築地市場 仲卸に関するニュース

「想定外」では済まされない豊洲市場の土壌汚染―仲卸を営む渡部区議からの寄稿

政治山 / 2016年08月23日11時50分

築地市場が移転し、豊洲市場として開場するのは11月7日の予定。すでに3カ月を切っていますが、多くの問題点が指摘され、未だに解決策を見いだせないまま、小池百合子都知事が決断を下そうとしています。そこで、地元である中央区の議員として、また自ら築地市場の仲卸を営んできた当事者の1人として、豊洲への移転に警鐘を鳴らし続ける渡部恵子区議にご寄稿いただきました。 80 [全文を読む]

赤字零細経営多い築地仲卸 豊洲移転で半分近くが廃業見込み

NEWSポストセブン / 2014年05月01日07時00分

年間取扱高4000億円以上を誇る“世界最大の魚市場”築地市場。海外からの観光スポットとしても注目を集めるが、その華やかなイメージのウラで、どのように巨額の魚マネーが動いてきたかは、これまでベールに包まれてきた。本誌連載「サカナとヤクザ」で密漁という業界最大のタブーを暴いた鈴木智彦氏が、ついに本丸へ潜入した。 * * * 師走の凍てつく午前2時、原付バイクを [全文を読む]

廃業する仲卸続出で年末に大パニックも…築地市場の豊洲移転でいまだ業者が猛反対

週プレNEWS / 2016年06月02日06時00分

築地市場で商売をする仲卸業の一社「関富」の関戸富雄社長は5月20日、同市場に入る122業者の署名を携え、森山裕農水相と舛添都知事に要望書を提出した。 11月7日に迫った豊洲への市場移転見直しを求めるためだ。 東京都と、市場内で商売をする業者は、大家と店子(たなこ)の関係に当たる。都は営業許可を与える立場なので、業者が表立って物を言うには勇気がいる。それでも [全文を読む]

『寿司ダネ図鑑』を片手に、最後の築地市場に行こう。

PR TIMES / 2016年05月24日17時06分

[画像1: http://prtimes.jp/i/9728/163/resize/d9728-163-629040-3.jpg ] 2016年11月に豊洲へ移転することが決定し、今ますます注目を集める築地市場。 1935年に開場し、以来81年間、日本の食を支えてきました。 そんな築地市場で働く、凄腕の魚名人から聞き出した、他では聞けない究極の寿司ダネ知 [全文を読む]

いなせり株式会社、“IT活用による鮮魚・流通革命”へ、 東卸組合初のECサービス『いなせり』運営開始!~築地市場内から飲食店へ!仲卸の目利きによる鮮魚を即日配送~

DreamNews / 2016年12月02日16時00分

日本エンタープライズ株式会社の子会社、いなせり株式会社と東京魚市場卸協同組合は、築地市場内から飲食事業者の各店舗へ、仲卸の目利きによる鮮魚・水産物を即日配送する電子商取引サービス『いなせり』を、平成28年12月5日より開始いたします。 鮮魚・水産物流通へのIT導入は、約600社の仲卸業者が加盟する東卸組合としては初めての取組みとなります。 日本エンタープラ [全文を読む]

築地市場で売られた原爆マグロ!? 毒魚「バラハタ」どころではない築地のヤバい日常

tocana / 2016年04月19日07時30分

今年11月の移転に向けて慌ただしさを増す中央区築地市場。 今月12日には、仲卸業者が東京都によって販売自粛を求められている有毒魚「バラハタ」を食用の「スジアラ」と誤って販売してしまったことが発覚した。翌日には販売した飲食店も判明したものの、都は再発防止に向けて、プロでさえも非常に見分けが難しい魚類の講習会を開くなどの対策を講じる予定だとしている。 また、今 [全文を読む]

「女将さん会」会長が小池都知事に伝えたい築地と豊洲の違い

WEB女性自身 / 2017年07月23日06時00分

東京都中央区の、銀座からも1キロほどという立地での開業以来、80年以上にわたり「日本の台所」役を担ってきた築地市場が、移転問題で揺れ続けている。 老朽化を主な理由として、江東区豊洲への移転が決定されたのが'01年。'16年11月には新規開業の予定だったが、直前に就任した小池百合子都知事(65)が、豊洲の安全性の確保が不十分であることなどを理由に移転延期を発 [全文を読む]

都議会のドンの引退で混迷を深める豊洲移転問題。小池都知事の次の手は?

