清武弘嗣 長谷部誠に関するニュース

ハノーファーで同僚のMF清武弘嗣のプレーについてMF山口蛍「持ち味が出た」《ロシアW杯アジア2次予選》

超ワールドサッカー / 2016年03月25日16時22分

▽晴天の中、約1時間半にわたって行われたトレーニング終了後、前日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア2次予選のアフガニスタン代表戦(5-0で勝利)では出場機会がなかったMF山口蛍(ハノーファー/ドイツ)が報道陣の囲み取材に応じ、同じハノーファーでプレーするMF清武弘嗣のプレーや、同じポジションのMF長谷部誠について語った。◆MF山口蛍(ハノーファー/ド [全文を読む]

首位サウジ戦は本田、香川らベンチスタートに…大迫、清武ら先発で久保が初スタメンに抜擢

ゲキサカ / 2016年11月15日19時01分

本田に代わる右サイドにはFW久保裕也がA代表初先発に抜擢され、センターフォワードはFW大迫勇也、トップ下はMF清武弘嗣。左サイドではFW原口元気が先発する。ダブルボランチはMF長谷部誠とMF山口蛍。GKは西川周作で、4バックは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF森重真人、DF長友佑都と並ぶ。なお、MF井手口陽介とDF植田直通がベンチから外れた。 W杯ア [全文を読む]

オマーン戦に大迫、齋藤ら先発!!永木先発デビューに丸山も初先発

ゲキサカ / 2016年11月11日18時46分

一方、クラブで出場機会に恵まれていないFW本田圭佑、MF清武弘嗣が先発。15日のW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(埼玉)に向けてコンディションを上げていく狙いがある。 最新のFIFAランキングでは日本の51位に対し、オマーンは129位。過去の対戦成績は日本の7勝3分で、一度も負けていない。直近では12年11月14日のW杯アジア最終予選(マスカット)で対 [全文を読む]

イラク戦に本田、清武らが先発!!香川、長友はベンチスタート

ゲキサカ / 2016年10月06日19時02分

トップ下はMF清武弘嗣となる見通しで、9月6日のタイ戦(2-0)で出番のなかったFW岡崎慎司、MF柏木陽介が先発に復帰した。 GKは西川周作で、4バックは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF森重真人、DF酒井高徳と並び、中盤は柏木とMF長谷部誠のダブルボランチ。右にFW本田圭佑、左にFW原口元気、トップ下に清武が入り、岡崎が1トップを務める。DF植田直通 [全文を読む]

最終予選初陣で大島を抜擢!!先発でA代表デビューへ、長谷部は100キャップ達成へ

ゲキサカ / 2016年09月01日18時42分

前線は右にFW本田圭佑、左にMF清武弘嗣が入り、FW岡崎慎司が1トップを務めることになりそうだ。 最新のFIFAランキングでは日本の49位に対し、UAEは74位。過去の対戦成績は日本の5勝8分2敗(PK戦は引き分け扱い)だが、前回対戦した昨年1月のアジア杯準々決勝では1-1からPK戦の末、敗れている。 [日本代表] 先発 GK 12 西川周作 DF 6 森 [全文を読む]

【アンケート結果】「内容よりも勝ち点3」 合流間もないセビージャ清武の先発票が伸びる結果に

超ワールドサッカー / 2016年09月01日15時15分

▽また、メンバーの中で最も遅く合流したことから、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から出場見送りが示唆されているMF清武弘嗣ですが、左サイドハーフの一番手として推す声が多数寄せられる結果となりました。今回実施したアンケート結果と皆様の声(一部)は以下のとおりです。 ◆予想スタメンアンケート結果 ※フォーメーションは[4-2-3-1(4-3-3)]を想定 GK [全文を読む]

