父親 豊臣秀吉に関するニュース

野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市…“浅からぬ縁”の連鎖!『花戦さ』応援者が次々名乗りをあげる“不思議”な映画

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

二人の父親は、ともに松竹の主演俳優だった佐田啓二と三國連太郎(のちに移籍)。佐田は37歳と若くに亡くなっているので意外な気もするが、三國のほうが3つ年上。佐田と三國は松竹の専属俳優時代、『海の花火』『命美わし』(ともに1951年)『本日休診』(1952年)で共演している。主演級の俳優である中井、佐藤が共演するのは珍しいが、これまでもあった。しかしそれは父の [全文を読む]

次期NHK大河『真田丸』に豪華キャスト続々! 局内では「『花燃ゆ』早く終われ」の声も!?

日刊サイゾー / 2015年03月15日09時00分

堺さん演じる真田幸村の父親である真田昌幸役には草刈正雄さん、兄の真田信之役には大泉洋さん、豊臣秀吉には小日向文世さん、寧々役には鈴木京香さん、茶々役には竹内結子さん、豊臣秀吉の部下として、あの『半沢直樹』ではライバル役を演じた片岡愛之助さんも登場するので、盛り上がらないわけはありません。あとは“三谷組”常連の山本耕史さんをはじめ、豪華キャストが決まってるよ [全文を読む]

【おんな城主直虎】プロレスラー真壁刀義が大河ドラマに参戦

しらべぇ / 2017年03月26日10時00分

その際、次郎法師の父親である井伊直盛も命を落とす。家督を継いだのは井伊直親だったが、竹馬の友だったはずの小野政次の罠にはまり、刺客を送られて...というのが今週分までのあらすじである。■真壁は盗賊団のメンバー(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)つまり井伊氏は、合戦や政争のたびに貴重な男子を失っていったのだ。それを受けて女性である次郎法師が「井伊直 [全文を読む]

この大人気俳優たちは今年「年男」だった!福山雅治、星野源、斎藤工…

Business Journal / 2017年01月03日12時00分

昨年末に第一子が産まれ、気分一新した今年は父親・福山雅治としての新たな顔が見られるかもしれない。夫や父としてのキャラクターを楽曲や演技に出すのか、出さないのか……。今後の福山を占う意味で、ターニングポイントになりそうだ。●初大河に挑む菅田将暉、ファン層拡大の福士蒼汰 その福山雅治と昨年、『ラヴソング』で共演した菅田将暉は、1993年生まれで二回り年下の年 [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

真田信繁(幸村)を演じた堺雅人さんはもちろん、その父親・昌幸役の草刈正雄さん、豊臣秀吉役の小日向文世さんらの多くの“真田丸俳優”が話題になりましたが、そんな芸達者ぞろいのキャスト陣の中で、キラッと光った3人の若手キャストに注目しました。 “注目の若手イケメン”から成長 「秀頼」役で幅広い層に支持を広げた中川大志まず『真田丸』終盤のストーリーで強い印象を残し [全文を読む]

織田信長はやっぱり最強?「勝てる自信がある」と答えた人は

しらべぇ / 2016年09月04日05時30分

・合わせて読みたい→「魔王の帝王学」は格差を生む? 信長と家康、理想の父親は(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日 対象:全国20代~60代の男女1,368名(有効回答数) [全文を読む]

竹内結子だけではない! これまで“茶々役”を演じた女優たちが4人が“悪女”揃い!

tocana / 2016年08月02日09時00分

しかし、先月の放送では、嫉妬で人を殺すこともある秀吉に対し、彼の子どもを身ごもった際、「父親は源次郎(真田信繁)です」と笑顔で冗談を飛ばしていた。無邪気さの奥底にある怖さを感じさせるあたり、さすがである。 後に淀となる茶々は、波乱万丈の人生を送っている。父は浅井長政、母は織田信長の妹で絶世の美女とうたわれたお市の方。長政は信長に攻められて落城し、お市の方が [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(1)40までにやるだけやって死にたい!

