プロレス 佐々木健介に関するニュース

プロレスにまつわる言葉を イラストと豆知識で元気に読み解く

PR TIMES / 2016年07月06日11時17分

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2016年7月7日(木)に、『プロレス語辞典』を刊行いたしました。[画像: http://prtimes.jp/i/12109/174/resize/d12109-174-588971-1.jpg ]プロレス通が思わずニヤリとする用語をイラストとともに辞典形式で紹介しました。新旧の人気選手のエピソードから必殺技、歴史 [全文を読む]

佐々木健介、引退試合は「mobcast」で敢行!? 『激闘!!プロレスカードバトル』引退記念2大キャンペーン開催

PR TIMES / 2014年02月21日16時42分

ジグノシステムジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:沼尻 一彦)は、株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役:藪考樹)が運営を行うモバイルスポーツメディア「mobcast」(http://mobcast.jp/)で配信中の『激闘!!プロレスカードバトル』において、“佐々木健介引退記念キャンペーン”を開始致しました。2月11日、D [全文を読む]

小林幸子の降臨で結婚式もそっちのけ!? 宣伝乙な“ラスボス“がプロレスリングで大暴れ?

おたぽる / 2015年04月28日17時00分

初日の「超プロレスリング」のブースに、"ラスボス"こと小林幸子が登場し、"ビースト"のボブ・サップを打ち負かすというサプライズが起こった。 この日、「超プロレスリング」では39歳の一般男性と17歳の一般女性による「超ニコニコ結婚式」が行われていたが、"ゲイ"レスラーの男色ディーノらが乱入し、結婚式を妨害。仕舞いにはボブ・サップまで呼び込み、"ビースト"に羽 [全文を読む]

『闘魂三銃士 最強ベスト』にファン狂喜。“ミスター・プロレステーマ”が語る名曲誕生秘話

週プレNEWS / 2015年03月20日11時00分

全国1千万人のプロレステーマ曲ファンの皆さま、こんばんは。フリーアナウンサーの清野茂樹と申します。さあ今日は、大物登場であります。 かつて橋本真也、武藤敬司、蝶野正洋、そして小橋建太と、そうそうたる顔ぶれの入場テーマ曲を作曲し、発売中のアルバム『闘魂三銃士 最強ベスト』でファンを狂喜乱舞させている鈴木修さんに、テーマ曲の醍醐味(だいごみ)について語っていた [全文を読む]

未来を変えた「21世紀プロレス衝撃バウト30」

アサ芸プラス / 2013年06月07日09時59分

21世紀もプロレスは感動と悲鳴の連続だった。数え切れぬ名勝負があれば、予期せぬアクシデントもあった。あの衝撃バウトを振り返りたい。 新世紀が幕開けした01年、橋本真也(享年40)率いるゼロワンが、前年に三沢光晴(享年46)らが興したNOAHに続いて旗揚げ。時代が徐々に動きだしたプロレス界は、好調だったK-1とPRIDEのあおりを受けていたこともあり、各団体 [全文を読む]

佐々木健介 闘病中の北斗を案じ食欲不振でやせていた

NEWSポストセブン / 2016年04月29日16時00分

個人事務所『健介オフィス』の社長は北斗が務め、健介が立ち上げたプロレス団体の運営も彼女が一手に引き受けた。 「2014年2月に健介がプロレスを引退して以降は道場も閉鎖し、個人事務所も開店休業状態。主に北斗さんのテレビ出演料で家庭を支えていました。健介さんは何においても妻に従うだけでした」(健介を知るプロレス関係者) しかし、一家の大黒柱たる北斗が乳がんで倒 [全文を読む]

新黄金期到来!で今年もやってきた、新日本プロレス「1・4東京ドーム」が“1分でわかる”『ゴング』編集長・金沢克彦の白熱教室

週プレNEWS / 2014年12月06日15時00分

プロレスファンの初詣”新日本プロレスの1月4日東京ドーム大会が近づいてきた。2000年代中期の苦境を乗り越え、今や「新黄金期」といわれる新日本。90年代のようにドームを5万人の大観衆で埋める日も近い!? そこで、プロレス専門誌『ゴング』編集長の“GK”金沢克彦氏が、23年間の「1・4」の歴史を解説してくれた! *** 新日本は1989年に東京ドームに初進 [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:長州力「いまでもアキラに言うよ、わざと蹴っただろって」(3)

