子孫 伊達政宗に関するニュース

スペインに住むサムライの末裔が伊達政宗に出会う 10月13日 スペイン ハポン村にてサムライ文化交流を実施

@Press / 2016年09月30日12時00分

ハポン村の人々はサムライの子孫であることを信じ、誇りにしています。 そして2016年10月13日、ヘキサゴンは、スペインの支倉協会会長、コリア・デル・リオ市長より、ハポン村へ招聘を受けたサムライソードアーティスト『剱伎衆かむゐ』(主宰:島口哲朗)とともに、『戦国フォトスタジオSAMURAI』の伊達政宗公モデルの甲冑を持参しハポン村を訪問、サムライの末裔と文 [全文を読む]

信濃が舞台の『真田丸』 幸村の子孫が宮城県にいる理由とは

しらべぇ / 2016年02月24日11時00分

■幸村の子が仙台藩へ逃れられた理由©宮城県観光課幸村の死後、彼の子孫がどうなったかご存知だろうか?「家康を追い込んだ幸村の子が生き残るなど、もってのほか」という状況のはずだが、その子孫が「仙台藩」でかくまわれていた。それはなぜなのか。じつは窮地に陥った幸村が、伊達政宗の家臣 「片倉重綱(しげつな)」に子供たちを託していたのだ。重綱は、大坂の陣で敵方だった仙 [全文を読む]

サンド伊達は正宗の末裔!? 実は戦国武将の子孫だった有名人

日刊大衆 / 2017年01月10日11時00分

先祖に戦国武将がいる芸能人ならではの逸話ですが、今後も制作側が面白がって、有名武将の子孫を戦国モノの時代劇にキャスティングする、なんてことがあるかもしれません」(芸能誌記者)――近いうちに、戦国武将を演じる伊達みきおの姿も見られるかも!? [全文を読む]

【真田丸】板部岡江雪斎って何て読む?戦国武将の珍名6選

しらべぇ / 2016年06月05日16時15分

子孫は、加賀前田家の家老(加賀八家)として栄えた。(4)改名した後の名は超有名戸次鑑連(べっき・あきつら 1513〜1585年)立花氏の名跡を継いで出家した「立花道雪」という名なら、戦国ファンで知らぬ者はない大友家の宿老。半身不随で、その理由は「雷を斬ったため」という勇猛な逸話も伝わる。(5)暴走族の落書き?怒留湯融泉(ぬるゆ・ゆうせん 生没年不詳)戸次鑑 [全文を読む]

スペイン・コリア「慶長遣欧使節」末裔 「私達は日本人」

NEWSポストセブン / 2014年12月02日16時00分

この時、帰国せずスペインに留まった日本人がコリアに住み着き子孫を残したと考えられている。 『支倉常長遣欧使節 もうひとつの遺産』(山川出版社刊)の著者で現地を調査した太田尚樹・東海大学名誉教授が語る。 「今も教会に残る名簿の調査などから、8人の日本人が残ったと考えられます。恐らく、現地の女性と恋に落ちたのでしょう。ハポン姓の人々はまさに『サムライの末裔』で [全文を読む]

藤原の子孫が語る! 平将門の本当の呪い!!

ハピズム / 2013年07月16日18時22分

この藤原秀郷は、藤原家の中でも武士としての活躍を行い、その子孫には中尊寺金色堂で有名な藤原秀衡や伊達政宗などがいるように、関東から東北にかけての支配を行っていたのである。 その家柄は、平将門と言うと仇敵とされ、最もその恨みの対象として思われている家柄なのである。徳川家康の江戸入府にしたがって天下普請による江戸城拡張工事を行っていた時に、どうしても平将門の霊 [全文を読む]

フォーカス