医者 西川史子に関するニュース

【医師たちのリアル恋愛事情】西川史子も…女医が「非医師」の男を選ぶワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年05月08日11時50分

医者でないオトコ」を選ぶ女医が増加中 「医師妻になる最も確実な方法は、自ら女医になることである」とは昭和時代より言われるものの、平成20年代の女子医学生率は30~35%となり、「女性が医大進学しても自然に医師妻になれるとは限らない」時代になった(下記リンク参照)。 医学生~研修医時代にはそれなりに出会いがあっても、それを逃して独身のまま30代に突入した [全文を読む]

西川史子の“ベッキー引退勧告”に「芸能活動が副業のお前が言うな!」

アサ芸プラス / 2016年05月17日17時59分

しかも、ご自身は本業が医者ですから、“副業”の芸能人を辞めても痛くもかゆくもありません。そのお立場から発言するのはズルいのではないでしょうか」 その西川はベッキーの引退後についても言及。「彼女は優秀な人だし、自分の身の置き場を別の場所に移し、もう一度いろいろ学んで」とのエールを送った。この言葉が上から目線だと指摘するのは、別の女性誌ライターだ。「なぜベッキ [全文を読む]

西川史子、離婚の背景に蠢く、“最愛の母”からの教えとは?

サイゾーウーマン / 2014年01月18日20時00分

娘を医者にするため、西川母は勉強に関係ないことを徹底的に省く「合理主義」を取った。例えば、受験に関係のない科目、家庭科や美術の宿題は、金を払ってプロにやらせた。西川が「医学部に行きたくない」と言い出せば、学費は出さないと脅す一方で、医学部合格に向けて勉強するのであれば、小遣いは無制限に与えるなど、アメとムチ政策を取る。強烈なこの合理主義は、勉強以外でも発 [全文を読む]

佐々木希以上!? 現役医大生モデル・能見真優華、可愛すぎるインスタ&MVで人気爆上げも...

メンズサイゾー / 2016年11月01日10時00分

注目度が上がった矢先のことでネットには残念がる声が上がっているが、夢だという医者を目指す彼女を応援したいところだ。 昨今の芸能界には西川史子(45)や友利新(ともり・あらた/38)など、バラエティで活躍する女医タレントも多い。さらに最近では、モデル並みの容姿と評判の川村優希(かわむら・ゆうき/30)やハーフ美女の石原新菜(いしはら・にいな)らが新星として注 [全文を読む]

離婚で情緒不安定に?西川史子が陥った“おひとりさま地獄”

デイリーニュースオンライン / 2016年04月10日15時05分

「西川家は医者の家系で、彼女は母親に溺愛されてきました。母親は西川さんが進学する学校、就職、すべて決めるほど影響力があったそうです。そんな人生の中で結婚は唯一、西川さんが自分の意思で決断だった。それが破綻してしまい、自信が持てなくなってしまったようです」(同前) 深手を負った傷は、一向に回復する気配はない。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレ [全文を読む]

西川史子「鼻は整形してない」発言に隠された加藤紗里の顔事情

アサ芸プラス / 2016年02月17日09時58分

実際にアイシャドーで光り輝いている加藤の涙袋は、自然な人体の一部には見えませんでしたから」 タレント活動に忙しい西川だが、医者としての面目躍如といったところか。 [全文を読む]

小森純に続き、国生さゆりも餌食に……“女性タレントキラー”西川史子が恐れられるワケ

日刊サイゾー / 2013年09月25日11時00分

この西川のコメントに対し、ネット掲示板などで「なんで医者と掛け持ちしているタレントが芸能界のご意見番気取りしてんの?」「自分の物差しでしか判断できない狭量な女」「そこは食いつくところじゃねえだろw」といった具合に、悪評が相次いでいる。 「西川的にはそういうキャラだから、ということなんでしょうけど、最近はなんでもかんでも見境なくかみついている印象。矢口真里 [全文を読む]

“ご意見番”西川史子が暴走中「カメラ回ってなくてもネチネチ説教を……」

日刊サイゾー / 2013年07月17日09時00分

何も知らずに人のことを偉そうに語る前に、医者の仕事に集中しとけよと思う」 と“応戦”した(現在は削除)。これについて、前出のテレビ局関係者は、こういった問題は次々に起こりそうだと警鐘を鳴らす。 「最近の西川先生は、“ご意見番”みたいな立ち位置を意識しているのか、物事をはっきりと言うんです。“ペニオク騒動”のように、西川先生の発言が正論だった時は一般の方から [全文を読む]