デイリーニュースオンライン / 2015年10月07日12時30分

プロレスのリングで起きた不穏な試合、マダガスカルで起きた事件、緊急参戦した『朝まで生テレビ』、そしてご自身の「国籍」や日本における差別のことなどを、じっくりと語っていただいた! 前回記事: “成立する試合”と“成立しない試合” ──長州さんが現場監督をやってた時期でいうと、99年1月4日の新日本の東京ドーム大会の小川直也vs橋本真也戦がおかしな試合になった [全文を読む]

「マグロと一緒で、泳ぎ続けないとそこで止まっちゃう」チャレンジし続ける小橋建太の折れない心

日刊サイゾー / 2014年05月28日19時00分

プロレスラー・小橋建太は、引退後も休むことなく精力的に活動を続けている。そんな中、2014年4月25日には『今日より強い自分になる』(ワニブックス)を上梓。この本は、引退試合の舞台裏や度重なるケガや肝臓がんとの闘いを綴ると同時に、その中で培った「折れない心」を、仕事と闘う世の男たちへ向けて伝授するメッセージ集でもあるのだ。「この本を書くに当たって、最初はち [全文を読む]

あのWJプロレスと関東連合人脈の接点を発見!|ほぼ週刊吉田豪

東京ブレイキングニュース / 2016年12月26日19時46分

F会長は『北海道のフィクサー』と言われる人で、長州力のプロレス団体『WJプロレス』を立ち上げたことでも一時期、話題になっていた。実はこの時、WJプロレスのリングスポンサーのメインは僕の会社が引き受けている。プロレスにはまったく興味がなかったが、大切な社長さんからの紹介だったことと、携帯コンテンツの宣伝に繋がると思って話に乗った。旗揚げ戦のリング上に、漫画『 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】倉持明日香 小橋建太一家と記念写真「娘さんも握りこぶし!」

TechinsightJapan / 2016年06月15日18時50分

倉持明日香がプロレス『Fortune Dream 3』の試合を観戦して、憧れの小橋建太とその妻子に会うことができた。彼女がツイッターにてまるで家族の一員になったような“貴重な写真”を投稿してフォロワーを和ませている。 AKB48時代からプロレスファンとして知られる倉持明日香。小橋建太が現役プロレスラーからの引退を決意して、2013年5月11日に武道館で行わ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】北斗晶、現役さながら。バルタン星人に扮した佐々木健介を完全ノックアウト。

TechinsightJapan / 2015年07月24日10時25分

プロレスは10年以上やってませんけどね」と話す北斗であったが、「かっこよかったですよね?」とMCが会場に問いかけると来場していた親子からは拍手が起こった。 実は、北斗晶とウルトラマンエースにはゆかりがあった。「北斗晶の北斗は、ウルトラマンエースの北斗星司隊員から。私の名前の由来はウルトラマンエースから来たもの」と明かした北斗は、「散々テレビで言ってきたけ [全文を読む]

「超プロレスリング」佐々木健介をセコンドにラスボス降臨!ボブ・サップを一撃

dwango.jp news / 2015年04月25日18時46分

今年の超会議の目玉の一つである「超プロレスリング」。初日から熱戦が繰り広げられたが、25日の最終戦に、このリングで結婚式を挙げる新郎に「結婚破棄」を迫る男色ディーノ&ボブ・サップ組に、結婚を祝福する正義のペアが登場した。まずセコンドとして登場したのは佐々木健介、公表されていなかった佐々木のサプライズ登場に会場はもちろん、コメントも驚きの”弾幕”で溢れた。さ [全文を読む]

ミニスカポリスはやっぱりエロかった! “みゅうぽりす“、佐々木健介に色仕掛けも...

