北海道新幹線 乗車率に関するニュース

北海道新幹線、予約率2割で50億赤字確実…経営危機のJR北海道、鉄道事業継続困難を示唆

Business Journal / 2016年04月25日06時00分

収支計画では北海道新幹線開業や外国人観光客の利用増などで、売上高にあたる営業収益は15年度見通しと比べ97億円(17%)上積みした920億円を見込んでいる。半面、新幹線が大幅な赤字になる見込みであることや安全投資や修繕費がかさむことから、営業損益は465億円の赤字になるとした。 290億円は経営安定化基金の運用益で穴埋めするが、残りの175億円が経常赤字 [全文を読む]

函館ベイエリアのホテル躍進 繁閑差を埋める戦略とは

NEWSポストセブン / 2017年04月09日07時00分

北海道新幹線の開通で話題になった函館。2016年3月26日の新青森─新函館北斗間の開業から1年が経った。 JR北海道の発表によると、開業から2017年2月までの利用実績は平均乗車率33%で、1日の平均乗車人数は6500人。33%という数字はかなり低調なイメージだが、当初予想は26%、平均乗車人数は在来線だった前年に比べて7割近く増加し、函館観光への影響も大 [全文を読む]

北海道新幹線。開業から2ヶ月で何が変わったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月18日00時00分

北海道新幹線が開業して早2ヶ月以上がたちました。北海道新幹線の一番列車に乗った、無料メルマガ「客車隊報」の中尾一樹さんが、開業後、北海道新幹線をめぐるまわりの変化についてレポートしてくれました。 北海道新幹線開業で変わった事情 北海道新幹線が開業して早くも2ヶ月が経ちました。この間に起こった様々な事象に「数字から」切り込んでみたいと思います。 新幹線の線路 [全文を読む]

「北海道新幹線」開通から2か月 国民の反応を調べたら…

しらべぇ / 2016年05月22日19時00分

©写真AC2016年3月26日、新青森-新函館北斗間に「北海道新幹線」が開通した。本州と北海道が新幹線による陸路で結ばれ、これにともない、寝台特急カシオペアなどが引退することに。予約率は24%とかなり低めの数字だが、JR北海道自体は予約率・乗車率を25%前後と見積もっていたため、それほど大幅に実情が低かったというわけではないようだ。では、北海道新幹線の開通 [全文を読む]

JR江差線、最後の日に完全密着。「“葬式鉄”と住民たちの最後の宴」

週プレNEWS / 2014年06月01日06時00分

年間3億円以上の赤字路線として、再来年の北海道新幹線、函館開通を待たず、江差~木古内間が廃止されることになった。 江差線の魅力を、全国およそ1万すべての駅を鉄道で訪問し、大ヒットマンガ『鉄子の旅』にも登場する横見浩彦氏はこう語る。 「江差線はこれぞ北海道のローカル線といった風景がつまっていました。湯ノ岱(ゆのたい)のスタフ交換(後述)、吉堀(よしぼり)~神 [全文を読む]

フォーカス