最新作 半沢直樹に関するニュース

部下にもっとも嫌われる「キツツキ上司」がやりがちな行動とは?

文春オンライン / 2017年10月04日07時00分

だが政府機関が莫大な負債の棒引きを要求してきた! 史上最大の危機が半沢を襲う最新作。 特設サイト http://books.bunshun.jp/sp/hanzawa 『 花咲舞が黙ってない 』(池井戸潤/中公文庫) 定価:740円+税 2017年9月5日発売 メガバンク誕生前夜。生き残りを賭けた熾烈な合併交渉が進む中、自行の存続を揺るがしかねない大スキャ [全文を読む]

電子書籍サービス「BOOKSMART」~『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)~『銀翼のイカロス』を配信開始!

DreamNews / 2014年08月01日15時00分

日本エンタープライズ株式会社は、平成26年8月1日(金)より、スマートフォン専用電子書籍サービス「BOOKSMART」にて、ドラマ『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)の原作となる、 『銀翼のイカロス』の配信を開始いたしました。 日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植田勝典)は、平成26年8月1日(金)より、スマートフォン専用電 [全文を読む]

社内の不正を「マスコミに告発する」は5.7% あなたならどうする?

文春オンライン / 2017年10月03日11時00分

だが政府機関が莫大な負債の棒引きを要求してきた! 史上最大の危機が半沢を襲う最新作。 特設サイト http://books.bunshun.jp/sp/hanzawa 『花咲舞が黙ってない』(池井戸潤/中公文庫) 定価:740円+税 2017年9月5日発売 メガバンク誕生前夜。生き残りを賭けた熾烈な合併交渉が進む中、自行の存続を揺るがしかねない大スキャンダ [全文を読む]

「仕事で忖度したことある人」は52.2% 忖度度合いの高い業界は?

文春オンライン / 2017年10月02日07時00分

だが政府機関が莫大な負債の棒引きを要求してきた! 史上最大の危機が半沢を襲う最新作。 特設サイト http://books.bunshun.jp/sp/hanzawa 『 花咲舞が黙ってない 』(池井戸潤/中公文庫) 定価:740円+税 2017年9月5日発売 メガバンク誕生前夜。生き残りを賭けた熾烈な合併交渉が進む中、自行の存続を揺るがしかねない大スキャ [全文を読む]

足袋作り100年の老舗がランニングシューズ開発に挑む―池井戸潤最新作『陸王』が熱すぎる!複製サイン付き限定ブックカバーも見逃すな!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月29日06時30分

百年の歴史をもつ老舗足袋業者がランニングシューズ開発に挑む――。ドラマ「半沢直樹」の原作などで知られる人気作家・池井戸潤の新作『陸王』が2016年7月8日(金)に発売された。セブンネットでは限定特典として複製サイン付きブックカバーが付属されている。さらに、8/4まではnanacoポイント10倍キャンペーンを実施している。 著者・池井戸潤は銀行員、コンサルタ [全文を読む]

根回し、懐柔、策略・・・ 三谷幸喜監督『清須会議』は「組織で働くサラリーマン必見」

AOLニュース / 2013年11月07日11時36分

断言しよう! 三谷幸喜監督最新作『清須会議』は、全サラリーマン鑑賞必達の傑作歴史エンターテインメントだ。日本の歴史の中で、初めて会議で歴史が動いた"清須会議"。メガホンを握った三谷監督も、「組織で働く方は観たほうがいいですね」とアドバイスを贈る。 "清須会議"とは安土桃山時代、織田信長が散った天正10年(1582年)の本能寺の変の後、織田家の後継問題や遺領 [全文を読む]

間違いなしの『陸王』に西谷弘監督の『刑事ゆがみ』も…脚本&演出の"満足度実績"からひも解く注目の秋ドラマ

マイナビニュース / 2017年10月02日07時00分

同枠でこれまで『半沢直樹』(13年)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(14年)、『下町ロケット』(15年)を手がけてきた、池井戸潤原作×八津弘幸脚本×福澤克雄監督チームの最新作だ。「テレビウォッチャー」の満足度(5段階評価)は、それぞれ4.34、3.96、4.23といずれも高満足度の基準3.7を上回っている。また、同チームで制作した『流星ワゴン』(15年)は3 [全文を読む]

