留学 千葉大学に関するニュース

千葉大学国際教養学部開設記念シンポジウム「グローバル千葉大学の新生」4月8日(金)開催

PR TIMES / 2016年03月29日15時24分

15:45 講演「千葉大学のグローバル化の現状について」(渡邉 誠 千葉大学理事(教育・国際))16:15 パネルディスカッション「千葉大学のグローバル化に期待すること」[パネリスト・話題提供テーマ]・熊谷 俊人 氏(千葉市長) 「千葉市のグローバル化の取り組み(仮)」・石塚 幸男 氏(イオンリテール株式会社取締役専務執行役員管理担当) 「グローバル企業に [全文を読む]

千葉大学のコミュニケーションマークと英語版公式WEBサイトがリニューアルしました

PR TIMES / 2016年04月01日16時38分

[画像5: http://prtimes.jp/i/15177/73/resize/d15177-73-714243-0.jpg ] 3.最先端の研究を動画と英語で発信 留学生や研究生にも伝わるように、研究内容を英語と動画で発信しました。 [画像6: http://prtimes.jp/i/15177/73/resize/d15177-73-121932 [全文を読む]

千葉大留学生が日本語で研究発表 ~日本のマスメディアと政治、アニメやアイドル等の日本文化など

PR TIMES / 2016年07月19日18時02分

J-PAC(Japan Program at Chiba)特別研究発表会の開催 国立大学法人千葉大学は、昨年10月から千葉大学で学んできた短期留学生による研究発表会を行います。「日本」に関する様々な興味・関心をもとに、外国語である日本語を使って各自が行ってきた研究成果を発表するものです。どうぞご自由にご来聴ください。 [画像1: http://prtime [全文を読む]

【埼玉少女監禁】鎖で監禁、5回妊娠、虐待…犯人の動機は「クリーブランド監禁事件」の可能性も?

tocana / 2016年04月08日09時00分

その理由として、気になるのは留学時代だろう。同容疑者は千葉大を1年間休学し、2012年10月から翌13年9月までカナダに留学。語学勉強と小型航空機の操縦免許取得が目的だったそうだが、帰国と同時に誘拐実現に向けて一気に動き始めている。「留学前は1人暮らしだったが、帰国して借りたアパートは2つ部屋のある2Kの物件。その時点で誘拐計画が頭にあったのかもしれない [全文を読む]

千葉大学に国立大学初の「国際教養学部」。文系と理系を混合させた新しい形の学部。徹底した少人数教育“テーラーメイド教育・留学”を実現。

PR TIMES / 2015年09月02日19時39分

▼国際教養学部ホームページhttp://www.las.chiba-u.jp/[画像2: http://prtimes.jp/i/15177/1/resize/d15177-1-889821-1.jpg ][画像3: http://prtimes.jp/i/15177/1/resize/d15177-1-904070-6.jpg ]------------ [全文を読む]

2017年 米国に於ける医学研修(医学生)を実施 2017年3月24日(金)~3月31日(金)

DreamNews / 2017年04月28日15時00分

当財団は、国際留学システムを通して、毎年有能な人材を米国などの海外医学先進国へ派遣しております。帰国した医師らは、当財団がコンセプトとする「医療の場に於ける医師と患者との間に在るべき共感や心の交流」(Humanity and Empathy in Medicine)を実践するために日々活躍しています。また、当財団は1986年から2016年までに合計836 [全文を読む]

余命13カ月の胃ガンから生還した患者の実践アドバイス―ガンのダウンステージを実現する食事療法

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月24日09時00分

1973年、国際外科学会交換研修員として米国テキサス大学外科教室に留学し、消化管ホルモンについて研究。帰国後、東京女子医科大学助教授。1994年、都立荏原病院外科部長。2003年、都立大塚病院副院長。2006年、千葉大学医学部臨床教授を兼任。2008年、三愛病院医学研究所所長。トワーム小江戸病院院長。同年11月より西台クリニック院長。主な著書に『今あるガン [全文を読む]

