2話 半沢直樹に関するニュース

『半沢直樹』ヒットの理由は、堺雅人の“あの微笑み”と自然な七三分けだった!

ハピズム / 2013年07月30日09時00分

初回視聴率19.4%、2話21.8%、3話では22.9%と右肩上がりに視聴率を上げ、ついに『ガリレオ』(フジテレビ系)初回(4月15日放送)と、『あまちゃん』(NHK)(6月29日放送)の22.6%まで抜いて、今年のドラマ最高視聴率を獲得した『半沢直樹』。3話までの平均も21.0%で、平均視聴率でも『あまちゃん』と首位争いを繰り広げる勢いだ。 さまざまな [全文を読む]

高視聴率連発の夏ドラマ! キスマイ玉森主演『ぴんとこな』は“真打ち”となるか!?

PR TIMES / 2013年07月18日16時17分

堺雅人主演ドラマの『半沢直樹』は初回視聴率でいきなり19.4%をマークしたのもすごいが、海の日連休の狭間という悪条件の中で放送された2話では20%超えの21.8%を記録。また、沢村一樹主演ドラマの『DOCTORS2』は初回から19.6%をマークと、前評判どおりの好記録をマークしている。ほかにも、山下智久主演のフジテレビ月9ドラマ『SUMMER NUDE』も [全文を読む]

気分スカッ!「小さな巨人」後半に控える視聴率UP作戦

アサジョ / 2017年05月21日10時15分

「視聴率は初回が13.7%、2話目が13.0%。3話目で11.7%と少し落としたが、4話目、5話目で13.5%、13.9%と数字を伸ばしています。2ケタならば御の字と言われる昨今のドラマ視聴率でいえば大成功と言えるでしょう」(芸能ライター) 大ヒットしたドラマ「半沢直樹」のスタッフが多く参加し、再び大ヒットを狙っているというこの作品。好調とはいえ、このまま [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

撮影が再開され、3話が放映されたのは、2話から1カ月後の2月21日。その後はつつがなく進み、全7話をもってドラマは終了する。平均視聴率は18.8%と高視聴率。内容も僕は面白かったと思う。だが、同ドラマはその後、再放送もされず、DVD化もされていない。そして以後――今に至るまでクドカンはフジテレビで連ドラを一度も書いていないのだ。■クドカンの軌跡皮肉にも、フ [全文を読む]

『デスノート』『花咲舞』『ど根性ガエル』がトップ3、月9『恋仲』惨敗! 夏ドラマ初回視聴率

サイゾーウーマン / 2015年07月22日13時00分

人気作とあって、初回は今年の民放連ドラの初回視聴率で最高値をマークしたが、第2話は12.3%、19日放送の3話は8.7%にまで大幅ダウンしている。 ベスト2位は、杏主演で昨春に放送された『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)の続編で、初回は14.7%を記録した。『半沢直樹』(TBS系)がヒットした池井戸潤氏の小説『不祥事』(講談社)が原作で、女版・半沢とも [全文を読む]

米倉涼子、堺雅人が勝ち逃げ、キムタク4位で大混戦! 秋ドラマ初回視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2013年10月29日13時00分

初回こそ“半沢効果”で20%超えを果たしたものの、2話では16.8%にダウンするなど下降気味になってしまった。 3位は大人気の『相棒 season12』(テレビ朝日系)で、19.7%を獲得。15日発売の「女性自身」(光文社)では、主演の水谷豊が「半沢直樹の視聴率を抜けるとしたらウチだけだ!」と共演者にハッパをかけていたことが報じられたが、最終話までに記録を [全文を読む]

『安堂ロイド』の命運を握る本田翼、“ガチオタ”キャラで大ブレイクか!?

