出演者 堤真一に関するニュース

『プリンセス トヨトミ』チームによる新作映画、次は「ノブナガ」!

NeoL / 2016年06月28日07時52分

■スタッフ 鈴木雅之 「HERO」 「プリンセス トヨトミ」 相沢友子 「鹿男あをによし」 「プリンセス トヨトミ」 佐藤直紀 「永遠のゼロ」 「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」 土屋健 「プリンセス トヨトミ」 「舞妓はレディ」 ≪土屋健プロデューサー コメント≫ 『プリンセス トヨトミ』の鈴木雅之監督と脚本の相沢友子さん、そしてあの出演者チー [全文を読む]

高橋一生も踊った!?「恋ダンス」を超えてゆけ~なドラマのエンディングダンス

dmenu映画 / 2017年09月01日07時00分

出演者が踊るドラマといえば、昨年の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の「恋ダンス」ブームが記憶に新しいが、ダンスを扱ったエンディングはドラマ史上意外にも多いことをご存じだろうか。ドラマ好き必見のエンディングダンスを紹介しよう。 真似して踊りたくなる? 出演者総出のダンスEDが熱い! 2016年12月より放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディン [全文を読む]

主演ドラマ爆死中の堤真一、代表作「やまとなでしこ」が再放送できない理由

アサ芸プラス / 2015年07月16日17時59分

その原因は出演者の押尾学にある。彼は2009年に法律違反の薬物を使用するなどして逮捕されており、ドラマにも重要な役どころで出演しているため、再放送できない状況となっています」(テレビ誌記者) 当時、「やまとなでしこ」は最高視聴率34.2%を記録し、主題歌も大ヒットするなど大きな話題となった。それほどのドラマを再放送できないことはフジにとっても痛手だろう。ま [全文を読む]

『左江内氏』で話題沸騰 佐藤二朗のアドリブ芝居が進化

NEWSポストセブン / 2017年02月04日16時00分

人気ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)では、堤真一のさえないサラリーマンぶりが好評だが、もうひとりツイッターを中心に話題を集めている出演者が佐藤二朗(47才)だ。毎回、さまざまなキャラを演じ分け、堤と絶妙のかけあいを見せるのだが、2人のやりとりはなんとアドリブだという。佐藤のアドリブ芝居の進化について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆 [全文を読む]

中尾明慶が激白、「堤真一さんの言葉で俳優を続けられた」

WEB女性自身 / 2017年01月15日09時00分

得意の懸垂をはじめ、出演者を驚かせた。 芸能界入りのきっかけに話が移ると、「(TBSの)オールスター感謝祭に出たかったから」と意外な理由を告白。当時小学校2年生だったが、両親にこのことを正直に相談したところ、今の所属事務所の子役養成所に通ってみたら?という話になったのだという。 その後子役として『3年B組金八先生』(TBS系)等の人気ドラマに出演するも、夢 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】「ラブラブな有名人夫婦 TOP10」 藤井隆と乙葉を抜いたのはやっぱりあの夫婦

TechinsightJapan / 2017年01月13日19時31分

“超限定マーケティング”コーナーではドラマにちなみ“40代男女に聞いた 結婚後もラブラブな有名人夫婦 TOP10”を出演者が予想した。 藤井隆の回答順となった時だ。周囲から乗せられた彼は緊張しつつ「藤井隆と乙葉」と自ら予想する。その結果に藤井自身も興奮を隠せず、有吉弘行や久本雅美が驚きの声をあげスタジオも騒然となった。 ■40代男女に聞いた 結婚後もラブラ [全文を読む]

