場所 笑点に関するニュース

『笑点』歌丸師匠に聞く人気と長寿の秘密! 「これまで終わると思ったことは一度もないよ」

週プレNEWS / 2014年10月26日06時00分

今月19日の放送から番組に復帰する林家木久扇が、喉頭がんのため7月から休養していた際、毎回、木久扇の場所には重ねた座布団だけが置かれていた。歌丸師匠は、こう振り返る。 「代役を立てることなく、あそこに誰も座らせなかった。番組自体が親切ですよ。ああいうふうにすると、見てる人も『早く木久ちゃんよくなんないかな』って思いますよね。でも、ただ座布団積んどいたって面 [全文を読む]

やっぱり面白くない? 『笑点』回答者抜擢から1年の林家三平の評価は…

しらべぇ / 2017年08月02日11時00分

©sirabee.com三平の席は、かつて桂歌丸が座っていた場所。かつての歌丸は世相を毒々しく切ったかと思えば、わかりやすいダジャレなどもこなし、緩急自在で人気があっただけに、物足りなく思えてしまうのかも。一方で、20代の男女、30代女性で辛口評価している人は低め。6割以上が三平のコメントに一定の評価をしていると読み解けるだけに、突破口はありそうだ。■番組 [全文を読む]

【衝撃】笑点「大喜利」の座布団10枚で贈呈された酷いプレゼントランキングワースト10

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年07月06日06時00分

2位 「徳川家の御埋蔵金」 徳川家の埋蔵金が埋まっている場所が記されているという宝の地図が賞品。贈呈された林家こん平は地図を頼りに群馬県の某山中に出向き、苦心の末どうにか宝を掘り当てます。ところが中から出てきたのは、徳川家の家紋が入った雑巾が5枚。雑巾が5枚で“ごまいぞうきん”だったというわけです。わざわざロケまでしてオチがダジャレという、とんでもなくひ [全文を読む]

林家木久扇『笑点』降板の恐怖に怯えた「喉頭がん」闘病2カ月

WEB女性自身 / 2014年12月20日07時00分

番組担当者の配慮で、代役は立てずに、僕の席は空席のままでしたけど、『このままだと、あの場所を誰かに取られちゃうんじゃないか』という恐怖心があってとても笑えたものじゃない。会場のお客さまが大笑いしていても『何がおかしいんだろう?』という感じでした」 そう当時の心境を語る。治療開始から約2カ月。ある朝、突然、声は出るようになった。"闘病日記"に、その日のことを [全文を読む]

「浅田飴こども落語会@神田明神」に春風亭昇太師匠が出演! 創業130周年の浅田飴ゆかりの地で「こえ」でにぎわいを創出

@Press / 2017年09月29日15時30分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/138996/LL_img_138996_1.jpg 浅田飴こども落語会 ポスター(1) ■浅田飴こども落語会 イベント詳細 日時: 2017年12月3日(日)11時開場、12時開演 場所: 神田明神祭務所地下ホール(東京都千代田区外神田2丁目16−2) 出演: 春風亭昇太ほ [全文を読む]

日本のクールな文化「落語」を楽しむ街コンを開催!「横浜アート de 街コン in 横浜にぎわい座」

PR TIMES / 2017年08月23日10時00分

JR桜木町駅から徒歩3分、ディープでノスタルジックな野毛の飲食店街に隣接していながらも、歩いて10分もしないうちに、人気のみなとみらいエリアへも行けるという場所に位置しています。2017年9月3日、この横浜にぎわい座で、舞台裏見学ツアー付きの「落語街コン」を開催します。・落語や大衆芸能に興味はあるけれど、なかなか観に行く機会がない。・日本の伝統文化や芸能の [全文を読む]

泰葉が語る「笑点メンバーの意外な一面」とは

日刊大衆 / 2017年03月19日16時05分

今日はお手柔らかに……」――インタビュー場所に現れた泰葉の髪の色は、鮮やかな金色だった。07年11月、19年連れ添った春風亭小朝と離婚した泰葉から飛び出した“金髪豚野郎”発言は、日本芸能史に今も燦然と輝いている。「あたしも、あれは流行語大賞獲れるんじゃないかと思ってました。愛され続けて、あんまりみんなに言われるもんだから、自分でやっちゃえ、と。今日は“金髪 [全文を読む]

