映画 薬丸裕英に関するニュース

【エンタがビタミン♪】安達祐実、「口の悪さ」が離婚の原因に? 好きなタイプは「面白い人」。

TechinsightJapan / 2014年11月01日18時40分

映画『花宵道中』(11月8日公開)で主演する安達祐実が10月30日の木曜『バイキング』(フジテレビ系)にVTR出演した。薬丸裕英、フットボールアワー・岩尾望とグルメロケを楽しみながら、ドラマ『家なき子』時代の思い出や今回の主演映画でヌードに挑戦した心境などを話してくれた。1984年に子役として芸能界デビューした彼女も33歳となる。これまでで一番印象に残る仕 [全文を読む]

安達祐実がバラエティ番組で“サービス精神あふれるトーク“を繰り広げるワケ

メンズサイゾー / 2014年10月31日10時00分

今回、安達がお昼のバラエティに登場したのは、11月8日に公開を控える映画『花宵道中』の宣伝のため。すでに報道されているように、この映画は安達にとって20年ぶりとなる主演作で、しかも一糸まとわぬ濡れ場を熱演しているとのことから、宣伝にも力が入っているよう。『バイキング』の中でも、安達は子役時代がVTRで紹介されると、当時と同じポーズをとり、カフェでケーキが [全文を読む]

薬丸裕英おすすめ!! こだわりの「黒毛和牛100% フレッシュハンバーグ」

ぐるなび / 2014年06月16日16時10分

今回は、その「食レポ」にお笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志さんと映画コメンテーターの有村昆さんが挑戦した。薬丸さんのおすすめポイントは、A5ランクの国産黒毛和牛の上質な赤身とステーキ用の霜降りを絶妙なバランスでブレンドすることで出る肉のうま味が凝縮された肉汁。またそれを最大限に引き出すミディアムレアの焼き具合だという。薬丸さんは「他店ではなかなかまねで [全文を読む]

ホワイトデーには松ぼっくり!? 貧乏でもモテまくっていた風間トオルの少年時代

messy / 2014年05月27日18時00分

しばらく駅前を見渡すと急に記憶が蘇ったのか「映画館があったかな!」とテンションが上がり始めた風間さん。映画館の思い出を振り返り、「そこは(小学生の時に)よく見に行った。映画のポスターを!」 と、まさかのポスターのみ見物発言! 風間少年は貧乏だったため、映画館で上映されている作品を見ることができなかったそうだ。けれども、その映画のポスターを毎日舐めるように [全文を読む]

“局の顔”渡り歩く薬丸裕英 『はなまる』終了でオファー激増のワケとは

日刊サイゾー / 2015年04月10日11時00分

シブがき隊は、布川敏和さんは2時間ドラマ、本木雅弘さんは映画にゴールデンの連ドラと、見事に道が分かれましたが、数多く番組に出るという選択をした薬丸さんは、間違ってなかったんじゃないでしょうか」(芸能事務所関係者) 次はどの局の“顔”になるか、楽しみだ。 [全文を読む]

『HERO』ヒロイン、『NANA』のハチ、板尾の嫁……世間から嘆かれた“二代目”交代劇

サイゾーウーマン / 2015年03月29日16時00分

でも、ドラマや映画でも“ニ代目”ってだいたい批判出たり、物議を醸すことが多くない?A子 私が一番印象に残ってるのは、映画『NANA』の“ハチ”こと小松奈々かな。パート1では、宮崎あおいが演じてたのに、パート2では市川由衣に代わっちゃったのよ。当時あおいは、それはもう飛ぶ鳥を落とす勢いの若手売れっ子女優で、しかも清純派で売ってたのね。大崎ナナを演じた中島美嘉 [全文を読む]

BS12ch TwellV 布川敏和が“お父さんハワイ”を紹介!!

PR TIMES / 2014年03月14日16時56分

今回のシーズンゲストには、ドラマや映画などで活躍する元「シブがき隊」のふっくんこと<布川敏和(ふかわとしかず)>が登場し、40代の爽やかオヤジが家族を連れて行きたくなる“お父さんハワイ”をお届けします! 番組は日本とハワイを行き来するメディアナビゲーター・内野亮(うちの まこと)と、ロコガール・アリッサがハワイ案内人となり日本からシーズンゲストを迎えてハワ [全文を読む]

ビートたけし、『アド街』初出演で母校のある足立区・五反野に言いたい放題

マイナビニュース / 2017年09月29日13時00分

映画『アウトレイジ 最終章』に出演する2人が存在感を出しつつ、たけしは幼い頃のエピソードや悪事の数々など言いたい放題になり、スタジオは爆笑の嵐となった。 小高亮プロデューサーは「収録中は放送出来ること、出来ないこと含めたけしさんの独演会を聴いているような錯覚に 陥るくらい面白かったです」とコメント。「番組は23年目を迎えておりますが、たけしさん、大森さん、 [全文を読む]

