開発 豊洲に関するニュース

ガセネタ続出の豊洲新市場で地区住民への風評被害が加速|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年09月20日12時05分

そうなってくると、豊洲に建っている住宅地や商業地の土壌汚染はどうなってしまうのか、という話に繋がっていくわけですが、もちろんその周辺の豊洲の開発にあたっては、土壌汚染法で認められた改修が行われていて、適法です。 「汚染物質があるかもしれない」という話は、何度も調査が行われ、安全確認されていたとしても疑心暗鬼になり、健康被害に直結するのではないかという懸念 [全文を読む]

スポーツの力で地域活性化を図る「SPORT x ART SHINTOYOSU展」豊洲シビックセンターギャラリーにて10月22日(木)まで開催

@Press / 2015年10月16日15時30分

東京ガス用地開発株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸山隆司)と株式会社ワコールアートセンター(本社:東京都港区、代表取締役:小林裕幸)の2社が組織する任意団体「スポーツ・バイ・アート・イニシアチブ」では、今年9月にオープンした豊洲シビックセンター1階ギャラリーに於きまして、10月12日(月)から22日(木)まで「SPORT x ART SHINT [全文を読む]

ナチュラグラッセ ららぽーと豊洲店 6月19日オープン

PR TIMES / 2012年06月18日14時44分

ベビーカーでも立ち寄れるマルシェをイメージしたコスメショップ「ナチュラグラッセ ららぽーと豊洲店」5号店目の直営店 2012年6月19日オープン 株式会社ネイチャーズウェイ(本社:名古屋市中区錦/代表取締役:萩原 秀樹)が、開発製造販売している100%自然素材のナチュラルオーガニック メイクブランド「ナチュラグラッセ」の5号店目の直営店「ナチュラグラッセ [全文を読む]

テスラは仮想敵ではない!? GLM社長が語ったEVスーパーカー「GLM-G4」への意気込みは?

clicccar / 2017年04月21日14時33分

想定価格4000万円、販売目標1000台と、これまでGLMが販売してきたトミーカイラZZと比べると、大きくジャンプアップした規模の開発と生産、ということになります。 すでにclicccarでも第一報として掲載されているGLM-G4ですが、その発表会では興味深い話が飛び出します。 新興メーカーが作る電気自動車の量産車といえばテスラを思い浮かべますが、このテ [全文を読む]

妖怪ウォッチ オフィシャルショップ ヨロズマート in アーバンドック ららぽーと豊洲 ご来店のお客様100万人を達成いたしました!

DreamNews / 2017年04月17日13時00分

(C)L5/YWP・TX 株式会社BIGFACE: テレビ番組の企画制作から人気アニメのライセンス管理までを手がける総合エンターテインメント企業株式会社ナムコ: テーマパークやキャラクターを用いた物販・飲食施設、アミューズメント施設などを全国に展開するバンダイナムコグループの施設運営会社妖怪ウォッチ オフィシャルショップ ヨロズマート in アーバンドック [全文を読む]

東京湾岸エリアの夜を彩る新スポット「新豊洲アート広場」誕生ライトアップとイルミネーションで浮かび上がる巨大アート

@Press / 2015年07月31日14時00分

東京ガス用地開発株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸山隆司)と株式会社ワコールアートセンター(本社:東京都港区、代表取締役:小林裕幸)の2社が組織する任意団体「スポーツ・バイ・アート・イニシアチブ」は、ゆりかもめ市場前駅近く(豊洲6丁目)に「新豊洲アート広場」を7月18日より無料公開いたしました。 広大な空間に設置された巨大アート作品3点が、湾岸 [全文を読む]

「MIFA」と「三井不動産レジデンシャル」がタッグ 音楽とフットボールの融合をコンセプトとした新しいフットボールパーク「MIFA Football Park 新豊洲(仮称)」6月中旬オープン!

