徳川家康 二条城に関するニュース

静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている!

GOTRIP! / 2015年08月08日06時17分

さまざまな節目を迎えている2015年、実は天下を取り征夷大将軍となった徳川家康公が没してから今年で400年という節目で、全国にある家康にゆかりのある都市では、様々なイベントが開催されています。 その中でも没後ということで、家康のお墓がある栃木県の日光東照宮と、静岡県の久能山東照宮では、50年に1度の「式年大祭」が盛大に行われる特別な年となっています。 次に [全文を読む]

観光客の少ない今が狙い目!梅の名所をめぐる京都「おとなの旅」

まぐまぐニュース! / 2016年02月14日00時00分

二条城は1603年、徳川家康が京都御所の守護として、又上洛時の宿泊所として造営されました。江戸時代、幕末まで徳川将軍家の栄枯盛衰を見守った二条城には城内全体で約130本の梅があります。そのほとんどが城内南西部の梅林に植えられています。 二条城に関しては以前メルマガ、「ズレて造られた二条城」でもご紹介しているので是非ご覧になってみて下さい。 ● 京都の謎。 [全文を読む]

風流な和菓子に挽きたて茶!二条城周辺を3時間で巡るおすすめ観光コース

Walkerplus / 2016年11月25日20時42分

そこで、二条城周辺エリアを3時間で巡る、編集部おすすめのモデルコースを紹介しよう!【トータル3時間15分/歩行時間30分/拝観見学料600円】 ■ <1(所要時間60分)>絢爛豪華な世界遺産の城“元離宮 二条城” 徳川家康が京都御所の守護として1603年に造営し、3代将軍・家光が伏見城の遺構を移すなどして増築を行い、現在の規模となった元離宮 二条城。京都市 [全文を読む]

乗り降り自由のバスが便利!京都世界遺産らくちん巡り

Walkerplus / 2016年08月09日13時57分

徳川家康が京都御所の守護として造営、3代将軍・家光が増築を行い現在の規模となった。1994年には世界文化遺産に登録され、障壁画が一面に飾られた二の丸御殿は、桃山時代から江戸時代の様式の移り変わりが見られる。美しい庭園も散策してみよう! ■次の目的地へのアクセス/停留所「二条城前」から京都市バス9系統西賀茂車庫前行約15分。停留所「北大路堀川」で京都市バス2 [全文を読む]

400年の美。なぜ狩野派だけが、天下人の心を捉えたか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日19時00分

画壇に君臨し続けた絵師集団「狩野派」とは 今年は琳派の祖・本阿弥光悦が徳川家康から与えられた洛北・鷹峯の地に芸術村を開いてから400年となる記念の年でした。 京都国立博物館でも琳派展が開催され俵屋宗達、尾形乾山、酒井抱一の「風神雷神図屏風」が一堂に集まり展示されました。琳派や朝廷の絵所預(えどころあずかり)として活躍した土佐派など、日本美術史には京都を起 [全文を読む]

国内世界遺産の検索人気ランキング2017年版をGoogleが発表!

TABIZINE / 2017年06月03日12時00分

10位:京都 二条城|江戸幕府を象徴する歴史の舞台 江戸時代の始まりに、徳川家康により築城された二条城。当時の建物が現存しています。江戸時代が終わる大政奉還もここで執り行われました。京都のど真ん中に位置している広大な敷地。その昔は平安京の中心部だったそうです。 9位:栃木 日光東照宮|徳川家康を祀る荘厳かつ豪華絢爛な建築美 深い緑に包まれひっそりと佇む日 [全文を読む]

見ておきたい!京都「二条城」特別公開中の門と櫓の観賞ポイント

サライ.jp / 2017年05月17日21時00分

東大手門は、徳川家康が1603(慶長8)年に建造したときには現在と同じ二階建てだったとみられています。1615(慶長20)年6月14日の祇園祭巡行のようすが描かれた元和年間(1620年頃)製作の『洛中洛外図屏風(池田本)』(林原美術館所蔵)には、櫓門が描かれています。現在の二条城は、3代将軍家光が後水尾天皇を迎える際に大改修された姿ですが、東大手門もその際 [全文を読む]

