豊臣秀吉 天下統一に関するニュース

ネチネチしつこい豊臣秀吉は中小企業のワンマン社長的だった

NEWSポストセブン / 2017年03月14日16時00分

豊臣秀吉は戦国時代から安土桃山時代の大名。農家出身で、織田信長に仕え、「懐で草履を暖めた」エピソードが有名だ。信長亡き後に関白となり天下統一を果たしたが、東京大学史料編纂所助教の村井祐樹氏は「素顔」についてこう指摘する。 * * * 農民から天下人へと登り詰めた戦国時代一の出世者・豊臣秀吉。信長の草履を懐で暖めたという逸話にはじまり、竹中半兵衛ら有能な武将 [全文を読む]

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」親武将「島津 歳久(SR)」「魔王 豊臣秀吉(UR)」登場!

PR TIMES / 2017年02月03日18時04分

*******あたしだってすごいんだからー*******[画像2: https://prtimes.jp/i/18760/208/resize/d18760-208-194188-2.jpg ]▼魔王 豊臣秀吉(UR)戦国一の出世頭と評された天下人。天下統一を間近にして、重い病にかかってしまい次第に床に伏せてしまう。そんな時、新たな力に目覚め、病とともに人 [全文を読む]

【三菱電機】製造業向けビジネスレポート最新号:河合敦氏「歴史を学び、歴史から学ぶ」

PR TIMES / 2014年01月23日09時23分

日本のモノづくりの技術を開花させた偉大なる先人たち、 さらには豊臣秀吉、坂本龍馬、吉田松陰といった偉業を成し得た人物の生き方・考え方は、私たちの生活やビジネスにおいて参考になる点が非常に多いといわれます。かつては高校で教鞭を振るい、現在は執筆、講演、さらには各種メディアへの出演を通じて日本史をわかりやすく解説されている河合さんに、歴史から学ぶ“明日へのヒン [全文を読む]

NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

HANJO HANJO / 2016年12月16日08時01分

群雄割拠の戦国時代、豊臣秀吉の天下統一、秀吉の死後に起きた関ヶ原の戦いや大阪夏の陣といった天下分け目の大いくさと、その渦中で翻弄される真田家。描かれる物語は今まで大河ドラマを筆頭とする時代劇で何度も描かれてきたものだ。しかし見慣れたはずの物語が三谷の手にかかると、とても魅力的だ。 物語は史実通りに進むため、幸村はもちろんのこと豊臣秀吉(小日向文世)や徳川家 [全文を読む]

天下統一目前の大魔王、秀吉ゆかりの地・長浜で「のっぺいうどん」を喰らう

まぐまぐニュース! / 2016年07月02日07時59分

天橋立のある京都府宮津市の宿で一泊した後に向かったのは、あの豊臣秀吉ゆかりの地である滋賀県長浜市。なんでも大魔王様、そこで“シイタケに襲われた”とのことですが……。 滋賀・長浜の名物うどん「のっぺいうどん」とは? ママチャリで日本一周をしていると、常人では理解し難いことが度々起こる。 例えば、朝起きたらいきなり男性に性的な意味で襲われそうになっていたり、我 [全文を読む]

<Wコラム>日本と違う韓国のビックリ~歴史から学ぶ教訓

Wow!Korea / 2016年04月25日10時23分

天下統一を果たそうとしていた豊臣秀吉は、大陸に侵攻する意思を明確に持っていた。日本での不穏な動きを察知した朝鮮王朝は、秀吉の天下統一を祝賀するという名目で、偵察を目的とした使節を派遣した。使節は日本に渡ったが、そのとき秀吉は小田原攻めの最中だった。使節一行は京都でしばらく待たされることになった。待っている間に使節は、日本の国情をもっと冷静に調べ上げるべきだ [全文を読む]

市川海老蔵の“五右衛門”姿を公開!秀吉役は國村隼に

Smartザテレビジョン / 2016年03月17日06時00分

また、五右衛門が活躍した時代のリーダー・豊臣秀吉役として國村隼が出演することが分かった。 本ドラマは、海老蔵が歌舞伎で演じた演目「石川五右衛門」を、連続ドラマならではの切り口で描いたもの。時の権力者・秀吉と五右衛門の対決を軸に、痛快で壮大な人間ドラマが動き始だす。 テレビ東京は「追う秀吉に、逃げる五右衛門。熾烈な攻防を繰り広げる2人の間には驚きの事実が…」 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】櫻井翔 織田信成の言葉に唸る「なかなか言える人少ない」