【新刊】『ガンが消えていく食事 成功の秘訣』

@Press / 2016年07月15日09時30分

1973年、国際外科学会交換研修員として米国テキサス大学外科教室(J.C.トンプソン教授)に留学し、消化管ホルモンについて研究。帰国後、東京女子医科大学助教授。1994年、都立荏原病院外科部長。2003年、都立大塚病院副院長。2006年、千葉大学医学部臨床教授を兼任。2008年、三愛病院医学研究所所長。トワーム小江戸病院院長。同年11月より西台クリニック院 [全文を読む]

学問の垣根を越えて「移民」について議論 -6/29、千葉大学国際教養学部 開設記念研究シンポジウム-

PR TIMES / 2016年06月09日14時45分

今年5月に政府は中東の難民支援策の一環として、2017年から5年間で最大150人のシリア難民の若者を留学生として受け入れることを決めました。これもその流れの一つでしょう。とはいえ実は日本において、移民はすでにごく身近で日常的なテーマなのです。たとえば、留学、海外研修、駐在、帰国子女、国際結婚なども「移民」の一形態と捉えることができます。より良い生活を求める [全文を読む]

シリーズ35万部突破のベストセラーが「健康日めくり」で登場!31個の健康習慣を標語とイメージ写真でご紹介。『日めくり まいにち、太らない!老けない!食べ方』(著者:済陽 高穂)4月20日(水)発売!

DreamNews / 2016年04月20日10時00分

米国テキサス大学外科教室に留学(消化管ホルモンの研究)。帰国後、東京女子医科大学助教授、都立荏原病院外科部長、都立大塚病院副院長を経て現職。臨床医として執刀した手術は4,000例(その半数はガン)。独自に考案した「済陽式食事療法」で多くのガン患者を治癒に導いている。著書に、ベストセラーになった『図解 40歳からは食べ方を変えなさい!』『今あるガン 3カ月で [全文を読む]

【新刊】『今あるガンが消えていく食事 早わかりDVDブック』~膵臓・肝臓・胃・大腸・前立腺、乳ガン、悪性リンパ腫にまで効いた!~

@Press / 2015年02月16日09時30分

73年、国際外科学会交換研修員としてアメリカ・テキサス大学外科教室(J.C.トンプソン教授)に留学し、消化管ホルモンについて研究。帰国後、東京女子医科大学助教授。94年、都立荏原病院外科部長。2003年、都立大塚病院副院長。06年、千葉大学医学部臨床教授を兼任。08年、三愛病院医学研究所所長。トワーム小江戸病院院長。同年11月より、西台クリニック院長。主な [全文を読む]

【新刊】『今あるガンが消えていく食事 余命宣告からの生還』~胃、肝臓から前立腺、卵巣のガンまで消えた~

@Press / 2013年05月15日10時30分

73年、国際外科学会交換研修員としてアメリカ・テキサス大学外科教室(J.C.トンプソン教授)に留学し、消化管ホルモンについて研究。帰国後、東京女子医科大学助教授。1994年、都立荏原病院外科部長。2003年、都立大塚病院副院長。2006年、千葉大学医学部臨床教授を兼任。2008年、三愛病院医学研究所所長。トワーム小江戸病院院長。同年11月より、西台クリニッ [全文を読む]

【新刊】『晩期ガンから生還した15人の食事』発売~膵臓・食道・胃・大腸・肺・前立腺・卵巣・乳ガン……奇跡の症例~

@Press / 2012年01月16日10時30分

73年、国際外科学会交換研修員としてアメリカ・テキサス大学外科教室(J.C.トンプソン教授)に留学し、消化管ホルモンについて研究。帰国後、東京女子医科大学助教授。94年、都立荏原病院外科部長。2003年、都立大塚病院副院長。06年、千葉大学医学部臨床教授を兼任。08年、三愛病院医学研究所所長。トワーム小江戸病院院長。同年11月より、西台クリニック院長。主な [全文を読む]

<直言!日本と世界の未来>ユニバーサルデザインによる人間視点の社会づくり=誰もが利用できる製品・環境目指す―立石信雄オムロン元会長

Record China / 2017年05月28日10時30分

1962年米国コロンビア大学大学院に留学。1965年立石電機(現オムロン)取締役。1995年代表取締役会長。2003年相談役。日本経団連・国際労働委員会委員長、海外事業活動関連協議会(CBCC)会長など歴任。「マネジメントのノーベル賞」といわれるSAM(Society for Advancement of Management)「The Taylor Ke [全文を読む]

