奥さん 西原理恵子に関するニュース

西原さんと20才差の高須院長 年の差カップルの難しさ語る

NEWSポストセブン / 2015年03月07日07時00分

高須:奥さんのほうがすごく若い時に結婚したカップルだと、時間が経つと大変だよ。いってみれば、奥さんが10代とかで何も知らない子供の頃に結婚しているわけだ。で、旦那さんも実際、親代わりみたいな立場でもあっただろうしね。でも、結婚して何年も経って、奥さんが30才くらいにもなれば、そりゃあ人間としても、女性としても成長してくる。子供が親離れをするのと一緒で、奥さ [全文を読む]

西原理恵子の娘「高須先生は松潤じゃないもん」と怒っていた

NEWSポストセブン / 2012年10月11日06時59分

疲れてくると100番目と1番目がごっちゃになって、近所の奥さんとかPTAのために子供をほったらかすとか始めちゃうから。人生の最優先事項は「子供」「仕事」「自分」。私にとって先生はすごく大事な人だけど、ベスト3にはまだ入っておりませんので。4番目とか5番目くらい(笑い)。 高須:ぼくはそれで全然かまわない。1週間くらいたつと会いたくなるけど、3、4日だったら [全文を読む]

倉田真由美、「お前が言うか!」の違和感

NewsCafe / 2016年09月26日13時13分

デスク「週刊文春が報じた歌舞伎俳優、中村橋之助(51)と京都の人気芸妓との不倫騒動は、橋之助の妻でタレント、三田寛子(50)が雨の中で報道陣にあっけらかんと『(離婚は)ないで~す!』と対応してケリが付いたけど、意外な人間がこの騒動にかみついたってな」 記者「ちょっと話が古くなりますが、不倫には寛大な歌舞伎界の体質に漫画家でコメンテーターの倉田真由美(45) [全文を読む]

高須氏と恋愛中の西原理恵子氏 恋と健康のため仕事する

NEWSポストセブン / 2016年08月29日07時00分

道路も敷かれて西洋文明も入ってきてはいたけれど、まだ男は“愛の鞭”とか言って女子供を殴ってたし、殴られる奥さんも堪えて、それが偉いと賞賛された時代。姑は『私もされたんだから』と嫁をいびり倒し、それもひたすら耐え忍ぶ。がまんが美徳、自分ががまんして人を幸せにするという価値観だった。 でも今の70代以上のかたたちがその価値観はもう自分たちの代で終わりにしたいと [全文を読む]

神足裕司氏の復活原稿「話せないはずのボクが、歌っていた」

NEWSポストセブン / 2013年10月04日07時00分

奥さんが、泣いている。 息子と娘が、笑っている。 みんなが、笑っている。 ようやく、ボクは何かの扉を開けた。〉 ●こうたり・ゆうじ:1957年8月10日、広島県広島市生まれ。コラムニスト。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。学生時代からライター活動を開始、渡辺和博との共著『金魂巻』、西原理恵子とコンビを組んだ『恨ミシュラン』はベストセラーに。その後、テレビ、 [全文を読む]

くも膜下出血で倒れた神足裕司氏 リハビリ途中の笑顔を回顧

NEWSポストセブン / 2013年09月30日07時00分

ボクを呼ぶ声や娘と息子がくだらない話をしている声、奥さんが素っ頓狂な話をしている様子。うたた寝でもしているように、ずっと聞いていた。 あるときはボクがもうダメかもしれないと話していたし、誰かが大声でボクを見て、泣いていた。〉 10月中旬、頭蓋骨修復手術。その頃から徐々に意識が回復していき、家族が掌を握ると握り返したり、問いかけの言葉に頷くようになっていった [全文を読む]

フォーカス