現在 豊臣秀吉に関するニュース

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

その後、現在地の北野に道真を祀る社殿が造営されることになったのです。全国に1万2,000社も天満宮があるということは、当時からどれだけの人々が道真の祟りを恐れていたかがお分かりでしょうか。このように道真の生前の真面目で誠実な人柄と晩年の不遇が伝説を生み、天神さまと崇められるようになったのです。これが平安時代から現代まで1,000年以上、盛んな天神信仰へと展 [全文を読む]

私の秋は忙しくなる。「そうだ京都、行こう」歴代ロケ地で紅葉狩り

まぐまぐニュース! / 2015年11月16日08時26分

(記事内、タイトル後の年号はCM放映およびポスター発表年) 光明院(2000年盛秋) 11月11日現在の紅葉:色づき始め 例年の見頃:11月中旬から12月上旬 光明院は、室町時代初期に創建された東福寺の境外塔頭(境内の外にある東福寺に属する子院)です。「虹の苔寺」という美しい別名を持つ落ち着きのある禅寺です。苔は美しく青々としていて、普段はとても静かでひっ [全文を読む]

真田一族の夢の跡。40枚の写真で綴る隠れた名城・上田城の物語

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日01時00分

現在も残るお城の中でもこれほどの大きな合戦を二度も経験し、なおかつ二度とも籠城側が勝利したというお城はあまりないのではないでしょうか。 この上田合戦の舞台となった上田城は、一見、石垣も少なく土塁中心だし、本丸の形状もほぼ方形でそれほど堅固には見えません。徳川の大軍を破ったとは到底思えないのです。もちろん、守備側の知略等も功奏したのでしょうが、その秘訣は何だ [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

「植治」は現在も東山の地で11代目が当主としてその技を引き継いでいます。 平安神宮の桜の美しさは谷崎潤一郎の「細雪」、川端康成の「古都」の中でも描写されています。細雪の主な舞台は芦屋と大阪で、京都が登場するのは春です。主人公たちは花見だけは毎年京都と決めていて春になると連れ立って行くのが恒例の行事になっています。あちこちの花の名所を回りいつも最後をしめくく [全文を読む]

なぜ真田信繁は敗れ、家康は徳川幕府300年の礎を築けたのか

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日02時20分

織田信長も、豊臣秀吉も、徳川家康も、尾張国や三河国、つまり現在の愛知県の出身です。でも、「さあ天下を取りましょう」という時に、自分が生まれ育った場所、もしくは長らく一族が拠点としていた場所を「ここを拠点に制覇していこう」とは考えずに、どんどん目的に応じて拠点を移しています。 例えば、織田信長は最初は清洲城にいましたが、尾張国から複数の国を支配するにあたり [全文を読む]

家康から信頼され、秀吉を激怒させた出色の武将はあの人物だった!

Business Journal / 2015年08月21日06時00分

7月28日付本連載記事『銀座と新橋はかつて海だった!東西を結ぶ大動脈は、東海道ではなく中山道だった?』で、江戸時代の甲斐国(現在の山梨県)が、幕府にとって重要拠点のひとつであり、江戸前期には主要陸路として中山道が選ばれていたことを紹介した。 中山道が東西を結ぶ重要なルートだったことは、特に江戸前期の北関東を見ると理解が早い。 徳川家康が関東に移封(国替え) [全文を読む]

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

サライ.jp / 2017年05月18日17時00分

現在でも訪れると、そのスケールの大きさに思わず「さすが太閤秀吉の城!」と言いたくなってしまうかもしれませんが、豊臣秀吉の大坂城のスケールはこんなものではありませんでした。 ■難攻不落の大坂城を落とした徳川軍の作戦 大坂城といえば、戦国の乱世最後にして最大の攻城戦「大坂の陣」の舞台となった城。攻め手の徳川家康が、まず1614年の「冬の陣」で20万の兵で豊臣軍 [全文を読む]

【ベタな大阪観光】インスタ映えするコテコテな大阪のスポットはここ!