@Press / 2014年03月06日17時00分

<「MIFA Football Park 新豊洲(仮称)」施設概要>◆施設名称 : MIFA Football Park新豊洲(仮称)◆所在地 : 東京都江東区豊洲6丁目9番1号(予定)◆交通 : ゆりかもめ線「新豊洲駅」 徒歩約2分 東京メトロ有楽町線「豊洲駅」 徒歩約13分◆事業者・運営者: MIFA◆施設パートナー: 三井不動産レジデンシャル株式会社 [全文を読む]

路面電車の復活も計画中……東京オリンピックを契機に、東京23区の路線がさらに複雑怪奇になる!?

日刊サイゾー / 2013年09月22日16時00分

特に、晴海から豊洲・有明といった湾岸地域は、東京オリンピック開催によってさらなる開発が進むと予測されている。いまだ反対の声もあるものの、移転が決定している築地市場の跡地も、どう再開発されるか注目度は高い。 これから起こるであろう開発ラッシュの中で、最も期待値が高まっているのは、新たな交通網の整備である。 そうした中で、選手村などが設けられる中央区が独自に計 [全文を読む]

大好評!移動式宇宙体感シアター「SPACE BALL」注目のベイエリア・豊洲で開催!

PR TIMES / 2013年07月22日17時23分

「SPACE BALL」とは、テレビ東京が、プラネタリウム・クリエーター大平貴之氏の開発プロデュース、宇宙航空研究開発機構(JAXA)協力のもと製作した、世界初の移動式宇宙体感シアターです。 昨年12月に東京国際フォーラムにて初開催した際は、動員率が91.9%にまで達し、前売券がプレミアチケットになり、当日券購入に4~5時間待ちが当たり前となるなど、大きな [全文を読む]

「妖怪ウォッチ」初の常設公式ショップを東京・豊洲に出店 2015年10月23日(金)、「ヨロズマート in アーバンドック ららぽーと豊洲」オープン!

DreamNews / 2015年09月15日11時00分

株式会社BIGFACE:テレビ番組の企画制作から人気アニメのライセンス管理までを手がける総合エンターテインメント企業株式会社ナムコ:テーマパークやキャラクターを用いた物販・飲食施設、アミューズメント施設などを全国に展開するバンダイナムコグループの施設運営会社《妖怪ウォッチ オフィシャルショップ ヨロズマート in アーバンドック ららぽーと豊洲 施設概要 [全文を読む]

[上田令子]【バブルの遺産?臨海副都心構想を検証する】~オリンピックに浮かれている場合ではない~

Japan In-depth / 2015年05月09日11時00分

そこで、公営企業委員会、公営企業決算特別委員会にて、豊洲新市場を所管とする「中央卸売市場」(都の公益企業事業局のひとつ)や、「臨海副都心開発事業」・港湾地区一帯を掌握する「港湾局」を審査する機会に恵まれたことから疑義を呈した次第だ。そもそも臨海副都心開発は、まさに、バブル前夜の1986年鈴木俊一都政下の第二次東京都長期計画において、7番目の副都心として位置 [全文を読む]

総合ディベロッパー6 社が結集、総開発面積3.2haの大規模開発「東京ワンダフルプロジェクト SKYZ TOWER&GARDEN(総戸数1,110 戸)」6月8日(土)モデルルームオープン

PR TIMES / 2013年06月04日19時16分

総合ディベロッパー6 社が結集、総開発面積3.2haの大規模開発「東京ワンダフルプロジェクト SKYZ TOWER&GARDEN(総戸数1,110 戸)」6 月8 日(土)モデルルームオープン 三井不動産レジデンシャル株式会社 東京建物株式会社 三菱地所レジデンス株式会社 東急不動産株式会社 住友不動産株式会社 野村不動産株式会社------------- [全文を読む]

豊洲新市場の土地売却の真相、東京ガスが明かす…売却前に土壌汚染を東京都へ報告

Business Journal / 2017年03月09日06時00分

東京ガス もともと弊社は、弊社豊洲用地について独自に同用地の開発計画(商業、オフィス、住居等を念頭に置いた開発プラン)を立案し、開発案件の誘致に着手するとともに、具体的な取組みを推進しておりました。そのような中、東京都は、当初の築地市場における現在地再整備計画を方針転換し、1999年11月、弊社に対して築地市場の豊洲地区(埠頭先端部)への移転、すなわち弊社 [全文を読む]

