結婚 笑点に関するニュース

ウーマンラッシュアワー村本に直撃!「気になる女性は…4人いました」

Woman Insight / 2015年04月28日20時00分

なんか……30代独身の方は、中学とか高校生ぐらいのころ、「私は24歳ぐらいで結婚するんだ」って思ってた人たちだと思うんですね。だから僕は“そんなはずじゃなかった世代”って呼んでるんですけどね。この世代って、結婚するためにいま手を打たなきゃいけない、けれど仕事もしたいっていう、いろんなものに対して意欲的で、いちばん頑張ってる世代なんじゃないかなって。 WI [全文を読む]

桂歌丸 あの“鬼嫁”が明かす『笑点』卒業決めた夫婦の会話

WEB女性自身 / 2016年05月10日00時00分

私からは『ご苦労さま』と 」 冨士子さんが歌丸師匠と結婚したのは 57年。2人はご近所同士だったが、駆け出しの噺家との結婚に、冨士子さんの家族は大反対したという。苦労かけ通しだった冨士子さんに、歌丸師匠はいまでも頭が上がらない。 ――笑点卒業にあたり、師匠から冨士子さんには、何かねぎらいのお言葉はありましたか?「そういう言葉は、別にないですけれど、言われな [全文を読む]

吉田羊、「春風亭昇太と結婚の約束」発言はジャニーズに干された将来の保険?

アサジョ / 2016年07月03日09時58分

ジャニーズの中島裕翔との“20歳差7連泊デート”で話題になっている吉田羊だが、なんと「笑点」(日本テレビ系)の6代目司会者に就任したばかりの春風亭昇太とも、“結婚の約束”をしていたことが明らかになった。果たしてその真相とは?「話は1カ月以上前に遡ります。5月1日に放送された『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に吉田がゲスト出演した時のこと。番組で吉田は司会 [全文を読む]

笑点・新司会!春風亭昇太「12の謎」に一発解答!(2)結婚はできないのではなく…

アサ芸プラス / 2016年06月05日17時56分

何で結婚しないの? 海中でゆらゆら流される“くらげ”を、自分の生き方と重ね合わせて羽織の紋にしているほどで、結婚は「できない」のではなく、「しない」主義。実はかつて本人が、その理由を週刊アサヒ芸能92年8月13日号のインタビューで告白していた。〈3年前、指輪まで買ってやった女に裏切られましてね。待ち合わせしてた喫茶店で、待っても待っても女が来ない。あきらめ [全文を読む]

愛妻家キャラが不発の林家三平、メンバーの心配を意に介さず

NEWSポストセブン / 2017年01月20日16時00分

三平は2011年に女優の国分佐智子(40)と結婚。その上、昨年11月には長男・柊乃助(しゅうのすけ)くんが誕生した。幸せいっぱいの三平は、ことあるごとに「嫁ネタ」を披露。国分も出演し、夫婦共演を果たした2016年7月10日放送回では、冒頭の挨拶から、 「先日、『私、ファンなんです』というご婦人から声をかけられました。『え、僕の?』と聞くと、彼女は『いいえ [全文を読む]

芸能界タラレバ美女の「結婚しない」裏事情(3)吉田羊、相手がジャニーズでなかったら…

アサジョ / 2017年02月05日18時15分

彼女たちが結婚しない理由を探ってみると意外な事情が──。 一部週刊誌に通い愛を撮られてしまったのが吉田羊。その相手が「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔で、吉田の自宅に7連泊とあって芸能マスコミの格好のネタとなった。スポーツ紙記者が言う。「昨年に大ブレイクした吉田は、女性マネージャーと二人三脚でコツコツと実績を積んできた苦労人。それこそ話題を呼んだドラマ [全文を読む]

春風亭昇太、結婚しない本当のワケ

NewsCafe / 2016年09月16日14時19分

先日、落語家、春風亭昇太(56)が「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に出演し、結婚しないホンネを語った。 「視聴者の疑問に答える形で、『なぜ結婚しないのか?』と問われた昇太は『1人が楽でしょうがない』と告白。結婚できないのではなく、したくないんだと説明したんです」(女性誌記者) じゃあ、実際にはモテるってこと? 「もちろんです。昇太は見た目は優しい感 [全文を読む]

