名前 笑点に関するニュース

『笑点』「パッとしない」とネタにされる林家三平の課題

NEWSポストセブン / 2016年11月30日07時00分

『笑点』では、三平の長男の名前候補を募集。どんな名前に決まるのか? 「笑点流」でダジャレもあり? 私にはこれが種まきに見える。この子がりっぱに成長した頃、きっとキャラも固まり、ハラハラせず見られると思う…って、いつのまにか、身内みたいになってるよ!! [全文を読む]

“ポスト歌丸”注目の「笑点」司会にまさかのサプライズ…あのセクシータレントが大抜擢?

週プレNEWS / 2016年05月20日06時00分

タモリ、爆笑問題の太田光、所ジョージなど大物芸能人の名前も取り沙汰されているが、目玉の大喜利コーナーで海千山千の笑点メンバーをさばくのは、相当な実力の持ち主でないと務まらない。 司会者選びの方法は大別してふたつある。笑点メンバーの内部昇格、そして外部から実力者を起用する外部招聘(しょうへい)だ。落語関係者が言う。 「内部昇格なら、6代目三遊亭円楽が順当でし [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「毒蝮三太夫」(3)改名は最初、本当に嫌だったなぁ!

アサ芸プラス / 2016年06月02日05時56分

ある役者がいて、俺が「落語が好きだ」って言ったら談志を紹介してくれて、当時は「柳家小ゑん」って名前だった。同い年だし、ウマが合ったんだな。テリー あ、談志さんと同い年なんですか?毒蝮 そう。寄席に通ってるうちに、談志が楽屋へ入れてくれるようになったのよ。当時、新宿の末広亭なんかは桂文楽師匠、古今亭志ん生師匠、三遊亭圓生師匠、柳家小さん師匠と、大師匠がわんさ [全文を読む]

『笑点』に台本がある・ない問題の聞き込み取材でわかった、三遊亭円楽師匠の潔さ!

tocana / 2015年12月07日09時00分

しかし、今回は名前まで教えてもらえなかったが、スタッフの提示したアイデアをそのまま話す噺家がいるという点は少々残念な気がしてならない。 『笑点』は歴史ある番組である上、出演者たちは実力を兼ね備えたメンツであることは間違いないので、独自の笑いを生み出すことに労力を割いてほしいと、一視聴者としては願うところだ。 (文=吉沢ひかる) ※イメージ画像:『笑点 第4 [全文を読む]

【衝撃】笑点「大喜利」の座布団10枚で贈呈された酷いプレゼントランキングワースト10

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年07月06日06時00分

4位 「2001年宇宙の旅」 賞品の名前を聞かされ、まさか宇宙旅行に行けるわけがないだろうと怪しんでいた大喜利メンバー。三遊亭小遊三さんが見事座布団10枚を達成すると、賞品の贈呈を行う山田君が宇宙服で登場! 一体何を渡すのかと思ったら、手元に持っていたのは普通の足袋(たび)。これは東京都府中市で購入した2001円の足袋らしく、『2001円府中の足袋』とい [全文を読む]

「大喜利」新メンバーは誰? 歌丸師匠の司会卒業で気になる「笑点」の“焦点”

アサ芸プラス / 2016年05月15日17時57分

「それぞれ林家三平さん(45)、柳家喬太郎さん(52)、立川談笑さん(50)と同門を推したという話です」(前出・落語関係者) 立川志の輔師匠(62)という超大物の名前も報じられた選考では、ベテランから期待の若手に至るまで、30人を超える候補者がひしめいているという。考えられるのは師匠から弟子・同門へ、というレギュラー譲渡。林家こん平(73)・たい平(51) [全文を読む]

祝、桂歌丸師匠復帰! カオス状態のイレギュラー回も絶賛された『笑点』の安定人気

メンズサイゾー / 2014年06月08日11時00分

長年の付き合いであるレギュラー陣の名前を忘れたのか、終始、誰に対しても「あなた」と指す始末で、なぜだかわからないが、とにかく座布団を大盤振る舞いし、レギュラー陣がどんなにボケても、ただ一言「そんなことを言ったらいけませんね」と言うだけ。それでいて座布団を2枚あげるのだから、解答者である師匠たちは次第に困惑していくのだった。 そんな状態であるから、ほとんどの [全文を読む]

