備え 雷に関するニュース

自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その4防御力編 後編

Japan In-depth / 2016年11月13日23時00分

また自己鍛造型地雷も多く使用されているが、これを防ぐためには車体下部の装甲にするなどの対処が必要だが、自衛隊の装甲車には当然そのような備えはない。筆者は実際に南アフリカ軍の陸軍戦闘学校で、紛争地で多用されているソ連製のTM57地雷を3個耐地雷装甲車キャスパーの車輪下で爆破させるデモンストレーションを見たことがあるが、車体は10メートルほど宙を舞った。如何に [全文を読む]

自然災害に備える意識は後退。「防災よりも防犯」を優先する意識が 東日本大震災前よりも高く-「災害への備え」アンケート【こそだて】

DreamNews / 2016年05月24日13時30分

【こそだて】で毎年実施している災害への備えに対する意識と準備に関するアンケートを今年も実施。東日本大震災から5年目となる今年このアンケートの実施期間中、新たに熊本で震度7が2回襲うという大地震が発生しました。 東日本大震災前年(2010年)、震災翌年(2012年)のデータとも比較してみると、災害への備えの意識は希薄になっていることが浮き彫りになりました。株 [全文を読む]

広く晴天 長続きせず 南には台風の卵

tenki.jp / 2016年08月31日16時34分

地震に対する備えとともに、台風などによる風水害への備えも見直してみてはいかがでしょうか。下記リンクのtenki.jp「万が一に備えて」は、自然災害の知識や日頃の備えなど、防災力アップにつながる情報が満載です。ぜひ、ご一読ください。 [全文を読む]

九州 週末はまとまった雨

tenki.jp / 2016年05月27日16時15分

梅雨入り前の晴天を利用し、雨への備えを行っておきましょう。 [全文を読む]

巨大地震から身を守る備えを

tenki.jp / 2015年05月31日08時04分

M8クラスの巨大地震から身を守る備え。もう一度点検を。30日夜 M8.5の巨大地震巨大地震に備えるマグニチュード8クラスの地震は「巨大地震」に分類されています。マグニチュードとは、地震の震源での規模のことで地震そのものの大きさといえます。1923年以降でM8クラスの地震は、2011年の東日本大震災を筆頭に2013年のオホーツク海での地震まで10例ほどです。 [全文を読む]

北海道 台風7号の影響も?

tenki.jp / 2016年08月15日20時23分

雨や風に注意が必要な時間帯の目安【急な強い雨・落雷・ひょう・竜巻などの激しい突風の恐れ】 渡島・檜山地方:未明から夜遅くにかけて 胆振・日高地方:朝から夕方にかけて オホーツク海側:昼前から夜のはじめ頃 宗谷地方:昼過ぎから夜のはじめ頃 【下記は、激しい雨・大雨による低い土地の浸水・土砂災害にも注意】 釧路・根室・十勝地方:朝から夕方にかけて 上川・留萌、 [全文を読む]

北海道 台風6号の警戒ポイント

tenki.jp / 2016年08月14日18時18分

台風への備えは寝る前に釧路地方や根室地方では明日15日の明け方から朝にかけて、網走地方では15日明け方から昼前にかけて、雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る恐れがあります。また多い所では明日18時までの24時間で150ミリの大雨となる可能性もあり、低い土地への浸水や土砂災害に警戒が必要です。 特に今回の台風の場合は、寝ている間に浸水が発生したり [全文を読む]

春颯 西は土曜から 東・北日本は日曜

tenki.jp / 2016年02月12日16時00分

強風への備えを早めに嵐になる前に早めの準備が必要です。風が強まるのが早い九州は今日中に、中国、四国から北海道は、きょうかあす(土)のできるだけ早い時間に、強風への備えをしておきましょう。 ベランダの鉢植えなど風で飛ばされやすいものは、部屋の中にしまうか、動かないようにしっかりと固定しておきましょう。飛んできたもので窓ガラスが割れる恐れもありますので、雨戸を [全文を読む]

寒波ピーク 北は暴風雪に警戒 厳寒も

tenki.jp / 2015年12月26日18時24分

停電への備えもなさってください。寒波 居座る今回の寒波は29日火曜日ごろまで居座るため、日本海側の雪の量はさらに増える見込みです。 年末年始の買い出しや大掃除、帰省の足などに影響が出そうです。 慌ただしい師走ですが、情報を忘れずに確認しましょう。 [全文を読む]

すっきりしない日本列島

tenki.jp / 2015年08月21日07時38分

台風への備えは早めに ●台風15号● 非常に強い勢力を維持したまま23日には先島諸島にかなり接近するおそれがあります。 台風の接近に伴い、沖縄の八重山地方では、今夜遅くから強い風が吹く見込みです。(海は大しけとなる見込みです。) 備えはきょうの日中までに済ませてください。●台風16号● 大型で非常に強い台風16号が23日にかけて小笠原諸島に近づく見込みです [全文を読む]