奇跡の56歳!「笑点」新司会の春風亭昇太、吉田羊も惚れる“独身の哲学”

アサジョ / 2016年05月25日17時59分

もし吉田が50を超えても独身で、本当に昇太と結婚したいと言えば、間違いなく昇太は吉田と結婚するでしょう。昇太はそういう男性です」(前出・女性誌編集者) かねてから「結婚はしない。1人が自由でいちばんいい」と言い放ち、弟子に対しても「自分より早く結婚したら破門」とまで言っている昇太。実際は弟子の結婚式に友人として出席しているが、今後は奇跡の56歳の恋愛事情に [全文を読む]

『笑点』メンバー、一番人気はいったい誰?

日刊大衆 / 2017年04月23日17時05分

メンバーから「早く結婚しろ」と未婚であることをイジられ、自身もたびたび自虐ネタに。そんな愉快なイジられキャラでありながら、司会としてまとめ役を務めているというギャップも人気の要因でしょうか。 そして第3位(15%)にランクインしたのは林家木久扇(79)。1969年に初登場して以来、番組最多出演記録を更新中の大ベテランです。大喜利では天然ボケ満載の回答を連発 [全文を読む]

『笑点』6代目司会・春風亭昇太が語る「テレビで落語をやらない理由」

週プレNEWS / 2016年11月20日06時00分

『笑点』で落語をやらない理由は? 今面白い落語のカタチとは? あと、結婚しない理由は? ■『笑点』はテレビで、落語はナマで ―『笑点』の司会、見ていてとても楽しそうですが。 昇太 う~んっとね。「僕だったらこうしよう」って考えてもしょうがないんですよ。もう図式が変わっているので。 ―図式? 昇太 例えば、初代司会の立川談志師匠、4代目司会の先代の三遊亭円楽 [全文を読む]

柴崎コウ 主演のNHK大河「おんな城主 直虎」会見で見せた艶姿と気になる本命

アサ芸プラス / 2016年07月30日09時57分

このまま結婚まで一直線に向かうと思いきや‥‥。「本格交際と報じられましたが、大河ドラマの撮影がスタートしたら、スケジュールが忙しくて会う時間はほとんどない。年内の結婚は難しいでしょう」(テレビ局芸能デスク) 恋多きオンナとしても知られる柴咲。これまで俳優の妻夫木聡(35)やV6の三宅健(37)などと浮き名を流している。「男性関係が派手なので、毎回別の男性 [全文を読む]

春風亭昇太 出世するも改名せぬ弟子と吉田羊との関係を直撃

NEWSポストセブン / 2016年07月27日07時00分

もはや笑点では定番イジリとなった昇太の「独身キャラ」だが、“結婚を誓い合った女性”がいたことは有名な話。 その女性とは、女優・吉田羊(年齢非公表)。昨年、2人が共演したバラエティ番組で、吉田は「昇太さんとは、私が50歳になっても独身だったら『結婚しよっか』っていう話はしている」とカミングアウトするほど親密な関係だった。 だが、今年4月、本誌は吉田と20歳 [全文を読む]

実は求婚していた!?吉田羊に「早く50歳になれ!」と中島裕翔ファンが激おこ

アサジョ / 2016年05月21日09時59分

そんな中、16日に放送された日本テレビ系バラエティ番組「しゃべくり007」で吉田の結婚に関する情報が飛び出し、中島ファンが食いついている。 同回には老舗番組「笑点」に出演する大喜利メンバーたちが番宣でゲスト出演。 その中の一人である春風亭昇太が吉田と古くから交遊があり、吉田から「(吉田が)50歳になっても独身だったら、結婚しよう」という話を1年前くらいに持 [全文を読む]

