半沢直樹 ロスジェネの逆襲に関するニュース

これだけは抑えておきたい! 2013年電子書籍レビュー人気作品ベスト5 (小説・エッセイ編)

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月31日11時20分

早いもので大晦日、あとは除夜の鐘を待つのみ! 2013年は、ドラマ『半沢直樹』のヒットを受け原作本「半沢直樹」シリーズが飛ぶように売れた年でした。そして、よく読まれたレビュー1位も『ロスジェネの逆襲』と「半沢直樹」シリーズ3作目がランクイン。ほかにはどんな作品が人気だったのでしょうか? あわせて5位まで紹介します。関連情報を含む記事はこちら■1位 『ロスジ [全文を読む]

「この三連休にぜひ読んでみたい!」今、人気の本 ベスト5

IGNITE / 2014年11月22日09時30分

■ロスジェネの逆襲 池井戸潤 大ヒットドラマ、半沢直樹の続編小説「ロスジェネの逆襲」は上半期ベストセラーにも選ばれる作品です。ドラマの影響もあってか、原作も大変な人気となっています。「ロスジェネの逆襲」は、ドラマ版半沢直樹の続編的な物語です。 子会社に飛ばされてしまった主人公半沢直樹が、親会社から受けた圧力などを倍返しにしていくエンタテインメント企業小説 [全文を読む]

電子書籍サービス「BOOKSMART」~『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)~『銀翼のイカロス』を配信開始!

DreamNews / 2014年08月01日15時00分

日本エンタープライズ株式会社は、平成26年8月1日(金)より、スマートフォン専用電子書籍サービス「BOOKSMART」にて、ドラマ『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)の原作となる、 『銀翼のイカロス』の配信を開始いたしました。 日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植田勝典)は、平成26年8月1日(金)より、スマートフォン専用電 [全文を読む]

最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!

週プレNEWS / 2013年10月02日12時00分

ついにドラマ『半沢直樹』(TBS系)が終わってしまった。 9月22日に放送された最終回は、なんと平均視聴率42・2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と、平成以降の民放ドラマの最高記録をマークした。 だが、その内容は、半沢(堺雅人)が仇敵である大和田常務(香川照之)の不正を暴き切ったにもかかわらず、証券会社への出向を命じられて幕切れという少々意外なものだった [全文を読む]

池井戸潤の人気シリーズが一冊に!『合本 半沢直樹』電子書籍で本日発売

@Press / 2017年09月07日13時45分

文藝春秋電子書籍編集部では、9月7日(木)、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズ(『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』)をまとめた電子書籍『合本 半沢直樹』を発売します。 大手銀行を舞台にした痛快エンターテインメント小説「半沢直樹」シリーズは、2013年にTBSテレビでドラマ化され(主演:堺雅人)、「倍返しだ [全文を読む]

立ち上がれ、ロスジェネ! 半沢直樹からの熱いエール

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月05日06時30分

一大ブームを巻き起こしたドラマ『半沢直樹』は、主役の半沢が悪い上司をやり込めるという痛快な結末のあとで、ヒーローのはずの半沢が出世ではなくまさかの出向を命じられるというところで終わった。これは実は原作通りで、意外な結末に視聴者は「続きが知りたい」とばかりに、シリーズの続編を買いに走ったという。それが本書『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤/文藝春秋)だ。 【画像 [全文を読む]

池井戸潤 未電子化3作品、8月1日(金)に一挙電子化決定!『株価暴落』は、織田裕二主演で今秋ドラマ化!

@Press / 2014年07月17日13時00分

テレビドラマ「半沢直樹」原作の『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』電子書籍版が大ヒット中の池井戸作品が一気に3タイトル電子書籍化されます。『株価暴落』は「半沢直樹」と同じく銀行を舞台にした金融エンターテイメント。10月よりWOWOWでドラマ化が決定し、主演の織田裕二が「孤高のバンカー」を演じることでも話題になっています。『かばん屋の相続』は働 [全文を読む]

半沢直樹の“新たな敵”を池井戸潤が語る ―シリーズ最新作『銀翼のイカロス』発売間近!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月12日05時50分

2作同時の映像化は、昨年の『半沢直樹』『七つの会議』に続いてのことだった。関連情報を含む記事はこちら 『ダ・ヴィンチ』8月号ではそんな池井戸潤を大特集。ロングインタビューを掲載している。「小説でもドラマでも今はコメディが難しい時代ですが、『花咲舞が黙ってない』は脚本がよくできていて、水曜夜10時に観るのにちょうどいい。杏さんも、自分なりの花咲舞をきちんと作 [全文を読む]

年間ランキング総合1位『ロスジェネの逆襲』が半額! 電子書籍フェア「BOOKFESTA 2013-14 winter」開催、『となりの関くん』『富士山さんは思春期』『週刊アスキー』も特価提供

PR TIMES / 2013年12月27日13時02分

2013年、歴史的大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』の続編にあたる本作、ぜひ今年のうちにお楽しみ下さい。[2] イチオシ!「読んでほしいこの本、2014」受賞作品第1巻・最新号が特別価格に(C) Takuma Morishige(C) オジロマコト/双葉社(C) 2013 KADOKAWA CORPORATION「読んでほしいこの本、2014」は、現在電子 [全文を読む]

半沢“部長”の「新・倍返しの相手」

アサ芸プラス / 2013年10月09日10時00分

ドラマ「半沢直樹」は、池井戸氏の原作小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」(いずれも文藝春秋刊)が下敷きとなっている。その小説「半沢シリーズ」第3弾となるのが「ロスジェネの逆襲」であり、ドラマの続編の原作となるものと期待されている。タイトルの「ロスジェネ」(ロストジェネレーション)とは、就職氷河期に入社した若い世代を指す。売り手市場のバラ色の [全文を読む]

