コーヒー 永作博美に関するニュース

劣化しない女優・永作博美を病みつきにさせたモノと美の秘訣

messy / 2015年06月05日19時00分

永作博美がハマり過ぎたモノ その正体はどうやら「コーヒー」らしい。およそ一年前、『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』(東映)という作品で永作さんは焙煎士の役を演じ、コーヒーについて相当勉強したそうだ。そこでどハマりしたらしく、自ら豆を挽いて撮影現場でコーヒーを振舞っていたのだとか。 前述の最新作『夫婦フーフー日記』の撮影現場でも、監督や共演者の佐々 [全文を読む]

永作博美「大事なものは愛!!」

Smartザテレビジョン / 2015年02月24日16時29分

2月28日(土)に公開される映画「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」で主演を務める永作博美が、役柄にちなんだイベント「女子のためのおいしいコーヒーの入れ方講座」に登場。“ABCクッキングスタジオ”の生徒を前にコーヒー焙煎店店主役らしい腕前を披露した。 映画「さいはてにて―」は、石川・能登半島の町を舞台に、永作演じる吉田岬と、同じ地域に暮らすシングルマ [全文を読む]

木下優樹菜がまた暴言! フジモンと離婚危機か!?

tocana / 2015年02月21日09時00分

『さいはてにて~』は、故郷の奥能登の海辺でコーヒー店を開いた岬(永作博美)とシングルマザーの絵里子(佐々木)をめぐる心温まる物語。イベントでは映画にちなみコーヒーが話題に上ると、一緒にコーヒーを飲みたい男性について、佐々木は「コーヒーを飲んでるときにガヤガヤしてほしくないので、落ち着いた人がいい」と持論を展開。「ガヤガヤ」という言葉は、木下の夫で最近は" [全文を読む]

木下優樹菜が親友の演技を、“母親目線”で絶賛!佐々木希も「早く母親になりたい」

Woman Insight / 2015年02月19日20時28分

本作では、永作博美さんが珈琲店を営む役のため、劇中、おいしいコーヒーが登場するのも映画の見どころ。「一緒にコーヒーを飲みたい人は?」と聞かれ、佐々木さんが、「……ガヤガヤしない人」と言うと、すかさず木下さんが「“ガヤ芸人”さんとは一緒に飲みたくない? あたしも、ガヤガヤしてる人と飲みたくないけどね。(2人で)一緒に飲もう!」と本音が(ちなみに、木下さんの [全文を読む]

永作博美 おいしいコーヒーの淹れ方披露「大事なのは“愛”」

WEB女性自身 / 2015年02月24日16時00分

「女子のためのおいしいコーヒーの淹れ方講座」を実施した。『さいはてに―』は、幼いころに別れた父との思い出の場所である故郷の奥能登に帰り、コーヒー店を開いた岬(永作)と、シングルマザー・絵里子(佐々木希=27)のヒューマンドラマ。 この日はストーリーにちなんで、永作が生徒23人においしいコーヒーの淹れ方を伝授。「撮影のときに、焙煎指導の先生に『何でこんなに違 [全文を読む]

陵辱シーンで見せた永作博美の凄み、 円熟味を増すその魅力とは

週プレNEWS / 2015年03月10日06時00分

当然、衝撃を隠せないはずが、絵里子がその場を発見し、事が落着すると、岬は動揺を隠して彼女の方を気遣いコーヒーを煎(い)れてやるのだ。 当然、陵辱された前後の演技や心情について尚更考え詰め、緊張もあったのではと推測されるが、渡辺氏によると「いや、特にそのシーンで永作さんに何か変化を感じさせるものはなかったですね。むしろ、自分のやるべき演技がみえていたのではな [全文を読む]

永作博美、人生に向き合う方法とは?

Movie Walker / 2015年02月27日12時00分

能登半島のさいはての地にて、香り立つおいしいコーヒーで人々を迎える女主人。『さいはてにてやさしい香りと待ちながら』(2月28日公開)で、永作博美が演じた吉田岬は、凛とした佇まいが美しい。 メガホンをとったのは、ホウ・シャオシェン監督の弟子で、エドワード・ヤンの後継者とも言われるチアン・ショウチョン監督。永作にインタビューし、「とても良い出会いだった」という [全文を読む]

永作博美 コーヒーの焙煎をマスターし共演の佐々木希も絶賛

WEB女性自身 / 2015年01月29日19時00分

本作は、石川・奥能登を舞台にコーヒー店を営む女性(永作)とシングルマザー(佐々木)の交流を描く物語。 佐々木は、「永作さんはコーヒーの焙煎をマスターしていました。撮影でないときも何回もコーヒーを入れてくれました」と明かすと、永作も「焙煎は感覚でおいしいかおいしくないか味が変わるんだなと思いました。残念ながら簡単にマスターできるものではないなと思いました」 [全文を読む]

美しい日本・心のふれあい 絶対見たい公開間近の邦画3本

Daily Beauty Navi / 2015年01月17日09時00分

永作博美さんが演じる焙煎コーヒー店の店主と、佐々木希さん演じるひょんなことからキャバクラで働き始めたシングルマザーの隣人。2人の女性の心温まる交流に、人と関わって生きていくことの幸せを教えられます。能登の豊かな自然の中、コーヒーの香りが漂ってくるような心地いい映画。 地方を舞台にした映画には、日本の美しい風景はもちろんのこと、日々忘れかけていたことが散りば [全文を読む]

仮面ライダーフォーゼは、けっこう大人向けでもある。

インフォシーク / 2012年06月26日14時00分

さりげなくコーヒーなんかあげちゃうのだ。普通に考えたら、もう確信犯であろう。コーヒーをもらった友子なんて、カップを両手で包みこむように持ち、乙女の顔をして江本教授に「わかります、その気持ち…」とかキラキラしているのである。もうダメだ。エロい。不倫まであと数秒だ。そんなバカ妄想も止まらない仮面ライダーフォーゼだが、今回のテーマは重たかった。テーマとなっている [全文を読む]

30歳下の女性に恋心を抱く55歳未亡人の密かな楽しみとは? 山崎ナオコーラ『反人生』のスピンオフ「普通の人には人生がない」全5話無料公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月06日11時00分

カフェでくつろぎながら、コーヒーを味わっていた萩子と早蕨だが、ひょんなことから「一服ひろば」の話題になり、墓参りに早蕨も同行したいという。 現在の想い人である早蕨とともに夫の墓の前に立ったとき、はたして萩子の中にはどんな気持ちが湧き起こるのか。また、すでに人妻である早蕨に対し、かつての結婚生活について、どのような話をするのだろうか。 [全文を読む]

佐々木希、木下優樹菜の「ブスは変えられる」に同意

Movie Walker / 2015年02月19日22時46分

映画にちなみ、おいしいコーヒーを飲みたい理想の男性についての質問が飛んだ。木下が「顔が良いか、いっしょにいて、私を笑顔にしてくれるか、どっちかだと思う。究極は」と極論を言うと、佐々木は「性格が良くて顔も良い人もいるかも」と突っ込む。 木下は「ひとつだけ言えるのは、ブスは変えられるってこと。髪型やヒゲ、格好とかでブスがちょっと治まる」と、自身の夫であるフジモ [全文を読む]

フォーカス