TechinsightJapan / 2016年03月02日20時58分

日本の歴史で災害が大きな影響を及ぼした史実をテーマにした時だ、池上彰さんが「災害にほんろうされた歴史上の人物は“豊臣秀吉”」と語り「織田さんにとっても、ちょっと縁のある人…」と織田信成に問いかける。 織田信成が感慨深げに「そうですね…縁深い方ですね」と答えると、キャスターの櫻井翔が「なかなか言える人少ない…織田さんだけだよ」と歴史のつながりに唸った。 豊臣 [全文を読む]

大坂城豊臣石垣公開プロジェクト 太閤なにわの夢募金 国内最大のクラウドファンディングサイト「ジャストギビング」にて募集開始

PR TIMES / 2014年07月03日14時20分

大阪城の地下に眠る「豊臣期大坂城の石垣」公開に向け 大阪市がクラウドファンディングに挑戦 国内最大の寄付型クラウドファンディングプラットフォーム「ジャストギビング」を運営する一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパン(本社:東京都千代田区 代表理事:佐藤大吾)は、2014年7月3日より豊臣秀吉が築いた初代大坂城の石垣を掘り起こし公開するための寄附募集を開始致 [全文を読む]

ココが正念場? 天王山? 「勝負所を表す言葉」をうまく使い分けたい

しらべぇ / 2017年05月14日21時00分

天王山は、豊臣秀吉がそこを先に占領することに成功し、織田信長の仇である明智光秀を討った土地の名前から。天下統一を決めた分岐点になっている為、勝負を決める大事な局面を表す言葉。関ヶ原は、豊臣秀吉の死後、日本全国の大名が徳川派、豊臣派に分かれて戦った決戦の地であり、天下を二分する大きな争いを表す言葉。瀬戸際は、元々は両側の陸地が接近し、海が狭くなっているところ [全文を読む]

豊臣秀吉 「かわいい息子と口吸いできずに残念」の手紙

NEWSポストセブン / 2017年05月04日07時00分

豊臣秀吉といえば天下統一を成し遂げた日本史上の大英雄。「戦国一の知恵者」とも呼ばれる秀吉だが、子どもにはメロメロだったようだ。第二子・拾(ひろい)に宛てた手紙では、その様子がうかがえる。 【現代語訳】 〈(追伸)おかか(淀殿)には手紙でも申しますが伝えてください。乳をよくよく飲ませなさいとお申しください。 (本文)先日は普請場まで見送ってくれて満足です。し [全文を読む]

本能寺の変、「本当の裏切り者」は誰なのか 教科書が教えない「明智光秀」以外の真犯人

東洋経済オンライン / 2017年05月01日11時00分

天下統一の手応えをつかみ、意気揚々と安土に帰還した信長でしたが、まもなく部下の羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に任せていた中国攻めで毛利氏の大規模な反攻が始まり、応援を要請されます。信長はすぐさま同じ部下の明智光秀に出陣を命じ、自身もその準備にとりかかる中、京都へ向かいました。このとき、信長が連れていたのはわずかな手勢のみで、配下の諸将は皆、各地で奮戦中でした。 [全文を読む]

【京都】複雑な女心。家康に味方した秀吉の妻「ねね」縁の地へ

まぐまぐニュース! / 2016年12月28日04時30分

当時としては珍しかった恋愛結婚で結ばれたと言われる豊臣秀吉と妻のねね。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、ねねのゆかりの地である「高台寺」や「高台寺天満宮」などの観光スポットが、女性として心が充分に満たされていたとは言い難い彼女の半生と重ねながら紹介されています。当時は大阪城まで見渡すことができたと言われる高台寺。ねねはひとり大阪城を眺めながら、 [全文を読む]

「真田丸」“小日向秀吉”怖さの秘密とは!?

