第1話 半沢直樹に関するニュース

主役・長谷川博己を差し置いて、香川照之の顔芸祭り開催!『小さな巨人』第1話レビュー

日刊サイゾー / 2017年04月23日13時00分

その第1話が16日に放送されたのですが、初回平均視聴率は13.7%と、『半沢直樹』の初回平均視聴率19.4%に遠く及ばなかったどころか、前クールに放送された木村拓哉主演の『A LIFE~愛しき人~』の初回平均視聴率14.2%にも届きませんでした。 ドラマは、警視庁捜査一課強行班1係長の香坂真一郎(長谷川博己)が街中をスーツ姿で疾駆するシーンから始まります [全文を読む]

傑作『小さな巨人』が極めた超単純=王道…『半沢直樹』感丸出しで『A LIFE』超え確実

Business Journal / 2017年04月17日06時00分

その今クール作『小さな巨人』第1話が16日、放送された。 主人公の香坂真一郎(長谷川博己)は警視庁の花形部署、捜査第一課に所属し出世コースをひた走る優秀な刑事だったが、酒を飲んだ状態で職務質問をするという失態をおかし、所轄の芝署に“飛ばされ”る。その芝署管轄区でさっそくゴーンバンク社長・中田和正(桂文枝)の誘拐事件が起こり、芝署内に捜査本部が置かれるが、捜 [全文を読む]

堺雅人「妻 菅野美穂も知らない夫の変人素顔」

アサ芸プラス / 2013年08月02日10時00分

メガバンクのリアルな組織闘争の描写は、サラリーマンの間でも共感を呼び、第1話が19.4%、第2話が21.8%と、7~9月期のドラマの中でも最高の平均視聴率を記録している。 その主演の堺は、これまでもNHK大河ドラマ「新選組!」での山南敬助役や同じく大河の「篤姫」の徳川家定役などが評価されてきたが、もともとは舞台俳優。宮崎県出身で、上京して早稲田大学に入学す [全文を読む]

絶好調『半沢直樹』 派閥争いなど現役銀行員も唸るリアルさ

NEWSポストセブン / 2013年07月21日07時00分

第1話の半沢と東田社長の対決シーンや、第2話で国税の先回りをしようと半沢が行内の保管庫へ走る場面など、アクションシーンも取り入れられて緩急がついている。半沢が啖呵を切るシーンも、長ったらしくなく説教臭くないところがいい。展開のテンポのよさは、見ていて心地いいものがありますね」(吉田さん) また、元銀行員の直木賞作家、池井戸潤氏の原作(『オレたちバブル入 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】日曜劇場「半沢直樹」見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年07月09日15時23分

日曜劇場「半沢直樹」【出演】堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、滝藤賢一、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、宇梶剛士、壇蜜、赤井英和、石丸幹二、倍賞美津子、笑福亭鶴瓶、北大路欣也(特別出演)、香川照之 ほか【第1話あらすじ】東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹(堺雅人)は、支店長・浅野匡(石丸幹二)の半ば強引な指示に従い、西大阪スチールへの [全文を読む]

役所広司らが「陸王」第1話をファンと鑑賞 山崎賢人は「いい話です!!」と感激

ザテレビジョン / 2017年10月09日18時01分

観客らとともにドラマの第1話を鑑賞し、感想を語り合った。ドラマ「陸王」は、池井戸潤氏による同名小説が原作。業績不振に悩む老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一(役所)が新規事業としてランニングシューズ開発を決意。従業員20人ほどの零細企業ながら、世界的に有名なスポーツブランドとの競合に挑んでいく“企業再生ストーリー”。ドラマ「半沢直樹」(’13年)、 [全文を読む]

録画容量足りますか?続編ものも新規ドラマも魅力的すぎる!2017秋ドラマのおすすめ作品5選!