メンズサイゾー / 2013年10月24日10時00分

作風が違うために『半沢』の視聴者が離れたことが、2話目の視聴率減少につながったのだと思います。TBSの21時からの『日曜劇場』という枠は今年に入って『とんび』が最終回の視聴率20.3%を叩き出し、『空飛ぶ広報室』も同15.3%と好調が続いています。その後に『半沢直樹』が予想以上の人気を見せたわけで、いわば今年の当たり枠といえるでしょう。局側としては、天下の [全文を読む]

Kis-My-Ft2・玉森、今年最低視聴率を記録! 夏ドラマ初回視聴率ランキング

サイゾーウーマン / 2013年07月20日09時00分

倍返しだ!」という決め台詞が印象的で、2話は21.8%に上昇した。 3位は、10年ぶりに復活した『ショムニ2013』(フジテレビ系)。主演の江角マキコは続投し、ベッキーや本田翼ら新メンバーを迎えた今作。初回は18.3%と高視聴率だったが、2話では視聴者の関心も薄れたのか13.8%にガタ落ち。先行きが不安視されている。 続いてはワーストの3作品。3位は、名取 [全文を読む]

『下町ロケット』第3話でも視聴率上昇なら『半沢直樹』以来の快挙

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月01日15時00分

初回視聴率16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でスタートすると、2話で17.8%と数字を上げてきた。 ロケットエンジン開発の夢を諦めない町工場の中小企業社長で、大企業に立ち向かう佃航平(演:阿部寛)の姿が、家で日曜の夜を過ごしているサラリーマンに明日への活力を与えている。 原作の池井戸潤氏は、<僕ははっきり言って悲劇が嫌い。どうしてお金を払って気持ち [全文を読む]

ドラマ『下町ロケット』が2話目にして早くも名言製造機!阿部寛の言葉が「技術者魂全開」と話題に

AOLニュース / 2015年10月28日12時00分

25日に放送された第2話が、第1話の平均視聴率を上回る17.8と上々のスタートを切ったTBSドラマ『下町ロケット』。主人公で、ロケットの技術者あがりの町工場の社長、佃航平の不屈の精神と夢を描いた大作だが、早くもセリフの数々が「技術者の鑑だな」「技術者魂を感じる」「熱すぎる!」と好評だ。 大手企業に独自技術をパクられ逆に訴えられるという苦難に直面した佃製作所 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀『ようこそ、わが家へ』11.4%! 月9最低『極悪がんぼ』に似た推移に心配の声

サイゾーウーマン / 2015年04月21日15時20分

嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)第2話の視聴率が、初回視聴率の13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)から1.6ポイントダウンの11.4%を記録した。早くも右肩下がりの結果に、ネット上では「尾野真千子の二の舞い?」という声が出ている。 相葉初の月9主演となる本作は、大ヒット作『半沢直樹』(TBS系)や『花咲舞が黙 [全文を読む]

クドカンドラマ低視聴率発進 TBS日曜21時枠との相性悪いか

NEWSポストセブン / 2014年10月19日16時00分

ほかの枠であれば、10.1%という数字にはならなかったはず」 低視聴率発進となった『ごめんね青春!』が、2話以降どう立て直していくか。 [全文を読む]

TBS、ドラマ視聴率が軒並み1ケタの“お通夜状態”! 『東京スカーレット』は5%割れ

サイゾーウーマン / 2014年08月24日13時00分

初回に15.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得し、『HERO』に続いて2位の好位置についていた『おやじの背中』(日曜午後9時)は、2話から急降下を始めて8~9%を推移。倉本聰、山田太一、三谷幸喜ら有名脚本家が1話ごとに脚本を手がけ、毎話異なるキャストが出演するオムニバス形式のため数字の変化は予測されていたものの、尾野真千子主演で8月17日 [全文を読む]

