円楽 笑点に関するニュース

笑点新司会「本命・円楽」はカモフラージュに使われた

NEWSポストセブン / 2016年05月30日07時00分

これまで本誌は「後継者は三遊亭円楽(66)に当確」と報じてきたが、結果は春風亭昇太(56)というサプライズ人事だった。この発表の瞬間、本誌担当デスクの表情は、みるみると青ざめ、頭を抱えてへたり込んだ。もちろん関係者への取材を重ねたうえで報じたのだが、誤報は誤報である。 「円楽さんが次の司会をやるだろうなんて言ってる人は、人を見る目がない証拠ですよ」 本誌の [全文を読む]

『笑点』「パッとしない」とネタにされる林家三平の課題

NEWSポストセブン / 2016年11月30日07時00分

三遊亭小遊三が自分を福山雅治と言いだしても、三遊亭好楽が「仕事がない」とぼやいても、林家木久扇が「いやーん、ばかーん」の歌や卵売りの歌でしっちゃかめっちゃかになっても、たい平がふなっしーのモノマネでひっくり返っても、三遊亭円楽が「歌丸師匠とは天国で…」とブラックネタを出しても、みんな視聴者の想定内。落ち着いて笑っていられるのである。 しかし、三平がどんな答 [全文を読む]

「自分もヤバイ!」円楽不倫報道で、超・大物落語家が慌てて不倫関係を清算!

tocana / 2016年07月13日09時00分

ついには日本テレビ系「笑点」メンバーの三遊亭円楽まで写真誌に不倫現場を撮られてしまい、謝罪会見を開くハメとなった。 各メディアが不倫芸能人探しに躍起になる中、円楽まで“陥落”してさすがにヤバイと思った超大物落語家Xが慌てて不倫関係を清算したという。 「年明けにベッキーとゲスの極み乙女。の川谷絵音の不倫がバレてから、一気に不倫というワードへの注目度が高まった [全文を読む]

『笑点』司会人事 歌丸、円楽、昇太の3人が隠し通せて満足気

NEWSポストセブン / 2016年05月31日07時00分

本誌は「三遊亭円楽(66)に当確」、と報じてきたが結果は春風亭昇太(56)というサプライズ人事だった。取材を進めると、「本命・昇太」隠しのカモフラージュとして「本命・円楽」が使われたようにも見える。日テレの他番組も「円楽推し」を強力にサポートしていた。 これに対して笑点関係者は胸を張って反論する。 「『新司会・昇太』と報じられないために、番組として何か手を [全文を読む]

『笑点』で三遊亭円楽が安倍首相の批判ネタを連発! 危惧される日本テレビの圧力

リテラ / 2015年08月26日08時00分

すると、次期司会の呼び声もあるレギュラーメンバー、三遊亭円楽が、こんな答えを披露したのだ。「安倍さん、聞いてください、政治に不信"かん"、国民の叫"び"」 その瞬間、観客からは「おおーーー!!!」と拍手が起こり、司会の桂歌丸が「座布団一枚」の声。そして、この日は山田隆夫に代わって『24時間テレビ』のパーソナリティを務めていたHey! Say! JUMPの [全文を読む]

林家こん平が元気に卓球をプレー!その姿に喜びと安堵の声

しらべぇ / 2017年02月03日18時00分

できればまた小遊三・好楽・歌丸・楽太郎(円楽)・こん平の並びで、大喜利をやってほしい。歌丸が毒舌で世相を切り、楽太郎が悪態をつき、こん平が大声で笑う。そんな『笑点』が懐かしい。とにかく笑点初期のメンバーである歌丸、こん平両師匠には長生きをしてほしいと思います」もちろん無理はさせられないが、もう一度『笑点』で、「チャラ~ン」をする姿をみたいものである。・合わ [全文を読む]

不倫の三遊亭円楽『笑点』に猛クレーム!上層部“降板”検討の裏に、一門のクーデター計画も……

日刊サイゾー / 2016年07月11日11時00分

日本テレビの人気長寿番組『笑点』の大喜利メンバーを務める三遊亭円楽が開いた不倫謝罪会見が“神対応”などを持ち上げられ、騒動を乗り切ったとばかり思われたが、女性視聴者からは「日テレは、不倫行為を認めるのか?」と番組にクレームが殺到。日テレ上層部が、円楽の降板を検討していることが明らかになった。「謝罪会見ですべて終わったとばかり思っていたんですが、女性視聴者か [全文を読む]