Smartザテレビジョン / 2016年07月27日05時00分

天下統一を果たし、栄華を極める豊臣秀吉(小日向文世)だが、世継ぎの早世や関白・秀次(新納慎也)の自死などが暗い影を落とす。そんな中、老いた秀吉に次第に“死”が近づいてくる。かつてないキャラクターと話題の秀吉役・小日向文世を直撃。クランクアップを間近に控えた心境や、秀吉の周囲の人々への思いを語ってもらった。――クランクアップを前に、現在の率直な感想をお聞かせ [全文を読む]

“桂文枝不倫報道”が響き重厚さダウン!? 秀吉の狂気、女性陣にも見どころ多かった『真田丸』第25話「別離」レビュー!

おたぽる / 2016年06月29日17時00分

次々に立っていく豊臣家死亡フラグ、それに伴いますます豊臣秀吉(小日向文世)が怖くなっていく一方、真田家サイド(堺雅人演じる主人公・信繁のぞく)がいい感じにコメディ部分を担当。いい感じに緩急がついているし、“千利休・切腹”をどう描くのか? 歴史・歴史小説好きがひそかに注目していたエピソードが展開されるなど、今回も見どころ豊富であった『真田丸』(NHK総合)第 [全文を読む]

徳川方に捕縛された石田三成 再起誓いニラ雑炊を要求

NEWSポストセブン / 2016年05月02日16時00分

ここでは石田三成、豊臣秀吉、織田信長の食事を再現写真とともに紹介しよう。 【石田三成】敗軍の将の最後の食事「ニラ雑炊」 ニラには整腸効果があり、古くから消化不良や冷え性の改善食とされてきた。関ヶ原からの敗走中、徳川方に捕縛された三成は食事にニラ雑炊を要求。再起を誓い、最期まで食事に気を配ったが刑場の露と消えた。 【豊臣秀吉】農民から天下人へ押し上げた「秀吉 [全文を読む]

織田信長、天下統治の秘密は茶道具の価値変革…ナイキやゴディバ等の経営戦略の先駆け

Business Journal / 2016年03月13日06時00分

●信長のレピュテーション・マネジメント 織田信長(1534-82)といえば、よく知られた戦国武将のひとりであり、豊臣秀吉・徳川家康と並び「三英傑」として称されています。室町幕府を事実上打倒し、秀吉と家康に続く天下統一への道を開き、道半ばにして明智光秀による本能寺の変で自死を遂げたその流転に満ちた人生行路もよく知られています。 一般に流布された信長のイメージ [全文を読む]

人気著者の作品が電子書籍で一気に読める!「歴史群像デジタルアーカイブス」シリーズから『小和田哲男選集』配信開始

PR TIMES / 2015年12月19日10時33分

『小和田哲男選集 1』は織田信長、『小和田哲男選集 2』は豊臣秀吉と黒田官兵衛をテーマにしております。■配信書籍詳細○『小和田哲男選集1 織田信長 天下布武の野望 本能寺の変』(歴史群像デジタルアーカイブス)[画像1: http://prtimes.jp/i/7512/264/resize/d7512-264-476158-1.jpg ]著者:小和田哲男価 [全文を読む]

初詣で行くべき!「仕事運」「金運」「勝負運」がひらける神社7選

Woman Insight / 2015年12月14日11時30分

豊臣秀吉や徳川家康が建立した、参拝した、といったエピソードを聞けば、「その強運にあやかりたい」と思わずにはいられません。 『Precious』1月号では、そんな「金運」「仕事運」「勝負運」がひらける7つの神社をご紹介。来年の初詣は、どこへお参りに行きますか? 【1】申年に詣でるならまずココ! 日枝神社<東京> 江戸時代には江戸城の鎮守として、歴代将軍や諸 [全文を読む]

“東山・信長”のライバル役に石丸幹二&寺尾聰出演!

Smartザテレビジョン / 2015年11月19日21時01分

信長に憧れと強い嫉妬を抱き、豊臣秀吉や明智光秀の思いを利用し「本能寺の変」の黒幕として暗躍する。 寺尾は「前久という役は信長のライバルというより、むしろ一番寄り添っていた人で、信長の魅力を理解していた人物。歴史上では近衛前久の方が織田信長より2歳若いのですが、演じる上で年齢というものは関係ないと考えています」と意気込む。 東山との共演について「これから東山 [全文を読む]

フォーカス