マンション 代々木公園に関するニュース

結婚目前のリーク? 杏&東出、自然体すぎるデート現場の不自然なスクープ

messy / 2014年06月17日17時00分

6月17日発売の週刊誌3誌が、かねてより交際報道のあった女優の杏(28)と東出昌大(26)のデート現場と、杏のマンションでの半同棲状態をスクープした。同日発売の週刊誌が、大規模な事件や事故でもないのに3誌とも同じネタを前面に出すなどめったにあることではない。これはもう裏で誰かが「記事にしてください」と仕掛けているのではないかと邪推してしまうほど、各誌鮮明な [全文を読む]

TBS新人・宇垣アナの心癒す“ライバル局のイケメン彼氏”

WEB女性自身 / 2014年05月14日15時00分

寄り添う2人の影は、マンションの中へ消えた。TBSの宇垣美里アナ(23)と、テレビ朝日の草薙和輝アナ(22)だ。聞き慣れない名前だが、それもそのはず。2人はこの4月に入社したばかりの、ピカピカの新人アナウンサーなのだ。 だが、宇垣アナは並みの新人アナではない。大学2年のときに「ミスキャンパス同志社2011」でグランプリを獲得。学生時代、地元・関西でCMに出 [全文を読む]

HOME'S、2016年上半期 新築分譲マンション・一戸建て 人気物件ランキングを発表

@Press / 2016年09月30日13時30分

総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、このほど、2016年上半期 新築分譲マンション・一戸建て 人気物件ランキングを発表しました。▼2016年上半期 新築分譲マンション 人気物件ランキングURL: http://www.homes.co. [全文を読む]

【悲報】マナー悪すぎ!今年も「花見」のあとの「ゴミ」がヤバすぎるとネットで話題

秒刊SUNDAY / 2017年04月09日15時48分

死んで・ マンションのゴミ捨て場に花見客が捨ててったゴミがあってイラっとする・ 鶴舞公園は、桜満開。花見客満員。ゴミ、皆さんちゃんとゴミ箱に捨てて、マナー最高です。・ 花見会場のゴミの写真がマジでやべえ・ だから花見客!川にゴミを捨てんな!! おめぇん家かここは?・ この社会のゴミどもと花見じゃなきゃ最高なのにな・ 花見客!マナーがないぞ!さっきから蒼社川 [全文を読む]

杏 “半同棲”東出昌大との「すっぴん休日デート」

WEB女性自身 / 2014年06月17日00時00分

オフはもちろん、仕事がある日でも彼が杏さんのマンションに泊まることが多く、夫婦のように近所を歩いていますよ。2人にとって、それが自然なんでしょうね」(芸能関係者) [全文を読む]

酢豚にパイナップルを入れた初めてのお店の「広東風・酢豚」

ぐるなび / 2016年07月11日15時10分

こちらは日本初の高級マンションの1階にある、酢豚にパイナップルを入れた初めてのお店として知られる中華料理店。お店の名物料理は創業当時から提供している「広東風・酢豚」。いただいた風見しんごさんが「おいしい。」と嬉しそうにコメント。 「創業当時、ワシントンハイツという米軍の宿舎があり外国人の方が多く、街を歩いている人は非常にハイセンスな方が多くいましたから、 [全文を読む]

V6森田剛の「犬の散歩報道」に観る熱愛発覚の黄金パターン

デイリーニュースオンライン / 2015年11月04日07時00分

“肉食系”で知られる古閑だけあって、このあと小平を自宅マンションに“連れ込こんだ”ことも発覚している。 まだまだある。今年4月、元NHKのアナウンサーとの半同棲が発覚したバナナマンの日村勇紀(43)。 「2011年、雑誌で一般女性とのデート姿がスクープされたことがありましたが、そのときも愛犬の散歩中でしたね」(前出・芸能記者) さらに、今年3月、建設関連会 [全文を読む]

甘い言葉で罠にかける…元・芸能プロ社長の外道手口!(3)金に対する執着も異常

アサ芸プラス / 2015年05月25日17時55分

そして自身は世田谷区深沢という高級住宅街のマンションで、jiggyの専属モデルもしていた妻と悠々自適の暮らしをしていたという。「金に対する執着も異常で、出資を約束していたテレビ番組やファッションショー、jiggyの編集スタッフらに未払いを続け、果ては事務所の家賃や備品などの支払いも滞らせて追い出された。被害者たちもそれぞれ集団で田代を告訴しようと動いていた [全文を読む]

グリーン×コーヒーがカフェのトレンドに!

Walkerplus / 2015年03月27日12時15分

マンションの1階、小さなテラスの奥に入口があり、店内は花と緑や雑貨、コーヒーカウンターが同居する。 注文ごとに豆を挽き、1杯ずつハンドドリップするのが同店の特徴。店長によると、その待ち時間をゆっくり過ごしてもらうために、植物やソファを置いているという。 ぽかぽかの陽射しと緑に包まれて飲むコーヒーに、長居する利用客も多いそうだ。 同じく渋谷区代々木で営業中 [全文を読む]

フォーカス