週プレNEWS / 2017年03月04日06時00分

長く武蔵野市議を務めた人物で、『豊洲の汚染も脱原発も東京都民の命にかかわる重大問題』と書いた菅直人元首相のブログに、豊洲は安全だと言わんばかりに噛(か)みつくなど、注目度も赤丸急上昇中です」 豊洲移転に慎重な築地市場組合関係者もうなずく。 「そもそも豊洲に引っ越すという話は、築地市場跡地に外資系企業の日本本社ビルを誘致しようという話とワンセットだったんです [全文を読む]

年越しは今年で最後?築地市場3つのエリアから見る買い出し攻略法

しらべぇ / 2016年12月30日06時00分

世界最大級を誇る築地市場。今年は「移転問題」に揺れ、当初の予定では11月からは豊洲新市場で営業が始まる予定だったが、小池百合子都知事による移転延期で、この年越しも築地で行われることとなった。年内の営業は、30日が最終日。大晦日やお正月のご馳走のために、買い出しに出かけてみてはいかがだろうか。築地市場には、仲卸が店を連ねる場内市場、一般の小売店や飲食店が並ぶ [全文を読む]

築地・仲卸業者が怒りの告発 「豊洲は発がん性物質だらけだ!」

WEB女性自身 / 2016年09月08日06時00分

築地市場に約600ある仲卸業のひとつ「小峰屋」の和知幹夫さん(72)は、次のように眉をひそめる。 「東京都の担当の役人たちはことごとくいい加減で、信用できない。たとえば設計ミス。我々マグロ業者は、大物のマグロとなると1メートル以上の包丁でさばくのですが、新市場の各店に割り当てられたスペースは、幅1.5メートルしかありません。これでは 職人の仕事 にならない [全文を読む]

舛添問題の裏で無責任すぎる都の対応…総事業費5800億円に膨れ上がっていた築地市場の豊洲移転がヤバい

週プレNEWS / 2016年06月17日11時00分

舛添要一東京都知事の政治資金流用疑惑ばかりが注目され続けた最近の都政だが、実は今、都にはもっと重要かつ喫緊(きっきん)の問題があるーー11月に迫った築地市場の豊洲移転だ。 日本の食文化を牽引する大市場の移転まで半年を切ったここにきて、水産仲卸業者から大きな反対の声が出てきているのだ。一体、何が起こっているのか? 前編「廃業する仲卸続出で年末に大パニックも… [全文を読む]

寿司ネタ・おもしろネタが詰まった「究極の“ネタ”本」 『築地魚河岸 寿司ダネ手帖』9/18発売!食欲の秋、日本が誇る絶品グルメを徹底ガイド

PR TIMES / 2014年09月18日13時42分

【オール築地、「築地印」の寿司ネタ解説】食欲の秋、日本が誇るご馳走・絶品グルメといえばなんと言ってもお寿司!2016年に豊洲への移転が決まり、今さらに注目が集まっている築地市場は「築地で手に入る魚が一番うまい」と言われる世界最大の市場です。本書は、そんな築地で働く凄腕の魚名人たちから聞き出した究極の寿司ネタ知識が詰まった寿司本の決定版です。これだけは押さえ [全文を読む]

とんかつ 八千代:築地市場で働く人々を支える老舗店の味に市村正親さんも大満足(シューイチ)

ぐるなび / 2013年09月30日16時10分

9月29日の「シューイチ」(日本テレビ系、毎週日曜午前7時半)では、俳優の市村正親さんらが東京都の築地市場を訪れ、東京都中央区の「とんかつ 八千代」を紹介した。 市村さんら一行は、小料理店「築地魚河岸三代目 千秋」を営む小川貢一さんがオススメする、築地市場内の名店を探訪することになった。小川さんは長年にわたって築地市場の仲卸として活躍し、マンガ「築地魚河岸 [全文を読む]