日本タレント名鑑 / 2017年09月28日11時40分

さらに第1話のゲストに倉科カナさんという、主役クラスの美男美女俳優がずらりと揃った超豪華布陣。絶対に可愛い綾瀬はるかさんの新米主婦っぷりにも期待が高まります。 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~ 10月16日より毎週月曜21時〜フジテレビ系にて放送 そしてドラマを語る上で決して忘れてはいけないのがフジテレビの月曜21時、そう月9枠です。今回の月9は [全文を読む]

香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ

アサ芸プラス / 2017年04月22日09時59分

第1話で捜査本部が登場するシーンでは彼がセリフを飛ばしてしまい、アタフタしていたとのこと。すると共演者の香川照之が不機嫌になり、現場は険悪なムードに包まれたようです。同ドラマは、TBSが今期もっとも力を入れているドラマですし、ベテラン俳優も多く出演している。そのため長谷川には、セリフを飛ばすほど大きなプレッシャーが、のしかかっているのかもしれません」(前出 [全文を読む]

メッキが剥がれた「キムタク神話」…新ドラマ、視聴率で「実質的には」草なぎに敗北か

Business Journal / 2017年01月22日20時00分

SMAP解散後初となる木村拓哉主演の連続テレビドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系、日曜21時〜)第1話が15日に放送され、平均視聴率14.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)を獲得し、今クール(1~3月期)の民放連ドラ暫定トップに踊り出た。草なぎ剛主演の『嘘の戦争』(フジテレビ系、火曜21時〜)の同11.8%も上回り、元SMAPメンバー対 [全文を読む]

『下町ロケット』は原作から何を足し、何を引いたか……スピード感を得た“21世紀の『水戸黄門』”像

日刊サイゾー / 2015年11月21日13時00分

第1話から第5話までの「ロケット篇」を振り返り、検証してみたい。<原作を削るのではなく、原作に足すという手法> ドラマ『下町ロケット』では、原作で重要だった要素はほぼそのまま生かされている。基本的には原作の主要な登場人物はすべてドラマでも活躍するし、あの場面が削られてしまった、というケースはほとんどない。強いて言うならば、前半で資金繰りに苦しむ場面は小説か [全文を読む]

『下町ロケット』第3話でも視聴率上昇なら『半沢直樹』以来の快挙

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月01日15時00分

実は、民放プライム帯で、第1話15%以上の連続ドラマが第2話で視聴率を上昇させたのは、2013年10月期の『ドクターX』(テレビ朝日系)以来となる。このときは第1話22.8%から第2話23.1%と0.3%上げていたが、第3話では18.4%と後退していた。 もし『下町ロケット』が第3話でも視聴率をアップさせれば、2013年7月期の『半沢直樹』が19.4%→ [全文を読む]

嵐・相葉主演の池井戸ドラマは、なぜ「半沢直樹」になれなかった?

アサ芸プラス / 2015年05月13日09時58分

しかし、第1話からドラマとしてのカタルシスがあった『半沢直樹』と比べ、『ようこそ、我が家へ』では一向にその瞬間がやってこない。4話にしてようやく上司への反撃が成功するも、その時にはすでに多くの視聴者が離れていたようです」(前出・テレビ雑誌記者) 他にも展開の遅さなど、ストーリーに動きがないことなどを視聴者から指摘されている「ようこそ、わが家へ」。今後、なん [全文を読む]

月9・杏が『DOCTORS3』抑えトップ、観月ありさ6.5%でワースト入り!冬ドラマ初回視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年01月21日13時00分

2015年1~3月放送の全ての冬ドラマ(午後8~10時台)第1話が放送された。初回視聴率トップに輝いたのは、杏主演の月9ドラマ『デート~恋とはどういうものかしら~』(フジテレビ系)で、1月19日に放送された第1話は14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。今期ドラマでは最も遅いスタートを切った『デート』が、最終的にトップを奪う結果となったが [全文を読む]

