過去 佐々木健介に関するニュース

テレビとは全然違う!?北斗晶の乳がん告白で広まった夫・佐々木健介の裏の顔

アサ芸プラス / 2015年10月13日17時59分

また夫の佐々木健介といえば、いつも笑顔で温厚、世間からは理想の夫として人気があるものの、過去、あるテレビ番組では恐ろしい一面を見せたことがあったという。「以前、佐々木がドッキリ番組『パニックフェイス』(TBS系)に出演した時のことです。妻の北斗がもしも傷害容疑をかけられたら佐々木はどうするかという企画だったのですが、カメラが回っていると知らない彼は、激しい [全文を読む]

3位石田・東尾夫妻「相方によく怒ってそうな芸能人」意外な歳の差夫婦1位は?

WooRis / 2016年06月13日22時00分

では、たとえ相手に怒ってもケンカしても、“夫婦円満である秘訣”はいったい何でしょうか? 過去記事「“夫婦円満”の意外な秘訣3つを結婚カウンセラーがズバリ指摘」によると、基本的に夫婦円満に大切なのは、(1)相性(2)バランス(3)双方の努力の3つだそうです。“夫婦の相性”では、2人のウマが合いお互いに対する情熱があることがカギだとか。これがないと、結婚を長く [全文を読む]

既婚女性が選ぶ「理想の妻」3位菅野美穂を上回る夫への献身度1位は?

WooRis / 2016年02月13日22時00分

・1位・・・里田まい(71票) 圧倒的1位は、ニューヨーク・ヤンキースの投手田中将大選手の妻、里田まいさんでした! アメリカで大活躍する夫を支えるため、完璧な主婦を目指して料理の研究をするなど、妻の鑑といってもよさそうですね! ちなみに、4位は「杏」(17票)、5位は「上戸彩」(15票)という結果となりました! ■夫が思う“理想の夫”は? 妻が思う芸能人 [全文を読む]

「愛妻家」イメージの芸能人3位DAIGO、2位佐々木健介を上回る意外な1位は?

WooRis / 2016年02月02日22時00分

■愛妻家は妻を名前で呼ぶ!? 『WooRis』の過去記事「“愛妻家は妻をこう呼ぶ”3位ニックネームを超える圧倒的1位は?」では、妻を名前で呼ぶ夫は、愛妻家の傾向が高い実態をお伝えしました。 名前で呼び合うと、恋人気分も味わえますし距離がグッと近づきますよね。 もしも、夫が非愛妻家でガックリしている方は、まずは互いを名前で呼び合うことから始めてみるのもいい [全文を読む]

本当に理想の夫? 北斗晶の闘病で株を上げた佐々木健介の“ウラの顔”

デイリーニュースオンライン / 2015年11月04日12時00分

そんな数々の衝撃的な過去を持つ健介だが、北斗と結婚してからは「丸くなった」との評判も。改心したのであればいいが、テレビカメラの前で恐ろしい顔が出現してしまったことがある。 佐々木は2011年にドッキリ番組に出演。妻の北斗が目の前で傷害容疑で逮捕されるというドッキリだったが、佐々木は警察役の仕掛け人を相手に机を叩いて「いい加減にしとけよ、おめぇよ」「調子に [全文を読む]

恫喝、ヤラセ、ワープ…「24時間テレビ」放送事故レベルの事件簿6選!

tocana / 2017年08月16日08時00分

過去には取り沙汰されなかったような微細な事象も、顕在化してしまう。●アンガールズ 特にマラソン企画はハプニングがむしろ恒例となってしまっている。2006年にアンガールズのふたりがランナーとして“実務”をこなしている際、沿道で応援していたひとりの女性がふたりに近寄ろうとしたところ、スタッフは女性の前でわざわざ立ち止まって「触らないでっ!!」と、怒鳴り散らした [全文を読む]

遠藤憲一、コワモテなルックスでもバラエティ番組が注目する「恐妻家素顔」

アサ芸プラス / 2017年06月19日09時59分

「遠藤さんの奥さんは、過去に夫の女遊びが発覚した際、遠藤さんと相手の女性を呼び出して説教して別れさせるなどの武勇伝もあるそうです。しかも、奥さんは元女優で現在は夫のマネージャーを務めており、この業界のことも熟知しているので、テレビ向きでもある。最終的には夫婦共演してもらうのが理想ですね」(前出・民放テレビ局スタッフ) 新たな恐妻家タレントの誕生となるか!? [全文を読む]

岡本夏生、「5時に夢中!」降板仲間の中村うさぎとイベントで合体、W口撃か!?

アサ芸プラス / 2016年04月23日09時59分

岡本の降板については、一部では岡本が番組内で落語家・桂文枝の不貞騒動に触れ、文枝の過去の女性関係をにおわせる発言をしたことや、岡本がインフルエンザに感染しながら同番組に出演したことに対し、妻の北斗晶が乳がんで自宅療養中の佐々木健介がうつされでもしたら取り返しがつかない可能性があると激怒したといった説も噂された。だが、同番組の関係者はこう語る。「過激な言動の [全文を読む]

岡本夏生の「テレビ引退宣言」の真相はあの人気番組スタッフへの不信感!?

