文学部 千葉大学に関するニュース

アンナ・パーニナ氏公開レクチャー「映画翻訳を語る」(予約不要・入場無料)

PR TIMES / 2016年02月09日11時33分

国立大学法人千葉大学文学部では、アンナ・パーニナ博士をお招きし、映画翻訳および翻訳の諸問題と解決方法について、多数の画像を見ながら、日本語、ロシア語、英語のケースを中心にお話を伺います。また、日本語の映画・アニメーションを外国語に翻訳する際の様々な工夫だけでなく、現代日本文化のロシアでの受容の状況を取り上げます。講義は日本語で行われ、どなたでも自由にご聴講 [全文を読む]

城南AO推薦塾 初年度合格実績~AO・推薦入試に特化した専門塾が開校初年度を終了

DreamNews / 2016年01月22日15時00分

■城南AO推薦塾■ ●国立大学● 静岡大学 1名 …………………… 工学部 1名 ●公立大学● 首都大学東京 1名 ……………… 都市教養学部 1名 神奈川県立保健福祉大学 1名 … 保健福祉学部(看護学科) 1名 ●私立大学● 学習院大学 2名 ………………… 文学部 1名/法学部 1名 慶應義塾大学 4名 ……………… 総合政策学部 1名/法学部 3 [全文を読む]

【公開講義】千葉大学教育学部「キャリア教育」- 白河桃子先生特別講義 -

PR TIMES / 2017年05月02日17時21分

日時: 2017年5月16日(火) 14:30~16:00 (14:20受付開始) 会場: 千葉大学教育学部2号館2111教室 (西千葉キャンパス) 交通アクセス: http://www.chiba-u.ac.jp/access/nishichiba/index.html キャンパスマップ: http://www.chiba-u.ac.jp/campus [全文を読む]

千葉大が飛び入学を拡大、全国唯一の園芸学部でも

PR TIMES / 2016年11月15日14時55分

現在は理学部・工学部・文学部において「物理学」「物理化学・生命化学」「フロンティアテクノロジー」「人間探求」の4コースで実施され、入学時期は4月と9月です。1998年~2016年までの志願者は353名、合格者は86名。卒業生は63名で、そのうち55名(87.3%)が千葉大学をはじめ東京大学、京都大学などの大学院に進学しているほか、MITやラトガース大など海 [全文を読む]

『「危ない!」の瞬間、全てがスローモーションで見える』は正しかった!

PR TIMES / 2016年05月24日11時20分

千葉大学、強い感情が視覚の“時間精度” を上昇させることを世界で初めて確認 千葉大学文学部認知心理学研究室の一川誠教授及び千葉大学文学部の卒業生の小林美沙は、画像観察で生じる感情反応や印象が視覚の時間精度(※)や感じられる時間の長さに及ぼす影響を調べました。その結果、危険を感じた瞬間に物事がスローモーションに見えるという現象が実際に生じることが確認されまし [全文を読む]

『イチロー 会見全文』『小池一夫のキャラクター創造論』など話題作が50%OFFセール!! 9/14~25までKindleストアにて開催中!!

DreamNews / 2016年09月15日17時00分

東京大学文学部心理学科卒業。千葉大学名誉教授。多湖輝研究所所長。心理学研究のかたわら、数々のベストセラーを生み出してきた。その豊富で斬新なアイデアを生み出す発想法は、多くの企業から注目され、創造性訓練など社員教育のための講演や研修でも高い評価を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)著者について【著者情報】 ━━━━━━━━ [全文を読む]

ミャオ語・イテリメン語・アイヌ語をご存知ですか?公開講座「日本語の隣人たち」を千葉大学文学部が11月1日に開催。

PR TIMES / 2015年10月05日11時30分

国立大学法人千葉大学の文学部では、日本列島を取り囲んでいる多様な言語について紹介する公開講座を11月1日に開催します。■概要: 日本の周囲には、中国語や朝鮮語やロシア語といったよく知られたメジャーな言語ばかりではない、数多くの言語が話されてきました。それらは地理的に非常に近いところで話されているだけではなく、おそらく古く歴史をさかのぼれば日本人の先祖とも深 [全文を読む]