「ヤバイじゃん、HEAT!」フジドラマの低すぎる視聴率に石橋貴明が絶句

アサ芸プラス / 2015年08月21日17時59分

さらに隣に座る菜々緒が『HEAT』出演者だと他の出演者から知らされると、石橋はバツが悪そうに『ヤバイじゃん、HEAT!』と声を荒げていました」(テレビ誌記者) その後、石橋は言い過ぎたと思ったのか、「でもこれからでしょ! これから展開が面白くなって‥‥」とフォローしたが、周囲は苦笑するしかなかったようだ。 そんな苦境に立たされているフジテレビのドラマだが、 [全文を読む]

「独身だし、母親役はやりたくない」夏川結衣(44)チュート徳井と破局後の憂鬱

日刊サイゾー / 2012年09月14日08時00分

社長も大変だと思いますよ」(同) 次に夏川をテレビで見られるのは、新しい彼氏ができたとき!?※画像は『山田太一ドラマスペシャル 遠まわりの雨』(バップ)【関連記事】・実写版『俺はまだ本気出してないだけ』主演・堤真一が"本気で"結婚願望を吹聴している!?・「仕事を選んでいる場合じゃない?」鈴木京香が元恋人・堤真一との共演を決断した理由・「出演者全員に金一封も [全文を読む]

「マルモリダンス」や「恋ダンス」だけじゃない!?印象的なダンスエンディングドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年08月09日11時45分

出演者たちがみんなでダンスを踊る、とても楽しそうなエンディングになっています。 最近は同作のように、エンディングにダンスを使うドラマがとても増えました。ドラマの役柄を離れた演者さん本人の素の部分が垣間見えるようで、観ている方もなんだか親近感を覚えます。そこで今回は、数あるドラマ作品の中から、印象的な「ダンスエンディング」作品を5作ピックアップしてみたいと思 [全文を読む]

堤真一『佐江内氏』打ち上げで“鬼嫁”小泉今日子に熱烈ハグ

WEB女性自身 / 2017年03月22日17時00分

しばらくすると、主演の堤真一(52)をはじめ出演者たちが続々と会場入りした。 「小泉さんは撮影の際はよくひとりで現場入りし、終わるとそのまま帰っていました。スタッフが送り迎えできなくて慌てることもありましたが、彼女は『専属スタッフをぞろぞろ連れて歩くのはカッコ悪い』というポリシーがあるそうで 。そんな気取らない姿勢に、周囲からも『これこそスターだよ』と絶賛 [全文を読む]

ムロツヨシ、“Hulu芝居”で撮了!「スペシャルもできるドラマ」

Smartザテレビジョン / 2017年03月17日06時10分

そして、ゴールデン連続ドラマの放送中に、撮影をしながら脚本、監督、編集の全てをほぼ同時進行で進めた福田雄一監督に出演者が「すごい!」と絶賛の声を送る中、ムロの「本当に素晴らしい! その分、スタッフに感謝した方がいいよ!笑」というツッコミに監督も思わず笑みが。 「本当にスタッフに感謝!」と感無量な面持ちで撮影を振り返る福田監督に、ムロは「スペシャルもできる [全文を読む]

「左江内氏」クランクアップで横山歩「チューはやめて」

Smartザテレビジョン / 2017年03月17日06時05分

自身の過去作から出演者の血縁関係までをネタにするなど、振りきれた演出がドラマファンのみならず大きな話題を集めている。3月18日(土)放送の最終回では、これまで何とかスーパーヒーローを続けてきた左江内だったが、ある出来事をきっかけに老人(笹野高史)に“スーパースーツ”を返却することに。最後に家族でのシーンを撮り終え、クランクアップとなった小泉今日子、島崎遥香 [全文を読む]

綾瀬はるか 本番とのギャップが魅力?私服のゆるさで現場がコーフン状態

アサ芸プラス / 2017年03月01日05時57分

本番数日前に出演者全員と実際に顔を合わせて面談を行うのだ。出場アーティストは数十組にも及ぶため朝から晩までの1日仕事になる。「実際の面談では男性司会者の井ノ原快彦(40)が主にホスト役を務め、軽妙なトークでアーティストとコミュニケーションを図っていました。その傍らで綾瀬はほぼスイッチオフ状態。例のゆるっとしたオーバーオール姿で机の上にドンと自慢のF乳を乗せ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】麒麟・川島明強し! 顔で選ばれた感のある“いい声すぎる男性有名人”で1位