Business Journal / 2016年04月18日17時00分

そもそも、今回の騒動の発端とも言える「5時に夢中!」の電撃降板騒動に関しては、岡本が同番組内で落語家・桂文枝の不倫騒動に触れる際、文枝の過去の愛人の存在をにおわせる発言をしたことから、「文枝が所属する吉本興業から何らかの圧力があったのではないか?」という噂も流れた。 また、岡本がインフルエンザに感染しながら同番組に出演したことに、ゲストとして共演した妻の [全文を読む]

MX『5時に夢中』岡本夏生の降板にファンは「またか」と呆れ

しらべぇ / 2016年03月31日21時00分

■トラブルによる降板が相次ぐ岡本のような突然の降板は、MXでは過去にも発生している。主な事例は以下の通り。(1)中村うさぎ『5時に夢中』放送初期から出演し、かつてはマツコ・デラックスとコンビを組むなど番組の象徴的存在だったが、2015年1月に突如出演見あわせ。その後、VTR出演で共演者である美保純とのトラブルを理由に正式に降板。美保はこの件について一切喋ら [全文を読む]

3位木下優樹菜、2位篠原涼子…「仕事と両立」憧れのママ芸能人1位は?

BizLady / 2016年01月17日17時00分

すごいな~」と思っても、子育てと仕事の両方をこなす誰もが例外なく大変な思いをしていて、“ラク”なんてことはありえないのです! 強いていえば、この2つをうまくこなす人には下記のようなことに注意しているのかも! 過去記事「赤ちゃんほしいけど…産めない理由1位は?働き女子の“出産育児の壁”とは」でご紹介した“ワーク&ライフバランスの取り方”をおさらいしてみましょ [全文を読む]

ついに“ポッチャリ向け”メンズ誌創刊、その勝算は?

週プレNEWS / 2015年10月24日06時00分

過去に『メンズナックル』など、異彩を放つ若者雑誌を手がけてきた倉科典仁編集長が、『Mr.Babe』立ち上げに至るまでの経緯を語る。 「随分、ピンポイントに読者を絞っていると思うかもしれませんが、厚生労働省によれば、今や日本人男性の約30%が肥満の範疇(はんちゅう)。しかも30代から40代の男性を中心に、年々増加傾向なんです」 ニッチ層どころか、実はなかな [全文を読む]

「24時間テレビ」DAIGOのマラソンに誰もツッコめない理由とは?

アサ芸プラス / 2015年08月23日09時59分

それにDAIGOは良い意味でお坊ちゃんまる出しですし、今回のギャランティは1000万円だという噂がありますが、誰とは言いませんが過去の某ランナーのように“お金のために”走っているという批判は彼には絶対に出ませんよね」 それに加え、本人の敵をつくらない性格が下衆な批判を封じ込めていると、女性誌記者が語る。「親類が語っているように、もともと争いごとが嫌いな大人 [全文を読む]

北斗晶、夫・健介の久しぶりのお姫様抱っこに「持ち上げられるほうも辛い」

Entame Plex / 2015年05月26日15時55分

過去に婚約記者会見でお姫様抱っこを披露している2人だが、健介が「そのときよりちょっと(体重が)……」と言いづらそうに切り出すと、北斗は「あのときは57キロだったけど、今70キロありますから」と体重の変化をカミングアウト。北斗は「太るってすごいなと思いますね。持ち上げられるほうも辛いんですよ」と感想を語った。 会場には結婚20周年を記念したスペシャルケーキも [全文を読む]

西川史子「ジョージさんがかわいそう」と“モラハラ疑惑”擁護も、三船美佳に同情コメント殺到中

日刊サイゾー / 2015年01月21日17時00分

北斗・佐々木健介一家は、過去に三船美佳・高橋一家と共に家族旅行へ出かけたり、1台の車で遠方の海へ遊びに行ったりと、家族ぐるみの付き合いをしており、「夫婦だからこそ、誰にも見せない部分は誰にでもある」とした上で、「(旅行時を)思い出すと、すごくいい夫婦だった。私たちが見てきた限りは、そういうふうには見えなかった」「大きく報道されているような感じにも受けない」 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】北斗晶が語る“PTA役員決め”の驚くべき現状。「義父を介護している」と嘘まで。

TechinsightJapan / 2014年10月26日20時05分

10月24日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、小学校に通う娘を持つタレントの千秋と、長男と次男で10年間小学校と関わりがある北斗を中心に、過去に反響が大きかったこのPTA役員問題を議論した。 北斗は埼玉県南東部に暮らしているが、そんなのどかな地域の小学校でもPTAの役員決めは“戦争”だという。仕事をしていようがしていまいが、シングルマザーであろ [全文を読む]

木村拓哉・工藤静香夫妻は嫌われヤンキー夫婦? 理想のカップルだったのに…

messy / 2013年11月22日15時55分

同じように「尽くしてでしゃばらない」妻でも、里田まいや菅野美穂は「内助の功」と絶賛され、工藤静香は「うざい」と一刀両断されてしまうのは、払拭しきれないヤンキー過去のせいなのだろうか。 とはいえ、二人の娘たちにも恵まれ、夫婦でのサーフィンや家族旅行の様子をスクープ撮されるなど、今も仲睦まじいカップルであるキムタク夫妻。次女が先天性の疾患を患っているというウワ [全文を読む]

複数のグラドルと“肉体関係”を持った男 「みんなストレスが相当たまってる」

メンズサイゾー / 2013年08月05日10時00分

彼は過去に10数人ものグラビアアイドルと関係を持ってきたという。がっちりとした男らしい体型だが、よくよく見るとベビーフェイス。プロレスラー・佐々木健介をもっとチャラチャラさせた感じといえばいいのだろうか。そんな彼がどのようにしてグラビアアイドルと合体してきたのか、そして気になるプレイの内容までを語ってもらった。 ──まず、そのグラビアアイドル達と知り合うき [全文を読む]

フォーカス