子孫 豊臣秀吉に関するニュース

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

刀剣本は数多あれど、子孫が語るシリーズは本誌のみです。さらに武田家の秘宝「清光」を独占取材し初公開。刀コレクターとして知られた高倉健さんの(秘)エピソードも必見の価値ありです。 [画像: https://prtimes.jp/i/4702/177/resize/d4702-177-149533-0.jpg ] 「武将の末裔」シリーズの第一弾は「子孫52人の [全文を読む]

世界の泥棒に詳しくなれる!? 過剰なうんちくがドタバタ感を演出するライトノベル『オー・ドロボー!』

おたぽる / 2014年10月03日22時30分

本作のあらすじを記すと、主人公の十四代目・石川五右衛門のところにアルセーヌ・ルパンの子孫(同姓同名の美少女)がやってきて、地中海の島で世に聞こえる大泥棒の子孫たちとお宝争奪戦を繰り広げる......というものである。 うん、これを記しただけで、多くの読者は「ああ、なるほど」とすんなりと世界観を理解するのではなかろうか。大泥棒の子孫といえば、モンキー・パン [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

勝頼の異母兄で、盲目のため出家していた海野信親(竜芳) の子孫が、徳川綱吉の時代になって高家旗本に取り立てられた。また、信玄の五男、仁科盛信の子孫も徳川家に仕えて旗本となっている。(4)豊臣(木下)家→足守藩・日出藩大坂の陣で徳川軍に包囲され、淀君と豊臣秀頼が自刃した豊臣家。秀頼の庶子・国松もわずか8歳で斬首され、秀吉系の豊臣氏は断絶した。しかし、秀吉の正 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】小田原城から見る日本戦争史の「転換点」

GOTRIP! / 2017年03月03日05時30分

新九郎の子孫たちは、その後僅かな期間で日本一の穀倉地帯をほぼ制圧してしまったのです。 関東には鎌倉公方や関東管領といった室町幕府制定の役職が存在しましたが、15世紀末にはそれが形骸化していました。後北条氏の台頭は、室町幕府の弱体化を象徴する事態でもあります。そもそも室町幕府とは中央政権が異常に弱かった体制なのですが、後北条氏の躍進はそれに拍車をかけてしまい [全文を読む]

自分を忍者の子孫と主張する「朝鮮忍者」復活!平成の侍に倒してほしいとの声

しらべぇ / 2016年02月27日07時30分

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間ゆうすけ) [全文を読む]

いつの時代も夫婦の関係は千差万別―― 戦国武将とその妻の恋物語

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月25日06時30分

乱世の中、少しでも多く子孫を残さなければならない状況であっても、妻一筋で側室を置かなかった毛利元就、山内一豊などの戦国大名もちらほら見受けられる。また江戸幕府二代将軍・徳川秀忠や豊臣秀吉の家臣、福島正則は恐妻家として有名だ。 女性はなにも、一方的に虐げられ、弱々しく男性に従っていたわけではない。戦国時代には、生き生きした女性も多い。 さて、話がそれてしまっ [全文を読む]

関ヶ原合戦で敗れた石田三成、処刑され血脈断絶はウソだった!大名と子孫、各地で延命

Business Journal / 2015年07月14日06時00分

ただ、僧侶の身なので妻帯は許されず、子孫を残せぬまま貞享3(1686)年に没した。 しかし、それで三成の血脈が途絶えたわけではなかった。意外にも都から遠く離れた東北は津軽の地に、その血筋が続いているのである。しかもなんと、藩主津軽氏の嫡流になっているのだ。津軽藩は関ヶ原合戦後、三成の遺児を密かに領内にかくまっている。藩祖津軽為信が、三成に多大な恩義があった [全文を読む]

信長、家康、光秀の「歴史」は、すべて秀吉の捏造だった!嘘だらけの「本能寺の変」

Business Journal / 2015年05月14日06時00分

明智光秀の子孫が書いた『本能寺の変431年目の真実』(文芸社文庫)が、発売から1年4カ月が経過してもなお売れ続け、27万部を突破する驚異的な売れ行きを見せている。 著者は明智憲三郎氏。もともとは三菱電機のシステムエンジニアで、いわゆるプロの学者ではないが、先祖の名誉回復を願う子孫が感情論で書いた本ではなく、国内のみならず海外も含めた膨大な数の文献に当たり、 [全文を読む]

韓流時代劇に登場する日本人の姿がヘン…時代考証をスルーする韓国人

デイリーニュースオンライン / 2015年02月15日11時50分

ちなみにユ・ソンニョンの14代目の子孫は俳優・リュ・シウォンだが、残念ながら彼はキャスティングされていない。 韓国人は日本文化を実は分かっていない!? ここで一つ、気になることがある。韓国時代劇に日本人が登場する場合の時代考証が、日本人が見た場合、かなり違和感のあることが多いのである。 少し古いアメリカ映画などに描かれる日本人だと、出っ歯で一重まぶたの人 [全文を読む]

戦国BASARAで「千利休」が「二重人格の茶人サイキッカー」に——名誉毀損では?