メンズサイゾー / 2014年10月06日17時00分

プロレスラーで、現在タレントとして活動している佐々木健介(48)。どうやら彼には、ハニートラップなど通用しないようだ。4日に放送された『オールスター感謝祭2014秋』(TBS系)の中で、色仕掛けドッキリにハメられた佐々木だったが、見事セクシー美女からの誘惑を断ち切り、妻・北斗晶(47)への愛を貫いた。そんな佐々木の男らしい姿が、ネット上で「格好いい」「素 [全文を読む]

元弟子が暴行を決死の告発…プロレスラー・佐々木健介のウラの顔

メンズサイゾー / 2013年09月03日16時30分

そんな中、プロレス界でも陰湿な暴行が告発された。岩手県出身のプロレスラー・西川潤(26)が、かつての師匠である佐々木健介(47)の理不尽な暴行を自身のブログで暴露したのだ。 健介といえば、妻で元女子プロレスラーの北斗晶(46)の“鬼嫁”キャラも手伝って、最近はリングだけでなくテレビでも活躍。バラエティー番組などで「気は優しくて力持ち」「鬼嫁の尻に敷かれる良 [全文を読む]

GREE初のプロレス・カードバトル! 新イベント『GHC王者の系譜』開催!!遂に、「佐々木健介」「三沢光晴」カード 登場!!『カードプロレスリングDX』

PR TIMES / 2012年11月02日09時40分

ジグノシステムジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:沼尻 一彦)は、2012年10月31日(水)~2012年11月13日(火)の期間中、ソーシャル・ネットワーキング・サービス“GREE”『カードプロレスリングDX』にて、新イベント『GHC王者への系譜』開催いたします。新たに、要望の多かった「佐々木健介」「三沢光晴」カードも遂に登場!!【新 [全文を読む]

佐々木健介、打ち上げで出会った北斗晶に直感「あっ、俺の嫁さんになるな」

マイナビニュース / 2017年09月09日09時00分

プロレスラーでタレントの佐々木健介と北斗晶夫妻が、きょう9日に放送されるカンテレのバラエティ番組『おかべろ』(毎週土曜14:24~)に登場し、結婚のなれそめを明かす。 テレビ局近くの飲食店へ収録の合間に訪れる有名人に、ナインティナインの岡村隆史と、店主のロンドンブーツ1号2号・田村亮が質問をぶつけていくという設定の同番組。結婚23年目を迎えるおしどり夫婦 [全文を読む]

“インディー野郎”サブゥーが目撃したメジャー団体の景色――フミ斎藤のプロレス読本#084【サブゥー編エピソード4】

日刊SPA! / 2017年09月07日08時41分

199X年 ニュージャパン・プロレスリング(新日本プロレス)のメジャーリーグっぽさは、ちょうどブランド品の箱を開けたときにふんわりとただよってくる新しいものの匂いみたいだった。 サブゥーは、後楽園ホールのある青いビルの2階のチャイニーズ・レストランの宴会ルームにいた。遠くのほうではチャンピオンのハシモート(橋本真也)とケンスキー・ササキ(佐々木健介)がスー [全文を読む]

プロレス小説を最後に引退した作家・樋口毅宏 「オカダ・カズチカがいなかったらこの本は書いてなかった」

週プレNEWS / 2016年11月04日11時00分

表紙の帯文に大槻ケンヂ氏が「リアルを超える空想のプロレス史は燃えるように熱い!」と寄せているように、実在のプロレスラーやエピソードを基に“虚実皮膜”と称されるプロレスの妖しい魅力を存分に際立たせている。 ところが、本作は樋口氏の引退作品になるという…。現在、本人が住む京都を訪れ、創作の原点と引退の真相に迫った――。 *** ―本作は「樋口毅宏引退作品」と [全文を読む]

3位石田・東尾夫妻「相方によく怒ってそうな芸能人」意外な歳の差夫婦1位は?

WooRis / 2016年06月13日22時00分

こちらも仲が良さそうなんですが、やはり“プロレス”というバッググラウンドからか、「喧嘩っ早いのでは」と思われているのでしょうか……。3位の石田純一・東尾理子夫妻は今年第2子を授かり、順調な夫婦生活を営んでいるようですが、こちらもうんと年上の旦那さんが奥さんに首根っこをつかまれている印象があるともいえそう。■夫婦円満に必要な条件3つとは?さて上記のランキング [全文を読む]

フォーカス