晩年 豊臣秀吉に関するニュース

ムムッ…家康や孫さん、三木谷さんも!「アゴ」で見抜く晩年安泰男性の特徴

WooRis / 2015年04月21日22時00分

でも、できれば晩年まで安定的に過ごしたいと誰しもが願うことでしょう。それはさておき、生涯をともにするパートナーが果たして晩年安泰なのかどうか、気になりませんか?そこで今回は、中国ト筮星相学研究家・林秀靜さんの著書『運の良し悪しは「顔」で決まる! 中国相法 』などを参考に、アゴで晩年安泰の男性を見抜くコツをお届けします。■1:鼻の下から口、下アゴまでの部分は [全文を読む]

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

このように道真の生前の真面目で誠実な人柄と晩年の不遇が伝説を生み、天神さまと崇められるようになったのです。これが平安時代から現代まで1,000年以上、盛んな天神信仰へと展開した背景です。 学者の家に生まれ、幼少のころから多彩な才能の持ち主だった道真公。現在は特に学業成就や武芸上達に御利益があるといわれ受験生から慕われていますよね。また、道真公の命日2月25 [全文を読む]

豊臣秀吉、織田信長、明智光秀。あの有名武将たちの「茶の湯」にまつわる裏話

Woman Insight / 2014年02月04日19時00分

茶の湯者としての脚光を浴びたのは、実は織田信長・豊臣秀吉に見いだされた晩年。茶道具・茶室などにも才能を見せ、天下人のイベント茶会をプロデュースし、武将たちから尊敬を得ました。 【2】織田信長は茶の湯さえも権威の再構築に使用していた! 名前:織田信長 生まれた年:1534年 初めての茶会:1573年11月23日 好きな人:上杉謙信 苦手な人:足利義昭 言わず [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

作庭は造園業「植治(うえじ)」7代目の作庭家・小川治兵衛が約20年かけて築いた晩年の最高傑作です。東京遷都で荒廃しかけた京都に活気を取り戻すために建立された平安神宮にしだれ桜を植える作業は人生をかけたものでした。華やかな命を注ぎ込み見る者を圧倒しました。その鮮やかさは今も健在です。「植治」は現在も東山の地で11代目が当主としてその技を引き継いでいます。 平 [全文を読む]

豊臣秀吉 「かわいい息子と口吸いできずに残念」の手紙

NEWSポストセブン / 2017年05月04日07時00分

晩年にできた子供ということもあってより深い愛情が感じられ、現代にも通じるものがあります」(静岡大学名誉教授・小和田哲男氏) 拾の母である淀殿に対しても、嫉妬の気持ちを露わにしているのが微笑ましい。手紙を受け取った拾は、まだ字も読めない乳飲み子だった。 ■取材・文/小野雅彦 ※週刊ポスト2017年5月5・12日号 [全文を読む]

【京都】複雑な女心。家康に味方した秀吉の妻「ねね」縁の地へ

まぐまぐニュース! / 2016年12月28日04時30分

高台寺とねねが晩年過ごした高台寺の向かい側にある圓徳院についてなどはこちらのブログ記事をご覧ください。 高台寺 圓徳院 京都観光 清水寺~八坂神社コース いかがでしたか? 京都は日本人の知識と教養の宝庫です。これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。 image by: Flickr 『おもしろい京都案内』 毎年5,000万人以上 [全文を読む]

ねねが晩年を過ごした地、圓徳院で日本の祝祭を展観

Walkerplus / 2016年10月26日20時01分

豊臣秀吉の妻、ねねが晩年の19年間を過ごしたのが圓徳院。伏見城の化粧御殿とその前庭を移築し、ここから秀吉の菩提寺である高台寺へと通っていた。前庭は大名でもあり、茶人でもあった小堀遠州が手がけたもので、北庭と呼ばれ、桃山時代の風情をそのままに保っている。夏は緑、秋は紅葉が鮮やかで、白砂とのコントラストが見るものの目を和ませてくれる。 ■ <秋の特別公開>日本 [全文を読む]

真田丸『第30話』裏解説。秀吉の朝鮮出兵はなぜ失敗に終わったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月31日21時36分

#真田丸 — ヌメガッパ (@67MajorMinor) 2016年7月31日 片桐さんの格差は後の伏線? 大谷さんの首巻きは晩年の白頭巾とかどこまでやるのかな。 小日向さんの痩せは晩年の役作り秀吉が亡くなったのは61歳。あそこまで詳細に脚本描いてると演技のさじ加減が難しいだろうなあ#真田丸 pic.twitter.com/6ejWD8ZpXp — ぱる [全文を読む]

豊臣秀吉はアルツハイマーだった?晩年の奇行、謎だらけの茶会中止…

Business Journal / 2015年10月27日06時00分

(4)好きなグループをめぐり、利休と衝突した説 [全文を読む]

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」最終章~歴史から学べること

クオリティ埼玉 / 2014年11月10日10時24分

とはいえ、晩年の秀吉は現代の反面教師だ。 なぜなら茶々という女に狂った。 金を好んだ。 己をささえた側近までをも疑うようになった。そして嫉妬さえ持った。 何よりも権力欲に溺れた。 大河ドラマ「軍師官兵衛」は黒田官兵衛が主役であるため、ある程度のフィクションがはいっている。 だが黒田官兵衛が秀吉の軍師だったことは明確である。 秀吉は織田信長時代から長きにわ [全文を読む]