【アンケート結果】先制ゴールの清武が最高点! 2失点の守備陣には厳しい声…《キリンカップサッカー2016》

超ワールドサッカー / 2016年06月08日16時00分

アンケート結果では、先制点となるゴールを記録したMF清武弘嗣が【6.0】で最高点。それに【5.6】のMF宇佐美貴史、【5.5】のMF長谷部誠が続く形となりました。皆様の試合の感想は以下のとおり◆ボスニア・ヘルツェゴビナ戦のユーザー採点結果GK西川周作 5.3DF酒井高徳 5.1森重真人 4.5吉田麻也 4.2長友佑都 4.9→槙野智章 4.7MF柏木陽介 [全文を読む]

交際宣言の長友も!キリン杯準決勝ブルガリア戦に川島、小林悠ら先発

ゲキサカ / 2016年06月03日19時19分

2列目はMF香川真司、MF清武弘嗣、FW小林悠の3人。FW岡崎慎司がセンターフォワードを務める。 小林悠の先発はアギーレジャパン時代の14年10月14日にシンガポールで行われたブラジル戦(0-4)以来、約1年8か月ぶり。香川と清武の2人が代表で同時に先発するのはザックジャパン時代の13年11月19日に行われたベルギー戦(3-2)以来となる。 前日2日に発表 [全文を読む]

レーティング:日本 5-0 アフガニスタン《ロシアW杯アジア2次予選》

超ワールドサッカー / 2016年03月24日21時41分

攻撃でアクセントを付け、守備意識も高かった17 長谷部誠 6.0先制点と2点目で、起点となる縦パスを供給した7 柏木陽介 5.5低い位置でボールをさばくよりも、バイタルエリアでのタッチや前への飛び出しを狙う(→10 香川真司 5.5)決定的な仕事はできなかった13 清武弘嗣 6.5好パスから岡崎の先制点をお膳立てし、チーム2ゴール目を奪うFW15 金崎夢生 [全文を読む]

本田、香川はベンチスタート…岡崎&金崎が2トップでスタートか

ゲキサカ / 2016年03月24日19時16分

中盤はMF長谷部誠、MF柏木陽介、MF清武弘嗣、MF原口元気。攻撃陣ではFW岡崎慎司とFW金崎夢生が先発し、2トップを組む可能性もある。昨年6月16日のシンガポール戦(0-0)など、試合の流れの中で2トップに変わったことはあるが、スタートから2トップを採用すれば、日本代表では岡田ジャパン時代の2010年2月14日に行われた東アジア選手権・韓国戦(1-3) [全文を読む]

新ユニ初陣のハリルJ 清武、金崎ら先発

ゲキサカ / 2015年11月12日19時54分

現地時間午後7時15分(日本時間午後8時15分)のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、この日、26歳の誕生日を迎えたMF清武弘嗣らが名を連ねた。 新ユニフォームでの初陣はGKが西川周作で、4バックは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF森重真人、DF長友佑都。中盤はMF長谷部誠とMF柏木陽介のダブルボランチで、トップ下に清武が入る。前線は [全文を読む]

ハリルJ初陣で川又、藤春が先発デビューへ!!香川、本田らベンチ

ゲキサカ / 2015年03月27日19時14分

中盤はMF長谷部誠とMF山口蛍のダブルボランチで、トップ下にMF清武弘嗣。前線は右にFW永井謙佑、左にFW武藤嘉紀が入り、センターフォワードは川又が務める。ゲームキャプテンは長谷部。MF香川真司、FW本田圭佑らはベンチスタートとなった。 日本は過去にチュニジアと3度対戦し、3戦全勝。直近の対戦は2003年10月の国際親善試合で、アウェーのチュニスで対戦し、 [全文を読む]

アクロディア、サッカー日本代表チームオフィシャルライセンスソーシャルゲーム「サッカー日本代表イレブンヒーローズ」のテレビCMを放映開始

PR TIMES / 2014年01月22日15時35分

本テレビCMは、本ゲームで登場するサッカー日本代表選手11名(川島永嗣、内田篤人、長友佑都、今野泰幸、吉田麻也、本田圭佑、遠藤保仁、清武弘嗣、長谷部誠、香川真司、柿谷曜一朗 選手)の実名・実写の選手カードが戦う迫力と臨場感あふれるシーンが15秒間に演出されています。 アクロディアは、本テレビCMを通じて「サッカー日本代表イレブンヒーローズ」のさらなる認知 [全文を読む]