TABIZINE / 2017年02月01日12時00分

法善寺には現在も、ぜんざい一人前を二つの椀でだす「夫婦善哉」、水掛不動尊が変わらずあります。都会の中で昭和の情緒ある世界に入りこむことができる場所。こうして変わらず昔の大阪が残り続けることが不思議に思われます。 法善寺入り口 法善寺で発見した猫 法善寺裏 (次のページに続く) 新世界 映画や小説にも登場する「通天閣」は、新世界にあります。新世界といえば、「 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■水曜10時の女性タイム現在、連ドラで視聴率が取りやすい枠というと、『相棒』でお馴染みのテレ朝水曜9時枠と、『ドクターX~外科医・大門未知子~』や『DOCTORS』のテレ朝木曜9時枠。それに日テレの水曜10時枠である。あっ、ここへきて『逃げるは恥だが役に立つ』のTBS火曜10時枠も注目されつつあるけど――まっ、もう少し様子を見ましょう。中でも、日テレ水曜1 [全文を読む]

観光客の少ない今が狙い目!梅の名所をめぐる京都「おとなの旅」

まぐまぐニュース! / 2016年02月14日00時00分

現在の社殿は1607に年秀吉の息子・秀頼が造営したもので、国宝の拝殿と本殿を石の間で結んだ八棟造(権現造)と呼ばれている。梅花祭では、「野点大茶湯」と称して境内で上七軒の芸舞妓による抹茶の接待があります。 詳しくは「京都の梅の名所『北野天満宮』にある七不思議」をご覧ください。 住所:京都府京都市上京区馬喰町電話番号:075-461-0005バス停:市バス [全文を読む]

徳川家康を二度撃退した幻の上田城 金箔瓦の豪華絢爛な城だった?

Business Journal / 2015年09月14日06時00分

実は、現在残っている上田城は真田氏の時代のものではない。真田氏の後に上田に入った仙石忠政が築き直した城である。真田氏の時代の上田城の規模や周辺の様子などについては、今もまったくわかっていない。 慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いで、昌幸と信繁(幸村)の親子が徳川家康に敵対したことから、2人は和歌山の九度山に流される。そして、徳川軍をさんざん苦しめた上田城 [全文を読む]

国宝がいちばんたくさんある都道府県はどこ?意外と知らない国宝雑学クイズ

Woman Insight / 2014年09月15日18時30分

数分でできる雑学クイズ、すきま時間にレッツチャレンジ♪ 【国宝雑学クイズ 問題編】 Q1.国宝をいちばんたくさん持っている都道府県はどこでしょう? A.奈良 B.京都 C.東京 Q2.国宝を決めるのは誰でしょう? A.総理大臣 B.文部科学大臣 C.文化庁長官 Q3.国宝のなかで、最も古い時代に生み出されたものはどれでしょう? A.土偶 B.高松塚古墳壁画 [全文を読む]

幸村、信長、秀吉!20武将以上をラインナップの家紋スマホケース

&GP / 2016年11月30日07時00分

■タイプ、デザイン、色が豊富にラインナップ 家紋ケース専門店「COME ON CASE」の扱うスマホケースは、現在の大河ドラマのテーマとなっている真田幸村のほか、織田信長や豊臣秀吉、武田信玄、石田三成など不動の人気を誇る20名以上の有名武将の家紋をモチーフとしたデザインを施したもの。 豊臣秀吉 家紋スマホケース 徳川家康 家紋スマホケース タイプも、衝撃 [全文を読む]

「敗者復活型」人間のプライドと知恵とは? 戦国武将たちの負けと復活から学ぶ、現代ビジネスパーソンの心得

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月23日06時30分

敗戦後には除封(領地・屋敷を没収)されても10万石(現在の換算で約100億円相当)を超える大名に返り咲くことができた長重。その要因となったのは、主君への忠義と自分の得意分野を生かすことだった。 ■立花宗茂 豊臣側を代表する不敗の猛将として活躍していた宗茂は関ヶ原以降、領地であった筑後柳川を没収される。一時は貧しい生活を余儀なくされるも人望の厚かった宗茂は家 [全文を読む]