手首から中指までまっすぐな線がある人は強運! 運命線で見る成功のチャンス

サイゾーウーマン / 2012年07月24日09時00分

■感情線辺りから出ている……晩年運型 運命線が「感情線」辺りから出ている人は「晩年運型」。若い頃は下積みが多く、何をやっても芽が出なかったのに、50歳を過ぎた頃から一気に花開く人生を送りそうです。趣味人になるのもよし、生涯現役もよしで、老後が楽しみなタイプです。 運命線は1本とは限らないので、中指に向かうすべての線の年齢を検証してみると、開運時期の多さに驚 [全文を読む]

豊臣家滅亡の瞬間、北政所は何を思っていたか

NHKテキストビュー / 2017年02月01日08時00分

■政治から離れようとするもそれを許されない晩年北政所は大坂城を出たあと、出家して秀吉の菩提(ぼだい)を弔うことに専念します。もう半分は世を捨てているわけです。ですから関ヶ原の戦いも大坂の陣も、彼女は関わりたくない、というのが本音ではないでしょうか。しかし、北政所に恩義を感じている大名たちは、彼女のことを放っておかない。何かにつけ手紙や贈り物をし、ご機嫌を伺 [全文を読む]

安部龍太郎が書きたかった「徳川家康」という男

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

しかし、彼が晩年に決断した朝鮮出兵は大失敗に終わり、やがて秀吉が死ぬと、日本には再び乱世の兆しが現れる。そして、新しい政治体制の選択が最大の課題になっていく。「豊臣政権の政策をこのまま続けていこう」とする西国大名たちと「それではやっていけない。地方ごとに農業を盛んにし、領国を富ませていくべきだ」という家康を中心とした東国大名である。この2派の激突が、慶長 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】徳川大御所政治の拠点・静岡県静岡市

GOTRIP! / 2016年10月26日08時00分

その家康が晩年、大御所として政治を司る舞台に選んだのが駿府です。なぜでしょうか? 確かに今川人質時代、家康はこの地で勉学に励んでいたということもあります。 ですが、本当にそれだけの理由で「駿府を日本の中心にする」ということを選んだのでしょうか? ・太平の都 静岡市は、気候が温暖で特産品にも恵まれています。 駿河湾という良質の漁場もあり、食べるものに事欠き [全文を読む]

この秋、5時間で巡る!清水寺・高台寺周辺おすすめ観光コース

Walkerplus / 2016年10月24日21時51分

【↓次のスポットへは徒歩1分】 ■ <3(所要時間45分)>ねねの思いが詰まった“圓徳院”の美しい庭園に感動 ねねが晩年を過ごした寺で、秀吉と過ごした伏見城の化粧御殿とその前庭を移築して移り住んだのが起こりとされる圓徳院。四季折々で異なる表情を見せる池泉回遊式の枯山水庭園は感動的な美しさだ。 【↓次のスポットへは徒歩7分】 ■ <4(所要時間45分)>“ [全文を読む]

「真田丸」秀吉役の小日向文世「目の奥が笑わない芝居」を語る

NEWSポストセブン / 2016年07月09日16時00分

――秀吉の甥・秀次の死や晩年の秀吉の姿は、三谷さんが新解釈で描いているそうですが、台本を読んでどう感じましたか?小日向:秀吉の死因は諸説あるみたいなんですけど、秀次が死んだあたりから秀吉は精神的に不安定になっていて、4話かけてその兆候がひどくなっていく。天下を極めた男が、ある意味、無様に死を迎えていく姿が、徹底的に書かれています。 [全文を読む]

家康評価を変えたベストセラー誕生秘話

クオリティ埼玉 / 2016年06月02日13時13分

下層階級の出身ながら天下人にまでなった出世物語が大衆の共感を得たのだが、今では晩年の朝鮮出兵の愚や品性の欠落が強調されるようになった。徳川家康はもともと不人気だった。信長、秀吉亡き後、巧みに権力を奪取したのが狡猾と受け取られたためだが、皇室や公家を統制しようとしたのが、戦前の天皇中心の歴史観と相容れなかったことにもよるだろう。 そんな家康の評価を変えたのは [全文を読む]

徳川家康 驚きの長寿のカギは「漢方茶」と「だいだい」

WEB女性自身 / 2016年03月27日06時00分

「文献をいろいろと漁るうち、家康公が晩年まで健康を保てた秘密は、食にあったのではないかと考えました。みそや豆料理が好きだったり、漢方医並みの漢方の知識をもっていたり。そして、旬のものをバランスよく食べていたんです」 そう話すのは、郷土史研究家で主婦の成澤政江さん(68)。成澤さんは約10年間、研究を重ね、家康が食べたという「家康膳」を完成させた。2年ほど [全文を読む]

茶道の異端児、秀吉の素顔 冗談連発の愉快な茶会、ド派手な衣装や高価な茶器で客を幻惑

Business Journal / 2015年08月22日06時00分

秀吉の晩年には側近として活躍しており、『宗湛日記』からにじみ出る秀吉の姿は、実に面白い。 1587(天正15)年6月19日、博多で行われた茶会でのこと。宗湛が茶席に近づくと、秀吉は声高に「入れや」と障子を開け放ち、宗湛を招き入れたという。 茶道史研究家の矢部良明氏は、「亭主がこんな呼び声を発することは、普通の茶会ではあり得ない」と指摘する。ほかにも、秀吉は [全文を読む]

徳川家康、豊臣家による暗殺計画が存在した?

Business Journal / 2015年08月12日06時00分

静岡県静岡市にある駿府城は、徳川家康が将軍職を嫡子の徳川秀忠に譲り、大御所として晩年を過ごした城である。家康は、天正18(1590)年に豊臣秀吉の命で関東に移るまで、約8年間、駿府を居城として三河、駿河、遠江などの東海道諸国を領していた。 小田原の北条氏を滅ぼした秀吉は、家康を温暖で陸海交通の要衝である東海道から、北条氏のいなくなった関東に移した。そこには [全文を読む]

フォーカス