北海道新幹線 新函館に関するニュース

不祥事、業績悪化続くJR北、元社長自殺で狂う経営刷新シナリオ~混乱の元凶・労組問題

Business Journal / 2014年01月16日21時00分

もうひとつは北海道新幹線の誘致だった」 坂本氏は16年に開通する「新青森-新函館」間の北海道新幹線の推進役であり、35年をめどに新函館から札幌まで新幹線を延伸する計画もある。一連の不祥事について坂本氏は「私の責任でもあるが、北海道新幹線の開業だけは守らなければならない」と全国紙の取材に答えていたが、「最近、周囲に『死にたい』と漏らしていた」という情報も聞こ [全文を読む]

ようやく発表された「北海道新幹線車両」、しかしまだまだ問題は山積 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年04月17日13時01分

その一方で、その1年先、つまり2016年春開業予定と言われている「北海道新幹線」の新青森=新函館(仮称)間に関しては、全国的にはまだ良く知られていないようです。 この「北海道新幹線」については、JR北海道の一連の不祥事を受けて、「北海道側の新造車両」に関する発表が遅れていました。そのために、この間、色々な憶測が出ていたのも事実です。例えば、JR北海道には「 [全文を読む]

北海道新幹線開業日が決定? 来年3月26日開業へ

ITライフハック / 2015年08月16日13時00分

8月12日付けの北海道新聞に、北海道新幹線新函館北斗-新青森間の開業日を、2016年3月26日を軸に最終調整しているという記事が掲載されました。1973年に整備新幹線となって以来、実に42年の歳月を経て、ようやく北海道へ新幹線が開通することとなります。新函館北斗-新青森間は2005年5月に着工していますから、こちらは約11年かかったことになります。ちなみに [全文を読む]

北海道新幹線1年、道南に「東北化」の兆し ダイヤ改正で青森-函館はさらに遠く

東洋経済オンライン / 2017年03月30日07時00分

北海道新幹線は3月26日で開業1周年を迎えた。沿線の変化を追い切れない中、JR北海道は3月16日に利用状況を公表し、乗客が前年より68%増えたことが明らかになった。翌17日には新函館北斗駅前にホテル・飲食機能を持つビルがオープンした。だが、同4日のダイヤ改正に伴い、青函地域の利便性低下が加速して、波乱含みの「2年目」を迎えつつある。ようやく輪郭が浮かんでき [全文を読む]

北海道の傘貸出サービス、返却されず廃止に=中国ネット「日本人もこうだと思うとなんだか安心」

Record China / 2017年03月24日16時40分

このサービスは北海道新幹線が開業した昨年3月から行われていたもので、これまでに2300本用意したうちの2100本が未返却の状態だという。これを受け、北海道新幹線新函館開業対策推進機構が今年3月末をもって廃止することを決めた。 この取り組みについては、過去にも傘が返却されないと報じられた。開始から2カ月余りが過ぎた昨年6月には、用意した1500本のうちの1 [全文を読む]

開業まで1カ月、北海道新幹線に「勝ち目」はある?

しらべぇ / 2016年02月25日11時00分

3月26日、北海道新幹線の新青森~新函館北斗間が開業する。東京から乗り通したときの所要時間は「はやぶさ」の最速列車で4時間2分。飛行機なら羽田〜函館は1時間20分だ。■飛行機との競合は?©写真ACたとえば朝6時30分、東京駅にいる人が函館へ向かうとしよう。飛行機なら羽田空港7時50分発の便に間に合う。函館空港には9時10分着。リムジンバスへ乗り継いで、函館 [全文を読む]

横浜商科大学が10月19日に平成29年度文科省委託事業の公開シンポジウム「地域を世界に売る! インバウンド観光の価値創造と発信」を開催

Digital PR Platform / 2017年09月18日08時05分

http://library.shodai.ac.jp/file/20171019.pdf 【パネリスト(50音順)】 永澤大樹氏(函館商工会議所 中小企業相談所長(元・北海道新幹線新函館開業対策推進機構 事務局長)) 中山哲郎氏(一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構 事務局長) 西本恵子氏(日本コンベンションサービス(株) MICE都市研究所 主 [全文を読む]

大学生観光まちづくりコンテスト2014 応募開始

PR TIMES / 2014年04月23日15時30分

今年度、新たに開催する北日本ステージは、新青森・新函館(仮称)間を結ぶ北海道新幹線が平成27年度末に開業予定の『青森県』(知事:三村申吾)の特別協力の下、世界自然遺産白神山地や十和田湖・奥入瀬渓流、三陸復興国立公園などを擁する「青森県全域」を対象地域としました。昨年から2度目を迎える東日本ステージは、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖を持つ『富士河口湖町』(町長 [全文を読む]

フォーカス