笑点・林家三平がくらう公開処刑「0枚フィニッシュ」

NEWSポストセブン / 2017年03月05日07時00分

番組放送中にリモコンの「dボタン」を押すと、大喜利メンバーの名前と座布団の枚数が記された画面に切り替わる。視聴者はリモコンを操作することで、司会の春風亭昇太(57)のようにメンバーに座布団をあげたり、取ったりすることができるのだ。 ファンには堪らないサービスだが、これによって思わぬピンチを迎えているのが、昨年加入した新メンバーの林家三平(46)だ。 2月 [全文を読む]

『笑点』6代目司会・春風亭昇太が語る「テレビで落語をやらない理由」

週プレNEWS / 2016年11月20日06時00分

―弟子の名前を自分で考えさせると聞いて驚きました。落語家の名前って、師匠からつけてもらえるのが喜びだとされていたので。 昇太 弟子が入門してきたら、自分がつけたい名前を10個考えさせて僕がそのなかから選びます。というのは、「師匠からもらった名前の画数が悪かったから売れない」とか弟子たちに言い訳されたくないんですよ。言い訳をすべて排除して、自分自身でなんと [全文を読む]

春風亭昇太 出世するも改名せぬ弟子と吉田羊との関係を直撃

NEWSポストセブン / 2016年07月27日07時00分

その溺愛ぶりと、その名前に「もしかして……」と思う人は少なくないはず。 もはや笑点では定番イジリとなった昇太の「独身キャラ」だが、“結婚を誓い合った女性”がいたことは有名な話。 その女性とは、女優・吉田羊(年齢非公表)。昨年、2人が共演したバラエティ番組で、吉田は「昇太さんとは、私が50歳になっても独身だったら『結婚しよっか』っていう話はしている」とカミン [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「毒蝮三太夫」(2)まむしさんは僕にとっては大名優!

アサ芸プラス / 2016年06月01日05時57分

テリー その時に「石井伊吉」という役者の名前を覚えたんですよ。だから、まむしさんが「笑点」に出始めた時にちょっと複雑な気持ちもあったんです。だって僕にとっての名優が、何で大喜利で座布団を運んでるんだって。毒蝮 ワハハハハ! それはもう俺の中でも想像を絶する格闘があったんだよ。だって普通、「毒蝮」なんて名前にわざわざなるか?テリー ですよね。今だったら(ビー [全文を読む]

笑点の司会後任に太田光、タモリ、西田敏行…番組危機説の背景とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年05月07日12時04分

『爆笑問題』の太田光が名乗りを上げたのは煽り芸だろうが、今回もタモリ、萩本欽一、西田敏行といった名前が取りざたされている。 「こうした<落語家ではないタレント>が司会者を務めたケースは、三波伸介などの例がある。しかし落語家の世界は閉鎖的で保守的ですからね。大昔ですが二代目司会者・前田武彦は、落語家たちと息が合わずに一年で降板しました。ただしタレントの起用 [全文を読む]

桂歌丸 落語界の未来を託したい3人の名前を明かす

NEWSポストセブン / 2017年02月14日07時00分

落語歴65年、御年80歳。桂歌丸の鼻から伸びたチューブはステージ後方にある酸素吸入器へと繋がれている。声にハリはあるがこの機材を用意しなければ、高座に上がれないこともまた事実だ。この復帰の直前、歌丸は本誌・週刊ポストに「引退も考えている」と打ち明けた。まだまだ元気なようだが、確実に迫る「死」について考えてしまう日もあるという。おそるおそる「準備はしているの [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