世界遺産のある歴史スポット!3分で知る二条城・御所周辺まとめ

Walkerplus / 2016年10月04日20時53分

「元離宮 二条城」は、1601(慶長6)年、京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として、徳川家康によって造営された。家康と徳川秀頼との会見や、1867(慶応3)年には15代将軍慶喜によって大政奉還などが行われた場所だ。国宝の二の丸御殿や重要文化財の本丸御殿など、豪華な装飾が施された見事な建築や、絵画、彫刻など、見どころは満載。桜の美しさも有名で、開花に [全文を読む]

京都の桜は「夜」に愛でる。厳選!京都の優美な夜桜ベスト5

まぐまぐニュース! / 2016年03月27日19時00分

URL:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/2016benishidare/ ● 平安神宮 2016年 桜情報 京都でしだれ桜と言えばココ! 二条城 1603年、徳川家康が築城し徳川家光が1626年に完成された二条城は国宝であり世界文化遺産にも登録されています。二の丸御殿に飾られた絵画・彫刻な [全文を読む]

真田丸『第40話』裏解説。大坂と江戸に権力が並ぶ「二重公儀体制」

まぐまぐニュース! / 2016年10月09日22時00分

《ご登録はこちらから》 ▼Facebook ▼twitter ▼blog 人生竪堀 TEAM ナワバリングの不活発日誌 ★イベント情報★ ◎10月20日(木)19:00〜 「ちゃらぽこ六文銭裏講座」では、関ヶ原合戦の戦後処理と徳川家康の覇権確立を中心に、昌幸の残した軍略などについても語る予定。 ◎12月17日(土)新府城&谷戸城(山梨県)~クラブツーリズム [全文を読む]

【京都観光】大政奉還150周年で注目!元離宮二条城の周辺スポットおすすめベスト3

Walkerplus / 2017年04月28日17時27分

■COFFEE STAND 二条小屋<住所:京都市中京区猪熊通御池上ル最上町382-3 電話:090-6063-6219 時間:11:00~20:00 休み:火曜 席数:スタンディング7人> ■ 大政奉還150周年で大注目の「元離宮二条城」 1603(慶長8)年、徳川家康が築城した「元離宮二条城」。豪華な装飾が施された国宝の二の丸御殿や、特別名勝の庭園な [全文を読む]

絢爛豪華な世界遺産!5分で知る元離宮二条城の見どころ

Walkerplus / 2016年09月14日16時42分

徳川家康が京都御所の守護として1603(慶長8)年に造営し、3代将軍・家光が伏見城の遺構を移すなどして増築を行い現在の規模に。京都市内に残る唯一の城で、1994年に古都京都の文化財として世界文化遺産に登録された。国宝の二の丸御殿は6棟から成る武家風書院造で、狩野探幽(かのうたんゆう)が一派の絵師たちを先導して描いた障壁画が飾られ、桃山美術を伝える。小堀遠州 [全文を読む]

離宮に秘められた謎。京都の人に「徳川家」が嫌われている理由

まぐまぐニュース! / 2016年02月28日19時30分

このお寺は、江戸初期、徳川家康から三代将軍家光の頃の天皇、後水尾(ごみずのお)上皇とお世津(せつ)との間に生まれた第一皇女・梅宮(うめのみや)が、二代将軍徳川秀忠の娘・和子(まさこ)入内(じゅだい)により邪魔になり出家して、幕府から与えられていた寺でした。 次ページ>>京都の人たちが今でも「徳川家」を嫌う理由とは? 後水尾上皇は、公家諸法度(くげしょはっと [全文を読む]

京都の謎。二条城はなぜ東に3度傾いて造られたのか?

