舞台 土屋アンナに関するニュース

チケットノルマ、突然の降板! ブラックな「舞台業界」で一人勝ちなアノ肩書

サイゾーウーマン / 2013年09月16日13時00分

土屋アンナ、穂のか、天海祐希……今年、何かとトラブルが多い「舞台公演」。日本を代表する演出家・宮本亜門が相次ぐ舞台中止騒動に苦言を呈したことも話題になるなど、異常事態が続いている。「どの舞台が今後トラブルを起こすのか、舞台関係者は不安を吐露しています」(舞台製作関係者)という。 「穂のかは体調不良で、天海も心筋梗塞により、舞台を降板。土屋は、舞台の原案者と [全文を読む]

酒井法子“舞台ドタキャン騒動”で今井雅之があらためて謝罪も、広がる事務所の悪評で遠のく本格復帰

日刊サイゾー / 2014年01月24日13時00分

16日、俳優の今井雅之が主演・脚本・演出を担当する舞台『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』の制作発表に臨んだ。今井は昨年12月、同舞台に出演予定だった女優・酒井法子が突然降板したことを明かし、ドタキャン騒動に発展。翌日には「酒井法子さんは何も悪くない」などとして謝罪していた。 会見の席でも今井は、あらためて騒動を謝罪して経緯を説明し「僕がモ [全文を読む]

泥仕合の舞台は法廷へ! 土屋アンナ対製作代表、軍配はどちらに?

メンズサイゾー / 2013年08月06日18時30分

モデルで女優の土屋アンナの初主演舞台『誓い~奇跡のシンガー~』の公演中止が発表された問題で、脚本・演出を手掛ける甲斐智陽氏が土屋サイドを相手取り、損害賠償請求を起こすことを明かした。賠償額は、製作費にあたる約3000万円になるという。 同公演は、病を抱えながら『NHK紅白歌合戦』に出場することを夢見る“日本一ヘタな歌手”濱田朝美さんの自伝『日本一ヘタな歌手 [全文を読む]

土屋アンナ降板の舞台、客入らず公演中止 今度はガッツ石松も急遽降板…

Business Journal / 2015年09月29日22時00分

2013年に舞台を無断降板されたとして、女優の土屋アンナを相手取って損害賠償請求を起こしたプロデューサーで脚本家の甲斐智陽氏が今月、土屋の代役を立てるかたちで渦中の舞台『誓い ~奇跡のシンガー~』を東京で追加公演をした。訴訟に関して全国紙記者が解説する。 「13年8月に甲斐氏側が3000万円の損害賠償を請求する裁判を起こしたと思えば、土屋氏側も今年に入って [全文を読む]

土屋アンナ、W不倫報道! 「息子との4ショット」を撮影されて窮地に!?

サイゾーウーマン / 2014年07月25日13時00分

主演予定だった舞台をドタキャンしたことにより、制作サイドから3,000万円の賠償金を求める裁判を起こされている土屋アンナだが、今度は「W不倫」疑惑が報じられた。25日の「フライデー」(講談社)によると、土屋は知り合ったばかりの販売会社を経営する既婚男性にぞっこんとなり、すでに自分の母親にも紹介済みだという。周囲の関係者には「近いうちに不倫にケジメをつける」 [全文を読む]

「土屋アンナ騒動だけじゃない!」テレビ局もトラブルだらけ……“原作”と“原案”の違いって?

日刊サイゾー / 2013年08月26日13時00分

ついに製作者側が東京地裁に損害賠償請求訴訟を起こし、判断が司法に委ねられた土屋アンナの舞台降板騒動。そんな中、注目を集めているのが、“原作と原案の違い”という問題だ。 今回の騒動では、舞台の原作者である濱田朝美は“舞台化を許諾していない”と述べているが、舞台製作者側は“原案にすぎない”と主張。この問題は『ミヤネ屋』(読売テレビ系)や『ひるおび!』(TBS系 [全文を読む]

土屋アンナ稽古出ず?原作者無視の製作側が一方的中止?甲斐氏暴言疑惑も…騒動を整理

Business Journal / 2013年08月15日19時00分

7月末に急遽勃発した土屋アンナの舞台降板騒動。当初は、土屋側に非があるような受け取られ方がなされていたものの、徐々に風向きは変わり、誰が正しいのか定かではない状況となっている。車椅子の路上シンガー・濱田朝美氏の自叙伝『日本一ヘタな歌手』(光文社)を原案とした、土屋にとって初となるはずだった主演舞台『誓い~奇跡のシンガー~』。いったい、どうしてこのような事態 [全文を読む]

