学会 三船美佳に関するニュース

高橋ジョージと離婚裁判中の三船美佳に、創価学会婦人部が「提訴を取り下げろ」と要求も……

日刊サイゾー / 2015年04月11日11時00分

高橋ジョージと三船美佳の、モラルハラスメントが原因とされる離婚裁判の行方が注目されているが、統一地方選挙が始まったことで、創価学会幹部が三船に提訴を取り下げるよう働きかけているという情報を、元学会関係者から入手した。 「創価学会の選挙運動の一翼を担う婦人部は、高橋と三船の裁判の話題で持ち切り。“このままでは、統一地方選の選挙運動の士気にも影響する”と学会[全文を読む]

三船美佳との離婚裁判に臨んだ高橋ジョージが“創価学会パワー”を総動員!?

日刊サイゾー / 2015年03月08日11時00分

実はこの築地弁護士、高橋が信仰する創価学会の関係弁護士で知られている人物。 2002年の学会関係者が交際していた女性の通信記録を盗んだ事件の訴訟で、築地弁護士は学会側の弁護団の一員だった。 「池田大作氏からの信任も厚い築地氏を動かしたのだから、高橋さんも本気ということ。夫婦そろって熱心な学会信者だったのですが、どちらかというと、ガチなのは高橋さん。定期的に [全文を読む]

芸能人と宗教 三船美佳の協議離婚の裏に学会婦人部の動きも

NEWSポストセブン / 2017年03月20日07時00分

「バラエティーのネタでも、ドラマの脚本でも、新興宗教に触れるのはタブー」とは某キー局幹部の話。それは視聴者への配慮というよりむしろ、「信教を持つ芸能人が意外に多い」からだという。「清水富美加の出家引退」でもわかるように宗教は仕事にも多大な影響を及ぼすが、恋愛や結婚、もっと深いプライベートの部分にも密接にかかわっていた──。 仏壇の値段は千差万別。例えば、コ [全文を読む]

「最高に愛している」「その愛が重すぎたんだよ」 復縁を望む高橋ジョージに創価学会員からも手厳しいコメント

メンズサイゾー / 2015年03月03日21時00分

そして高橋と同じ創価学会の人間も少々呆れ気味だという。 「以前は学会のセミナーなどにも積極的に参加していた2人ですが、ここ数年はそろったところを見ていません。報道によると一昨年の12月から別居しているとのことですが、その前からうまくいってないといったウワサはチラホラありましたね。ただ、双方とも福子(ふくし/創価学会員の両親のもとに生まれた子ども)であること [全文を読む]

「創価学会が水面下で……」高橋ジョージの“意味深ツイート”に過ぎる“婦人部の和解要求”

日刊サイゾー / 2015年04月23日20時30分

そこで過ぎるのが、夫婦そろって信仰する創価学会の存在だ。 当サイトは今月、「統一地方選挙が始まったことで、創価学会幹部が原告の三船に提訴を取り下げるか、あるいは早々に和解するよう働きかけている」との証言を元学会関係者から入手。特に学会を支える婦人部は離婚をご法度とする風潮が強く、“模範的な学会員夫婦”といわれた2人がモラハラの有無をめぐり争うことは、「選挙 [全文を読む]

加藤茶の妻・綾菜が、楽しんごと花火大会へ!? 2人をつなぐ「創価学会」疑惑という共通点

日刊サイゾー / 2014年08月01日00時00分

一見、意外な組み合わせに思える綾菜と楽しんごだが、実は2人には、数年前から創価学会員疑惑が浮上している。 そもそも、楽しんごの芸名は、学会員で知られる芸人・はなわに命名されたもの。さらに、楽しんごは以前、テレビの密着番組で“学会員の心のふるさと”といわれる大石寺正本堂前で撮影された家族写真を公開。その写真の家族の胸には、学会のマークとおぼしきおそろいのワ [全文を読む]

高橋ジョージ・三船美佳“離婚裁判”に和解の動き 創価学会幹部の仲介でテレビ共演も……?

日刊サイゾー / 2015年07月13日13時00分

そんな経緯が余計に両者の対立を深めたのだが、前出の放送作家は「夫婦を長く支援してきた創価学会の幹部が間にいて、プロデューサーも当人や所属事務所ではなく、その幹部に共演を相談中」と明かす。 夫妻は長く創価学会の信者だといわれてきた。三船は両親の三船敏郎、喜多川美佳ともに学会員だったといわれ、高橋に至っては虎舞竜の元メンバー、池田芳輝から「バンド時代、高橋から [全文を読む]

『ピンクリボンフェスティバル2015』開催

PR TIMES / 2015年07月03日17時32分

この京都は、「第53回日本癌治療学会学術集会」開催に合わせて市民向け「Cancer Month Kyoto2015」の一環として実施します。『乳がんのために、ひとりぼっちで泣かないで』をタイトルに、乳がん体験者やそのご家族に向けて、乳がんの最新情報、がんとの向き合い方や体験談を、専門医やゲストにお話しいただきます。京都と大阪は、婦人科がんの啓発も併せて行い [全文を読む]

フォーカス