TBS『隠蔽捜査』半沢手法にあまちゃん俳優起用も数字は似ず

NEWSポストセブン / 2014年01月20日16時00分

第1話放送日の朝『はなまるマーケット』にゲスト出演した古田新太はこんな発言をしている。 「ま、半沢の警察版ですね。『半沢直樹』を見てた人が半分見てくれたら(視聴率が)20%いくんで」 半沢人気に“便乗”したい願望を隠そうともしない古田の態度には、むしろすがすがしささえ感じる。ただ、残念なことに“数字”は似なかった。初回視聴率が8.2%(ビデオリサーチ調べ・ [全文を読む]

いよいよ終盤戦! 『リーガルハイ』がさらに面白くなる小ネタ集

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月23日11時20分

ここでは、同作を楽しむための小ネタを『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 再会記』(角川マガジンズ)から紹介します! 関連情報を含む記事はこちら ■主人公、古美門研介の服装は半沢直樹を意識している!? と、いっても半沢直樹と同じようなスタイルにしている…というワケではありません! スタイリスト・登地勝志さんによると、半沢直樹ではシャツとネクタイの色と [全文を読む]

『リーガルハイ』脚本家 今後『あまちゃん』思わせる回を示唆

NEWSポストセブン / 2013年10月27日07時00分

今回の第1話でも、冒頭で『半沢直樹』ばりの真顔アップから一転して、コスプレアイドルの『妄想腐女子ガール』をコミカルに歌って踊ってくれました。堺さんは撮影前、「これを歌うのか…」と悩んでいたので、振り切って踊ってくれて感謝しています(笑い)。 以前、ゲスト出演した広末涼子さんが、「『リーガルハイ』は大好きだけど、自分が出演しないともっと客観的に楽しめるのに [全文を読む]

『ふぞろいの林檎』手掛けた元TBS重鎮が『半沢直樹』を絶賛

NEWSポストセブン / 2013年09月15日07時00分

結果を先に見せてから、そこに至る過程を描いて視聴者を引き付けるのは、難易度が高い」 倒叙法は主にミステリーもので使用される手法だが、『半沢直樹』でも第1話のタイトルコールよりも前に、5億の損失について半沢が支店長室で責められるシーンが描かれ、そこから時間をさかのぼって過程が明らかにされていった。 カメラワークについての大山氏の見解も、プロならではのものだ。 [全文を読む]

【倍返しだ!】TBS新ドラ『半沢直樹』が予想以上に面白いと話題 「真面目なリーガル・ハイ」

AOLニュース / 2013年07月09日13時36分

なお「見逃しちゃった!」という方は、第1話の再放送が7月14日ひる2時から決定しているので、今のうちに追いついておこう。堺雅人の"困り顔"が再び堪能できるぞ! 【参照リンク】 ・日曜劇場『半沢直樹』公式サイト [全文を読む]

放送時間変わるってよ! 『仮面ライダービルド』その面白さを“キャスト切り”で振り返る

Woman.excite / 2017年09月29日08時00分

『ビルド』がそれを彷彿とさせるのは、第1話から主役級で登場する・万丈龍我の存在でしょう。龍我を演じるのは、名古屋を中心に活動する男性アイドルユニット『BOYS AND MEN』のメンバーであり、俳優やモデルとしても活躍中の赤楚衛二(あかそ・えいじ)さん。瞬間湯沸かし器のように感情の起伏が激しい龍我に対して、いつもニュートラルに落ち着き払っている桐生ビルドは [全文を読む]

『小さな巨人』、チープな学芸会感で視聴率大幅下落…『半沢直樹』もどきに飽き飽き

Business Journal / 2017年05月01日20時00分

第1話は13.7%の好成績でスタートを切り、続く第2話も13.0%をマークしていたが、今回はいきなり1.3ポイントもの大幅減となってしまった。 それぞれがゴーンバンク社長誘拐事件の真相を追う、警視庁捜査一課、捜査二課、そして所轄の芝署。そんななか、捜査一課長の小野田義信(香川照之)が芝署に協力を求めに赴く。真摯に事件解明への熱意を語る小野田だったが、香坂真 [全文を読む]

フォーカス