池井戸潤の人気シリーズが一冊に!『合本 半沢直樹』電子書籍で本日発売

@Press / 2017年09月07日13時45分

原作も大ベストセラーとなっており、2015年には子会社に出向した半沢の活躍を描く『ロスジェネの逆襲』、今月5日には半沢が政治家や銀行上層部と闘いながら大仕事に立ち向かう最新作『銀翼のイカロス』がそれぞれ文春文庫から発売され、早くも話題を集めています。 『合本 半沢直樹』はシリーズ4作品全てを収録。複数の作品を一度に楽しめる「合本」は、ページ数の制限がない電 [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(2)バブルの最中は両極端だった

アサ芸プラス / 2017年05月30日12時54分

そして、もうひとつのキーワードは、舞台となった時代。瑛と彬は、ともに1963年生まれの設定で、これは池井戸氏と同じである。彼らはバブル期の真っただ中に社会人となり、さらにはその崩壊の後始末を引き受けることになるよう運命づけられている。「子供時代から書き起こしていくとなると、他の時代はやはり書きづらい。間違えずに書けるのは自分の同年代だし、そうあるべきだと思 [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(1)物語は著者の半生にちなんだキーワードが関わる

アサ芸プラス / 2017年05月30日05時54分

ファン待望の最新作は、銀行を舞台にした渾身作だ。すでに7月放送のドラマ化が決定したばかりか、池井戸氏としては珍しい青春小説を彷彿(ほうふつ)させるストーリーが注目を集めている。その傑作の舞台裏を著者が語り尽くした。 父の経営する町工場の倒産を見て育った息子、山崎瑛(あきら)。名門海運企業・東海郵船の創業家に生まれ、英才教育を受けて育った御曹司、階堂彬(あき [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

Y 1位が「半沢直樹」シリーズの最新作『銀翼のイカロス』(池井戸潤)。同じく『ロスジェネの逆襲』も5位にランクインしているね。去年の半沢直樹ブームの余波が1位で、9位の『海賊と呼ばれた男』(百田尚樹)も去年の作品。いかに今年が不作だったか。村上春樹の『女のいない男たち』もミリオンに届かなかった。Z いちばんの話題はやっぱり、百田尚樹の『殉愛』騒動だよね。た [全文を読む]

池井戸潤の半沢シリーズ 最新作は破綻寸前の航空会社が舞台

NEWSポストセブン / 2014年08月28日16時00分

帝国航空を巡る過去のスキャンダルも明らかになる中、絶対不利に追い込まれた半沢は? シリーズ最新作。 ※週刊ポスト2014年9月5日号 [全文を読む]

片岡愛之助 水野晴郎『シベリア超特急』最新作出演計画浮上

NEWSポストセブン / 2013年09月30日07時00分

その最新作への出演が予定されているという。 太平洋戦争の最中、満州へ向かうシベリア鉄道で起こる殺人事件などを解決する同作(現時点では2005年に公開された『シベ超5』が最新作)は水野氏亡き後、続編が途絶えていた。 しかし、このたび水野氏の一番弟子で過去の『シベ超』シリーズにもレギュラー出演していた西田和昭氏(55)が監督・脚本を務めることが決定。その西田氏 [全文を読む]

「陸王」「斉木楠雄のΨ難」話題作連投で山崎賢人の実力が試される秋

アサジョ / 2017年10月15日10時15分

同映画は「銀魂」や「勇者ヨシヒコ」「スーパーサラリーマン左江内氏」などを手掛けたコメディの名手・福田雄一監督の最新作。その福田監督が、「斉木楠雄を撮るなら山崎賢人主演で」と熱烈なラブコールを送りタッグを組むことになった。 山崎はコメディ初挑戦。当初は福田組の独特な撮影方法に戸惑いがあったというものの、慣れるうちに徐々に自分から提案することもあったという。例 [全文を読む]

