生涯 伊達政宗に関するニュース

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

女性でありながら、男性名を名乗り、生涯独身を貫いて治世をおこなったという「おんな城主」として知られた井伊直虎。大河ドラマが放映された後、どのくらい人気が上がるのか期待したいところです。【好きな戦国武将ランキング調査 調査概要】 調査方法:インターネットリサーチ 調査対象者:全国15歳以上男女(モニタス 「モニターズ」モニター)※中学生は除外 有効回答数:1 [全文を読む]

インクリメントP ケータイ向け「MapFan(R)」 戦国武将ゆかりの地特集第2弾「毛利元就特集」公開

PR TIMES / 2012年02月20日15時07分

元就ゆかりのスポットを、貴重な資料が納められた資料館や彼が「すごした地」、「ゆかりの人や品物」など、生涯を追いながら、さまざまなエピソードとともにご紹介します。 小領主から中国地方全土の覇者となるまでの元就の生涯をゆかりの地を通して辿ってみてください。 また、第一弾乱世で生涯をかけた勇将、「伊達政宗」と「真田幸村」ゆかりの地特集も引き続き掲載中。共に歴史 [全文を読む]

時代劇研究家・春日太一氏が選ぶ「心震える大河ドラマ」TOP5

NEWSポストセブン / 2016年08月21日07時00分

英雄的なカリスマ性と躍動感を見せる序盤も素晴らしいが、やがて天下の趨勢が決まる中で忍従する中年時代や徳川政権下で老獪な腹芸を見せる晩年まで、まだ二十代だった渡辺がその生涯を見事に演じ切っている。 また、壮絶な愛憎のドラマを見せる母親役の岩下志麻、器量人として育てる父親役の北大路欣也、支え続ける家臣役の西郷輝彦と三浦友和、荒武者役で初の本格的な役者出演となる [全文を読む]

真田幸村と伊達政宗の「知られざる絆」とは? 『真田丸』ファン必見の名跡案内

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月13日15時00分

同書では、真田幸村の名を知らしめた長野・上田城、「真田丸」があったとされる大阪・宰相山公園、また、伊達政宗が天下を目指した象徴である宮城・仙台城や、政宗と幸村をつなぐ“絆の証”が残る白石・愛宕山など、数々の名跡をめぐりながら、2人の武将の生涯をたどり、その土地に今も残る「武将の息吹」が豊富な写真と文章で綴られている。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュー [全文を読む]

あのBASARAが史実に近い一人の武将の物語を見せる!? 『戦国BASARA 真田幸村伝』2016年夏発売!!

おたぽる / 2015年12月17日21時00分

1月10日の放送開始を控え、いよいよ盛り上がりを見せてくるようになったが、歴史・ゲームファンお馴染みのあの人気シリーズが、「乗るしかない、このビッグウェーブに」とばかりにやっぱり参戦!! おのれの体ひとつで幾千もの敵をなぎ払い、天下を目指して戦う“スタイリッシュ英雄”アクションゲーム『戦国BASARA』シリーズより、シリーズ初の長編ドラマで真田幸村の生涯 [全文を読む]

~英雄たちが、人生を託し救済を求めた信仰の謎を解き明かす~ 『戦国武将と念持仏』

PR TIMES / 2015年10月02日13時00分

死と隣り合わせの生涯を生きた戦国武将たち。 天下統一の夢を描いた彼らは皆、“念持仏”にすがり 超人的な力を得ようとした。 武将たちのが命運を託した“念持仏”とは一体なにか? その謎に迫る一冊。 [画像: http://prtimes.jp/i/7006/1797/resize/d7006-1797-803864-1.jpg ] 本書は、武将の念持仏との出 [全文を読む]

伊達政宗、生涯メタボと無縁だった健康体の秘密は「仙台味噌」にあり!

アサ芸プラス / 2015年06月14日17時59分

そして生涯メタボとは無縁な健康体を維持していたが、その大きな理由に仙台味噌があったという。 医食同源、健康体の基盤は食にある。戦国時代に来日し、織田信長や豊臣秀吉と会見もしたイエズス会の宣教師ルイス・フロイスは彼の著「日本史」にこう記している。〈ヨーロッパでは女性が料理を作る。日本では男性が料理することが多い。そして貴人たちは料理を作る事を立派な事だと思っ [全文を読む]