ドラマの終盤、幸村の傍らにいた高梨内記が城の名前を尋ねる。答える幸村「決まっておるだろう。真田丸よ!」その直後、浮かび上がるタイトル。そして異例のオープニングへ――ここまで10カ月間、アバンなしのオープニングだったのは、この日のための伏線だった。つまり、10カ月とこの日の最後の幸村の台詞「真田丸よ!」までが、壮大なアバンだったのだ。『真田丸』の期間平均視聴 [全文を読む]

ミスiDにも選ばれた美人落語家・林家つる子「師匠がパンツ一丁の時は、どーもスイマセン!」

週プレNEWS / 2016年10月12日11時00分

ところで“林家つる子”っていう名前の由来は? つる子 最初、私は群馬県出身なので“鶴舞う形の群馬県”から取ったんだと思ったんです。でも、全然違っていて(笑)。師匠のお母様、海老名香葉子おかみさんがお習字で“つる子”って書いてくださった半紙をバッと広げまして。そしたら師匠が「まあな、つるっとしてるしな!」って…。これだけなんです(笑)。 ―林家一門に“つる” [全文を読む]

蜷川幸雄、永六輔……“巨星”続々逝去の芸能界 、次に危ないのは桂歌丸と岸部四郎?

日刊サイゾー / 2016年07月15日18時00分

不謹慎ですが、今後どれだけマスコミの前に出てこられるかどうか、わからないですからね」(ワイドショースタッフ) また、最近はマスコミでも名前が挙がらない元・タイガースの岸部四郎も、体調が心配されるタレントのひとりだという。 「彼の近況は以前、週刊誌で老人ホームに入っているという記事が出たくらいです。ここ最近は、まったく名前も聞かないですからね。これだけ著名人 [全文を読む]

歌丸引退後の笑点司会 66才の円楽は若すぎと80代ファン

NEWSポストセブン / 2016年05月14日07時00分

歌丸引退ショックが続く中、22日放送で次の司会者の名前が明かされることになる。 「古くからのファンは変化を嫌うので、『内部昇格』が既定路線だといわれています。現在出演中の笑点メンバーの中から指名されるということです。ということは、木久扇(78才)、小遊三(69才)、円楽(66才)の3人が筆頭候補でしょう」(テレビ局関係者) まず木久扇だが、「以前、歌丸師 [全文を読む]

家族で観る庶民感がイヤになる時期も? 【「NHKのど自慢」あるある8選】

しらべぇ / 2015年04月07日17時00分

「鐘を鳴している人の名前は?」と聞かれて即座に「秋山気清」と答えられる人は間違いなく「のど自慢ウオッチャー」だ。 秋山さんは、東京芸術大学卒業。東京交響楽団、東京芸術大学フィルハーモニアなどで打楽器の奏者として活躍。鐘をいくつ鳴らすかといった指示は、耳につけているイヤホンにスタッフから送られる。 たくさん鳴らしたくても自らの意思では鳴らせない。緊張感あふれ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】故・立川談志さん、長寿番組『笑点』も提案した“名プロデューサー”ぶりを振り返る。

TechinsightJapan / 2014年11月21日11時15分

すると、談志さんは「(それなら)名前を変えればいいじゃないか」と言って“怪獣にも負けないほど強くて、一度聞いたら忘れない名前にしよう”との思いで、毒蝮三太夫と命名したのだという。毒蝮は「こんな名前になるとは思わないよね?」と笑いながら話した上で、今は亡き談志さんを以下のように評した。 「アイツがいなかったら、今、俺はここに座ってない。やっぱり(談志さんは [全文を読む]

『いいとも!』打ち切りなら......『笑点』次期司会者にタモリが浮上

日刊サイゾー / 2012年02月15日08時00分

笑点なら年齢に負担もない仕事で長く続けられるはず」(同) 他に名前の挙がった候補は、『仮装大賞』で日テレと関係の深い萩本欽一や、過去に笑点の代理司会をやったことがある伊東四朗だというが、ある落語関係者によると「そのプランを聞いた歌丸師匠が"後任なら落語会から出すべき"と怒った」というのだ。「師匠は大喜利が落語から発した文化だと言っていますからね。歌丸さん自 [全文を読む]

フォーカス