小泉進次郎 常井健一に関するニュース

小泉進次郎の流儀「最初の1分で心を掴む」

プレジデントオンライン / 2016年12月08日09時15分

将来の総理大臣候補と注目され、震災後は復興大臣政務官を、現在は、自民党農林部会長を務める小泉進次郎氏。人気の秘訣はなにか。密着取材を続けている常井健一氏に聞いた。 ■一瞬にして他人とコミュニケーションを成立させるには? あらゆる世論調査で「総理にしたい人」のトップクラスに躍り出る小泉進次郎(34歳)。彼は演説や討論会、集会などで瞬時にして聴衆の心を鷲づかみ [全文を読む]

進次郎議員の素顔 船にサインしたことも、握手は相手より先

NEWSポストセブン / 2014年02月04日16時00分

自民党若手のホープ小泉進次郎議員(32才)。そんな彼の素顔についてノンフィクションライターで『小泉進次郎の闘う言葉』(文春新書)著者の常井健一さんと2009年の衆院選で争った弁護士のよこくめ勝仁さんが語る。 【達人級の“人たらし”】 「演説前に子供たちが寄ってきて“終わったらキャッチボールしようよ!”と誘われ、本当に5分ぐらいキャッチボールしていました。女 [全文を読む]

安倍家との最終決戦 小泉進次郞氏は地方から旋風起こせるか

NEWSポストセブン / 2015年10月31日07時00分

安倍晋三・首相は10月7日の内閣・党人事で入閣を拒否した小泉進次郎氏を2年間務めた内閣府の復興政務官から外し、TPP(環太平洋経済連携協定)など難題だらけの自民党農林部会長に起用した。党内ではこれが「大臣を蹴った報復」「進次郎イジメの始まり」とみられている。進次郎氏は9月にも安保法制や原発再稼働で首相批判を展開していた。 安倍-小泉の対決は、父子2代にわた [全文を読む]

自分の政治生命への影響懸念し小泉進次郎評語る自民議員少ない

NEWSポストセブン / 2014年02月09日07時00分

自民党が都知事選で支持を表明した舛添要一候補(65才)に対して小泉進次郎議員(32才)が「応援する大義はない」と発言したのは、ご存じの通り。 それに対し、 <小泉親子はぶっ潰す!> <親子とも許さない自民 進次郎イジメ> などと各紙誌で、進次郎議員の苦境が報じられていた。 「舛添さんは自民党に後ろ脚で砂をかけて出て行った人です。あのとき、野党だった自民党で [全文を読む]

「都知事選」「原発」「沖縄基地」小泉進次郎議員はどう考えるか

NEWSポストセブン / 2014年02月04日07時00分

さらには都知事選では誰を応援するかで話題をさらい、年始からパパと供に話題の中心の小泉進次郎議員(32才)。その一挙手一投足を日本中が見つめているが、わが国が抱えるさまざまな問題についてどう考えているのか? まずは都知事選。『小泉進次郎の戦う言葉』(文春新書)の著者で、ノンフィクションライターの常井健一さんはこう語る。 「進次郎は原理原則主義者。筋が通らなけ [全文を読む]

青年局長・小泉進次郎は未来の総理か 2014年が勝負の年

NEWSポストセブン / 2013年12月28日07時00分

知名度も人気も抜群な小泉進次郎議員(32才)。国会答弁に立つ姿や演説をする姿は目に浮かぶが、実際にどんな政治活動を行っているかは、意外と知られていないのでは? そこで、進次郎議員の政治活動をまとめてみた。 まずは、応援演説。2013年参院選では、離島、被災地、過疎地に限定して全国を回った。『小泉進次郎の闘う言葉』(文春新書)の著者で、ノンフィクションライタ [全文を読む]

横粂勝仁氏 選挙で争った小泉進次郎氏を「常に成長する人」

NEWSポストセブン / 2013年12月27日07時00分

“追っかけオバサン”も増加中だといわれるほどに人気なのが、自民党の小泉進次郎議員(32才)だ。未来の総理とも呼ばれる進次郎議員の魅力の秘密はどこにあるのだろうか? 「彼の発言や行動は等身大。必要以上に自分を強く見せたりしません」と語るのは『小泉進次郎の闘う言葉』(文春新書)の著者で、ノンフィクションライターの常井健一さん。 「政治家って自分の得意分野しかア [全文を読む]

進次郎議員「遊説先に離島や過疎地を選択」の真意

WEB女性自身 / 2013年07月23日00時00分

だからこそ、私が直接足を運んで、景気回復の実感が届くように政治に当たっていくというメッセージを、直接みなさんに伝えたかったんです」 遊説先の長崎県島原市役所前でこう語ったのは、自民党青年局長・小泉進次郎議員(32)。自民党の圧勝に終わった参院選。その応援演説のため、進次郎議員は全国を回り17日間で1道29県・90カ所を駆け抜けた。進次郎議員の全国遊説に密着 [全文を読む]

人気議員 安倍晋三首相と小泉進次郎氏の演説手法の違いとは

NEWSポストセブン / 2013年07月04日16時00分

報道では、自民党圧勝という予想が大半だが、そんな自民党のなかで安倍晋三首相(58才)と並んで、人気の先頭に立つのが小泉進次郎衆議院銀(32才)だろう。その人気は選挙応援の要請数でも明らかだ。 「前回の衆院選では応援要請が殺到し、自分の選挙区はそっちのけで全国60か所を8日間で回りました。ところが今回の参院選では、青年局の議員応援に専念するという理由で、他の [全文を読む]

安倍首相と小泉進次郎氏のFBの使い方、異性関係の差とは

NEWSポストセブン / 2013年07月04日16時00分

たとえば、安倍首相が北朝鮮との拉致問題交渉にかかわった元外務審議官の田中均氏を「彼に外交を語る資格はありません」と批判したとき、すぐさまこの発言に食いついたのは、小泉進次郎衆議院議員(32才)だった。進次郎氏は、「個人名をあげて反論、批判はすべきでない。批判はあって当たり前で、受け止めながらやっていかないといけない」と苦言を呈したのだ。 そんな進次郎氏も [全文を読む]

フォーカス