応募 笑点に関するニュース

林家三平が「笑点」で第一子の名前を公募!

Smartザテレビジョン / 2016年11月06日18時00分

私の場合はダブル襲名ということで芸名を募集したんですが、産まれてくるお子さんの名前を一般の方に応募してもらうというのは珍しいし、大げさに言えば国民的行事のようになるんじゃないかと思って、成り行きを期待しています」と語った。 また、これから父となる三平へのアドバイスを聞かれ、木久扇は「父になるってことは結構大変なことでして、ずーっと面倒見なくちゃいけないんで [全文を読む]

ボケまくって賞品ゲット!?大喜利コンテストにボケが殺到中!

秒刊SUNDAY / 2013年11月22日09時54分

このお題にユーザーは自由にボケを投稿し、全応募“ボケ”作品から優秀な「ボケ」には賞品が贈呈される。その賞品がかなり豪華なのだ!まず、全応募“ボケ”作品の中から、最も多くの「★」を獲得した作品には、チャンピオン名記載のトロフィー(予定)、iPad Air(Wi-Fi/32GB)に加えて、なんと、受賞ボケ作品に漫画家先生の直筆サインを入れた記念品が贈られるの [全文を読む]

NGT48・荻野由佳、趣味はマニアックな笑点グッズ

RBB TODAY / 2017年09月29日06時45分

観覧に何度も応募しているそうだが「当たんないんですよ!」と心底悔しい様子。松本人志に「事務所の人に頼んだら?」とコネを使う提案をされる場面もあったが、「自分の力で会いに行きたいんです!」と、熱い「笑点愛」を語っていた。 [全文を読む]

落語界にも美貌のアイドル現る! 林家つる子が明かす「下ネタや隠語が日常すぎる舞台裏」

週プレNEWS / 2016年10月13日15時00分

―「ミスiD」に応募したきかっけは? つる子 二ツ目になることが決まった頃、落研(落語研究会)時代の友達から教えてもらったんです。「ミスiD」は知らなかったんですけど、過去の受賞者を見てもいろんなジャンルのコが出ていたので、やってみようかなと。まだ前座の頃だったんですけど…実は、最初は師匠に相談せずに応募したんです。 ―相談しなくて大丈夫!? つる子 ダ [全文を読む]

笑点の司会後任は誰を支持?公開収録現場で緊急アンケート|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年05月08日12時06分

今回初めて応募しました。講演会ではどんな話? 歌丸さんネタが多かったかな笑」(40代女 府中市) 「志の輔でしょう。」(75歳 横浜 観覧歴多数) 「いや、小三治だよ。」(75歳 川崎 同行者)「小朝!」(68歳男 多摩市 観覧歴15、6回)「内部昇格がいいけど今の円楽だと若すぎるな。あ、キクちゃん(木久扇)がワンポイントでつないでもいいね。」(60代男 [全文を読む]

「カッコいい女子になろう。」女性限定「麗らか女子講談教室」開講

DreamNews / 2017年05月22日10時00分

定員 :1クラス 10名限定(先着順・女性限定) 会場 :稲荷町うららか亭(台東区東上野3-33-11 伊澤ビル302) 受講料 :入会金 1万円 受講料 3万円 お申し込み :http://lalaca.jp (ウェブサイトよりお申し込みください) ※応募人数が達しない場合、開講時期が遅れる可能性があります。 ■会社概要 社名 : 合同会社ららか 代表 [全文を読む]

家計のやりくりに関する心情を表した川柳が多数! 第7回『家計やりくり川柳』優秀作品が決定

@Press / 2016年05月31日15時30分

今回は、“笑”というお題を設け、全国から1,829句の作品のご応募がありました。厳正な審査の結果、金賞1句、銀賞2句、銅賞10句の計13作品を優秀作品として決定しました。特設サイトURL: http://www.tokiwa-ss.co.jp/senryu/過去、『家計やりくり川柳』では、家計簿をテーマの中心に据え、家庭や家族の歴史、あるいは家計の羅針盤な [全文を読む]

今年ラストを飾るヒロイン・平祐奈が愛らしすぎるグラビアで語った恋愛「今付き合っても生涯一緒にいれる可能性はないんで…」

週プレNEWS / 2015年12月08日19時00分

平 お母さんとお祖母ちゃんが知らない間に応募してて。大勢の方がいる中でありがたく合格させていただきました。 ―お姉さんも女優の平愛梨(あいり)さんということで自分もやりたかった? 平 そうですね。でもいつかはくらいに漠然とでしたけど。まさかそんなに早くやるようになるとは考えてなかったです。 ―12歳だもんね。でもその分、しっかりしてるというか。普段からお [全文を読む]

フジテレビ カトパンに代わる人気女子アナが生まれない理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月09日17時30分

それでも、1万人ほどの応募がある女子アナ採用試験であれば、必ずや“現在の隙間”を埋める原石はどこか光っているはずだ。セミプロが人気女子アナになる時代は終わった。フジテレビが女子アナブームを再燃させたければ、まずは「ミスキャンパス出場者やタレント経験者から採用しない」という方針を打ち出してみてはどうだろうか。(文:シエ藤)【シエ藤氏出演情報!from STN [全文を読む]

フォーカス