帝京大学の片岡明久助教が、日本人の経皮的大動脈弁留置術を施行した奇異性低流量低圧較差-- 重症大動脈弁狭窄症患者の中期的予後は不良であることを明らかに

Digital PR Platform / 2017年05月25日08時05分

2012~2014年ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院に留学して心エコーを学ぶ。2014年12月から現職。また、欧州心血管画像学会の若手の日本代表や『JACC:Cardiovascular Imaging』誌の編集コンサルト委員も務める。 [全文を読む]

発売1週間で重版決定!新刊書籍『なんでも英語で言えちゃう本』青木ゆか著

@Press / 2016年02月04日15時45分

高校時代にイギリスへ、大学時代にアメリカへ留学 した経験を持つが、英会話に大きなコンプレックスを抱える。大学院修了後、外資系電子機器メーカーを経て、大手外資系保険会社で財務・経理コンプライアンス業務に従事し、独立。英語コンプレックスを 乗り越えた経験をもとに、すてる英語メソッドを開発。そのメソッドを紹介した前著『するいえいご』(日本経済新聞出版社)は、5万 [全文を読む]

11月13日、水戸博之指揮、オーケストラ・トリプティークが「作曲家と日本の響き」をテーマに新宿で演奏会。水野修孝のチェロ協奏曲、山本和智のコントラバス協奏曲など弦楽オーケストラの魅力を披露。

DreamNews / 2015年11月04日09時00分

同コンクールより奨学金を得、パリ・エコール・ノルマル音楽院へ留学。ドゥヴィ・エルリ、原田幸一郎の両氏に師事。千々岩英一氏の指導も受け、パリでソロや室内楽、新作の演奏活動も行う。2010年帰国。「mmm...」を結成し、東日本大震災義援音楽配信プロジェクト「ヒバリ」では国内外から100作品を録音、ネット配信した。古典落語と現代音楽を取り上げた「淡座」、「室内 [全文を読む]

「当局が販売規制に動く可能性も!?」首相官邸に墜落した“中国製ドローン”の正体とは――

日刊サイゾー / 2015年04月23日18時00分

湖南省の農村出身で、アメリカ留学経験もある有名な人物だ。ドローンに詳しいホビー機販売業の男性は言う。 「日本でドローンといえばPhantom 2です。価格もフルセットで15~20万円とお手頃で、空撮ファンや、映像製作会社の人がこぞって購入しています。高性能な3軸ジンバル(回転台)と1,400万画素のカメラを装備しているので、とてもキレイな映像が撮れます。飛 [全文を読む]

医療用・OTC医薬品の日本語・英語・中国語に対応したお薬説明書印刷ソフト「お薬プリントリンガル」を4/21にリリースします。

PR TIMES / 2015年04月21日10時16分

【城西国際大学 山村重雄教授のご紹介】 昭和54年 3月 東邦大学薬学部薬学科卒業 平成 6年 2月 千葉大学より博士(薬学)の学位取得 昭和54年 4月 高田製薬株式会社(開発課)入社 昭和55年 1月 東邦大学薬学部助手(薬剤学教室) 平成 6年 5月 アルバータ州立大学留学(5月-8月) 平成 7年 4月 東邦大学薬学部助教授(医療薬学教育センター [全文を読む]

「外国語対応 医薬品統合データベース」のご案内

PR TIMES / 2014年10月17日20時00分

【城西国際大学 山村重雄教授のご紹介】昭和54年 3月 東邦大学薬学部薬学科卒業平成 6年 2月 千葉大学より博士(薬学)の学位取得昭和54年 4月 高田製薬株式会社(開発課)入社昭和55年 1月 東邦大学薬学部助手(薬剤学教室)平成 6年 5月 アルバータ州立大学留学(5月-8月)平成 7年 4月 東邦大学薬学部助教授(医療薬学教育センター、医薬品情報学 [全文を読む]

フォーカス