山本五十六、東条英機、近藤勇 歴史上の偉人たちの懐事情

NEWSポストセブン / 2016年03月18日16時00分

【※注/江戸初期の1両は現在の10万円、幕末の1両は現在の1万円として計算】 21位・東条英機(4800万円)や23位・山本五十六(3300万円)のように、第二次大戦期に要職に就いていた人物の給料は武将と比べると際立つものではない。 だが1943年、東条が総理大臣だった時の年収が9600円(現在の価値で約4800万円)なのに対し、公務員の1年目の年収は6 [全文を読む]

惟政と徳川家康の会談が舞台に!演劇「二人の英雄」2月19日に韓国で開演

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年01月26日15時52分

そのため、二人を通じて事実的且つ通時的に点検される過去と現在の「痛恨の歴史劇」とも言える。【あらすじ】惟政は釜山・多大浦から出発。玄界灘をわたって京都の伏見城に到着する。乱初に殉国した東莱府使の宋象賢の愛妾を捜すため夜の街に出たが、殺害の脅威を受け伏見城に戻り、警護問題に抗議する。日本側が決めた臨済宗の本法寺で7ヶ月間も居所しながら、興聖寺の住職だった円耳 [全文を読む]

トーハン MVPブランド 初の書店向けオリジナルトミカ「タカラトミー トミカ武将コレクション」発売~第一弾の真田幸村をはじめ全6種のトミカを順次販売~

DreamNews / 2015年12月25日16時00分

現在までに累計880種以上の車種が発売され、累計販売台数は6億台を超え、3世代にわたり愛されています。(2015年6月現在)※ MVPブランド商品MVPは、More(より多くの) Value(価値を) Produce(創造する)の意味で、読者の要求に適う商品を適正な場所、時期、数量、価格について、出版社やメーカーと生産計画段階から打ち合せ、セールスプロモー [全文を読む]

信玄から孫正義まで、デキるトップは「孫子」を参考にする

まぐまぐニュース! / 2015年09月07日00時00分

さらに続けると、孫子のなかには現在経営の最も基礎になる論理が述べられています。「兵とは国の大事なり、これをはかるに五事を以てし」「一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法なり」とあります。 “道”とはあるべき成功の基本要因、「顧客の欲求」です。“天”とは「強み」が活きかつ活かされる機会です。時代に受け入れられるには、まずこの道理に合って [全文を読む]

【京都】通り名の由来から感じる、古都・京都の風情

TABIZINE / 2015年09月04日13時00分

かの有名な本能寺も、このときに現在の場所に移転したとか。寺町通りの一つ東にある新京極通りは、「新しい東京極通り」という意味。このふたつの通りは、京都を代表する繁華街として発展してきました。 柳馬場(やなぎのばんば)通り 1589年、この付近に当時日本最大の遊郭が設けられ、その周りにきれいな柳並木がつくられたといいます。ときは流れて1604年、同じ場所で大規 [全文を読む]

【ドライブで行く】佐賀の人気観光スポット~古代ロマンと自然巡りに出かけましょうよ!~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年05月12日18時00分

今回は、歴史とロマン、そして自然が堪能できる佐賀県を紹介しよう! 吉野ヶ里歴史公園(佐賀県吉野ヶ里町) 国内最大級の弥生時代遺跡の「吉野ヶ里遺跡」は、1986年からの発掘調査によって発見され、現在は「国営吉野ヶ里歴史公園」として、古代の雰囲気を感じられる観光スポットになっている。 遺跡の概要を学ぶ「入口ゾーン」、物見櫓や竪穴住居などの復元された建物が並ぶ [全文を読む]

フォーカス