「最強の戦国武将」は結局、誰だったのか? 「武勇、知略、動員力…」総合力は、この武将だ

東洋経済オンライン / 2017年06月01日10時00分

■「戦場で絶対に出会いたくない」武将たち【勇猛果敢さで最強】上杉謙信(1530―1578 越後国春日山城)上杉謙信は、生涯で70回の合戦に臨み、そのうち敗れたのはたったの2回のみと言われています。その恐れを知らぬ勇猛さは、敵味方双方を驚嘆させます。 [全文を読む]

稀有な国民性。なぜキューバには人種差別が存在しないのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月05日10時30分

すべてそれなりに楽しめ、すべて“生涯の1冊”にはなりえませんでした。鶏肉好きの高橋さんがレストランで遭遇したキューバの窮状 ところで。 世界中のレストランがひしめくニューヨークに住んでいると、よくよく日本人同士で話題になるのが「日本食料理以外で何料理が好き?」というお題です。 うちのオフィスでもよくみんなで話してます。 フレンチやイタリアンと答える女子社員 [全文を読む]

子どもたちの憧れは真田丸!? 「偉人伝の読み聞かせ」が将来を切り拓くチカラを育む

It Mama / 2016年04月20日22時30分

様々な切り口で興味を持たせてあげましょう! ■3:「挑戦する勇気」を育むことができる 偉人の生涯からは、現実の厳しさや苦労を知るだけでなく、“努力や勇気をもって実行すれば、成し遂げたいことを達成できる”という希望を持たせることも可能です。 「作戦変更や工夫次第で、きっと成功できる」と考え、ものごとに対してポジティブに向き合う力を育むことができます。 いか [全文を読む]

『ドラクエ』脱出ゲーム「竜王迷宮からの脱出」、いよいよ開催! 職業適性を見極める「職業診断」などが公開【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2016年04月08日22時00分

今作は真田幸村の生涯をテーマに、シリーズとしては初の長編ドラマが全編新ステージで描かれる。真田幸村と伊達政宗の対立を軸とし、大坂夏の陣までを幸村の成長を追うことで体験できる内容だ。大河ドラマの放送でさらなる注目を集める真田一族の壮絶な物語が、BARASAを通してどう描かれるのか今から発売が楽しみ。 ■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイト・参考サイトは以下 [全文を読む]

【著者に訊け】吉川永青氏 歴史長編『悪名残すとも』

NEWSポストセブン / 2016年02月19日07時00分

本書では、尼子勢の猛攻を安芸国衆・毛利元就と共に退けた「吉田郡山城の戦い」からその生涯を書き起こし、〈一本気〉ゆえに敵を作ることも多かった若き美丈夫の苦悩に光を当てる。 西国の雄・大内がいつか天下を取る日を夢見ながら、主君の堕落に心を痛める隆房の失意は、現代の我々から見ても同情して余りある。その時、〈進んで悪名を頂戴せん〉とした彼の決断も、一つの道ではあっ [全文を読む]

海外で初日出荷本数1,200万本超えの『Fallout 4』、ついに日本発売!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2015年12月18日21時00分

本作は人気アクションゲーム『戦国BASARA』シリーズの最新作で、シリーズを代表するキャラクターの1人“真田幸村”の生涯をテーマに、長編ドラマを描くスピンオフタイトルだ。対応プラットフォームはPS4とPS3で、来夏リリース予定となっている。本作ではついにライバル“伊達政宗”との決着が描かれそうなだけに、続報が待ちどおしい。 ■今回紹介したゲーム情報関連の公 [全文を読む]

11/5は「いい男の日」!土方、幸村…歴史上のモテ男から学ぶ『いい男』とは【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年11月05日12時55分

≪モテエピソード≫「生涯を通じて3,733人の女性と交わった」という逸話の持ち主。貴族の女性だけでなく、町娘から91歳の女性まで相手にしたと言われています。彼のエピソードとして有名なのが、藤原氏が天皇に嫁がせるため、文字通り「箱入り娘」として育てていた高子をものにしたこと。他にも、女性の中で最も高貴な人物とされた伊勢神宮の斎王(天皇の代わりに伊勢神宮に仕え [全文を読む]

西郷輝彦 『独眼竜政宗』共演の渡辺謙に「すげぇ奴出てきた」

NEWSポストセブン / 2015年08月29日07時00分

* * * 若くして奥州の覇者となった戦国大名・伊達政宗の生涯を渡辺謙が演じた1987年のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で、西郷輝彦は政宗に従い、支え続ける守役・片倉小十郎を演じた。「あれは代役だったんです。でも、台本を読んで『これは面白い役だ』と思いました。ただ、最初は悩みましたね。これまで主役しかやってきませんでしたから、脇役はどうすればいいか分から [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

フォーカス