南果歩は渡辺謙の不倫グセを知っていた? 闘病中の不倫、イタいプラ写の大量流出にも沈黙

messy / 2017年03月31日20時00分

2013年8月末に、映画『許されざる者』の試写会で大阪を訪れた渡辺が、佐藤浩市や柄本明と共に行ったクラブで出会ったという。最初はただのホステスとお客の関係だったようだが、2人は2年半ほど前に交際を開始し、日本やアメリカなどでデートを重ねているのだという。 今年2月18日には、ニューヨークのセントラルパークで『手つなぎデート』を目撃されており、その2日後、中 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】すみれが健康的な“すっぴん”公開 ファンもひと安心「ハワイパワーたくさんもらって!」

TechinsightJapan / 2017年01月23日12時56分

さらに、すみれがオーディションで大役を射止めた映画『The Shack』の米公開が2017年3月に迫っているのだ。今の彼女は体調を万全にすることが最優先であろう。 出典:https://www.instagram.com/sumire808 出典:http://ameblo.jp/yakumaru-hirohide (TechinsightJapan編集部 [全文を読む]

斎藤工が伊藤英明に勝ったと自慢!芸能人NO1の「ビッグマグナム」は誰?

アサ芸プラス / 2017年01月22日17時59分

1月17日放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)では、映画「海猿」の撮影時に共演者の伊藤英明らとサウナに行き、「“アソコ”のランキングで総合優勝した」と語り、さらに話題になっている。 人気俳優が下半身自慢とは驚くばかりだが、芸能界においては、その“ビッグマグナム”がトレードマークの有名人は少なくない。「もっとも有名なのは羽賀研二でしょう。父親がアメリカ人で、 [全文を読む]

パリ病ならぬハワイ病が蔓延中?ハワイで「人間力を上げる」と言い出す芸能人たち

messy / 2015年04月25日15時00分

昨年、榮倉奈々主演の『わたしのハワイの歩き方』という映画も公開されていた。 4月17日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)では、梨花(41)が「ハワイ物件探し」をやっていた。3歳になった息子を2カ月間ハワイのサマースクールに通わせたいのだそうだ。子供に特別な体験をさせてあげたいと言い、「パパなしでいろいろな経験をさせたい」と語る梨花だが、なぜハワイを選 [全文を読む]

阿佐ヶ谷の和牛専門店で味わう薬丸裕英さんおすすめのビーフシチュー

ぐるなび / 2014年06月09日12時10分

映画コメンテーターの有村昆さんは、「軟らかい、口の中でとろける感じ」とコメントし、肉の軟らかさを存分に味わった。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。 [全文を読む]

BS12ch TwellV 『ハワイに恋して』(#75)6月・7月の新ゲストは、元「シブがき隊」ふっくん!

PR TIMES / 2014年05月26日11時39分

現在はドラマ、映画、舞台、バラエティーなどで幅広く活躍中。ハワイフリークでアロハシャツコレクターの肩書きも持つ。 5.番組関連ウェブサイト 番組ウェブサイト http://www.hawakoi.com/ 番組facebook http://www.facebook.com/hawakoi 番組Twitter @hawakoi企業プレスリリース詳細へPRT [全文を読む]

“パクり、パクられ”はお互い様!? テレビ業界にはびこる「模倣」

メンズサイゾー / 2013年10月28日10時00分

「ドラマ『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』(TBS系)は、映画『ターミネーター』のパクリだ」などと言われているが、テレビの世界では「パクリなど日常茶飯事」との声もある。今回、その辺りの事情をテレビ業界に詳しいライターに聞いてみた。 「テレビ番組の中には、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の人気コーナー『格付けしあう女たち』のように、“フォーマ [全文を読む]

82年の河合奈保子と石川秀美(3)秀美は“ボーイッシュな女の子路線”で行こう

アサ芸プラス / 2013年08月07日10時00分

飛行機やバスの中で好きな映画やスポーツについて語る姿は、異性であることを感じさせない親近感があった。そしてスタジオに入れば、一変して白熱した気配に包まれる。 「聖子のアルバムもそうだけど、音楽のプロフェッショナルが集まって完成度の高いものを作っていく。80年代のアイドルシーンは、それこそ合戦の状態だったよ」 全力で80年代を走り抜けた秀美は、90年の結婚と [全文を読む]

ザ・ベストテン「視聴率40%の伝説」(8)「歌の前にぶどうの一気食い」

アサ芸プラス / 2013年04月09日10時00分

「ちょうど初主演の映画を撮っていて、ロケ先の伊豆から中継。小さい頃から家族で観ていた番組だし、メンバーもスタッフも大はしゃぎ。ヤックン(薬丸裕英)は気合いが入りすぎて、足を上げる振付けで後ろに引っくり返りましたから」 スタジオでの初登場は、誰が先にミラーゲートをくぐるかジャンケンで決めたという。 [全文を読む]

フォーカス