円楽、不倫騒動が蒸し返された

NewsCafe / 2016年07月06日11時01分

先月、写真誌「FRIDAY」(講談社)で40代の一般女性との不倫を報じられた落語家の三遊亭円楽(66)。 その後は特に問題視されることもなく、『笑点』(日本テレビ系)のレギュラーを続けている。 「本人はうまく乗り切ったと思っているようですが、日本テレビには『円楽を降板させろ』との電話が殺到しています」とは日テレ関係者。 世間は大目に見てくれないか…。 「円 [全文を読む]

『笑点』の格安ギャラ事情 昇太は司会昇進でも据え置き?

NEWSポストセブン / 2017年06月18日16時00分

ずっと上がってないのよね」 会場が大爆笑に包まれると、三遊亭円楽(67)もいつになく神妙な面持ちで「50周年でもね」と合いの手を入れた。木久扇「ねぇ、50周年でも上がらないんだもん。嫌んなっちゃうよ! それで面白くしろ、面白くしろって。だから、労働組合作ろうよ!」 再び円楽が「書記長! 書記長よろしく!」と木久扇を煽るとメンバーたちは拍手喝采した。◆司会で [全文を読む]

三遊亭円楽が「ENGEIグランドスラム」の大トリという謎

メディアゴン / 2016年09月20日07時30分

今回のトリを務めたのが、六代目三遊亭円楽だった。「笑点の紫の人」と言った方が分かりやすいかもしれない。その円楽がやったのが、ガチガチの古典落語であった。「猫の皿」という有名な演目である。これが、筆者にはあまりもおもしろくなかった。落語が嫌いなのだとか、「ENGEIグランドスラム」に合わないなどといった意味ではなく、純粋に円楽の落語がつまらなかった、と思うの [全文を読む]

おかみさん公認の不貞?笑点“腹黒キャラ”三遊亭円楽、下半身はピンクだった!

アサ芸プラス / 2016年06月10日17時59分

六代目三遊亭円楽が、アラフォー美人女性との“老いらくの不貞愛”をスクープされた。報じたのは、6月10日発売の写真週刊誌「FRIDAY」。記事によると“女優の中嶋朋子を妖艶にしたような美人”と一緒に堂々と銀座デートを楽しみ、蕎麦屋で食事をし、まだ明るい夕方4時過ぎに錦糸町のホテルへと入って行ったという。66歳の円楽師匠、なかなかお元気なのである。 人気番組「 [全文を読む]

笑点の司会後任は誰を支持?公開収録現場で緊急アンケート|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年05月08日12時06分

『歌丸引退の「笑点」司会後任、6代目円楽が第1候補』(日刊スポーツ・5月1日) 『爆笑・太田、「笑点」司会に色気も…「一番良いのはタモリさん」』(サンケイスポーツ・5月4日) 「タモリ説」に関しては東スポが2011年から追っていた。根強い待望論とも言える。しかし実際に「笑点」を熱心にみる観客の声はどうなのだろう。 「笑点」の公開収録がおこなわれる後楽園ホ [全文を読む]

『笑点』跡目争い 本命=円楽、対抗=小遊三、大穴=立川流

NEWSポストセブン / 2015年08月10日07時00分

「歌丸師匠を5代目司会者に指名したのは、先代の5代目・三遊亭円楽さん。次の司会者も歌丸師匠が指名するのが自然で、そうなると師匠がいたく気に入っている6代目・円楽さんが現在のところ最有力になる。円楽さん自身も光栄に思っていて、ヤル気を見せていると聞きます」(笑点スタッフ) 歌丸と円楽の掛け合いは『笑点』の名物だ。円楽が歌丸に「ガイコツ!」「お迎えが近い」と毒 [全文を読む]

大喜利利権めぐり『笑点』内紛激化……円楽一門による“三平つぶし”が始まった!