TechinsightJapan / 2017年02月19日20時49分

アンケートによる上位10人の有名人を出演者が予想するなか、唯一お笑い界からランクインしたのが麒麟の川島明である。 極寒の地で氷点下10℃以下の時に空気中の水蒸気が凍って結晶になりキラキラと輝くダイヤモンドダスト現象を「天使の囁き」と表現する。1978(昭和53)年2月17日に北海道幌加内町で氷点下41.2℃となり非公式ながら日本の最低気温として記録された。 [全文を読む]

吉高『東京タラレバ娘』が木村を猛追、フジがワースト3制覇! 冬ドラマ初回ランキング

サイゾーウーマン / 2017年01月25日13時00分

前クールに話題となっった“恋ダンス”を意識してか、『スーパーサラリーマン左江内氏』は三代目J Soul Brothersの「HAPPY」に合わせて出演者らがダンスするシーンも。「くだらなさすぎて笑えた」と一定層からは好評だが、1月21日放送の第2話は9.6%にまでダウンしてしまった。 一方、今期のドラマで最も遅いスタートとなった西内まりや主演の月9ドラマ『 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

――となると、両ドラマの出演者のニアミスもちょいちょい起きるわけで。なんとこの時期、キムタクと織田裕二も顔を合わせているんですね。ちなみに、両者の初顔合わせはこの兄妹が間を取り持ち、「ども、織田です」と男前に挨拶する織田裕二に対して、キムタクはひたすら照れていたそう――。閑話休題。それはそうと、『ロケット・ボーイ』は開始早々、思わぬトラブルが起きる。なんと [全文を読む]

SMAP辞退でボブ・ディラン浮上?紅白と大河のキャスティンが”大混迷”のワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年11月16日07時08分

SMAP解散騒動の余波で、出演者選考が大幅にずれ込んでいるとされる、大晦日の『NHK紅白歌合戦』。NHKはSMAP辞退に備えて動き始めたという。今回新たに浮上したビッグネームが、10月にノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン(75)だ。 出演となれば当然、SMAP解散にも引けを取らない話題性を持つだけに、実現すれば今年の紅白一の目玉となる。しかし肝心の本人 [全文を読む]

木村拓哉、もう一つの決断は…

NewsCafe / 2016年11月09日12時15分

憎まれ役、アンチヒーロー、陰のある役をやれてこそ名優といえるだろ」 記者「確かに…」 デスク「年明けには本当に解散しちゃうんだから、大河の次の出演者の中に木村の名前が出てくることを期待するよ」 記者「撮影は来年夏開始ですから、春までには木村も決断の時かもしれません」NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

埼玉の偉人 蜷川幸雄の人生

クオリティ埼玉 / 2016年06月07日00時43分

蜷川幸雄の82頁の人生物語は多くの出演者が登場し、最高に厚みがあり、最高にハッピーだった。 きっと天国で笑いながらスターたちに声援を送っているにちがいない。 そう思うと、私の人生ドラマのラストに泣いてくれるひとが何人いるのかな・・・ 今の私の生き方次第なのだろう・・・とひとり言を梅雨に入った空を眺めながら呟いていた。 [全文を読む]

『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

『あなたの暮し』も、文豪役としてどんな大物出演者が登場するかが本当に楽しみです。『花子とアン』の村岡花子も執筆者のひとりだったので、もしかすると吉高由里子との絡みが実現するかもしれません」(同前) 興味が尽きない今後の展開。待ちきれないファンとしては、どうしたもんじゃろのぉ……。 ※週刊ポスト2016年4月22日号 [全文を読む]

フォーカス