元日テレ・敏腕プロデューサーが明かす「3年連続視聴率3冠の秘密」(1)「笑点」が苦戦するのは年に18回の理由

アサ芸プラス / 2016年11月01日05時57分

高齢者は相撲も大好きなので、年に6場所、初日・中日・千秋楽と重なる18回のOAに関してはしかたがない結果になる。村上和彦:(株)プラチナクリエイツ代表。65年生まれ、神奈川県小田原市出身。元日本テレビ放送網制作局専門部長兼演出家・テレビプロデューサー。「ヒルナンデス!」を立ち上げ、「『笑っていいとも!』を終了させた男」として知られる。「スッキリ!!」の視聴 [全文を読む]

24時間テレビスタート!NEWS「一生懸命ゴール目指す」

Smartザテレビジョン / 2016年08月27日20時07分

番組が始まるとNEWSは募金場所へ移動し、武道館まで募金に訪れた人たちへあいさつ。「ありがとうございます!」と、メンバー全員で人々の善意に笑顔で応えた。 なお、同番組は8月28日(日)の夜8時54分までさまざまな企画を放送する。 [全文を読む]

桂歌丸が文部科学省から表彰!一方で新しい『笑点』の評価は…

しらべぇ / 2016年05月31日19時00分

こん平師匠の弟子は2人もいらないし、もともとあの席は歌丸師匠が座っていた場所ですから、 もう少し風刺が効いたニヒルな回答者がよかった」(30代女性)『笑点』を降板した歌丸と新しいメンバーの今後に注目したい。・合わせて読みたい→春風亭昇太の『笑点』司会就任 地元・静岡市からは歓喜の声(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治) [全文を読む]

春風亭昇太 220平米1人暮らし!笑点司会呼んだ出世ジンクス

WEB女性自身 / 2016年05月31日00時00分

「角地で条件も良い場所ですし、土地が1坪200万円として6千万円、建物はかなり意匠をこらしたそうですから安くても7千万円ぐらいでしょうか」(地元の不動産業者) 引っ越し好き としても知られる昇太師匠。この自宅がある区には30年前の26歳のときに転居してきたという。それ以来、1Kアパート 1DKアパート 2LDKマンション と、少しずつ自宅は広くなっていき [全文を読む]

春風亭昇太、消去法で「笑点」6代目司会者に!?

Smartザテレビジョン / 2016年05月22日21時54分

「笑点」には'06年から出演し、以前にも同番組は「10年やってまだ新参者という貴重な場所」と語っていた昇太。今回の大抜てきは「放送50周年記念か何かのドッキリだと思った」と心境を明かした。 これまで回答席で味わった、歌丸の回答者へのフォローのうまさを挙げ「『歌丸師匠の後任になれ!』って言われて、喜ぶ人はいないと思うんですよ。だからもう、自分は自分らしくや [全文を読む]

林家木久扇 専門店で自分の指人形注文し『笑点』で使う予定

NEWSポストセブン / 2015年05月14日07時00分

時を超えて色あせない古き良き笑いや娯楽に出会える場所が、東京にはまだまだ多い。『笑点』の人気者で下町を知り尽くす林家木久扇師匠(78)に、指人形コントを楽しめる谷中の『指人形 笑吉(しょうきち)』を案内してもらった。 「この人形、歌丸さんにソックリだねぇ。ひとつ貰って踏んづけちゃおう(笑い)」(木久扇師匠) 昭和の風情が残る下町、台東区谷中の大通りから小道 [全文を読む]