TBS『陸王』に吉谷彩子、春やすこ、上村依子、正司照枝 - 追加キャスト発表

マイナビニュース / 2017年09月23日05時00分

『半沢直樹』『下町ロケット』で知られる池井戸潤の最新作『陸王』をドラマ化。主人公で創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所広司、その長男・宮沢大地を山﨑賢人が演じ、ほかにも、実業団「ダイワ食品」陸上競技部員・茂木裕人役の竹内涼真など豪華俳優陣の出演が決定している。 このたび、こはぜ屋の縫製課で最年少の仲下美咲役に、子役か [全文を読む]

池井戸ドラマ「アキラとあきら」でW主演!向井理&斎藤工にインタビュー

ザテレビジョン / 2017年07月02日18時46分

同じ“アキラ”という名前の人物を演じることで、お互いがいないときこそ相手を感じられる気がします」 原作は、「半沢直樹」シリーズの原作者でもある池井戸潤の最新作。 向井「“池井戸潤”という名前を聞くと、金融や対立構造を思い浮かぶのですが、今回はいい意味で裏切っていると思いますね。対立もするけれど共闘するという、これまでとはまた違った味わいがあるのが特徴です」 [全文を読む]

黒柳徹子の語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #2

文春オンライン / 2017年07月02日07時00分

作家がゲストのときは、その方のデビュー作、文学賞などの受賞作、最新作と少なくとも三作は読みます。番組の収録は毎週月曜と火曜に三本ずつ。事前の打ち合わせなど中身の濃い番組なので、新しいスタッフに私の性格を呑み込んでもらうのも大変だから、できるだけ替えないようにお願いしたのです。 ちなみに「徹子の部屋」を始めて、テレビドラマは出演しないことにしました。テレビで [全文を読む]

向井理&斎藤工W主演作に“池井戸ファミリー”が続々出演!

ザテレビジョン / 2017年06月19日11時17分

本作は池井戸潤の最新作を映像化したもので、メガバンクを舞台に、交錯する2人の男の人生を描く。 1人は、大企業の御曹司として、約束された宿命にあらがう階堂彬(向井)。そしてもう1人が、父の会社の倒産など過酷な運命に翻弄(ほんろう)されながらも理想を育んだ、山崎瑛(斎藤)。 バブル経済とその崩壊という激動の時代を背景に、良き友人でありライバルでもある“秀才” [全文を読む]

1位はやっぱりあのマンガ!週間「本」ランキング(7月4日〜10日)

Woman Insight / 2016年07月14日12時00分

総合部門にあたるBOOK部門では、『半沢直樹』シリーズ、『下町ロケット』シリーズで知られる池井戸潤の最新作 『陸王』が1位に。 そのほかの部門で、注目なのは初音ミクなどのボーカロイド曲で勉強ができる参考書2作! 今回は同シリーズがそろって上位を獲得。ユニークな発想と完成度の高さが発売開始より各方面で話題の『MUSIC STUDY PROJECT ボカロで [全文を読む]

『真田丸』に“俺たちのシブサワ・コウ”が映像提供!さらに『戦国立志伝』が「大河ドラマから、大阪城のCGを…」の超朗報!!

おたぽる / 2015年12月17日20時00分

監督最新作『ギャラクシー街道』が絶賛ズッコケ中ではあるが、“歴史オタク”を自認する同氏が「真田信繁と共に、2016年を生き抜いてもらいたい。そのために、僕は今、ひたすらホンを書いています」と語るのだから大丈夫だろう。 それに主人公・信繁を演じるのは、『新選組!』の山南敬助役で一気に知名度を上げた堺雅人。TVドラマ『半沢直樹』(TBS系)をはじめ、昨今の堺の [全文を読む]

フォーカス