家族 西原理恵子に関するニュース

マドンナ、西原理恵子……熟年交際がうまくいく秘訣とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月07日11時40分

関連情報を含む記事はこちら とはいえ、熟年恋愛には家族の反対や老後の心配、再婚までのハードルの高さなど、大小さまざまな問題をはらみ、一筋縄ではいかないケースも多い。 心おきなく熟年恋愛を楽しむためにはどうすればいいのか。自身も、高須クリニック医院長・高須克弥氏(68)との恋愛を謳歌している、マンガ家・西原理恵子(49)の『いいとこ取り! 熟年交際のススメ [全文を読む]

「自由と責任は有料」「働くことは生きること」―壮絶エピソード満載の“理恵子ママ”からのメッセージ

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月22日11時00分

西原氏は、この状況を「恋人同士が夫婦になった、家族になった」ということではないかと述べている。恋人同士の時期が終わり、家族として落ち着いた時に、相手がいい旦那さんになっていた、というわけだ。 [全文を読む]

壇蜜と西原理恵子が、性と愛、そして人生について答えます。異色の対談が電子書籍オリジナルで11月27日発売!

@Press / 2015年11月26日13時00分

また、西原理恵子さんのヒット作『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』の第2弾『家族の悪知恵』も同じ日に電子版が発売されます。こちらもお楽しみください。 ■書誌情報 文春e-Books『壇蜜×西原理恵子の銭ゲバ問答「幸せはカネで買えるか」』 販売価格:300円(※価格は電子書店によって異なります) 発売日:11月27日(金) 主要販売電子書店 [全文を読む]

くも膜下出血で倒れた神足裕司氏 リハビリ途中の笑顔を回顧

NEWSポストセブン / 2013年09月30日07時00分

その頃から徐々に意識が回復していき、家族が掌を握ると握り返したり、問いかけの言葉に頷くようになっていった。そして遂に、意識が戻った。11月23日、横浜リハビリテーション病院に転院。 重篤な脳出血は大きなダメージを残した。高次脳機能障害と左半身麻痺。高次脳機能障害には意欲減退、抑鬱、直前の記憶の忘却など様々な症状がある。翌2012年4月20日、高次脳機能障害 [全文を読む]

週末号泣でデトックス 漫画編集者が選ぶ泣けるコミック

WEB女性自身 / 2013年06月14日07時00分

・飼い主と犬との感動物語ーー『星守る犬』村上たかし(双葉社)「ラストシーンで満開のひまわりを見たときに、この物語が『命を譲りつないでいく』ことを描いているのだと気付き、涙があふれてきました」(三河さん・以下同) ・名もない市井の女性の深い悲しみーー『この世界の片隅に』こうの史代(双葉社)「戦争で幸せが崩れ落ちても、立ち上がって焼け野原に一歩を踏み出す主人 [全文を読む]

西原理恵子が高島礼子に「男捨離できて、お疲れさんです!」

NEWSポストセブン / 2016年08月25日16時00分

「『家族仲良くなくてヨシ』の言葉に救われました。これまで夫の機嫌が悪くなるのが怖くて、自分の母よりも義母の介護を優先していたけど、自分を犠牲にしてまで夫婦仲を保たなくてもいいし、どうしても嫌だったら離婚したっていいんだな、って」(53才・パート)「私たちの世代ってやっぱり『夫に3歩下がってついていく』が基本。だから夫を残してひとりで外出なんてしたことがなか [全文を読む]

【DMM会長・亀山敬司×漫画家・西原理恵子スペシャル対談vol.4】金はパワーであって消費するものではない!

デイリーニュースオンライン / 2015年12月27日15時00分

亀山 だから俺がアダルトビジネスをやるって言っても、家族は誰も反対せず「あ、そう」って感じだったしね。(笑)。 西原 そういえば露天商やってた頃は何売ってたの? 亀山 勝手に皮布にアラレちゃんとかニコちゃん大王とか描いて、キーホルダーにして1個500円で売ってたなぁ(笑)。 西原 今、描ける? 亀山 描けるけど、今は著作権を侵しません(笑)! 西原 訴え [全文を読む]

吾妻ひでお×西原理恵子が語る アルコール依存症という病い

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月13日07時20分

夫との日々の生活と別れを『毎日かあさん』(毎日新聞社)で描き、今では「日本一のアル中家族」を自認している。 徹底的にお酒に苛まれたこの2人が「アルコール依存症」について語り合うのだから、初対面とは思えないディープさだ。 世間では、お酒に飲まれた人を「アル中」と呼ぶが、厳密には、大学生が一気飲みをしてぶっ倒れたりするような急性中毒が「アルコール中毒」。そのた [全文を読む]

西原理恵子 人生相談で「みっともなくても生き残ったら勝ち」

NEWSポストセブン / 2012年08月30日16時00分

【書籍紹介】『生きる悪知恵』(西原理恵子/文春新書/840円) 波瀾万丈の人生を送ってきた人気漫画家が、経験を踏まえて恋愛、家族、お金、仕事などの人生相談に答える。 「みっともなくて」も「生き残った者が勝ち」と語る著者は、携帯を見て浮気を疑う妻に「携帯を勝手に見たアンタが悪い」、親と仲よくできない相談者には「親子仲よくなくてヨシ」など、常識にとらわれない回 [全文を読む]

高須院長 お金に関する自著に「読んでも金持ちにならん」

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

家族の中でぼくがいちばん気前がいいんだよ」 [全文を読む]