豊洲に「ランニングスタジアム」誕生!館長は為末大

Walkerplus / 2016年12月10日12時37分

「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」は、為末さんが代表取締役の株式会社侍、障がい者アスリート向けの義足を開発するXiborg、特定非営利活動法人スローレーベル、東京ガス用地開発の4社が共同で運営。「すべての人に、走り、体を動かし、自分を表現する喜びを!」をコンセプトに、多くの人に走ることの楽しみを提供するための施設だ。施設は全天候型60m陸上トラッ [全文を読む]

「東京23区 平均世帯年収1位の小学校区一覧」の公表について

PR TIMES / 2016年08月30日14時51分

豊洲北小学校区は、新しく開発されたマンション街(豊洲1~3丁目)を含んでおり、道路は広く、緑が多いという特徴もあります。中でも、豊洲1丁目は、平均年収が高い地域という結果が出ました。 [全文を読む]

豊洲に住む小学生が海外に向けて東京をPR「Welcome!! TOYOSU大作戦」3日間の成果を、 2/8(日)豊洲北小学校にて発表

@Press / 2015年01月30日13時45分

Welcome!! TOYOSU大作戦とは?開催地は、2020年に向けて更なる開発が進む豊洲。海外からの注目が高まる中、東京ウォーターフロントエリアの魅力をいかに世界へ発信するべきかが重要なテーマとなっています。その手法を、6年後に主役となる子どもたちが生み出し、発表し合うワークショップ。3日間で、ヒントの探し方や課題の見つけ方、その解決方法までを学びます [全文を読む]

高速発射気泡による「針なし注射器」の開発に成功 ~ マイクロレベルの気泡で高精度の試薬輸送を実現 ~

@Press / 2014年12月02日17時30分

芝浦工業大学(東京都江東区豊洲/学長 村上雅人)機械工学科の山西陽子准教授は、針を使わずに気泡の圧力で試薬や遺伝子までも体内に届けることのできる「針なし注射器」の開発に成功しました。市販の針なし注射器はバネの力で液体を高圧で発射し、皮膚を貫いて筋肉に薬剤を投与するものなどが開発されてきましたが、これは神経を傷つける恐れや、多少の痛みを感じるなどの問題があり [全文を読む]

エネルギーを栽培する街、「豊洲」に出現!最先端の住宅展示場「スマートハウジング 豊洲まちなみ公園」オープン プレオープン(建築途中見学会):3月17日(日)・20日(祝) グランドオープン:4月27日(土)

@Press / 2013年03月07日10時30分

立地は、目覚ましく進化する街「豊洲」で、東京ガス豊洲開発株式会社が、22世紀に引き継ぐ水と緑の都心を目指す「Tokyo Smart City TOYOSU22」をコンセプトに掲げた大規模開発が進められているエリアです。 住宅展示場の企画コンセプトにも、「TOYOSU22」の3つの柱である「スマートエネルギー」、「スマートグリーン」、「スマートコミュニティ [全文を読む]

PIAZZA武蔵小杉エリアを正式オープン!

PR TIMES / 2016年08月31日10時44分

エリア展開に伴い、コミュニティデザイナーの募集開始 街のオンラインひろば「PIAZZA」を開発・運営するPIAZZA株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役:矢野 晃平、以下弊社)は、PIAZZAの新たな展開エリアとして「武蔵小杉エリア」を本日正式オープンします。 [画像: http://prtimes.jp/i/16981/5/resize/d1698 [全文を読む]

[西村健]【東京一極集中は加速化する】〜特集「2016年を占う!」東京都政~

Japan In-depth / 2016年01月14日07時00分

前置きが長くなったが、「五輪と観光のために加速する開発」が占いの結果だ。昨年、国立競技場建設やマンション杭打ち問題で騒動の渦中にあった建設業界が「大吉」といったところか。東京都の平成28年度の予算要求では、一般財源で6兆9785億円(前年の予算額からの増減率は0.4%)となっている。新規・レベルアップを行うもの、見直した施策以外は「シーリング」(つまり制限 [全文を読む]

フォーカス