日刊サイゾー / 2016年08月02日09時00分

『笑点』の大喜利メンバーに新加入後、テレビ出演をはじめ、仕事が増えているという林家三平に対して、大先輩の三遊亭円楽をはじめとした円楽一門が「つぶしにかかっている」という情報が流れているのだ。 三平は『笑点』のレギュラー決定後、同局の『火曜サプライズ』『シューイチ』に出演する傍ら、TBS系の『ぴったんこカン★カン』、NHKの『あさイチ』にも出演。今後も『行列 [全文を読む]

『笑点』の座布団利権 地方営業のギャラが桁違いになる

NEWSポストセブン / 2016年05月16日07時00分

この生放送で歌丸師匠の後任や新体制が発表されると言われています」(スポーツ紙芸能担当記者) 本誌は前号で後継者の筆頭候補は三遊亭円楽(66)だと報じた。本誌報道後、『週刊文春』の取材に対して、円楽は「まとめろと言われたら、まとめますよ」と答え、意欲を見せている。 だが、5月7日のイベントに登場した三遊亭好楽(69)は「(司会者は)円楽以外なら誰でもいい」と [全文を読む]

「大喜利」新メンバーは誰? 歌丸師匠の司会卒業で気になる「笑点」の“焦点”

アサ芸プラス / 2016年05月15日17時57分

後任司会の筆頭候補として報じられているのは、現大喜利メンバーの三遊亭円楽師匠(66)だ。そこで気になるのは、新メンバーは誰か? というところだが、ある落語関係者が語る。「昨年6月に歌丸さんが腸閉塞で入院し番組を休養して以降、オファーを出された噺家がいると寄席の世界ではもっぱらの噂でした」 その噺家とは林家正蔵師匠(53)、柳家花緑師匠(44)、立川談春師匠 [全文を読む]

『笑点』に台本がある・ない問題の聞き込み取材でわかった、三遊亭円楽師匠の潔さ!

tocana / 2015年12月07日09時00分

現在のメンバーで言えば三遊亭円楽師匠は無視するタイプですね。大喜利のテーマだけ聞いて、回答は全て自分で考えています」(同) 噺家のプライドとして円楽師匠は自らアイデアを練るそうだ。また、自ら回答を考える噺家であってもテーマを聞きたがるタイミングは異なるという。 「本番直前までテーマを聞かずに出たとこ勝負で回答したがる師匠もいれば、数日前にはテーマを知って吟 [全文を読む]

8.11高座復帰へ!桂歌丸の“死にギャグを笑い飛ばすゾンビ伝説”「円楽が語る大喜利メンバーとの信頼関係」

アサ芸プラス / 2015年07月28日09時57分

たびたびの体調不良による大番頭の不在について、共演者の三遊亭円楽に話を聞いた。「本番では歌丸師匠を意識しながら、みんなで安心して観られる番組を作っています。楽屋では師匠の容体に関する話が多く、食欲が戻ってきて400グラム太ったと知らされた時には、新生児みたいだねって(笑)。今はゆっくり休養して、元気になって復帰してほしい」 番組の大喜利コーナーで、「腹黒キ [全文を読む]

円楽が狙う「笑点“腹黒”支配プラン」

日刊大衆 / 2017年01月15日16時00分

その理由とは? 5代目司会者・桂歌丸(80)の番組引退、春風亭昇太(57)の新司会者就任、林家三平(46)の大喜利メンバー入りなどで若返りが進み、さらには林家たい平の24時間マラソン挑戦、六代目三遊亭円楽(66)の不倫騒動と、番組外でも世間を大いに賑わせた、2016年の『笑点』(日本テレビ系)。「番組開始50周年の節目の年でしたが、いろんな意味で、激動の一 [全文を読む]

不倫騒動は笑って許されない!? 『笑点』出演の円楽に、ベッキー以上のクレームが殺到中!

日刊サイゾー / 2016年06月29日13時00分

落語家の三遊亭円楽が6月10日、「FRIDAY」(講談社)に40代の一般女性との不倫を報じられたことを受け、都内で緊急会見を開いた。 会見には珍しいスーツ姿で姿を見せた円楽は「この報道で不快の念を抱かれましたら深くお詫び申し上げます」と、落語関係者、出演している『笑点』(日本テレビ系)の関係者、各番組のスポンサー、ファンのみならず、取材に集まった報道陣にま [全文を読む]

フォーカス