弁護士ドットコムニュース / 2015年01月31日13時03分

ネットでは「子孫の人たちはこれを見たらどう思うかな」と批判的なコメントが少なくない。千利休といえば、戦国時代に茶道を大成した偉人で、いまに続く千家流茶道の開祖である。いくらゲームとはいえ、実在した「歴史上の人物」の性格をこのように描くのは、名誉毀損にあたらないのだろうか。加藤泰弁護士に聞いた。●死者の「社会的評価」が害される?「死者に対する名誉毀損罪は、刑 [全文を読む]

信長はなぜ?「本能寺の変」の真実を明智光秀の子孫が解き明かした

リテラ / 2014年12月22日13時06分

それは、作者が「本能寺の変」を起こした張本人、明智光秀の子孫であるからだ。 光秀の末裔であり本書の著者である明智憲三郎氏は、歴史学者でもなければ、学術畑でもない。なんと本職はシステムエンジニアで、大手電気メーカーに入社後、一貫して情報システム分野で活躍してきたのだ。その理系の発想をもって、これまでの「定説」をことごとく否定する論理的手法も話題に拍車をかけて [全文を読む]

NHK大河「おんな城主」が男だけじゃないギョーテン新説!(2)家康vs三成の暗殺勝負!

アサ芸プラス / 2017年01月22日17時54分

『問鉄砲』を命じた家康の判断が勝利をもたらしたとすることで、家康や、その子孫の徳川将軍家の権威を高めようとした江戸時代の作り話の可能性が高いと思います」(安田氏) 同様に徳川の威光を知らしめるために創作されたと言われるのが、石田三成にまつわる話である。 豊臣秀吉の死後、豊臣家内で軍務を担う武断派と、政務担当の文治派が対立。加藤清正、福島正則らの武断派の7人 [全文を読む]

【真田丸】大坂の陣を生き延びた?3人の豊臣関係者とは

しらべぇ / 2016年12月11日11時30分

元国連事務次長の明石康氏は、この全登の子孫ではないかと言われている。江戸幕府の落武者狩りから逃れるうちに今の秋田県あたりに定着した説だ。これを裏付ける史料はないが、逆に「明石全登は間違いなく大坂夏の陣で死んだ」決定的証拠もない。いくつかの史料には「全登の討死」が書かれているが、一方で彼の生存を伝える史料も多いのだ。このあたり、先の大野治房と似ている。治房も [全文を読む]

【真田丸】板部岡江雪斎って何て読む?戦国武将の珍名6選

しらべぇ / 2016年06月05日16時15分

子孫は、加賀前田家の家老(加賀八家)として栄えた。(4)改名した後の名は超有名戸次鑑連(べっき・あきつら 1513〜1585年)立花氏の名跡を継いで出家した「立花道雪」という名なら、戦国ファンで知らぬ者はない大友家の宿老。半身不随で、その理由は「雷を斬ったため」という勇猛な逸話も伝わる。(5)暴走族の落書き?怒留湯融泉(ぬるゆ・ゆうせん 生没年不詳)戸次鑑 [全文を読む]

林修先生が解説。知られざる「本能寺の変」の“真実”とは!?

@Press / 2015年06月03日14時30分

誰もが知るこの事件の真相について、林氏は「当時は裏切ったり、裏切られたりは日常茶飯事だった」と解説しながらも、明智光秀の子孫にあたる明智憲三郎氏が主張する「本能寺の変後、光秀を討った豊臣秀吉が自身の行為を正当化するために作り上げた」との新説を紹介。「歴史というのは基本的に権力を握った者が自分の都合のいいように書き換えるものです」と締めくくっていた。 また、 [全文を読む]

こんな作品読んだことない! 石田三成が主人公! 予測不能すぎる歴史マンガ『セキガハラ』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月23日11時30分

そればかりか、しばしば大豪院邪鬼のように巨大化してときに城を破壊、走ってくるときのかけ声が「健康!」「筋肉!」で、作者の長谷川哲也さんが子孫の人に怒られないかひやひやします。実際にお手に取っていただきこの熱量を確認していただくしかない!と思います。 歴史上の人物をモチーフにしたフィクションは今まで色々と読んだり見たりしてきましたが、『魔界転生』どころか『ジ [全文を読む]

日本人の花見 そのルーツは奈良・吉野山のヤマザクラにある

NEWSポストセブン / 2013年03月23日16時00分

秀吉が鑑賞した桜の子孫です。しだれ桜がクローンとなって現代に甦っているのです。秀吉もこの季節に、この場所で、この風景を楽しんだのだ--と想像すると、タイムマシーンで桃山時代に戻ったかのような不思議な気持ちに包まれますね。 ぜひ、歴史の記憶を凝縮したかのように激しく咲きほこる醍醐寺のしだれ桜、是非ご堪能いただきたいもの。 この季節、ソメイヨシノが散ったら「花 [全文を読む]

フォーカス