舞台中止騒動でファン増加? 土屋アンナのヤンキー哲学

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月09日12時10分

いまだ収束の兆しを見せない、土屋アンナの舞台中止騒動。当初は、土屋が舞台稽古に参加しないことを理由に制作者サイドがHPに舞台を中止せざるを得なくなったと発表し、それがニュースとして報じられたことで、ネット上には「無責任すぎる」と土屋バッシングが巻き起こった。……が、土屋が「事実無根」と否定し、さらには原案となっている本の著者が、舞台化を許可していないことを [全文を読む]

本当に訴える!? 土屋アンナの舞台中止騒動で演出・甲斐智陽氏が3,000万円訴訟を宣言も、勝算は……

日刊サイゾー / 2013年08月08日09時00分

土屋アンナ主演の舞台『誓い~奇跡のシンガー~』の中止騒動をめぐり、監督の甲斐智陽氏が一部マスコミの取材に、近日中にも東京地裁に3,000万円の賠償金を求める民事訴訟を行うことを宣言した。 当初は「土屋が稽古を無断で休んだせいで、舞台が中止になった」と意気軒高に叫んでいた甲斐氏だが、日を追うごとに醜聞が噴出。原案者の濱田朝美さんからは「舞台化に同意していな [全文を読む]

土屋アンナ、甲斐智陽との和解決裂報道に「まだやってたの!?」 “下妻ぶり”ロリータ姿にファンは発狂

おたぽる / 2016年10月21日09時00分

2013年に公演される予定だった舞台『誓い~奇跡のシンガー~』の公演中止の原因が、主演の土屋アンナの稽古の無断欠席にあったとして、演出家の甲斐智陽らが3,026万円の損害賠償請求訴訟を起こしていた裁判で、17日に非公開の和解協議が行われたのだが、双方の折り合いが合わず協議継続。これに対してネット上では「まだ争ってたの!?」と驚きの声が広まった。 土屋の初主 [全文を読む]

“泥沼裁判”決着間近の土屋アンナ、飲み会であのモデルと殴り合いの大ゲンカ!

アサ芸プラス / 2015年11月06日17時58分

2013年に“舞台ドタキャン事件”を起こし、世間を騒がせた土屋アンナ。舞台演出家の甲斐智陽監督との裁判も今月9日に直接対決することが決まっている。「甲斐氏がプロデュースした舞台『誓い~奇跡のシンガー』を土屋が降板。甲斐氏が土屋に損害賠償を請求したことからこの裁判は始まりました。そして土屋も甲斐氏を名誉棄損で訴え、事態は泥沼へと突入。9月9日には東京地裁で口 [全文を読む]

劇団四季「ライオンキング」でヒロイン・ナラ役を務め、現在はau、ソフトバンク、アコムCM、TBSドラマ「Wの悲劇」の振付など多方面で活躍中の池田美千瑠!第一線で活躍し続ける彼女の魅力を今夜ONAIR

DreamNews / 2015年08月18日17時30分

ゲストトークのコーナーには、劇団四季在籍中にはミュージカル「ライオンキング」でヒロイン・ナラ役を務め、 現在はダンサー、振付師、テレビ、CM、舞台出演だけではなく、 インストラクター・トレーナーとして一般の方への指導も手がけるなど幅広く活躍中の池田美千瑠がスタジオ初登場。有名人を起用したCMからテレビドラマのダンスシーンの振付指導まで、第一線で活躍し続けて [全文を読む]

浅草キッド・逸見太郎・吉田豪が“激笑”選考 2014年下半期「有名人スキャンダル大賞」!(2)

アサ芸プラス / 2014年12月30日09時55分

逸見 子連れW不倫が報じられた土屋アンナさんはどうですか? 吉田 土屋アンナといえば、甲斐智陽さんとの舞台ドタキャン騒動があるじゃないですか。そのコメントしてたらフェイスブックで甲斐さんから次々とメッセージが届くようになって。裁判の内部事情を全部、僕に話してくるんですよ。会ったこともないのに(笑)。 水 味方だと思ってる? 吉田 最初は怒ってたんですよ。 [全文を読む]

作家LiLy×所長対談(1)「渋谷ギャル世代の“自分vs.自分”な自意識の戦い、舞台は表参道」

Woman Insight / 2014年01月03日11時30分

『AneCan』の人気連載『ブラックムスク』が待望の書籍化! 作家・LiLyさんによる、表参道を舞台にすれ違う6人の女性の「自意識」を描いた話題作です。この連載は、現・小学館女性インサイト研究所所長であり当『Woman Insight』の編集長でもある嶋野智紀(当時『AneCan』編集長)との出会いがきっかけでスタート。そんなふたりが、連載開始のころを振り [全文を読む]

初主演のはずが…土屋アンナの舞台騒動、誰に共感する?