【アンケート結果】ユーザーは躍動の原口を高評価! 本田&香川には厳しい点数が…

超ワールドサッカー / 2016年11月16日17時30分

▽試合は、前半45分にMF清武弘嗣のPKで先制した日本が、80分にMF原口元気のゴールで加点。終盤に1点を返されるも逃げ切りに成功し、首位サウジアラビアと勝ち点で並びました。 ▽ユーザーは、必勝の一戦をモノにしたことを評価。ゴールだけでなく攻守にわたって豊富な運動量でチームを活性化した原口が、【7.1】の最高評価を獲得しました。PKを決めた清武は、次点の [全文を読む]

日本vsサウジアラビア 試合記録

ゲキサカ / 2016年11月15日21時28分

【W杯アジア最終予選】(埼玉) 日本 2-1(前半1-0)サウジアラビア [日]清武弘嗣(45分)、原口元気(80分) [サ]オマル・イブラヒム・オスマン(90分) [サ]オサマ・ハウサウィ(90分+2) [日]酒井宏樹(88分) [サ]アブドゥルマレク・アルハイブリ(9分)、ハッサン・ムアト・ファラタ(10分)、オサマ・ハウサウィ2(48分、90分+2) [全文を読む]

本田に代わって久保が先発!! サウジアラビア戦のスタメンが発表《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年11月15日18時42分

注目の一戦に向けて日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、注目のトップ下にMF清武弘嗣を起用し、3トップの中央には大迫勇也が務める。さらに右サイドはこれまでスタメンとして起用されてきたMF本田圭佑ではなくFW久保裕也となった。また、左サイドバックにはDF長友佑都が復帰。最終予選では初出場となる。 ▽なお、初招集となったMF井手口陽介、DF植田直通はベ [全文を読む]

日本vsオマーン 試合記録

ゲキサカ / 2016年11月11日21時15分

【キリンチャレンジ杯】(カシマ) 日本 4-0(前半2-0)オマーン [日]大迫勇也2(32分、41分)、清武弘嗣(64分)、小林祐希(90分+4) [日]大迫勇也(53分) [オ]ヤシーン・アルシェヤディ(75分) [日本代表] 先発 GK 12 西川周作 DF 22 吉田麻也 (78分→DF 6 森重真人) DF 2 丸山祐市 DF 19 酒井宏樹 D [全文を読む]

豪州戦に本田が1トップで先発へ、香川も先発復帰

ゲキサカ / 2016年10月11日17時42分

イラク戦にトップ下で先発したMF清武弘嗣はベンチスタートとなり、FW小林悠が右サイドハーフに回り、FW本田圭佑が1トップに入る見通しだ。小林は6月3日のキリン杯準決勝ブルガリア戦(7-2)以来の先発。本田は昨年11月17日のカンボジア戦(2-0)でも終盤にセンターフォワードへポジションを移し、ゴールも決めているが、1トップで先発するのは12年10月16日に [全文を読む]

【アンケート結果】「泥臭くても絶対勝て」 豪州戦スタメン結果

超ワールドサッカー / 2016年10月11日15時30分

◆予想スタメンアンケート結果 ※フォーメーションは[4-2-3-1]を想定 GK 西川周作(浦和レッズ) DF 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 森重真人(FC東京) 太田宏介(フィテッセ/オランダ) MF 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ) 山口蛍(セレッソ大阪) 本田圭佑(ミラン/イタリア) 清武弘嗣(セ [全文を読む]

トップ下は香川ではなく清武! ホーム初勝利を目指すイラク戦のスタメンが発表《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年10月06日18時28分

日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、注目のトップ下にMF香川真司ではなくMF清武弘嗣を起用。また、ボランチの一角にはMF柏木陽介を起用した。 ▽その他、左サイドには9月のタイ代表戦でゴールを決め、ヘルタ・ベルリンでも好調を維持するFW原口元気を起用。1トップには、FW岡崎慎司が復帰した。 ▽また、初招集となったMF永木亮太、2度目の招集となったD [全文を読む]

フォーカス