歌丸卒業 歌丸との結婚生活は『笑点』とともにあったと妻

NEWSポストセブン / 2016年05月21日07時00分

歌丸との結婚生活は、『笑点』とともにあったから…。 「おかげさまであちこちからお声をかけていただいたり、お電話もいただいたり。でも私がやる(卒業する)わけじゃないですから。それに私は表に出る人間じゃないので…」 そう言うと、ふと口をつぐんだが、冨士子さんはその日を前に、夫へのあふれる思いを語ってくれた。生粋のハマっ子だった歌丸と冨士子さんは、ご近所同士が縁 [全文を読む]

現役女子アナ出演 マウンティングや就活婚活事情も…赤裸々告白のイベント開催

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月08日18時43分

10月11日(日)、下北沢の書店「B&B」で出版記念イベント「女子アナという生き方〜就活から勤務実態、結婚事情まで」が行なわれる。著書 『面接で泣いていた落ちこぼれ就活生が半年でテレビの女子アナに内定した理由』(日経BP社)を刊行し、過去4年でテレビ局のアナウンサー内定者を30名以上輩出した就活アドバイザーの霜田明寛氏、2010年に山形テレビに入社し、現在 [全文を読む]

春風亭昇太を占う 笑点は上り調子、結婚はすべきでない?

NEWSポストセブン / 2016年08月28日16時00分

西洋占星術とタロットカードを使った独自の占いで人気の占い師・キャメレオン竹田が、旬な有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回は『笑点』の新司会となった春風亭昇太さんを占っていただきました。【プロフィール】春風亭昇太しゅんぷうていしょうた生年月日:1959年12月9日 56歳出身地:静岡県静岡市1982年に春風亭柳昇に弟子入り。1992年に [全文を読む]

<立川談志生誕80周年>カリスマ亡きあとの立川流はレジェンドを継承できるか?

メディアゴン / 2016年05月22日08時00分

幼いころの談志が夢中になった落語、柳家小さんへの入門、売れっ子の2つ目時代と結婚、政界への進出と引退、落語協会の脱退と立川流創設、そして落語との格闘と円熟期、喉頭がんとの闘いから死まで・・・とテンポよく進む。ゲストは談志さんの長女の弓子さん、親友の毒蝮三太夫、弟子の立川談春だったが、家族との知られざるエピソード、結婚の際の秘話、弟子から見た談志の落語の凄さ [全文を読む]

写真集バカ売れ! 石原さとみ「あふれる三十路の魅力」

日刊大衆 / 2017年09月24日19時05分

男性スタッフたちはメロメロです」(前同) ■山下智久とはもう別れた!? 一昨年のドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で共演した山下智久との“通い同棲”が5月に報道されたが、「この1年、彼女のフェロモンが異常分泌の様相を呈しているのは、山下に愛され、喜びにあふれた日々を送っていることが、大きく影響しているんでしょう」(芸能記者) 一部では、 [全文を読む]

大河ドラマでの怪演が話題騒然――春風亭昇太が今川義元“愛”を語る!

週プレNEWS / 2017年06月12日17時00分

昇太 まず、武田信玄の姉と結婚して、武田家との争いを避けることに成功します。ところが関東の北条氏綱(うじつな)が攻め込んできて、今の静岡県三島市辺りの領土を失うんです。その後、北条と敵対していた山内上杉(やまのうちうえすぎ)と協力して、北条家を攻めて領土を取り戻し、武力と権力を盤石にしていきます。 ―外交も戦争もできる人だったと。内政のほうは? 昇太 今 [全文を読む]

泰葉が語る「笑点メンバーの意外な一面」とは

日刊大衆 / 2017年03月19日16時05分

88年に春風亭小朝と結婚し、07年に離婚。それから雌伏の時を経て表舞台に帰ってきた泰葉が、父の思い出、日本の芸能界、さらに弟が出演するあの国民的番組まで語りまくる!「あの節は、ほんとにお騒がせいたしました。今日はお手柔らかに……」――インタビュー場所に現れた泰葉の髪の色は、鮮やかな金色だった。07年11月、19年連れ添った春風亭小朝と離婚した泰葉から飛び [全文を読む]

フォーカス