない。けど、お風呂は一緒に入る。白い入浴剤を入れて完全に裸が見えないようにしながら」と明かしていた。女性なら誰しも、結婚後にセックスライフがマンネリ化する [全文を読む]

西川史子がエステボディで元夫に復縁アピール

アサ芸プラス / 2014年02月06日09時59分

テレビ出演する度に悔やんでいると吐露している女医タレントの西川史子(42)だが、まだまだ元夫への復縁をあきらめてはいないようだ。 離婚による傷心が癒えない西川は2月2日放送の「サンデージャポン」(TBS系)に生出演した際、俳優の坂上忍(46)に求愛される一幕も。 「番組中に、坂上さんがVTRで『実は西川さんから昔からファンだって言われていたんですよ』と暴露 [全文を読む]

矢口真里に朗報!? 業界内から聞こえる“待望論”

メンズサイゾー / 2013年06月02日12時00分

あまりにも早い幕引きのようだが、事情通によると、元夫となった中村昌也(27)の所属事務所は、不倫現場の目撃(今年2月23日)直後には事実を把握し、矢口サイドと話し合いの場を設けていたという。それから3カ月あまり、自身のイメージを守るためか、煮え切らない態度をとり続ける矢口に対して、事務所がネタを提供したのではないかとの憶測まで出回る始末だ。 たとえ記事に誤 [全文を読む]

フォーカス