見たことのない築地の姿! 謎と魅惑の世界を記録した築地市場の写真集『TSUKIJI WONDERLAND』刊行

PR TIMES / 2017年07月14日11時00分

日本橋より移転して約80年間、日本人の台所と称され、私たちの食文化を支えてきた築地市場は役目を終え、新転地である豊洲へ移転します。本書は、この世界最大級の魚市場である築地を、2016年10月に公開された映画『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』(製作・配給:松竹)製作時、市場初の1年4ヶ月にわたり6名のカメラマンによって記録した写真 [全文を読む]

“築地テーマパーク化”、汚染問題や費用面で「豊洲移転」との違い

WEB女性自身 / 2017年06月02日11時00分

「5月24日、市場問題プロジェクトチーム(以下「PT」)で提案された『第1次報告書案(案)』中の『築地改修案』に、築地市場敷地内にレストランや見学コースなどのレジャー施設を設け、さらに ツインタワー を建設するというプランがありました。これは 築地市場のテーマパーク化 。築地を売却せず、市場を自立させる大胆な ウルトラC 案といえます」 こう話すのは、市場 [全文を読む]

小池都知事 豊洲移転に年100億の赤字試算、都議選前に中止か

WEB女性自身 / 2017年02月03日06時00分

小池都知事は就任後1カ月の昨年8月31日、「築地市場の豊洲新市場への移転を延期します」と宣言して以来、記者団から「移転」か「中止」かの判断について会見のたびにたずねられ、コメントしてきた。 「歴代市場長5人が(豊洲の地下空間に)盛り土をしないとの変更を『知らなかった』とは 無責任体制 と言わざるをえない。食の安全をないがしろにした市場は、そもそもありえない [全文を読む]

築地市場・水産仲卸組合公式EC『いなせり』関東エリアの飲食事業者へ向け、即日配送を開始!

@Press / 2017年02月01日15時00分

いなせり株式会社と東京魚市場卸協同組合(所在地:東京都中央区)が共同運営する築地市場・水産仲卸組合公式EC『いなせり』は、2017年2月1日に、「関東1都7県(一部離島を除く)への即日配送(※)」を開始いたします。これにより、築地市場から遠方の飲食事業者も、築地市場の仲卸が目利きした食材を「最短当日受取り」で仕入れることができるようになります。 『いなせり [全文を読む]

豊洲よりも問題 築地の水槽水から基準値超えトリハロメタン

NEWSポストセブン / 2016年11月07日07時00分

豊洲への移転問題で揺れる築地市場で、仲卸業を営む男性は誇らしげだ。「築地の水産物の取り扱い規模は1日平均1700トンで世界最大級といわれています。うちも取引先は銀座の高級寿司店から首都圏各地の魚屋まで手広くやらせてもらっている。『築地市場直送』は、いまでも“伝統のブランド”ですよ」 早朝の市場に足を運ぶと、全国から水揚げした魚を運ぶ卸業者の従業員、卸から仕 [全文を読む]

築地市場には“日本の文化”が刻まれているーー『築地ワンダーランド』が描き出す、人々の営み

リアルサウンド / 2016年10月08日10時10分

先頃、基準値を超える汚染物質が検出されたため、豊洲への移転延期が正式に決定するなど、依然として不確かな状況が続いている「築地市場」の移転問題。関東大震災の影響によって、かつての日本橋から現在の築地に移転すると同時に、魚問屋の私設市場から東京都の公設市場となって以降、約80年もの長きにわたって東京の食文化を支え続けてき築地市場の行く末は、東京都民のみならず、 [全文を読む]

豊洲には行けない…「築地女将さん会」74歳会長の決意

WEB女性自身 / 2017年07月23日06時00分

7月4日の正午前の東京・築地市場。すでに早朝のセリは終わっていたが、いまもターレと呼ばれる1人乗りの荷物運搬車が縦横無尽に行き交い、市場ならではの活気と喧騒は続いていた。 野菜などの段ボールが積み上げられ狭くなった通路を、そのターレを巧みによけながら、市場の少し奥まった場所にある古めかしいビルの会議室まで、緑色の自転車でやってきたのが山口タイさん(74)。 [全文を読む]

フォーカス