今度は1500億! ドラマでは描かれない「半沢直樹」のその後

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月01日07時20分

とにかくスッキリしたい人には絶対のオススメ! 文=遠藤京子 (ダ・ヴィンチ電子ナビより) [全文を読む]

TBS系ドラマ 『半沢直樹』の原作小説シリーズ3作目 『ロスジェネの逆襲』 Kindle版の販売開始

PR TIMES / 2013年08月23日17時34分

~同シリーズの『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』もランキング上位常連に~ Amazon.co.jp(以下Amazon)では、本日8月23日より、『半沢直樹』シリーズ、待望の3作目である 『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤著/ダイヤモンド社)のKindle版の販売を開始しました。 7月7日に放送が開始されたTBS系ドラマ 『半沢直樹』が大きなブー [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説『2015年honto9月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年10月06日11時55分

2015年9月ランキングについてhonto総合書店広報担当が解説 『火花』ブームも継続中ですが、文庫化された人気の半沢直樹シリーズ『ロスジェネの逆襲』が総合ランキング1位を獲得。 総合ランキング2位以下は、映画も好調な『天空の蜂』や北野武の話題作『新しい道徳 「いいことをすると気持がいい」のはなぜか』がランクインし、メディア連携作品や著名人の作品が人気で [全文を読む]

「池井戸潤をガードせよ!」担当編集がスクラムを組む「江戸川乱歩賞」現場の異様ぶり

日刊サイゾー / 2015年09月15日11時00分

9月10日、第61回「江戸川乱歩賞」授賞式が帝国ホテルで行われたが、『半沢直樹』(TBS系)、『民王』(テレビ朝日系)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)などのドラマ原作で一躍、時の人となっている池井戸潤の周辺は異様だった。 第44回受賞者の池井戸はこの日、選考委員としての出席だったが、編集者らが周囲をガードマンのようにスクラムを組んで取り囲んでおり、 [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

Y 1位が「半沢直樹」シリーズの最新作『銀翼のイカロス』(池井戸潤)。同じく『ロスジェネの逆襲』も5位にランクインしているね。去年の半沢直樹ブームの余波が1位で、9位の『海賊と呼ばれた男』(百田尚樹)も去年の作品。いかに今年が不作だったか。村上春樹の『女のいない男たち』もミリオンに届かなかった。Z いちばんの話題はやっぱり、百田尚樹の『殉愛』騒動だよね。た [全文を読む]

TBSが続編に躍起! 堺雅人を説得し、秋にも……『半沢直樹』が『踊る大捜査線』を超える日

日刊サイゾー / 2014年01月03日12時00分

TBSがいま躍起になって続編制作に動いているのが、ドラマ『半沢直樹』の“シーズン2”だ。当初「スケジュールは2016年春まで空きがない」とまでいわれた主演の堺雅人の予定を交渉、いくらか光が見えてきたという話が関係者から漏れ伝わっている。「希望は来年4月のオンエアでしたが、それは無理。秋に間に合わせられたら大成功」と関係者。 ただ『半沢直樹』に出ていた金融庁 [全文を読む]

「ここまでヒットするとは……」視聴率30%超えの『半沢直樹』長期シリーズ化へTBSが大慌て!

日刊サイゾー / 2013年09月13日09時00分

ドラマ『半沢直樹』(TBS系)に早くも長期シリーズ化の動きがある。制作関係者は「続編どころの騒ぎじゃない。上層部からは2時間特番や映画版も含め、長期のシリーズ化も視野に入れるよう言われています。ヒットを狙って作ったものではなかったので、逆に大慌てになっていますよ」と話す。 当初は「視聴者に媚びたような最近の傾向とは違うものを作ろう」と内容重視で、目標視聴率 [全文を読む]

「半沢直樹」原作 2作品が緊急電子化!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月31日19時30分

2013年7月28日の第3回の放送が、瞬間視聴率27.7%を記録した話題のTBS系ドラマ、堺雅人主演の「半沢直樹」。その原作である池井戸潤『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』の2作品が8月2日(金)に電子化され配信される。 関連情報を含む記事はこちら 型破りなバンカー半沢直樹の意地と挑戦を鮮やかに描く、『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブ [全文を読む]

バブル世代の池井戸潤氏「僕らは団塊世代が鬱陶しかった」

NEWSポストセブン / 2012年08月29日16時00分

東京セントラル証券営業企画部長〈半沢直樹〉は、もともと大手都銀・東京中央銀行からの出向組。実は頭取も一目置く逸材ながら、その〈正しいことを正しいといえる〉気質が災いして前作で子会社に飛ばされた。 彼は言う。〈人事が怖くてサラリーマンが務まるか〉――。そんな懲りない上司と、いわゆる就職氷河期世代(ロスジェネ世代)の部下〈森山〉たちの、世代を超えた共闘が始まる [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(2)バブルの最中は両極端だった

アサ芸プラス / 2017年05月30日12時54分

銀行ものの先行作で、やはりバブル期に入行した銀行員の奮闘を描いた「半沢直樹シリーズ」も、勧善懲悪の痛快な物語の裏に、宴のあとの虚しさをはらんでいた。本作はその手前、まだ渦中にいる人々の物語である。「バブルの最中は、彬の父親のように『いつかは終わる』と冷静に見ている人と、その弟たちのように『いやいや、まだまだ』と突っ走る人が両極端でした。相場は誰にも予測でき [全文を読む]

フォーカス