アサ芸プラス / 2016年06月21日05時55分

田中家は、農村にはめずらしく農業が本業ではなく、父親の角次は、牛馬商を営んでいた。いわゆる馬喰であった。 田中角栄は、地元の二田尋常小学校を卒業し、34年(昭和9年)3月27日、柏崎駅から上野に向かった。 田中は、19歳で会社を起こす。37年(昭和12年)3月、神田錦町3丁目の角にある鉄筋コンクリート5階建てのアパートの1室を借り、そこを事務所とした。角栄 [全文を読む]

現役早大生美女・AnJuが市川海老蔵主演作に出演!

Smartザテレビジョン / 2016年05月29日06時01分

父親の公継(益岡徹)に代わって弟子に稽古をつけるほどの剣術の腕前で、秀吉の側室・茶々の護衛を任されるという役どころ。 奈々というキャラクターについてAnJuは「母親が早くに亡くなり、男手一つで育てられた武家の娘です。父の下で鍛えられているうちに、男勝りな性格になってしまった女の子。事前に上品な女性の所作を練習していったのですが、袴姿で刀を差し、胸を張って大 [全文を読む]

真田昌幸演じる草刈正雄 家では「真田さん」と呼ばれる

NEWSポストセブン / 2016年03月06日07時00分

30年の時を経て、息子から父親へと立場を移した姿は草刈自身の人生とも重なる。 「正雄さんは自宅でもずっと『真田丸』の台本に熱中していて、普段から家族にも昌幸のような口調でしゃべっている。最近は奥さんや娘さんたちから“パパ”ではなく、“真田さん”と呼ばれているそうです」(草刈家の知人) 今回の大河は、「家族の絆」を重視している。作中では真田家の長男・信幸(大 [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』草刈正雄演じる真田昌幸が二枚舌すぎて面白すぎるwww 「この昌幸いいなぁ」

AOLニュース / 2016年01月13日12時00分

もちろん、"大河ドラマ主人公の父親"という、威厳のあるポジションである以上、こんな「テキトーなおじさん」では終わらないだろうし、今後、その見せ場にも期待したい。初回の平均視聴率は19.9%と大台には一歩届かずといったところだが、歴史好きの三谷による脚本とあれば"戦国時代"小ネタにもおおいに期待ができる本作、目が離せない視聴者も多いのではないだろうか。 【関 [全文を読む]

演技がかぶってる!? 香川照之と竹中直人の類似性

ハピズム / 2013年10月02日09時00分

香川は東京大学文学部卒業で父親は歌舞伎役者の二代目市川猿翁。自身も九代目市川中車を襲名し、歌舞伎の舞台に立っている。一方、竹中は多摩美術大学美術学部を卒業し、現在は母校の客員教授を勤め、映画監督や歌手としても活躍。マルチな才能を発揮している。 つまり、香川も竹中もハイカルチャーな人間特有の味と深みを持ち、それが俳優業にも反映されているのだ。 だから2人にオ [全文を読む]

辛坊治郎の大予言「北朝鮮は中国の直轄領となる!」

FLASH / 2012年02月14日08時48分

「わずか2年前に父親に後継指名されただけの29歳の若者では、2代にわたり作り上げた、ある意味精緻な恐怖政治国家を維持するのは大変。幹部たちに食料などの『利権』が行き渡っている間は何も起きないでしょうが、少しでも不満が出れば、あっという間にドロドロの権力闘争が始まる。去年の秋の収穫物が途切れる今年の春から夏にかけて、大きなことが起きそうです」 そうなると、中 [全文を読む]

平清盛 暴君イメージ強いが気遣いでき優しい人と文献に記述

NEWSポストセブン / 2012年01月15日16時00分

「最初の妻との間に2男、後妻の時子との間に3男4女をもうけた清盛は子煩悩な父親だったようです」(本郷さん) 『平家物語』では傲慢な独裁者として描かれている清盛。相手が皇室であろうが貴族であろうが“悪行を起こした者”には容赦なく罰を与え、暴君というイメージがつきまとう。しかし、同じく歴史上の人物でいえば、豊臣秀吉のように部下思いで優しい“上司”という意外な [全文を読む]

フォーカス