NewsCafe / 2013年08月19日12時00分

土屋アンナの初主演舞台「誓い~奇跡のシンガー~」が中止になった問題で、製作側の代表・甲斐智陽こと高橋茂氏は今月7日、3000万円の損害賠償訴訟を起こすことを決めた。騒動の原因は、作品原案となった「日本一ヘタな歌手」の著者・濱田朝美氏による舞台化許諾の有無。主催者側の「土屋が稽古を欠席したため公演中止になった」という主張に対し、土屋と濱田氏は「土屋の舞台稽古 [全文を読む]

土屋アンナの母 「あの制作会社は最初からおかしかった!」

NEWSポストセブン / 2013年08月01日07時00分

彼女はアンナの所属事務所の社長でもあり、この日、突如、巻き起こった娘の主演舞台中止騒動の対応に追われていたようだ。 7月29日、8月6日から上演予定だったアンナの初主演舞台『誓い~奇跡のシンガー~』が公演中止になったことを制作会社が発表した。それによれば、土屋は8回予定されていた稽古に2回しか参加せず、無断欠席が続いたため、7月17日に眞弓さんを交えての話 [全文を読む]

夫に無断で郵便物を捨てる土屋アンナに松本人志が放った痛撃の皮肉とは?

アサジョ / 2017年05月28日18時15分

この件では舞台稽古を土屋が無断欠席し、上演中止に追い込まれたとして舞台制作者側が訴訟を提起。最終的には土屋側の勝訴に終わっています」(前出・テレビ誌ライター) 身の覚えがない内容の裁判でも、裁判所から郵送される訴状を無視していると原告勝訴になってしまうことも。土屋も今後、郵便の中身をちゃんとチェックしたほうがいいのではないだろうか。(白根麻子) [全文を読む]

疲労困憊…男前・土屋アンナに記者会見で異変 W不倫疑惑、夫逮捕、舞台降板騒動泥沼化

Business Journal / 2015年01月15日23時00分

昨年8月に上演予定だった主演舞台『誓い~奇跡のシンガー』の降板問題が泥沼化しているモデルで女優の土屋アンナ。今月26日にも裁判が行われるが、その一方で2度目の結婚相手であるスタイリスト・菊池大和さんとの夫婦生活にも不穏な空気が流れているようだ。 成人の日の12日、生まれも育ちも東京・渋谷の土屋は、同区の成人式にゲスト出演。渦中であることもあり、久々となった [全文を読む]

本日より世界中のモンスターアスリート&アーティストが多数出演する ARを活用したモンスターエナジー秘蔵ブランドムービーが解禁

PR TIMES / 2014年06月02日13時55分

土屋アンナ、マキシマム・ザ・ホルモン、平野歩夢をはじめとした モンスターファミリー総勢約30名が日本の5大都市を駅ジャック! モンスターエナジーは、土屋アンナ、マキシマム・ザ・ホルモン、平野歩夢をはじめとした有名セレブや世界的に著名なアスリートなど総勢約30名ものモンスターファミリーが5月中旬の大阪を皮切りに、約1ヶ月に渡り、日本の5大都市ターミナル駅を舞 [全文を読む]

作家LiLy×所長対談(2)「女子高生のリアルを知ってる私の声は、誰にも届かなかった」

Woman Insight / 2014年01月08日16時30分

前回の対談はコチラ→ 作家LiLy×所長対談(1)「渋谷ギャル世代の“自分vs.自分”な自意識の戦い、舞台は表参道」 LiLyさん(以下、LiLy) 自意識をテーマに小説を書きたいって思ってから、実際に“書ける!”と思うまでには少し時間がかかりました。主人公の仕事内容などは取材をしますが、テーマの軸になるのは心理描写。自分の中にある感情を、主人公の立場に [全文を読む]

フォーカス