人気の街・吉祥寺に選民意識感じる人や誇りに思う人々

NEWSポストセブン / 2016年10月29日07時00分

いわゆる高級住宅地で、例えば家族向けの3LDKマンションの相場で比べると、その差は歴然。吉祥寺が約23万円なのに比べて、すぐお隣の三鷹では約18万円。山手線沿線の大塚でさえ17万円台なのに、である。「特に吉祥寺地区の一戸建ては、同じ武蔵野市の別区域と比べて、保護者の職業に医師や弁護士、有名企業に勤めるかたが多く、明らかに学歴や年収も高かった。家の敷地面積も [全文を読む]

坂口杏里も…?貯蓄と幸せを食いつぶす「負のスパイラル」の防御策

BizLady / 2016年09月16日20時00分

博報堂生活総合研究所が、今年の6月にシニア世代に対して行った調査では、「今欲しいものはなんですか?」という問いに対して、“お金”を欲しがるシニア世代が“幸せ”を欲しがるシニアの2.5倍超!お金があれば、「ちょっと、トイレの電気消しなさいよ!」なんてイライラしなくていいし、「疲れたから外食してのんびりしよう!」ができて、家族も笑顔でいられる……。幸せとお金は [全文を読む]

西原理恵子『毎日かあさん』9月11日回の“ある言葉”が「重い」「身に沁みる」 と話題

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月15日17時30分

西原自身の家族のエピソードをモチーフに、主婦の日常生活や、子育てに関する奮闘がリアルに描かれており、子供から母親、お年寄りに至るまで幅広い層のファンを獲得している。単行本も発売されており、2009年にはアニメ化、2011年には実写映画化もされた。 11日の『毎日新聞』では“お金を稼ぐこと”を題材に、西原の上京~売れていくまでの話が描かれた。20歳で上京した [全文を読む]

高須氏と恋愛中の西原理恵子氏 恋と健康のため仕事する

NEWSポストセブン / 2016年08月29日07時00分

しかし! 足元に目を落とせば、家族のこと、夫のこと、仕事のこと…女性にばかり覆いかぶさる責任と役割に、怒りと悩みはつきない。だからこそ知りたい、これからどう生きていけばいいのか、そして「言ってはいけない」この社会の本当のこと。 この夏、50代以上の女性たちの間で大反響を呼んだ記事がある。漫画家・西原理恵子さん(51才)が毎日新聞で連載中の漫画『毎日かあさん [全文を読む]

西原理恵子氏と高須院長が「結婚」の可能性を語る

NEWSポストセブン / 2016年03月31日07時00分

高須:後者のほうが、彼女もお子さんも、家族全員が救われる道だと思ったんですよ。西原:おかげでこの前、娘に「あたし、お父さん似でよかった。お父さんのほうが、お母さんよりぜ~んぜん、才能あるし!」って言われちゃいましたよ。ああ、悔し~い(笑い)。高須:そんなふうに、“いいお父さんの思い出”が子供たちに記憶として残っているのなら、ハッピーだよね。──高須さんには [全文を読む]

「反日精神は脊髄反射であって思想ではない」ラブホ最上階に住み、三重スパイを疑われた在日韓国人が激白!

tocana / 2015年12月22日08時00分

著者はこの環境を『血と骨』にたとえているが、西原理恵子が描く壮絶家族にも通ずるものがある。 著者は幼い頃に父と母が離婚し、祖父母に引き取られ、都内にあるラブホテルの最上階で暮らすことになる。しかも、玄関は客と同じ。エレベーターの中で、今からセックスするカップルと鉢合わせるチマチョゴリ姿の著者……。なんともシュールすぎる暮らしである。 祖父は14歳のとき、借 [全文を読む]

山本一郎・中川淳一郎・漆原直行が激論!人生が変わる?究極のお薦め&残念本リスト!

Business Journal / 2015年12月06日06時00分

【山本一郎 選書】 リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください 井上達夫の法哲学入門(井上達夫) イスラム国の正体(国枝昌樹) イスラーム国の衝撃(池内恵) 中国グローバル化の深層 「未完の大国」が世界を変える(デイビッド・シャンボー) 十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争(峯村健司) 世界史の10人(出口治明) 日本 [全文を読む]

美容外科「高須クリニック」院長、初の自叙伝!発売

PR TIMES / 2014年06月10日09時44分

家族や友人にも恵まれ、順風満帆と思われがちな高須氏の、「幼少期の壮絶ないじめ」 「凶暴な父親」 「借金100億円」 「医師免許停止」 「妻の死」 「現在の恋人のこと」など、今まで明かされていなかった波瀾万丈な人生を、いかにして乗り越えてきたかが語られています。 悩んでも仕方がないことに悩んで毎日を鬱々と過ごす大勢の人に向け、高須氏が頑固なまでに貫いてきたと [全文を読む]

これが女の生きる道! 桜木紫乃×西原理恵子のセキララ対談

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月15日11時30分

もともと西原の大ファンだという桜木が、西原の自宅を訪問して自身の作品や家族との関係について語り合っている。関連情報を含む記事はこちら【西原】 今はラブホテルも2時間2000円とか激安合戦で大変みたいですね。【桜木】 ラブホテルって立地条件がすべてなんですよ。ローヤルはお墓参りするふりして行ける山の上にあったので、意外と中高年が多かったんです。【西原】 夫婦 [全文を読む]

ダントツ人気! 大泉洋エッセイが本年No.1に

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月18日11時30分

西原家に加わった新たな家族とのエピソードは犬好きならずとも感涙必至。3、4位は芸能人のエッセイ集が続く。本誌連載でお馴染み、オードリー若林の初エッセイには「自分のことのよう!」と共感の声が多く寄せられた。 5位は41歳で急逝した売れっ子の流通ジャーナリストが死の間際までを綴った入魂の“終活記”がランクインした。 今年は芸能人のエッセイ本が豊作だったが、ノン [全文を読む]

フォーカス