ビジネス 大韓航空に関するニュース

【書評】万年赤字のローカル線「いすみ鉄道」を復活させた驚きの手法

まぐまぐニュース! / 2016年10月27日04時30分

無料メルマガ『ビジネス発想源』の著者・弘中勝さんは、鳥塚氏の「いすみ鉄道を立て直したビジネス論」が記された書籍を紹介し、地方や中小企業が生き残るためのヒントを提示しています。 買われなくていい姿勢 最近読んだ本の内容からの話。 大韓航空、ブリティッシュ・エアウェイズと外資系航空会社に勤務していた鳥塚亮氏は、子供の頃から鉄道ファンだったことが高じて、副業とし [全文を読む]

”機内で大暴れ”事件、目撃者が証言「ボビー・キムに加え、大韓航空も落ち度は多い」

Wow!Korea / 2015年01月09日18時01分

37歳で、米国と韓国を行き来しているビジネスマンというA氏は9日、「12時間、機内で起こっていた騒ぎを記憶している。当時は、歌手ボビー・キムだということは、わからなかった。顔が似ているとは感じたが、同一人物だということは、後に報道を見て知った」と話した。大韓航空によると、ボビー・キムは搭乗前から機嫌が悪く、離陸後、アルコールを注文して飲酒したという。出発前 [全文を読む]

”機内で大暴れ”ボビー・キム、公式謝罪 「帰国後、調査に臨む」

Wow!Korea / 2015年01月09日14時31分

事務所側の説明によると、ボビー・キムは本人のマイレージポイントを利用してビジネス席を予約していたが、航空会社側のトラブルでエコノミー席チケットが発券されたという。ボビー・キムは、大韓航空側へ何度もクレームを出したが、ビジネス席が空いていたにも関わらず、座席変更は受け入れられなかった、と主張している。ボビー・キム側は「いかなる理由があったとしても、状況を認め [全文を読む]

大韓航空のビジネス席でiPhoneが発火、韓国政府が原因を調査中=韓国ネットは疑いの目「捏造のにおいが…」「飛行機に問題があったのかも」

Record China / 2016年10月25日11時30分

25日、航空業界によると、17日午後にフランス・パリを出発し、韓国・仁川に向かっていた大韓航空所属のA380旅客機(KE902便)のビジネス席で、乗客のiPhone5Sが突然発火した。 問題のiPhoneは座席の背もたれの隙間に挟まった状態で発見され、発火とともに煙が出ていたという。これを発見した乗務員らが消火器を使い鎮火に当たるなど、機内は一時騒然とな [全文を読む]

H.I.S.はお客様の快適なご旅行のために、全世界1,000店舗をめざしています ヤンゴン支店(ミャンマー)11月27日オープン!

PR TIMES / 2012年11月28日09時27分

H.I.S.では観光旅行の他に、ボランティア・スタディツアーまた、法人セクションではビジネス渡航の手配(視察ツアー、国内航空券、車両、日本語ガイド、他)も承っております。 日本人スタッフも常勤しておりますので日本からのビジネス渡航や観光旅行を、きめ細かいサービスを日本語にて提供してまいります。 <H.I.S.ヤンゴン支店(ミャンマー)概要> ■支店名 : [全文を読む]

「世界の人気エアライン」、日本トップはJAL 7位

Forbes JAPAN / 2017年04月13日10時00分

だが、旅行サイトのトリップアドバイザーがこのほど発表した初の「世界の人気エアライン」ランキングによると、ビジネスクラスのカテゴリーで最高の評価を得たのは、ロシア国営のアエロフロート・ロシア航空だった。世界最大の旅行サイトを自認するトリップアドバイザーは、2016年2月からの1年間に投稿されたレビューやクチコミのデータに基づき(この間のレビュー件数は4億50 [全文を読む]

日本人はおしゃれなのになぜワースト3!?「身だしなみに時間をかける国」

TABIZINE / 2016年04月05日07時30分

第二位:アメリカ ハリウッドのショービジネスを筆頭とした、世界の流行発信国であるアメリカが、アルゼンチンとの同率二位にランクインしました。その身だしなみにかける一週間あたりの平均は5.3時間(女性6.2時間、男性4.3時間)です。 Instagramで人気のファッショニスタJULIE SARIÑANA(フォロワー330万人)やフロリダのショップオーナーD [全文を読む]

大塚家具騒動で再燃した「同族企業批判」は軽率 日清食品37歳社長誕生の真相

Business Journal / 2015年03月07日06時00分

とはいえ、日本企業の9割以上を占めるファミリービジネス(同族企業)のイメージという点においては、度重なるダメージとなった。創業家も会社も円満で健全な経営を展開している同族企業は日本だけでなく世界中にたくさんある。そのような企業にとっては大いに迷惑な話といえよう。 この騒動の裏で、発表時は注目されたもののすっかり鳴りをひそめてしまった大きなニュースがある。イ [全文を読む]

ナッツリターン事件が助長する論拠乏しき「同族経営性悪説」 「世襲はダメ」の一般化は無謀

Business Journal / 2015年01月29日06時00分

ファミリービジネス(同族企業)の財閥10社がGDPの70%を生み出すという独特の経済環境を有する韓国のこととはいえ、15年4月から「後継者・起業家育成クラス」を岡山商科大学経営学部で立ち上げ名物ゼミにしようとしている筆者にとって、大変考えさせられる後継者問題だった。この原稿執筆段階では、同事件に関する裁判が始まったばかりだが、今後も注視していきたい。●フ [全文を読む]

airBaltic、最大20機のBombardier CSeries旅客機のLOI(関心表明書)に署名

JCN Newswire / 2012年07月12日12時57分

「弊社では、弊社ビジネスプランの要件に合致するように、機材の旧式航空機を交換することを検討していました。弊社では、大手機体メーカーのナローボディ・プラットフォームをレビューし、一新されたCS300航空機がもっとも適合していると判断しました。同機は先進技術によって、弊社の市場規模向けに最適化されており、弊社機材のBombardier Q400 NextGen [全文を読む]

Bombardier、2012年シンガポール航空ショーで、業界をリードする航空機および顧客サービスの多様なポートフォリオを展示

JCN Newswire / 2012年02月09日12時38分

この地域での商用およびビジネス航空機の需要予測が成長傾向にあることから、Bombardierでは、幅広い種類の航空機を展示し、顧客サービスと統合アフターマーケットのポートフォリオの紹介をする予定です。地上展示には、Learjet 60 XR、Challenger 605およびGlobal 5000ビジネスジェットの他に、Q400 NextGenおよびCR [全文を読む]

フォーカス