まぐまぐニュース! / 2015年09月29日05時00分

二条城は、徳川家康が権力にものを言わせ、1602年に各地の諸大名を総動員して築城されました。幕府の御用絵師集団の狩野派が絵を描き、当時を代表する作庭家小堀遠州が庭を造り、諸大名に各地の名石を献上させた完璧な城です。 しかし二条城はなぜか南北に走る路に対して軸が約3度東に傾いています。その様子は、地図を見るとハッキリと分かります。 二条城が建てられる700 [全文を読む]

世界遺産・二条城一口城主募金 一日城主の登城について

@Press / 2015年05月26日08時15分

記 1 事 業 名 世界遺産・二条城一口城主募金 春期一日城主 2 日 時 平成27年5月29日(金),30日(土) 午後2時~午後5時(予定) 3 場 所 元離宮二条城内 4 参 加 者 一日城主10組14名 (29日 7組10名,30日 3組4名) 5 内 容 徳川家康が,天下を統一し,将軍宣下を受けるべく 二条城を築城,二条城へ入城したのは,160 [全文を読む]

「それ誰?」「びっくり」地元民も知らなかった謎多き大河ドラマの主人公『直虎』の故郷・井伊谷に行ってみた

ガジェット通信 / 2017年02月11日16時00分

崖っぷちの家康が頼った、遠州一のパワースポット神社 直虎が育てた子、直政は徳川家康に仕え、武功を立てて徳川四天王にまで上り詰めます。天下人となった家康ですが、彼にも生涯悔やんだという敗戦があります。三方ヶ原(みかたがはら)の戦いです。 家康の敗戦のエピソードが残るのが、遠江国一宮『小國(おくに)神社』。創建は555年という、非常に歴史のある神社です。戦国 [全文を読む]

城好き必見!『徳川の城~天守と御殿~』 城に関する貴重な資料を多数展示

anan NEWS / 2015年08月12日15時30分

関ヶ原合戦で勝利をおさめた徳川家康は、諸国の大名を動員して天下普請を開始。江戸城をはじめ、名古屋城、駿府城、二条城、彦根城など、日本各地に城を築き上げました。 本展では、巨大な城絵図や城郭図、屏風や工芸品など、各地の城に関する貴重な資料が多数展示されます。 特に注目したいのは、城と町の景色を華やかに描いた図屏風の数々。例えば、《江戸図屏風》では、江戸城と [全文を読む]

秀吉、天下獲りの裏に巧みな嘘と情報操作!明智光秀、信長倒すも致命的なミス

Business Journal / 2015年07月24日06時00分

徳川家康を討ち取ることができなかった。 ・筒井順慶と細川藤孝が協力してくれなかった。 ・摂津の大名(中川・高山・織部など)を味方にできなかった。 しかし、この光秀の失敗にはいくつかの謎があります。まず、信長と信忠の首を確保できなかったという点ですが、首がなければ「信長と信忠を討ち取った」と宣伝できません。死体が見つからなかったとしても、「偽首」でもよか [全文を読む]

夏休みの自由研究は、これで決まり!!江戸東京博物館で「徳川の城 親子自由研究デー」を開催(8月17日)

PR TIMES / 2015年06月25日13時49分

*主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、読売新聞社[画像1: http://prtimes.jp/i/7676/131/resize/d7676-131-868124-0.jpg ]2015年は、関ヶ原の合戦に勝利し、征夷大将軍となった徳川家康の没後400年目にあたります。8月4日(火)から9月27日(日)まで開催される同展は、屏風 [全文を読む]

俺の趣味! 第12回 藤波辰爾 城を語る!「三代目将軍になったけれど、家康(猪木さん)がまだ生きていたから座り心地のよくない座でした(笑)」

週プレNEWS / 2015年01月01日15時00分

例えば、ジャイアント馬場さんの性格を考えると、いかにも徳川家康ふうでしょ。猪木さんは完全に織田信長タイプですよね。49歳で没した信長より全然長生きですけど(笑)。 僕は猪木さんに憧れてこの世界に入ったけど、周りからは馬場さん型とよく言われます。周りとの調和を大事に考えるほうなんですね。 でも、僕にも野望がありましたよ。つまり、1990年代以降のドラゴンボン [全文を読む]

フォーカス