逃げる選択もあり?清水富美加に芸能界から”擁護の声”があがるワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月23日11時45分

医者としても一女性としても「『そこから逃げなさい』っていうと思う。離れないと治らないから」と、清水に寄り添う意見を述べた。番組では、清水の出家や事務所への不満に対し「事務所の移籍という方法もあったのではないのか」という意見もあったが、西川はそうした意見に対しても「彼女はいっぱいいっぱいなんですよ。責めたらかわいそうだよ」と突っぱねた。 そんな中、清水は自身 [全文を読む]

“毒舌キャラ”西川史子が激ヤセ、突発号泣、不安吐露で「タレント生命の危機」

アサジョ / 2016年10月24日09時58分

つまり、タレント向きじゃないんですよ」(前出・芸能記者) やはり、本業の医者に専念するほうがいいのかもしれない。 [全文を読む]

大渕愛子と西川史子――高収入女性タレントの再婚・離婚模様に見る“母との距離感”

サイゾーウーマン / 2015年01月05日12時57分

何が何でも医者になれと教育に自分の尊厳を賭けた母と、自分の意志を持たず、その命令を素直にきく優秀な娘が陥りがちな構図だ。 そんな医師と同じく難関資格である司法試験を通った大渕愛子も、西川と同じパターンかと思っていた。しかし、実際はまったく違ったようだ。 『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)で明かされたところによると、大渕は西川と同じく裕福な家庭に育 [全文を読む]

「おっぱい大きいコとやりたくない?」 セクシー女医が深夜のバラエティで大暴れ

メンズサイゾー / 2014年11月02日18時30分

過激なトークと医者ならではの知識で今後バラエティ界を席巻するのか。セクシー女医・脇坂から目が離せない。 (文=峯尾) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

離婚してさらに毒舌ぶりが増している西川史子

アサ芸プラス / 2014年03月03日09時59分

医者に専念するどころか、これからも芸能界で稼ぐ気満々のようです」(芸能プロ関係者) さらに、西川の結婚生活を取材した週刊誌記者によると、 「銀座の高級クラブで日馬富士のタニマチと3夜連続で豪遊して、氷を口移しする間柄だった事は有名です。これを聞いて浮気を疑わない夫はいませんよ」 しおらしかったのは、離婚直後のパフォーマンス!?これからは酸いも甘いも知り尽く [全文を読む]

「ジャニーズとも共演NG」で、あっという間に過去の人!? ビッグダディと美奈子が仕事激減中

日刊サイゾー / 2014年01月21日13時00分

ただ、視聴者からは『そんなもの見たくない!』『医者に行けば済む話』といった声も。彼女本人もタトゥーを消す時の痛みに耐えられるか不安で、いまだ躊躇しているそうです」(同) 一方のダディも、あれほど芸能界入りを拒んでおきながら、手のひら返しでタレント活動を宣言。各種イベントや講演会で小銭稼ぎしているが、テレビシリーズのような大きな仕事に結びついていないのが現状 [全文を読む]

西川史子、離婚の理由を生告白「(元夫から)嫌われたんでしょ。お互いに傷付け合った」

Business Journal / 2014年01月12日12時00分

だから私が医者だけやっていたら、おきなかったことかもしれないですね」と自らに非があると改めて強調した。 このほかにも番組内では、日頃から同番組内で他のタレントの離婚などについて厳しいコメントを寄せていた西川が、「いろいろ言えないことって夫婦間にはあって、結果として(離婚の原因は)『価値観の相違』とか言うしかなかったんだなって、だから今までの人、『みなさん、 [全文を読む]

浜ちゃん、マツコ、有吉…「実はいい人なんだろうな」と思う芸能人ランキング

NewsCafe / 2013年10月06日12時00分

[女性/40代/専門職]■医者だし…意外と患者で行くと親身になって話を聞いてくれそう。[女性/40代/会社員] [全文を読む]

菜々緒&JOY、破局!? 「結婚宣言」からの「二股報道」に、「菜々緒かわいそう!」

サイゾーウーマン / 2013年08月10日13時00分

菜々緒との交際発覚後、『サンデー・ジャポン』(TBS系)で2人の交際を『話題作り』と批判した西川史子に対して、Twitterで『何も知らずに人のことを偉そうに語る前に、医者の仕事に集中しとけよ』とブチ切れたり、かと思ったら二股報道後に、該当部分を含めて全ツイートを全削除したり。明らかに関係者から注意を受けたことが丸わかりで、何度も一緒に名前を出される菜々緒 [全文を読む]

フォーカス