台風9号 発達しながらあす沖縄へ

tenki.jp / 2015年07月08日08時58分

沖縄では、きょうの午前中のうちに、台風への備えをして下さい。台風9号は、きょう午前6時の時点では、大型で強い台風です。これから発達しながら北西方向に進み、あすからあさってにかけて、沖縄に接近するおそれがあります。あすの朝には非常に強い台風になる見込みです。これに伴い、沖縄ではきょうから風が強まる見込みです。 大東島地方ではきょう夕方から、沖縄本島地方や宮古 [全文を読む]

雨 西は昼頃から、東と北は夜から

tenki.jp / 2014年11月30日08時47分

寒さへの備えを(*_*) [全文を読む]

~「特別警報」 施行からもうすぐ一年~ 「防災気象情報の活用法」

PR TIMES / 2014年08月28日11時22分

非常持ち出し品の一例リュックサックにまとめて、すぐに持ち出せるようにしておきましょう食料品:飲料水、乾パンやクラッカー、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、ほ乳びんなど医薬品:救急医薬品、常備薬、マスク、紙おむつ、生理用品など貴重品、お金:現金(小銭も)、預金通帳、印鑑、健康保険証、身分証明書など衣類:下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴など日用品:ナイフ、缶切り [全文を読む]

荒れる 春風

tenki.jp / 2014年03月18日08時49分

懐中電灯や暖をとれるものを用意しておくなど停電への備えをしておくと良いでしょう。また、路面状況が悪くなりそうです。車の運転や足元にお気をつけ下さい。 ②東北の日本海側、北陸は落雷、突風の恐れ 寒冷前線が通過する際は大気の状態が不安定になります。雷を伴った強い雨が降ったり、竜巻などの激しい突風の吹く恐れがあります。発達した積乱雲が近づいてきたら安全確保に努め [全文を読む]

九州 梅雨入り 大雨への備えを

tenki.jp / 2017年06月06日18時41分

これから7月の中ごろにかけて大雨の降りやすい時季ですので、しっかりと雨への備えをしておきましょう。あす(7日)は梅雨入り早々大雨のおそれきょう(6日)の九州は梅雨前線が東シナ海をゆっくり北上してきたため、雲が多く次第に雨が降り始めてきました。このため、気象台から九州南部と九州北部・山口の梅雨入りが発表されました。九州南部は平年より6日遅く、去年より13日遅 [全文を読む]

週末の天気 日差し戻る

tenki.jp / 2016年09月29日19時05分

この週末に、側溝の掃除をしたり家の周りで風で飛ばされそうな物を片づけるなど、台風への備えをしっかりとしておきましょう。 [全文を読む]

線状降水帯で西日本は大雨警戒

tenki.jp / 2016年08月27日16時35分

明るいうちに備えを早めにしておきましょう。 ★場所は若干違うものの、予想されている気圧配置や状況が昨年(2015年)9月9日から11日に関東と東北で発生した「平成27年9月関東・東北豪雨」(鬼怒川が決壊)や一昨年(2014年)に「平成26年8月豪雨」(広島で大規模な土砂災害)に似ています。大雨に備えて何をしておくべきかテレビやラジオ、スマートフォンなどで最 [全文を読む]

北海道 台風+前線=大雨に警戒

tenki.jp / 2016年08月20日12時01分

自分の住んでいる所はこれまで何もなかったから大丈夫と過信せず、土砂崩れの前兆が見られた場合や自治体からの避難情報が発表されたときに迅速に行動できるよう備えをしっかりして、いざというときは命を守る行動をとってください。 また、テレビやラジオなど最新の気象情報入手できるようにしてください。 [全文を読む]

台風7号 関東は夕方以降 荒天

tenki.jp / 2016年08月16日07時54分

台風の備えは早めにしておきましょう。台風情報関東は今夜から明日の朝 大荒れ台風7号は、午前6時に、八丈島の南東約370キロにあり、時速25キロで北西に進んでいます。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルとなっています。 この後は、伊豆諸島の東を北上し、関東甲信地方に、最も接近する時間帯は、今夜からあす( [全文を読む]

大寒波はこれから 大雪の警戒期間

tenki.jp / 2016年01月18日12時26分

雪の降る地域では停電への備えをなさってください。大寒波 西からやってくる 西から次第にかなり強い寒気が流れ込む見込みです。山陽や四国、九州南部にも雪雲がかかることもあるでしょう。 19日の朝、起きると、山陽や四国、九州南部の平地でも雪の積もっている所がありそうです。冬型の気圧配置 続く19日以降も冬型の気圧配置は続く見込みです。 そして23日土曜日から24 [全文を読む]

フォーカス