世間のイメージは間違いだらけ!? 春風亭昇太が語り尽くす「軟弱ではない今川義元」

週プレNEWS / 2017年06月13日15時30分

大高城(おおだかじょう)という、松平元康(後の徳川家康)が今川軍に救援用の兵糧(ひょうろう)を入れた場所(現・大高城跡公園/名古屋市緑区)は遺(のこ)っていて、僕も実際にそこに立ってみたんですが、織田軍の砦(とりで)があった山に囲まれていて、敵が目の前なんですよ。敵中突破のすごい緊張状態だったんだろうなあと。 ―義元は桶狭間で輿(こし)に乗ったままで、馬 [全文を読む]

【プロ野球】野球があるところ、ウマイめしと夢とロマンがある! 今こそ読みたい『球場三食』

デイリーニュースオンライン / 2017年05月29日16時05分

それぞれ、球場の観戦場所によって購入売店を変えたり、ビールの銘柄やドリンクのチョイスを変えたりと、実に芸が細かい。作者の渡辺保裕氏は、野球漫画好きならば『ワイルドリーガー』の作者としてもおなじみ。そして過去には、料理漫画を描いた経験もあるため、球場描写、料理描写とも緻密&迫力満点。 どのスタジアムグルメも実に美味しそうで、野球そっちのけで各スタジアムグル [全文を読む]

『桂文枝 半世紀落語会』開催決定! 桂三枝時代からの50年をふりかえる

ガジェット通信 / 2016年12月19日19時00分

「桂文枝 半世紀落語会」~三枝から文枝への軌跡~ 【日時】 2017年3月4日(土) 18:40開場 19:00開演 【場所】 なんばグランド花月 大阪府大阪市中央区難波千日前11番6号 【出演】 桂文枝 ≪ゲスト≫桂歌丸 【演目】 愛宕山(古典) 背なで老いてる唐獅子牡丹(三枝作) 大・大阪辞典(文枝作) 【公演料金】 前売・当日共 1階席 6,000 [全文を読む]

リーズナブルな海鮮グルメがいっぱい!桂歌丸師匠の愛した横浜橋商店街

TABIZINE / 2016年09月21日21時00分

商店街の入り口に近い場所にある「宝水産」。店頭ではお刺身やテイクアウトの海鮮丼が売られています。 ■あわせて読みたい 【横浜】本郷台駅徒歩1分!ちょっぴりレトロな商店街で本格モチモチ生パスタ http://tabizine.jp/2016/08/23/93546/ 刺身定食、安!! 海鮮丼は種類が多いよ~~! 季節ものもあります。トッピングを追加して、自 [全文を読む]

カップリング率の高い街コンイベント受付スタート☆彡

恋学 / 2016年02月16日09時00分

館内には桂歌丸さんのパネルと記念撮影ができる場所があるのでぜひ来場記念に写真を撮ってみてはいかが? ちなみに、今回の『横浜アートde街コン in 横浜にぎわい座の街コン』の出演者は、林家きく姫さん、ギタレレ漫談のぴろきさん、雷門助六さんと豪華メンバーが勢ぞろい! 落語ファンにもたまらない演目となりそうです。 笑う門には恋来る!?『横浜アートde街コン i [全文を読む]

2ヶ月前に在京局を辞めた女子アナが生登場!就活生に女子アナという生き方を語る

ソーシャルトレンドニュース / 2016年01月07日17時30分

出演霜田明寛(就活アドバイザー)五戸美樹(フリーアナウンサー)シエ藤(ライター/芸能研究家)時間19:00~21:00 (18:30開場)場所本屋B&B世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F入場料1500yen + 1 drink order■関連書籍発行元:日経BP社価格:本体1,300円+税URL:http://www.amazon.co.jp/ [全文を読む]

フジテレビ カトパンに代わる人気女子アナが生まれない理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月09日17時30分

出演霜田明寛(就活アドバイザー)佐々木真奈美(アナウンサー)シエ藤(ライター/芸能研究家)時間19:00~21:00 (18:30開場)場所本屋B&B世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F入場料1500yen + 1 drink order【出演者プロフィール】◯霜田明寛(しもだ あきひろ)1985年生まれ。23歳で出版した『パンチラ見せれば通るわよ [全文を読む]

フォーカス