20%台に戻した木村拓哉『HERO』は全11話放送に決定、低調『あすなろ三三七拍子』2話カットへ

日刊サイゾー / 2014年07月30日11時00分

逆に『あすなろ三三七拍子』は、すでに2話ほどカットの方向で進んでいるようです」(フジテレビ関係者) 猛暑とは裏腹に、夏ドラマの視聴率が底冷えしている。22日に放送された火曜夜9時枠の『あすなろ三三七拍子』第2話が5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、火曜10時枠の『GTO』第3話が6.2%を記録したフジテレビをはじめ、他局も5~6%台が珍しくな [全文を読む]

嵐・二宮和也『弱くても勝てます』、視聴率9%台に急落! 大野智ドラマも軒並み下降線

サイゾーウーマン / 2014年04月29日16時00分

続く2話では11.7%に落ち、3話はついに一桁の9%台に。回を重ねるごとに約2%ずつ数字が下降している。 「『弱くても勝てます』はいわゆる“数字が獲れそう”な出演者をかき集めた作品だけに、わずか3話にして一桁台突入は衝撃的です。SMAP・香取慎吾と山下智久がW主演の『MONSTERS』(TBS系、2012年10月~12月)は、当時“大コケ”と叩かれていまし [全文を読む]

『安堂ロイド』視聴率一桁目前も“カルト化”で人気に!?

メンズサイゾー / 2013年12月03日10時00分

初回こそ19.2%と及第点ともいえる数字だった『安堂ロイド』だが、2話で15.2%と急降下すると、その後は10%台前半を推移している。放送当初から、「ターミネーターのパクリみたい」「ストーリーが安っぽい」とネガティブな声が相次ぎ、伊集院光は自身のラジオ番組で「ツッコミどころがすごすぎて」「俳優さんたちってえらいな」と、“内容に対して不満を言わずに演じる役 [全文を読む]

赤井英和「半沢直樹の撮影秘話と自身の倍返し人生」Vol.1

アサ芸プラス / 2013年09月03日10時00分

「僕自身の撮影は2話が放送された時点で終わっていたんですが、やっぱり視聴率がエエということで撮影現場は盛り上がりましたね。『よっしゃ!』と。見てくれた人からの反響も大きくて、『見てますよ』とか『おもしろいですね』といった声をたくさんいただきました。もう長いことこの仕事をやらせてもらってますが、こんなに声をかけられたのは初めてかもしれません」 赤井の演じた [全文を読む]

「もっと長いセリフを……!」TBS『半沢直樹』堺雅人の飽くなき要求に脚本家困惑中!?

日刊サイゾー / 2013年07月28日12時00分

初回でいきなり19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークし、3連休の中日という悪条件の中で放送された2話で21.8%という今クールの民放連ドラの最高視聴率を記録した。 「もちろん、脚本が面白いというのは言うまでもないですが、やっぱり堺さんの演技力でしょうね。あの演技に、視聴者は惹きつけられるんでしょう。昨年のドラマ『リーガル・ハイ』(フジテ [全文を読む]

『半沢直樹』で1人だけ昼ドラ臭を放つ、上戸彩の存在意味

サイゾーウーマン / 2013年07月21日13時00分

今回ツッコませていただくのは、視聴率では2話目が21.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、初回視聴率(19.4%)を上回る数字を記録し、評判においても「今期ナンバー1」の声が多いドラマ『半沢直樹』(TBS系)。 「銀行内外の敵と戦っていく」重厚な世界観と豪華な役者たち、スピーディーでスリリングな展開に加え、「やられたらやり返す。倍返しだ」の決め [全文を読む]

『陸王』竹内涼真を超えた? 銀行マン役・風間俊介の熱演に感動続出

しらべぇ / 2017年10月16日16時30分

あー、2話が気になる!!#陸王— じゃんぷ (@ringokomatsuna) October 15, 2017本当に竹内涼真くん、体がしまってる(*^^*)#竹内涼真 #陸王— Pipi (@Pipi221720) October 15, 2017竹内涼真君、ひよっこから過保護のカホコで劇的に痩せたけど、その裏には実は陸王があったんだなーと。カホコの最終 [全文を読む]

フォーカス