18歳投票権の開始に向け、千葉大学で学生が授業を発案。「若者の政治参加を考える」がスタート

PR TIMES / 2016年04月08日11時12分

」■第4回(5/11) 「社会のなかの政治」(4)(文学部 准教授 清水洋行・地域社会学)「政治は選挙や議会の外にも遍在しています。その一つとしてNPOが拓く政治空間に着目します。」 [全文を読む]

“ドレスの色”問題で科学者たちも騒然! 人間の錯覚には未解明なリスクがたくさんある

週プレNEWS / 2015年04月12日06時05分

千葉大学文学部行動科学科教授。専門は実験心理学。人間の知覚認知過程や感性の特性について研究を行う。おもな著書に『錯覚学─知覚の謎を解く』『大人の時間はなぜ短いのか』(ともに集英社)ほか ■『錯覚学─知覚の謎を解く』 (集英社新書、799円) [全文を読む]

12月15日(木)「キャラクタービジネス最前線セミナー」(東京会場/全国配信)のご案内

DreamNews / 2016年11月22日18時00分

1987年千葉大学文学部卒業、(株)ビデオリサーチ入社。1998年旭通信社(現アサツー ディ・ケイ)入社。研究開発部門やプランニング部門を経て、キャラクターやコンテンツ全般の開発・活用提案からイベント・キャンペーンのプロデュース、効果測定・分析まで担当。2013年、ふなっしーが日本一になったことで注目された日本百貨店協会主催「ご当地キャラ総選挙」の企画立案 [全文を読む]

錯覚科学への心理学的アプローチと現象数理学的アプローチ

@Press / 2016年02月26日11時15分

--- ■ 日 時 : 3月7日(月)13時~17時 、 8日(火)10時~16時30分 ■ 会 場 : 明治大学中野キャンパス(中野区中野4-21-1) 6階研究セミナー室3 (603号室) ■ プログラム : ◇ 3月7日: 13:00-13:50 「身体の制約と錯視」 田谷修一郎(大正大学人間学部) 14:00-14:50 「錯覚される感情」 山田 [全文を読む]

11月13日、水戸博之指揮、オーケストラ・トリプティークが「作曲家と日本の響き」をテーマに新宿で演奏会。水野修孝のチェロ協奏曲、山本和智のコントラバス協奏曲など弦楽オーケストラの魅力を披露。

DreamNews / 2015年11月04日09時00分

水野修孝 千葉大学文学部(政経学部に転科)を経て、東京藝術大学楽理科で柴田南雄、小泉文夫等に学び、さらにジャズを渡辺貞夫に学んだ。多彩な経歴が反映された創作は「音楽の混血」を志向する。クラシックの伝統を受け継ぎ、ジャズ、ロック、テクノ、ヒップホップまでを取り入れ、世界各国の民族音楽を渉猟、音楽の混血・ハイブリッド化を追求する作曲家である。3つのオペラ、4つ [全文を読む]

国立大学から文系学部が消える!安倍首相と文科省の文化破壊的“大学改革“

リテラ / 2014年10月01日08時00分

実際、文科省の担当者からは多数の私学がある神奈川県では、教育コストがかからない文学部系は私学に任せて、理工系に集中させないと税金を投入する意義を問われると財務省から言われているとの発言があったそうで、その結果ぼくたちが所属している『人間文化課程』は、実態は全く異なるのに単なる教員養成系の『新課程』と一緒くたにされて『廃止』と告げられてしまった(リンクの後ろ [全文を読む]

大久保佳代子 レギュラー番組減少のカゲで勤しむ“財テク”

WEB女性自身 / 2014年04月08日00時00分

これまでの彼女が“男が命”であったように、現在は“2億円の資産が命”という生き方に心変わりしたのです」(別の芸能関係者) 実は、大久保は国立の千葉大学文学部出身。その頭脳が今は財テクに生かされているようだ。「一般的に2億円近くの資産があれば、ファイナンシャルアドバイザーのような専門家に相談して、資産を増やすことを考えるのです。しかし、大久保さんの場合は、あ [全文を読む]

フォーカス